耳鳴りと病気について紹介

January 06 [Sun], 2013, 3:13
耳鳴りが発生する場合はストレスが関与して自律神経の狂いから起きていることもあるのですが、一歩上病気によって耳鳴りが発生していることもあります。もちろんどんな病気かということが非常に重要であるため、聴覚神経が腫瘍で圧迫される場合と老化によるものではまた異なるといえます。

「聴神経腫瘍」とよばれる疾患があるのですが、これは耳鳴りを引き起こす原因の疾患としても良く知られています。聴覚の神経を腫瘍が圧迫してしまうことによって生じるのですが、腫瘍が大きくなっていくにつれてその症状が強く出るという特徴があります。「聴神経腫瘍」のばあい悪性の腫瘍ではないためそんなに深刻ではないのですが、圧迫自体は、耳鳴りだけに限らずめまいや難聴、頭痛をも引き起こすことから注意しておきたいものの一つです。、

また、「メニエール病」とよばれる内耳に水がたまって音の伝達を妨害したりかく乱したりしてしまうような疾患もあります。女性の後半の年代に多く発症するとされているこの「メニエール病」は、耳鳴りやめまいをふくめたさまざまな異変が起こると言われています。

難聴というのは加齢とともに増えてくると言われますが、耳鳴り自体が難聴と非常に関係が深いため、同様に増加開港がみられます。難聴がなぜ耳鳴りを起こしてしまうのかははっきりとは分かっていないのですが、低い音が聞き取りにくくなると言われています。

難聴の特徴として音が聞き取りずらいというものがありますが、実際は聞こえてはいてもそれを耳から脳へ伝達する間に障害が生じてしまうということのようです。聞き取りにくくなるというのは言葉の綾で、ある一部の低温だけ聞こえないことが聞き取りにくさを出しているのです。

難聴となぜここまで関係が深いのかもまだ研究の最中のようですが、明らかなのは難聴が必ずしも耳鳴りを引き起こさない、つまり耳鳴りが起こる人の中には難聴でない人もいたるということです。しかし、事実として、難聴も併発しているのが9割という高い数字は耳の聴きとる機能との関係を示していると言えるのです。




>>>耳鳴りのあと難聴についてはこちら
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:耳鳴りと病気について紹介
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ywu53wt/index1_0.rdf