生活習慣と肌荒れの関係

August 24 [Sat], 2013, 17:00


1.睡眠
睡眠は肌の状態にかなり影響を与えます。
寝不足の日が続くと肌荒れや顔色が悪くなったり、脂質が多くなったりしてにきびの原因にもなります。
◆しっかりメイクは落として寝る
メイクや一日の汚れ、汗はしっかりと落としましょう。
保湿も忘れずに行えば完璧です。
◆6〜8時間の睡眠時間
肌細胞は睡眠時間に再生します。
肌の新陳代謝が活発に行われる時間帯は22時〜2時の間なので、肌のためにはこの時間内は睡眠を取った方が良いです。

2.食生活
食生活の乱れでも肌荒れがおこる原因になります。
肌のためだけでは無いですが、食事をバランスよくしっかり食べることが大切です。
また、ビタミン、ミネラルをたっぷり摂ります。
皮膚の状態を整える為にはビタミン、ミネラルをきちんと摂取すると効果があります。

3.喫煙
喫煙は体にとっては何一ついい事はありません。
肌に必要なビタミンCは、1本喫煙する毎に約25mg失われます。
量としては、人の1日における必要なビタミンCの約半分に相当します。
ビタミンCが不足すると、肌荒れだけでなくシミ、ソバカスの原因になります。

4.便秘
排便は体内の毒素や不要物を体外に出す役割がありますよね。
便秘になってしまうと当然排出されず、腸内で便が腐敗し悪玉菌が増え、有害物質が発生してしまいます。
有害物質は血液中に溶け込む事で全身にまわり、肌荒れ、にきび、吹き出物などの原因の1つとなります。

吹き出物 薬
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あい佳937
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yvhbus54/index1_0.rdf