ためになる金融

January 11 [Sat], 2014, 23:51
この言葉、「銀行の経営というものは銀行に信用があって大成功するか、融資するほどの値打ちがない銀行だと診断されてうまくいかなくなる、このどちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
覚えておこう、外貨両替って何?海外を旅行するとき、外貨を手元におく必要がある、そんなときに活用する商品。近頃は日本円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
実は、第二種金融商品取引業者(第一種業者ももちろんだが)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、なおかつ運営するためには、とんでもなく多さの「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が法律等により決められているのだ。
知ってますか?外貨預金の内容⇒銀行で取り扱っている外貨商品である。円以外の外国通貨で預金をする商品である。為替変動によって利益を得ることがあるけれども、同じように損をするリスクもある(為替リスク)。
まさに世紀末の西暦2000年7月、旧大蔵省から金融制度の企画立案の事務を移管させて金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を新組織、金融庁に再編。そして平成13年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となった。
ゆうちょ銀行(JP BANK)が実施しているサービスのほとんどは民営化前からの郵便貯金法によって定められた「郵便貯金」の定義による取り扱いではなく、銀行に関して規定する法律である銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)に定められている「預貯金」に準ずる扱いの商品なのです。
平成10年6月のことである、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等が所掌する事務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するもののセクションを切り離して、総理府(当時)の外局のひとつ、金融監督庁という特殊な組織を設置 することになったのです。
簡単解説。スウィーブサービス⇒銀行の預金口座と(同一金融機関・グループの)証券の取引口座の口座間で、株式等の購入代金、売却で得た利益が自動的に双方に振替えられる便利なサービス。同一の金融グループによる顧客囲い込み作戦です。
簡単にわかる解説。株式とは、出資証券(有価証券)であって、株式を発行した企業は株式を手に入れた株主への出資金等の返済に関する義務は負わないことがポイント。合わせて、株式は売却によって換金するものである。
原則「銀行の運営なんてものはその銀行に信頼があって成功するか、そうでなければ融資する値打ちがあるとは言えない銀行だと診断されて順調に進まなくなるかである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
重要。「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」以上の3つの機能を通称銀行の3大機能と称し、「預金」「融資」「為替」という銀行の本業、最後に銀行自身が持つ信用によってはじめて機能していることを知っておいていただきたい。
多くのすでに株式公開している上場企業なら、企業の運営の上での資金調達の方法として、株式上場のほかに社債も発行するのが普通。株式と社債の違いは、返済する義務の有無なのだ。
平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によって取り扱われているサービスのうちほとんどのものは2007年に廃止された郵便貯金法による「郵便貯金」と異なる、民営化後は銀行法によって定められた「預貯金」に基づく扱いの商品なのだ。
一般的にバブル経済(世界各国で発生している)っていうのは不動産、株式などの時価資産の取引価格が無茶な投機により本当の経済の成長を超過してなおもありえない高騰を続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態である。
紹介されることが多い「銀行の経営なんてものは銀行自身に信頼があって大成功する、もしくは融資するほど価値がない銀行であるという見方をされて繁栄できなくなるかのどちらかである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yxs94e4i1-009
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yxs94e4i1-009/index1_0.rdf