北海道拓殖銀行が営業終了

December 29 [Sun], 2013, 13:13
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣を組織のトップである委員長にするとされている新しい組織、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(現、金融庁)は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に2年以上も据えられたのだ。
巷で言う「失われた10年」という言葉は本来、ある国そのものの、またはひとつの地域の経済が約10年の長期間にわたる不況や停滞に直撃されていた時代を語るときに使う語である。
知っているようで知らない。株式の内容⇒債権ではなく出資証券(有価証券)であり、株式に記載されている企業には購入した株主に対して出資金等の返済しなければならないという義務は負わないきまり。もうひとつ、株式は売却によって換金するものである。
昭和21年に設立された日本損害保険協会は、主として日本における損害保険業と協会員の健全で良好な発展、加えて信頼性のさらなる増進を図ることで、安心・安全な社会の実現に役割を果たすことを協会の目的としているのだ。
重い言葉「銀行の運営というものは信用によって大成功するか、そこに融資する価値がない銀行であると断定されたことでうまくいかなくなるかの二つしかない」(引用:米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法によって保険の取り扱いを行う企業は生命保険会社もしくは損害保険会社に分かれて、どちらの会社も内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けた者でないと販売してはいけないことが定められている。
【解説】FX:最近利用者が多い、外国の通貨を売買して証拠金の何倍もの利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。外貨預金や外貨MMFなどよりもかなり利回りが高いうえ、為替コストも安いという特徴がある。はじめたいときは証券会社やFX会社を選ぶことからスタートしよう。
これからは安定的ということに加えバイタリティーにあふれたこれまでにない金融市場システムの構築を実現させるためには、民間金融機関や金融グループ、そして行政が両方の立場で解決するべき課題に精力的に取り組んでいかなければならないのです。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった平成22年9月14日、日本振興銀行が破綻(倒産)という事態に陥った。そして、このときはじめてペイオフ(預金保護)が発動し、日本振興銀行の全預金者の3%程度とはいえ数千人の預金が、初適用の対象になったのではないだろうか。
一般的にデリバティブってどういうこと?伝統的な従来からの金融取引または実物商品や債権取引の相場が変動したことによる危険性から逃れるために販売された金融商品の名称をいい、とくに金融派生商品とも呼ばれることがある。
西暦1998年12月に、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として大臣を長にする機関である金融再生委員会が設置され、官僚を長とする金融監督庁は平成13年1月の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管理下に3年弱置かれていたのである。
ここでいう「重大な違反」なのかそうならないのかは、監督官庁である金融庁が判断をするもの。たいていのケースでは、軽微な違反がわんさとあり、それによる相乗効果で、「重大な違反」評価する。
よく聞くコトバ、外貨両替のメリットデメリット。海外への旅行だったり手元に外貨を置かなければならない人が活用機会が多い。しかし日本円に不安を感じているのか、外貨を現金で保有する場合も増えている。注意。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。
将来を見据え日本国内で生まれたほとんどの金融グループは、既に国際的な規制等の強化も見据えつつ、経営の強化や合併や統合等を含む組織再編成などまでも積極的に取り組んでいます。
アメリカの連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された預金保険機構が支払う預金保護のための保険金の現在の補償額の上限は"預金者1人当たり1000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"のみ。預金保険機構は日本政府だけではなく日本銀行ならびに民間金融機関全体の三者がが大体3分の1ずつ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yvbq5ton
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yvbq5ton/index1_0.rdf