綾野だけどJEN(ジェン)

January 30 [Mon], 2017, 17:43
看護師の資格を得るための国家が実施する試験は、年に1回実施しています。
看護師の不足を問題としている日本にとってはハッピーなことに、ここ数年の看護師資格の合格率が90%前後とえらく高い水準をキープしている。


看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験とはちがい、一定のラインをクリアしてしまえば合格できる試験でございます。

近年の高齢者増に伴い、養護老人ホームなどでも看護師の需要は高まりをみせてきているのです。それに、大会社ともなりますと医務室などにも看護をしてくれる専門職の方がいて、健康面における診断や相談、ストレスなど精神面のケアを担当しています。

こういう場合は、その会社の従業員としてはたらくことも考えられます。看護士の募集は多く見られますが、自分の理想(他人に要求してばかりだと、どんどんかけ離れてしまうことが多いものです)通りの条件の求人が確実にあるとは限りません。看護師の資格を持っている人で就職できるだけでいいという方は多くないでしょう。年収ができるだけ多く環境も整っており、夜ではなく日中の勤務をしたいと思う人々が大勢いるのです。理想(他人に要求してばかりだと、どんどんかけ離れてしまうことが多いものです)通りの職場に転職するためには、情報を集めることが大切です。
世の中看護師への求人は多くありますが、願望とする条件に見合う求人が見つかるとは限りません。看護師として必要な資格を持つ方で就職さえできたらどんな条件でも良いと思っている方は少ないでしょう。

できる限り高収入で職場環境も良く夜勤のなく良い環境ではたらきたいと思っておられる方は多いと思います。



願望しているところに転職するには、情報蒐集を行なうことが大切になってきます。


看護師さんがはたらくところと言われていてるとまずは病院が頭に浮かぶのがほとんどでしょう。でも、看護師として活躍できる場は、病院を除いても多数存在しているのです。保健所というところで保健師と協力して、周りで生活する人々の健康に関するケアを行なうのも看護師の役目です。
医師が福祉施設において常駐しているところは少なく、看護師がほとんどの医療行為を行います。看護師が転職を上手くするには、未来のことを考えて早めに行動することが重要です。

また、何に重きを置いて考えるのかを考えておきましょう。


今後どうなりたいかを明りょうにして、その考えに合った転職先のデータを少しずつ集めて下さい。

収入、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考えましょう。看護士の自己PRは、実際にどんな巡り合わせで看護師になることを考えるようになったのかを折り込むと良いイメージを与えられます。
職業を変える際の志望動機は、これまでに得た技術を有効活用したい、一段と人の役に立つスキルを習得したいなど、前むきな印象をもたれるようにして下さい。


これまでに勤めていた職場の不満や言葉にしないようにすることが大事です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shizuku
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ywehee11erwrve/index1_0.rdf