【関連記事】業主婦の増加傾向は2005年にストップ。経済はその後、先行き

April 10 [Thu], 2014, 14:44
[PR] 日本を、グリーンの力で動かそう。全国で始まっています!〜政府広報
増税後 家電価格どうなった?
経済トピックスV
経済
経済総合
市況
株式
産業
米国のウーマノミクスに異変、専業主婦が増加しトレンド反転
Bloomberg 4月10日(木)6時55分配信
むしろ、所得は低いケースが多い。シャネル iphone 5Cケース勤労していない母親の3分の1が貧困層に属する一方、働く母親でこの層に属する割合は12%。また、仕事が見つからないため自宅にとどまっていると答えた母親の比率は12年に6%と、2000年の1%から大きく上昇した。シャネル 携帯ケース

外で働かず子供の面倒を見て自宅にとどまる主婦の割合は2000年から04年にハローワークが公開している求人票の賃金や就業時間などの記載内容と実態に“ギャップ”があるとして、県内のハローワーク窓口に寄せられた苦情や相談が、2012年度の1年間で98件に上ることが、沖縄労働局の調べで分かった。13年度は上半期(4〜9月)だけで67件あり、12年度を上回る可能性が高い。ipad2 ケース(篠原知恵)
 12年度に最も多かったのは「賃金」をめぐるギャップで、全体の3割。求人票では基本給15万円との記載だったが、働き始めてみると基本給13万円だった−などの苦情や相談が相次いでいる。iphone5 ケース 人気
 次いで「就業時間」が多く、2割を占めた。このほか求人票で免許不要とあったにもかかわらず、免許なしを理由に採用されなかったなど「選考方法」に関するものもあった。グッチ iPhone5s ケース
 ハローワークでは苦情や相談を受け付けた場合、事実を確認の上、求人票を出した企業に記載内容の修正を指示しているという。法的な罰則はない。ipad2 ケース
 ハローワークや求人誌の求人票を見て応募、働き始めてから、求人票とはかけ離れた勤務実態に悩む人は多くいるとみられる。
 連合沖縄の「なんでも労働相談」には、賃金や雇用形態などの労働条件が「最初に聞いていた話と違う」との相談が寄せられるという。シャネルiPhoneケース
 高良恵一事務局長は「労働条件の通知や雇用契約が曖昧なまま働き始め、後から『話が違う』となるケースが多い」と指摘。「求人票にあったからではなく、働き始める前に必ず、労働条件を確認し、労使が合意した上で雇用契約をしっかり結んでほしい」と呼び掛けた。iPhone 5 ケースコピー

【関連記事】業主婦の増加傾向は2005年にストップ。経済はその後、先行き不透明感を強め、07年にリセッションに陥った。アイフォン5s ケース

世論は好意的

ピューが自宅にとどまる母親としたグループには、家族を介護する必要がある、仕事がみつからない、障害のために働けない、学校に通っているなどのケースも含まれる。

働く母親に対する米国の世論は過去40年で好意的になった。iphone5 ケースリポートによれば、シカゴ大学の米世論調査研究所(NORC)が1977年に初めて、働く母親が専業主婦と同様に温かく安心した関係を子どもと築けるか」という質問をしたところ、イエスとの回答は半数に過ぎなかったが、その割合は1994年に70%まで増え、近年は同水準を維持あるいは上回っている。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ywafaf/index1_0.rdf