DSでゲームを続けている理由 

2015年01月16日(金) 0時43分
DSのゲーム機を持っています。暇つぶしのために、ずっと昔に買いました。

今は、3DSが主流なので、ゲームソフトを買い足すこともありませんが、今でも、時々マリオのゲームをしています。

買ってから、しばらく遊びましたが、その後、ずっと使わずに引き出しの奥に突っ込んでいました。

せっかく買ったのにもったいないと遊び始めたのをきっかけに、DSが日の目を見るようになりました。

最近も、時々遊んでいます。レイトン教授シリーズや、マリオが中心です。どちらも、何度遊んでも楽しく工夫されていて、人気の理由がわかります。オススメゲーム→エロかわマスター!

3DSが発売されて、今は、妖怪ウォッチのゲームソフトが人気です。手に入れたいと思いつつ、出費が痛くて、なかなか手が出せません。

マリオのゲームがまだクリアできていないので、DSが壊れない限りは、3DSを買わずに使い続けようと思っています。

時々、DSのソフトがないか、電気屋に行ったりしますが、もう売ってないのでしょうか、見かけません。

レトロゲームにおけるゲーム画像の進化 

2015年01月15日(木) 0時36分
先日、レトロゲームと呼ぶに相応しい、ソニーのレジェンドオブドラグーンというゲームをプレイしました。



15年前に購入したゲームなのですが、当時は最先端のグラフィックという事を強調し、販売していた作品です。

画質は確かに有名ゲームのFFにも劣らない出来で、当時の私も楽しみにしながらプレイしていたものですが、

現在の進化したゲームハードで、プレイするとその画質の低劣さに驚くほどでした。



荒い解像度のポリゴンキャラに、フィールドマップに素材を貼り付けた跡の残るグラフィック。

いずれを見回しても現在において新作として発売すると、商品価値がない作品だと言わざるを得ないほどです。

この圧倒的な進化スピードは、PCパーツなどにも見られる現象で、IT技術の進歩スピードの早さに驚かざるを得ません。

10年後はどのようなグラフィックのゲームが登場するのか、想像もつかないほどですが、同時に高画質なゲームを製作する環境が国内に整っているとは思えず、日本のゲーム業界の先行きが不安になりました。



コストのかからない、2次元キャラを使ったラビリンスバインドのようなスマホゲームばかり販売していては、当然海外との技術力の差は開く一方です。

現在そのような高クウォリティなソフトの製作に挑戦しているメーカーは、カプコンをはじめとして数社しか残っていないでしょう。

個人的には、もっとゲーム製作環境を整えて魅力的な国内産のゲームを開発して欲しいと願ってやみません。



海外ではソニーのプレイステーション4が1800万台以上売れています。

ソニーのハードが空前の販売実績を残す中、ソフトのメーカーは外国メーカーばかりという事実は皮肉と言うより他ないでしょう。

パソコンゲームで遊んでみよう 

2015年01月14日(水) 0時07分
国内ではソーシャルゲームが圧倒的に人気ですが、海外ではそうでもありません。

PS4は海外で非常に好調な売上げを記録していますし、手軽さよりもハードの性能やグラフィックの品質で選ばれているように感じます。(私見になりますが、これは国内と海外の労働時間や学習時間の長さが影響していると考えています)

では、実際にパソコンのゲームで遊んでみるとどうでしょう。筆者はあまりパソコンでゲームをしないのですが、グラフィックボードはGTX970を搭載している為、パソコンの高画質ゲームである、TERAをプレイしてみました。

このタイトルは、国内では比較的人気のあるジャンルのゲームです。高画質なグラフィックと、ハンゲームなどのゲームコンテンツとの提携によりユーザー数は急激に増えました。現在では減少傾向にありますが、まだまだプレイしている人は多いと言えます。でもそろそろ飽きてきたので、手軽な先生、学校でしようよ!をします。


世界規模での人気を誇るゲームソフト 

2015年01月12日(月) 0時06分
特定の国に限らず、世界規模で人気を集めるゲームソフトは、大きく注目される傾向が強くなってきているのではないでしょうか。このような特性を有するゲームソフトは様々な国の言語に訳されて販売されているため、絶大な人気を獲得しやすい状況が生み出されていると言えるでしょう。空戦乙女なんか人気ですが、人気を獲得した地域ではそのゲームソフトが大きな話題として扱われることもしばしばあるため、国や地域に関係なく人気を獲得できる環境が容易に構築されているのではないかと思います。

また、現在ではSNSを利用する人が世界規模で増加しているため、様々な国のゲームソフトに関する評価が簡単に閲覧できるようになっています。こうした環境も世界規模で人気を博すゲームソフトが出やすい要因のひとつとして挙げられるようになってきており、関心が集まっています。今後も世界中で人気を集めるゲームソフトが、活発に見受けられるようになっていくことが予測されているため、期待が集まっていくでしょう。

大人になると、学生が主人公のゲームをプレイしなくなりました 

2015年01月12日(月) 0時05分
大人になると、意外と「学生が主人公のゲーム」は受け入れられなくなってきた自分に気づきました。

それはきっと、自分の年齢とかけ離れた世界で生きる年齢の主人公に感情移入できなくなってくるからでしょう。

また、私は昔からRPGが大好きだったんですが、大人になると簡単に終わるゲーム(例:バイトヘル、みんなのスッキリ)やパズルゲーム(例:もじぴったん、ルミネス)など、頭を使うゲームが好きになってきていました。

学生時代は「自分はきっと大人になってもこのゲームをプレイし続けるんだろうなあ」と思っていましたが、実際には違いました。大人になればなるほど、好きなゲームもジャンルも変わってくるのです。そのことに初めて気づきました。

私はファミコン世代であり、次世代機のゲームもプレイします。しかし、当時と明らかに違うのは「学生が主人公のゲーム」はほとんどプレイしなくなったということです。

これにはやはり年齢的なものがあるのだと思いますし、これから自分がどんなゲームを好きになるのか楽しみでもあります。

PR:いくさひめ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:宮下まさる
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる