マニラの交通機関

December 10 [Tue], 2013, 14:50
マニラで最も有名な交通機関の一つがジープニーである。これは第二次世界大戦後に在比米軍が払い下げたジープが元となったいわゆる乗合タクシーで[9]、今日ではトヨタ・キジャン第3世代のTamaraw FXのように、最初からこの用途に製造された車体も登場している。バスとジープニー、それにTamarawは、規定された料金で決まったルートを走行する。
マニラにはまた多数の通常のタクシーに加え、トライシクルと呼ばれるオートバイにサイドカーを付けた三輪タクシーや、ペディキャブと呼ばれる自転車にサイドカーを付けたものまで運行されている。ディビソリアなどいくつかの地域では、ペディキャブも動力付きのものが一般的である。ビノンド地区(英語版)やイントラムロスでは、スペイン時代から残るカレッサ(英語版)と呼ばれる馬車が、主に観光客向けに運行されている。これらの公共交通機関はいずれも、市の許可の下民間により運営されている。
マニラ市を含むメトロ・マニラでは、LRTと呼ばれるマニラ・ライトレールとMRTと呼ばれるマニラ・メトロレール(英語版)の2系統の高架鉄道が運行されている。これらの路線は1970年代のマルコス政権下で計画が開始されたもので、東南アジア初のライトレールであった。LRT-1線がタフト・アベニュー駅からリサール・アベニュー駅まで、MRT-2線がRamon Magsaysay Boulevardからサンタクルス(英語版)、ケソン市を経由して、パシッグ市のサントラン駅へと繋がっている。
マニラ市にはフィリピン国鉄の主要なターミナル駅も存在している。鉄道網は北側ではパンパンガ州サンフェルナンドと、南側ではアルバイ州のレガスピへと続いている。
マニラ湾に位置するマニラ港(英語版)はフィリピンの主要な港湾であり、同国の海の玄関でもある。海路だけでなく、パシッグ川を用いるフェリーもまた運航されている。
マニラ市の空の玄関は、メトロ・マニラ南部に位置するニノイ・アキノ国際空港である。パンパンガ州のクラーク国際空港も代替空港として使用される。
フォーブス誌は2006年、マニラを世界で最も混雑した都市 (the world's most congested city) にランキングした。マニラでは交通渋滞が多発しており[10]、行政ではサンパロック地区(英語版)の高架道路の建設といった渋滞緩和策を進めている。[11]

参照:Wikipedia「マニラ

[PR]毛深い人の悩み

マニラの経済

December 10 [Tue], 2013, 14:47
マニラの経済は様々な分野に多岐に渡っている。都市は良港であるマニラ港(英語版)を抱えており、フィリピンの海の玄関として機能している。製造業としては化学製品や織物、洋服、それに電子機器といったものが生産されている。また飲食物やタバコといった製品も生産されている。地元の起業家は主にロープ、合板、精製糖、コプラ、ココナッツオイルといった日用品を輸出用に加工している。食品加工業は都市で最も発達した産業の一つである。マニラはフィリピンの情報発信源でもある。[7]
ビノンド地区(英語版)は市場のあるディビソリアと並んで活気のある地域で、高層マンションやオフィスが立ち並んでいる。同地域は市によりビジネス・プロセス・アウトソーシング (BPO) のハブとなるよう計画が進められており、既に30の施設がBPOオフィスへと更新されている。これらの施設は主にEscolta Streetに位置しており、以前はいずれも使用されていない建物であった。[8]
マニラには毎年100万人を超える観光客が訪れている。[7] 主な観光地としては城塞都市イントラムロスやフィリピン国立博物館(英語版)といったミュージアムがあり、その他にもエルミタ地区(英語版)やマラテ地区(英語版)、サンタクルス(英語版)、マニラ動物園、チャイナタウン、それにブラック・ナザレ祭やリサール公園のパフォーマンスといったイベントが知られている。リサール公園(英語版)は著名な観光地であり、かつフィリピンを象徴する施設の一つである。エルミタ地区(英語版)とマラテ地区(英語版)はかつてはナイトライフで知られた歓楽街であり、現在では上流階級が訪れるショッピング街として知られている。
マニラの名前は特産であるタバコ葉の名前としても使用される。いわゆる「マニラ葉」は幅広い味わいを特徴としている。ロープの原料となるマニラ麻にも用いられている。

参照:Wikipedia「マニラ

マニラの地理

December 10 [Tue], 2013, 14:45
マニラ市はフィリピン北部ルソン島に設けられたマニラ首都圏の、マニラ湾に面した西側中央部に位置する。
市域はパシッグ川北岸の8地区、南岸の8地区に分けられる。北岸のビノンド地区(英語版)はチャイナタウン、トンドは東洋最大のスラムとして知られる。南岸にあるマニラ旧城のイントラムロス地区や、マニラ湾に沿ったベイウォークなど、観光名所はほとんどが南岸に集中している。

○気候
マニラはケッペンの気候区分ではサバナ気候と熱帯モンスーン気候の境界付近に位置する (Aw/Am)。フィリピンの他の地域と同様、マニラも熱帯地方に位置している。赤道に近いことから年間の温度変化は少なく、気温が20°Cから38°Cの範囲を超えることはごく稀である。しかしながら、湿度は年間を通してとても高い。乾季は12月の後半から5月にかけてで、残りの期間が雨季となる。雨季は雨により熱気が幾分抑えられる。また雨が一日中が降ることは稀で、短時間に激しく降る天気となる。台風の季節は6月から9月で、しばしば都市の一部に洪水を引き起こす。

参照:Wikipedia「マニラ
P R
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yvjbznt1/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧
読者になる