後、1分。

April 05 [Sun], 2009, 23:59
今日はブログを書くつもりはなかったんですが、
やっぱりね(笑)

どうして、好きな人の誕生日っていうのは、
自分の誕生日なんかよりずっとそわそわしてしまうんでしょうね(笑)

という訳で。

春馬くん、お誕生日おめでとう。

私が彼を知ったのは確か、17才になったばかりの頃だったので、
もう19才なんだと思うと
年月の早さに何だかちょっと改めてビックリしてしまったけど。

もう19才。でも、まだ19才。

早く未成年を卒業したいと言っていたけど。
もしかすると、自分の中のあまりの成長の早さに
実際の時間が追いついていない感覚があって
そう感じてしまうんでしょうかね。

それ程に成長目覚しい春馬くんを
私は眩しいとすら思う事があるよ。

努力する事を惜しまず、
成長する事に貪欲で負けず嫌いで
天然って言葉を付けたくなる程(笑)正直で素直で。

そっけない程にクールかと思えば、
誰からも愛される人懐っこさを持っていたり。
もしかすると、普通の人以上に普通の感覚を忘れずに持っていたり。

そして、ファンを含めて、
自分と接する人の気持ちを感じ取る事ができて、
感謝の気持ちを口にするだけじゃなくて、
実際にそれを行動として表す春馬くんがやっぱり、私は大好きです。

これからきっと、
今まで以上に新たな世界を知り、沢山の人達に出会って、
スポンジが水を吸い込んでいくように
色々なモノを吸収し、影響されて成長していくと思うけど。

でも、私が一番、惹かれた春馬くんの考え方の軸の部分。
その部分は何かに影響される事なく
変わらず、軸がぶれる事無く
今のままの春馬くんでいてくれたらなと思います。

って、私が心配なんてしなくても大丈夫だと思いますけどね。
ほら、マイペースな彼ですから(笑)

何かの雑誌に書いてあったこと。

福山さんが発した言葉。
「エンターティナーは時には人を救える」

それに感銘を受けた。
自分もそうなれたら。って春馬くんは言っていたけど。

きっと、春馬くんならそうなれるよ。
少なくとも私にとっては既にそう思えているから。

自分以外の人の生活や考え方すら影響を与えたり、
素敵な感情を抱かされてくれるっていうのは、
きっと、それに繋がっていく事でもありますよね。

これからも今までと同じ様に
自分の思い描くモノをひとつひとつ叶えていくんでしょうね。

私がいくら言葉を重ねても
小栗さんの言葉。
「今後も今までと変わらずピュアな春馬くんですくすくと成長していってくれたら」
を超えれそうにないので、今日はこの辺で(笑)

この1年が春馬くんにとってたくさんの笑顔積もる、
希望の光満ち溢れる素敵な1年になりますように。

これからも私達をワクワクさせて下さい。
舞台、楽しみにしてます。

1ヶ月の日記。

March 01 [Sun], 2009, 23:00
また少し間が開いちゃいましたね。
お久しぶりです。tamaです(^^)

ブログを1ヶ月、書いていなかったのは、
前回の『予防線』の事で、ずっと落ち込んでいたとか、
劇団ひとりの結婚にショックを受けて、
その事実にただひたすら打ちひしがれてたとかでもないですよ?(笑)
(昔、芸人さんとして好きだっただけなので)

あの記事(予防線)を見た友達が
「大丈夫?」って心配してメールをくれたけど、大丈夫です。
心配かけてごめんね。

何だか、最近はブログを書いてても、
書いてる途中で、気を失うように寝てしまうってパターンだったんですよ。

って、それは最近はって感じでもないか(笑)
とにかく、体が睡眠を欲する感じなんですよね。

ここ最近の厳しい寒さで
動物的な本能が目覚めて、そうさせるんでしょうか?(笑)

まっ、そんな事はどうでもいいですが(んじゃ、書くな)
ちょっと体調を崩したりしてました。
風邪とかではなくて。

少し前に会社の健康診断があったんですよ。

これは余談で、ちょっと話がそれちゃいますが。
同日に検査を受けた私達グループの診断結果がなかなか届かなかったんですよ。
で、おかしいと思った会社の人が問い合わせたところ、
それに対する、回答がこんな感じ。

「担当者が連休中なのでわからない。連休明けまで待って下さい」

って、どんな病院だ?!(笑)

そして、その後、付け加えられた言葉にまたビックリ。

「あっ、まとめて送った方が送料が安いので、他のもまとめて送ります」

だから、どんな病院だ?!(笑)

そんな医療機関とは思えない大らかさと
受診者の都合よりも切手1枚の支出を抑えようとする堅実な経済観念を併せ持ち、
ウチの会社が絶大な信頼を寄せる(てるのか?)病院から
少し前に結果が届きました。

・・・見事に5つひっかかりました

しかも、その内、3つは再検査。。
ダメじゃん、自分。。

以前から、ストレスが溜まると胃痛を起こしてたので、
『胃』は、なんとなく想像はついてたんですが、
他の諸々にもうびっくりですよ。
しかも、総合レベルの低い事。

結果が出た日は妙なテンションの高さが周りに漂ってて、
まるで60才前後のおじさん達の飲み会みたいに、
「私なんて!」「いやっ、俺なんて!!」と、
会社の人達とひとしきり
お互いの不健康自慢をしあってから帰ってきた訳ですが。

やっぱり、数値や文字にして見せられるとショックですよね。。
この間まで入院していた病み上がりのパートさんにも
「これはヒドイ。早く病院に行き!」と心配される私って、どんだけだ(笑)
かといって、仕事は休めないしね。

その中に『刺激物を控えて下さい』っていうのがあったんですが、
私、お酒も飲み会以外では飲まないし、タバコも吸わない。
炭酸や香辛料も得意ではないので何一つ思い当たらない。

『刺激物』と聞いて思い当たるのは会社の同じ部署の同僚位(笑)
狭い部署内で『同僚を控える』にはどうしたらいいんでしょうか?病院の人。

実は検査結果とは別のモノで去年から通院しているのがあるので、
その治療が終わってから、他のものは手をつけようと思ってます。

普段は普通に元気なので、大丈夫なんですけどね。
でも、去年からずっと体がしんどいっていうのは、
やっぱり、原因があったんでしょうね。

こういう時、いつも思う。
どうにも健康優良児な見た目ってほんっと損だ(笑)

しかもなぜだか、元気なイメージが浸透していて、
そのキャラ自体もそれに追い討ちをかけるし。
肌の色が白いので、クマとか血色の悪さはわかるらしいけど。

とにかくしばらくは体に気をつけて、
ストレスは溜めないように、体力的にも無理をしないように
気をつけたいと思います。
皆さんも季節の変わり目、お身体ご自愛下さいね。



で、1ヶ月の間にちょこちょこ書いていたモノを
1つにまとめるのも面倒だし、
せっかく書いたので日記形式で書いてみようかなと。

ちなみに今はCSのレミオロメンSP見ながらこれ書いてます。
ベストアルバムが発売されるんですよね。

特にこれに関しては感想はありませんが(笑)
ほんっとに名曲揃いですよね。

語りだすとまた長くなりそうなので、今日は語りませんが(笑)
ライブが本当に楽しみ。
そして、やっぱり、彼らの曲が大好きだ。

それと、ライブと言えば、
ゆず友兼馬友でもある、マイミクさんの日記でも知りましたが、
山梨神社ライブDVDと
アミューズイベの写真集、DVDが届いてるみたいですね。

ゆずの方はウチにも土曜日届いたので見ましたが、
(感想は追記の方で書きますね。)
アミュイベの方はほんっとにうっかり予約せずじまいだったんですよね。
慌てて、週末にぽちっとしてきましたが。

ネット周りをして、感想を見て回ったんですが、
なにやら、DVDの後半辺りで
春馬くんがとてつもなく破壊力のあるセリフを言い、
ファン卒倒必至のリアクションをした様で。

もうそれを知って、私といえば、ひとり身悶えですよ(笑)
あぁぁ〜、何で、さっさとぽちをしなかったのかと只今、激しく後悔中。
とりあえず、届くまで、歯ぎしりしつつ、待ちたいと思います。



では、追記の方に日記を書いてみますね。
内容はといえば、いつもと同じ様に
春馬くん、ゆずさん。

そして、ユニコーンも書くつもりでしたが、
文字数の関係でまた今度(笑)
よろしければ、続きもどうぞ。

AMUSE SUPER LIVE 2008 レポ

January 25 [Sun], 2009, 14:15
今からスピッツのライブに行くので、
あまり時間がないので、今日は春馬くん話を少しだけ。

今は舞台に向けて土台作りがメインだと思っていたら、
色々動きが出てきましたね。

情報諸々はあっちに書いたので、
こちらにはそのいくつかの感想だけ。

まず、『毎日映画コンクール』と『エランドール』の
両新人賞受賞!!!
春馬くん、おめでとう!!!

映画賞の方は『奈緒子』で受賞できたのがすごく嬉しいですよね。
本人もそう受賞後のインタビューで答えてましたよね。
私も『奈緒子』は個人的に思い出深くて、好きな作品なので。

この2つの賞の授賞式は
それぞれ2月4日と5日。
この日、翌日のワイドショーは要チェックですね。

久々の動く春馬くんですよ?
めちゃめちゃ楽しみなんですけども!
どんな衣装、表情、発言があるんでしょうか。

フォーマルな春馬くんも何気に久々ですよね?
楽しみ楽しみ。

また関西のワイドショーでは
カットされそうで今から心配ですけどね。

10代の内に色々なモノを手にしてしまうのは
必ずしも本人にとって幸せな事ではないという話も聞いた事があるけど。

でも、それを本人がとても喜んでいるならファンとして素直に嬉しいし、
それで彼の軸がブレル訳ではないし、
それを力にしていける彼だと思うので、余計な心配ですよね☆
ちょっと考え過ぎですかね(笑)

それと、前回、書くと話していた公式diaryの事。

ある事で、ひどく凹んでいたのですが、
そんな失意の私の気持ちを上げてくれたのは
その日、更新されてた春馬くんの公式diary。
ほんとーに久しぶりの更新。

今回は春馬くん自身からのメッセージがあるんですが、
それがとてもやわらかくてほっこりさせてくれるのですよ。

春馬くんにしては結構、珍しく顔文字を使っていたり、
16才の時に自ら書いていた日記みたいに
語り口調もとても素朴で。

ここ1年位の何かのコメントや茶畑日記みたいな
18才らしからぬ大人びた文章も好きだけど、
それとはまた違う良さがあって。

そして、後半部分では思わず泣きそうに。
っていうか、泣いた(笑)
ちょっとだけね。

今の春馬くん、毎日をとても楽しんでいる様子が
こちらにもすごく伝わってくる。

昨年は間違いなく彼にとって色んな意味で大きな年で
成長もできて、自信もつき、充実した1年だったんでしょう。
でも、それと比例する位、もしくはそれ以上に
無意識なのかもしれないけど、
色々なモノを背負って大変だったんでしょうね。

でも、今はそれを一旦、おろして、
舞台という目標に向かって、ひとつひとつ技術を身につける。

「今までできなかった事が出来るようになる」
そんなとてもシンプルだけどとても大切な毎日を日々重ね、
そんな毎日に喜びを感じてるんでしょうね。

そういう事に喜びを感じられる彼ですもんね。
ほら、何より負けず嫌いですしね(笑)

次の仕事がドラマでも映画でもなくて、
舞台で本当に良かった。とこの日記を読んで思いましたよ。
何より、昨日よりもずっと舞台が楽しみに感じてきました。

昨日でもかなり楽しみだったのに、
それよりって事は、相当って事ですよ?(笑)

それともう一つ。

『希望』って言葉、
現実にどっぷりつかって生きていると
ちょっと遠い言葉に思えたりして、
決して、日常語には思えないというか…
あまりピンと来なかったりするんですよね。

でも、不思議ですよね。
その言葉を発する人によって
こんなにも言葉の温度や意味合いが違って思えてくるんですもんね。

そんな自分の中で遠い言葉だったモノが
何だか、すごく近くに感じられて、
不思議とそれを見出せそうな気がしてくるんですもん。

そっか〜。
「希望に溢れている」って事は、「わくわくする」って事なんですね。
また18才の男の子に教えられたよ(笑)

いつかの日記に
「春馬くんを見ているとわくわくしてくる」と書いた事があるけど、
きっと、それはそういう彼だから
それがこちらにも伝染してくるんでしょうね。

もう私は最後の言葉だけで
しばらくは頑張れそうです(笑)
この日記をUPしてくれた事に感謝感謝です。



前回、書いていた様に
追記に春馬くんが出演した年末イベのレポをUPしますね。

書いた後に思い出した事なども書き加えたので、
mixiにUPしたものより長くなってます。

ここで一つだけお願いしたいんですが、
このレポの転載や無断でリンクを貼る等はしないで下さいね。

それでは、どうぞ。

『追記』

レポの方は1週間経ちましたので、
非公開にしました。

ものすごーくお久しぶりです。

January 20 [Tue], 2009, 23:06
ものすごーくお久しぶりです。
tamaです。

気がつけば、4ヶ月もここを放置していましたが、
私の事、覚えていらっしゃるでしょうか?(笑)

年もすっかりあけてしまいましたね。
もう1月も下旬ですが、
とりあえず、おめでとうございます(笑)

mixiの日記は相変わらず、ちょこちょこ書いてはいたんですが、
何だか、こちらの方は
色々と書きたい事はあって、それが溜まっていくんですけど、
何となく書こうという気持ちにならなかったんですよね。

もう4ヶ月も放置していたんだし、
さすがにもう見てる人もいないんやろうなぁ〜なんて思ってたんですが、
アクセス解析を見てみると、
書いてないその間にも沢山の方が来られてたみたいで、
何だか、すいません…って感じです。

mixiの方ではゆずや春馬くんのコアな話もできていたので、
「もうブログの方はいいかな…」なんて思ったりしてたんですが、
ここで知り合った方達もたくさんいるんですよね。

「ここがきっかけで、○○が大好きになってCDも買って、ライブにも行きました!」
みたいなものすごく嬉しい話を何度も聞かせて頂いたり。
時にはレポに対してとても素敵な感想を頂いたり、優しい言葉をかけて頂いたり。

やっぱり、ここは私にとって
思い出が沢山詰まった、大事な場所なんですよね。

ペースはどれくらいになるかわかりませんが、
もう少し続けてみようかなとおもっていますので、
もし、よろしければ、またお付き合い下さい。



それと、ちょっとびっくりしたのが、
4ヶ月も更新してないブログに
検索で来られる方の多い事、多い事。
何ででしょうね、ここって検索に引っかかりやすいんですかね。

少し前までは
「ゆず 三浦春馬」と「うまく言えない」が断トツで多かったんですが、
ここ何ヶ月かは春馬くん関係がとにかく多い。
彼の人気っぷりを表してるんでしょうね。

いつかの記事に
「その内、ウチの検索ワード、春馬くんがゆずを超える日が来るんでしょうね」
みたいな事を書いたと思うんですけど、実際にその様になってたみたいで。

その中でも今月多くてビックリしたのが
「三浦春馬 tama」とか「春馬 tama レポ」みたいな組み合わせ。

・・・何、このものすごくピンポイントな決め打ち(笑)

その中でもちょっとおもしろかったキーワードがこれ。

tamaの春馬(爆)

それ、どこ情報なのかは知りませんが(笑)
それでここにたどり着いてる事にびっくり(笑)

念の為、一言だけ言っておきますが、
私、そんな事を書いた事は一度もありませんから(笑)

初めに書いた検索ワードはきっと、
春馬くんや佐藤健くんが出演した
年末にあったアミューズのイベント『SUPER LIVE』の事だと思うんですけどね。

私、このライブレポを書いて、mixiの方で1週間だけ公開してたんですよ。
そうしたら、このイベント結構なプレミアライブだったからか、
1日で1000人以上アクセスがあって、
お礼や感想をものすごく沢山頂いたりしたんですね。
反響の大きさに当の本人、ビビって(笑)今は非公開にしたんですけどね。

もし、その方達がレポをお探しならば、
また一時だけ、ここで公開しようかな。
とにかく、このイベントは私にとって、とても印象深い思い出の1つなので。
素晴らしい1日でした。

春馬くん話については、後半に書きますね。



もう溢れんばかりの今更感ですが、
少しだけ去年のことを振り返ってみたり。

去年の前半は転職をして、
その仕事は今でもとりあえず、続けられています(笑)

正直、いろいろな事が入社当時の話とはかなり違っていて、
それに対してや、
今までとはまた違った種類の人間関係に息切れして、
ふさぎ込んだりもしたんですけどね。

まっ、それもあって
ちょっと体調を崩し、病院にお世話にもなったりもしてますが、
とりあえず、このご時世、辞めようなんて事は思えないので、
ぼちぼち頑張ろうかなって思ってます。

後は私のライフワークと言っても過言じゃないライブも沢山行きました。

ゆずはもちろんの事、
スピッツ、aiko、レミオロメン、KANさんの弾き語りに
そして、あの国内なのに、
「ここは地球の果てなのか?」
と勘違いしそうになる程、遠かったセットストック。

そのどれもがとても思い出深くて。
感動って言葉にしちゃうと何だか「足りない」って思ってしまうけど、
心の底から楽しんでは友達と笑いあったり、時には号泣したり。
時にはっていうか、私はいつも泣いてる気がしないでもないけど(笑)

特にゆずのファイナル2daysは私にとっては大きかったな。
山梨のライブも素晴らしかったけど。
1日目についてはここには書かないですが、
2日目の悠仁のあの言葉。

それまでもライブ中、涙したりしてはいたけど、
あの言葉を聞いた瞬間、
自分の中で無意識の内に張っていた
緊張の糸みたいなのががプツンと切れてしまったのか、
もう小さい子どもみたいに声をあげてワンワン泣いてしまいましたよ。

それはライブが終わっても自分で止める事ができなくて
ただひたすら泣きじゃくって。
しばらくして落ち着いて隣を見たら友達も同じ状態で(笑)

もう10年近く一緒にライブに行っている友達。
私の隣にいるのが、彼女で本当に良かったなって。
そんな事をおもった瞬間でした。
その夜、同じ様な事を彼女も私に言ってくれましたよ。

そして、ゆずといえばリーダーの挑戦ですよね?(笑)
ドラマを見ますと言ってましたが。

・・・すいません。初回脱落組でした(汗)

別に初回の悠仁の第一声「なにしてるの?」に
衝撃を受けたとかそういうんではなくて(笑)
内容が私にはちょっとしんどすぎました。
人の悪意とかそういうのに、めっぽう弱いタチなので。

録画は毎週、していたので、
お正月休みに見ようと思ってたんですが、結局、手をつけず。。
でも、ドラマを見なかった私ですが、
しっかり番宣はチェックしてましたよ。

もう、悠仁、あなたはどんだけ『できる子』なんだ?って感じでしたよね?
はねとびなんて私、何回見たことやら(笑)

いいともでの「今夜がマウンテン」の素晴らしすぎる瞬発力に心打たれて、
その回だけドラマ、見てしまいましたもん(笑)
「マウンテンなら見ない訳にはいかないでしょ?」ってな感じで(笑)

結局、悠仁ふんする殉也がどんな運命を辿ったかはわかりませんが(笑)
悠仁、本当にお疲れ様でした。



そして、昨年の後半は
もう春馬くんまみれと言っても過言じゃない位、動きましたよ、私は。
後半っていうか、昨年?いや、もうこの1年半か。
春馬熱が冷めるどころか増すばかりで熱をもてあます感じ。
馬友さんが何人もできて、色々共有できて嬉しかったり。

まず初めは舞台挨拶。
手を伸ばせば届く距離にいる春馬くんにボロ泣き(笑)

そして、まさかのサイン当選。
某春馬くんが出演した作品の感想を送ったのですが、
この運とは縁遠いはずの私が当選で半泣き(笑)

そしてそして、握手会では
前回の握手会と同様、ゆずの話をしたら、
驚きの一言を言われ、春馬くんの前で硬直する。
そして、終わった後、また少し半泣き(笑)
(春馬くん、どんだけ記憶力がいいんだ・・・)

そして、馬友さんがミラクル当選した
「ブラッディ マンディ」の最終回のエキストラ出演。
前日の夜に知らせを聞いたのに、
「行く!行かせて頂きます!」と即答する自分の行動力に少しばかり驚きつつ、
翌日、新幹線に飛び乗った訳ですが。

真冬の夜の厳しい寒さなんて大した苦にも思えない程、
幸せな時間でした・・・
実際、撮影は深夜まで10時間位あったんですが、
その間、ずっと誰にも怒られる事なく、春馬くんを見ていられるんですもん。

それは演技をしているところだったり、
休憩中、鍋を食べてるところだったり(笑)
普通にすれ違ったり、すぐそばでそんな風景を見ていると、
なんだか、感覚が麻痺してきそうでしたよ(笑)
「これって、現実?」みたいに(笑)

気がつけば、友達と手を握り合ってたり(笑)
春馬くんがツボな表情や行動をすれば、
同じタイミングでお互いが手を強く握り返したり(笑)

そして、最後はやっぱり、年末のアミューズイベ。
もう楽しくて、ひたすら楽しくて、はてしなく楽しくて(笑)
要は、楽しくて楽しくて仕方なかったんですよ(笑)

また次回、イベントレポをUPしますが、
歌にダンスにトークにコント?(笑)
色々な彼の魅力を十二分に見ることができたライブでしたよ。
もうこのイベを見ないと年が越せないって思う位。

感想はたくさんあるけど、今日は一言だけ。
彼は生まれながらの表現者ですよ。
それを体感したライブでした。




公式HPの日記についても書きたかったけど、
かなり長くなってしまったのでまた今度。

1週間で1番幸せな時。

September 28 [Sun], 2008, 23:59
それは金曜日、
仕事が終わり、ビルの自動ドアを出た瞬間。

何でしょね!あの開放感は!
「私、このままどこまでも飛んで行けちゃうわ」みたいな?(笑)

そして、反対に、1週間で1番辛い時。
それは、日曜の夜、
寝てしまうともう「今日」が終わってしまうのが何だか嫌で
時計を気にしながら、ダラダラネットしている時間。

一言で言ってしまえば、「今」ですね(笑)
金曜の夜と昨日の晩はあんなに楽しかったのに。
その楽しかった事はまた後半で。
まぁ、春馬くんの事ですけどね(笑)

今月後半はずっと気持ちがとてもローで、
ただひたすら底辺を徘徊するみたいなしんどい時期だったんですね。
「何をやってもうまくいかない」
まさに毎日がそんな感じで。
人ともあまり話したくないし、楽しみも見出せないと言うか。

そんな時、mixiの日記に仕事の悩みとかを書いたんですね。
それに対して、コメントしてくれたマイミクさんの言葉にうるうる来たり。

言葉は時として、人を追い詰めたり、どん底に陥れたりするけれど、
人を救い上げたり、癒すのもやっぱり、言葉なんですよね。
それは人の言葉だったり、歌だったりその時々で違うと思うけれど。
改めて、それを強く感じたり。

そして、これは何度も言ってるけれど、最終的には言霊なんですよね。
コメント下さったマイミクさん、ありがとうございました!



先週はそんな感じだったので、
あまりテレビも見る気がしなかったんですが、
HDDのテレビ欄でCDTVにミスチルが出てる事に気づいて急いで録画。

aikoの初めの上からの映像はとてもキレイだったし、
福山さんは年を重ねても衰えぬ美形っぷりだったし。
後、懐かし映像では、

「何か、ロンゲで、もっちゃいデュオがいるな」と思ったら、
それは春風の頃の悠仁だったり(笑)
短期間で悠仁、変貌し過ぎ(笑)

長期間で見ても、変化が見られない厚ちゃんの前髪も
ある意味、すごいけど(笑)

ミスチルはこの日は3曲演奏したんですが、
2曲目の『HANABI』
もちろん、発売されてた事は知ってたし、
テレビ番組も録画はしていたんですが、1度もちゃんと見た事がなかったんですね。
あまり音楽を聴く気分になれなかったのもあるけど。

イントロの時点で鳥肌が立ち、
テロップで流れる歌詞があまりにも今の自分と重なり過ぎてて、
自分にまだそんなに気力が残ってるのか?って位の号泣。
特に2番の歌詞はあまりにもその時の自分にはリアル過ぎて痛かった…
リアルというか、もう今の自分そのもので。

ずっと胸の中が悶々としていて、
色んな濁ったモノがぐるぐるしていて。
それに対して、また自己嫌悪に陥って。
それの繰り返し。

そして、歌詞の中でハッとする言葉が。

〜滞らないように揺れて流れて
透き通ってく水の様な心であれたら〜

きっと、これが答えなんやろうな。
本当にそんな風に生きれたら
どんなにかいいやろうね…

今朝はもう普通に聴けるかなと見てみたけど、
やっぱり、号泣…
ほんっと、なんて歌詞を書くんやろう、桜井和寿って人は…

3曲目はまさかのイノセントワールド。

もうダメ・・・
この流れはダメ過ぎる。。
この頃にはただ泣くというよりしゃくり泣き(笑)
贅沢を言えば、2番を聴きたかけど。

この曲が持っている浄化作用というか、
さっきの言葉を借りるとすれば、川の如く流れていく感じ。
肩の力を抜いて。そのままでいいよ。と言われてる様で。

希望だったり、微かな光を見出せそうな
予感めいたものを強く感じさせてくれて大好きな歌。
もう14年も前の歌なのに、あまりに鮮やかでドキッとした。

『陽のあたる坂道』
このフレーズだけで私は泣けるのです。
私の中でこのフレーズ=桜井和寿みたいな
象徴的な言葉なんですよね。

何かね、元気でた。
テンションが上がるとかっていうんじゃなくて。
もう1回、一から始められそうって思えた。
でも、もう変な無理はしない。

この状態の時にこの曲を聴けた事が私にとっては大きい。
きっと、私にとっての分岐点。
これは偶然じゃないと信じて。
また私にとって大事な曲が増えた日でした。

私にとって歌は最大の癒しであり、慰めであり、
そして、一歩踏み出させてくれる何よりのパワーだ。

もう1回、もう1回。



何か、いつも以上に支離滅裂な気がしないでもないけど、
見直しはしない(笑)
また長くなったので、今日はこの辺で。
春馬くんの事はまた明日にでも。

変わりって事じゃないですが、
mixiの日記はどんな事を書いてるの?と聞かれたので、
日記を追記にちょっとコピペ。
興味のある方だけどうぞ。

まっ、内容と言えば、こちらと変わらず私の好きな方達の話題です。
ちなみのその日の日記のタイトルは

『ゆずはるまてれび。』

そのままですね(笑)

1ヶ月ぶりの。

September 16 [Tue], 2008, 22:54
3連休の最終日。
皆さん、いかがお過ごしですか?

またまた1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
お久しぶりです。tamaです。
更新がない間もたくさんアクセスがあったようで。
すみません…
相も変わらず、mixiの日記はよく書いてたんですが。

今日は先程も書きましたが、3連休の最終日。
(途中まで昨日、書いたので・汗)

常日頃、友達と
「日本人は働きすぎた!週休3日でちょうどいい!海外を見習うべきだ!」と力説する私達。
いや、海外の国々が週休3日かどうかは知りませんが(笑)
やっぱり、3連休はいいですね☆

本日は私以外の家族が田舎に帰っていたので、家に私、1人。
朝、めざましをちょっと見てから、うたた寝して、
午後は最近、気に入ってる服を着て、夕飯の材料を買いに行って、
後はaikoの『秘密』を聴きながら、炊事、洗濯、掃除。

これがものすごく心地いい。
このアルバム、全体を通して、メロディーが無理のない歩幅というか、
聴いていると、いつもより、ゆっくり時間が流れてるように感じるんですよね。
空がずっと曇っていたから、時間の移り変わりが分かりにくいっていうのもあるけど。

こうゆうのを日常の彩りっていうんですかね。
何だか、自分的に充実した1日でした。
前の会社なら3連休なんてありえなかったので本当にありがたいことです。



気がつけば、山梨のライブレポをUPしてもう1ヶ月ですもんね。
毎日が過ぎるのがとても早いです。

その1ヶ月の間、私が何をしていたかといえば、
aikoのライブに行って、
最初からアンコールの最後までずっとみっともない位、号泣したり(笑)
無事、正社員になったり(正直、ムリだと思ってた…)
後は休みの為だけに日々、仕事を頑張るって感じでしたよ。
仕事の事は追記に書くとして。

夏はゆずのツアーから野外イベント、山梨ライブへと
あっという間に駆け抜けたというか、
ある意味、浮き足立っていたので、今は何となく地に足がついている感覚。

普段はツアーが終わると曲を聴く事がそれ程、多くないんですが、
山梨のライブが終わってしばらくはあの余韻が薄れる事無く、
通勤時間に『朝もや』などの音源をずっと聴いていましたよ。

ファン暦11年目にして、自分でもちょっとビックリする位、
その1ヶ月の間は彼らに夢中な時期だったんですよね。

波があると言っても、何だかんだ言っても、
やっぱり、私の中でゆずが占めるキャパシティは大きい。
そんな事も今更ながら、思い知らされる1ヶ月でした。

それと、ここ何日かで繰り返し聴いていたのが
『僕らの音楽』の『時代』

私はこの曲も彼がが歌うこの曲も大好きなんですよ。
私の中でゆずがカバーした曲の中で5本の指に確実に入る曲だと思う。
録画してた総集編にちらっとこの映像が流れたのを見て、
無性に聴きたくなって、本編のを探し出して。

この曲、大げさにいうとトラウマみたいなものがあって、
好きなら好きな分だけ、
余計それ以外の感情が付きまとってちょっと痛かったりしたんですが、
今はそれがなく、無駄なモノがそがれて、純粋に歌に胸を打たれる。

改めて驚かされたのが2人の歌もさることながら、
映像が素晴らしすぎるということ。
絶妙なアングルといい、心地よいスイッチングといい、
『映す側』の愛を感じずにはいられない(笑)

「ここで指元、抜いちゃいますか?」とか
「そこで目線あげ気味でカメラアングっちゃいますか?」とか
右サイドから流して、視界に2人が収まるあの切ない感じを出しつつも、
メロディーに身を任せて揺れるあの背中、腕のラインはしっかり捉えて、
ツボを確実に押さえてるところとか、
もう、私からすれば、「あなたはファンなのですか?」ってなカメラワークなのですよ。

あの数分間だけでも彼らの魅力が十二分に凝縮されてるんじゃないでしょうか。
何より、絵が美しいんですよね。
あそこまで行くと、ひとつの芸術作品ですよね。

それと、また後日、ブログに書こうかなと思っているんですが。
自分たちが素晴らしいと思う曲を世代を超えて歌い継いで、
それを知らなかった人へも歌い伝えていく。
この大きなひとつの流れに私はやけに胸が熱くなるんですよね。

私が生まれる前に発表された曲を色褪せるどころか、
また鮮やかに映し出す2人。
何か、ぐっと来るよ…私は。

・・・話してたら、また見たくなってきた(笑)



長くなるけど、もう少し(笑)

この一ヶ月の間、本当に私の好きな方々の慌ただしい動きといったら!
ブログはお休みしていましたが、情報はマメにチェックしていましたよ。

まず、リーダーの月9デビューのこと。
書きそびれてしまってましたが、私は当日のめざましTVで知りました。

朝、歯を磨いていたんですが、
朝刊の記事に「ゆず」「月9」のデカデカとした文字を見て、
マンガみたいに「ブフッ!!」と噴出してしまいましたよ(笑)
「マッ、マジでっ?!」って(笑)
噂では聞いてたけど、信じてなかったので。

その驚きは薄れる事無く。
帰宅後、スポーツ新聞を開いたら、そこにもその記事があって、
もう既に知ってることなのに、
「マッ、マジで?!」とまた新鮮に驚いてみたり(笑)

私はどう思ったかと言えば。
嬉しくも悲しくもなかったかな。驚きはしたけど。

私に悠仁の何が分かるわけでもないけど、
このドラマに出演する事で得たい何かがあったんじゃないかなって。
もちろん、過去の事をまた穿り出されたり、
それに対するファンの心配や良しとしない反応も出るだろうと分かった上で。
過去の事なんかは、私達以上に悠仁自身がわかっているやろうし。

それでもやりたいと思ったんやろうね。
きっと、自分の中で今なら大丈夫という気持ちもあったのかもしれないし。
その得たいモノが『刺激』とかなら、あまりすっと落ちてこないけど、
その『刺激』って部分をまた違う言葉に変えれば、すっと胸に落ちてくる気がするんですよね。
その『 』の中は人それぞれ違うやろうけど。

『ファンを大事にする』って事と、
『ファンの気持ちを考えて、自分のやりたい事をしない』って事は、
決して、同じではないですもんね。
私はドラマ、最後まで見たいと思っています。

色々書きましたが、
お友達の日記のコメにも当日、書いたけど、一番、初めに私が思ったこと。

きっと、相方さんは月9に出るリーダーをつまみに半笑いになりながら、
ビール片手に晩酌するんだろうなって事(笑)

なんてのんびり構えてたんですが。
昨日の『頑張ったで大賞』のドラマスポットを見て、
「ウチのリーダー、エライ事、させられてるよー!!」と
何だか、いたたまれなくなり、mixiの日記書いたりしてましたが(笑)

私にとって、いろんな意味で前途多難です。リーダーの挑戦は(笑)

それと、春馬くん関係は多すぎるので、今日は1つだけ。
『ガリレオ』のドラマSPがあるのですが、
主人公の大学生時代を春馬くんが演じるのですが、テレビ誌を見たら、
もうこれが、腰が抜けるほどの美しさ!!

プロデューサーが「これを演じるのは三浦くんしか考えられなかった」って言ってましたしね。
福山さんも以前、
「自分の後を継ぐのは三浦春馬しかいない」ともラジオで言ってたらしい(笑)

それともうひとつ、飛び上がる位、ビックリしたのが、
もう一人の重要な登場人物の大学生役になんと!!!
『砂時計』の大悟こと、佐野和真くんがご出演、決定!!!

なんですか!?ANN風に言えば、この私的、夢のドリームは!!
まさかこんなに早く2人の共演を見れるなんて・・・
これをテレビ誌で知った時は、
その場で、うれションする勢いでしたよー(やめなさい)

そんな妙齢女子をも、うれションさせてしまうこのドラマ(どんな紹介だ)
来月、映画公開と同日に放送ですよ。

『ガリレオ』見た事ないけど(え?)今から楽しみで仕方ない!
興味がある方、見てみて下さいね☆



少し会社の事。

「素晴らしきこの世界」ライブレポin山梨

August 17 [Sun], 2008, 0:16
山梨・身曾岐神社で行われたライブレポが書き終わりました。
いつも以上に記憶を詰め込んだので、
かなり長くなっちゃいましたが

1回だけのライブだったので、
内容がズレてたり、記憶違いもあるかと思いますが、
その点はご了承下さいませ(笑)
一応、相方さんに帰りに確認したりはしましたが。

それと、個人的なこと。
実は県民ホールのライブに行けなくなってしまったんです。
横浜のライブレポを期待してた方いらっしゃったら、ごめんなさい。。

まだスリーエフライブは終わってないので、
追記からライブレポになります。
では、よろしければ、最後まで読んでみて下さいね。



この日のライブ会場となったのは、
神社の境内にある深い緑に囲まれている能楽殿。

向かって右側に中盤で登場するストリングスのメンバーがいる離れがあって、
左側にはステージと細い廊下で繋がっている離れ。
ゆずの2人はここから、登場することに。

客席と能楽殿とは抹茶色に染まった池で隔てられているんですが、
そのせいなのか、
池の向こう側の建物全体が不思議な浮遊感。
明らかにこちらとはまったく違う世界のように思えて。

私達がいる客席側が「現世」だとするのなら、
あちら側は現世とは違う「別の世界」みたいな。

池で隔てられているのは、
もしかすると、そういう意味を持っているのかもしれないですね。

そして、それは私の目の前に見えている
『色』の印象からもあったかもしれない。

境内にいたあの時間、
私の視界には私が思う原色で染められたモノが一つもなかったんですよね。
それは、柱の細工だったり、能楽殿の染色だったり。
『オレンジ色』じゃなくて、『橙色』みたいにどれも『和』の色で。
色の一つ一つが水彩画の様な色彩。

神社やお寺どころか、
初詣さえ人ごみが嫌いという理由で行かない私には、
ちょっとした衝撃というか、感動でしたよ。
こんな所で、2人はライブをするんですね。何だか感無量。

ステージになる場所はとても小さくて、
ツアーの様な大掛かりなセットはもちろんの事、派手な照明機器もなくて。

でも、刻々と変化していく空の色や風が吹くたびに揺れる木々、
穏やかに揺れる池の水面と同じように揺れているあめんぼうや
突然の楽器の音に驚き「ぴちゃ!!」と飛び跳ねたコイとか(笑)
そんな『自然の営み』そのものが
何よりの演出って感じでとても贅沢な気分でしたよ。

では、長くなったけど、ライブレポへ。

ライブの余韻。

August 13 [Wed], 2008, 11:21
残暑お見舞い申し上げます。

やっぱり、関西と山梨とでは、
気温がさほど変わらなくても、不快指数が違う気がしますね。
避暑地をイメージしていたので、涼しいのかと思ったら、
実際はイメージとは違って暑くはあったんですけどね(笑)

でも、夕方に吹く風の湿度というか、感触は
間違いなく関西のそれとは違って心地良いものでしたよ。

という事で、山梨から今日、帰って来ました。(え?)
本当は横浜のみに行く予定だったんですけど、
急遽、山梨のライブにも参加できる事になったんですよ。

それもこれも、友人の多大なるご尽力、ご支援、ご協力あっての事なんですが。
本当に感謝感謝です!!

ウチのブログを見て下さってる方から、
「県民のライブレポ、楽しみにしています」という言葉を頂いていたので、
横浜のレポは書くつもりではいたけど。
(「レポが見たい」という言葉で、基本、書く意欲が沸くタイプなので・笑)
(意欲が続かない場合もあるけど・笑)

今回の山梨のライブは自分にとってとても印象深いというか、
「私、この日のライブの事をずっと忘れないだろうな」って思えたライブだったので、
おすそ分けの気持ちも少しあったりもしつつ書いてみようと思います。
セットストックもツアーの横アリ、城ホールの感想もまだだというのに(笑)

ライブ帰り、ゆず友さん達と
「今日は本当にいいライブだったね!!」と皆が口々にするような。
とても余韻も楽しめたライブでした。

カメラも複数台、入っていたので、ライブに残念ながら参加できない方も
前回のように映像としてきっと見れるんじゃないかと思ってるんですが、どうでしょう?

***

これは先週の土曜に書いたもの(汗)
レポ書こうと思いながらも、手付かずだったので。
今から書き始めようと思ってます。

レポといえば・・・

まんまるお腹の元気な子。

August 03 [Sun], 2008, 17:56
毎日、暑いですね。

もう恒例の挨拶みたいになってますが、
お久しぶりです。
「早く、夏なんか終わっちまえ!」とばかり願っているtamaです。

普段からぼんやりしているのに、
夏になると思考も動きも停止しがちなので、あらら・・・な事も多々あったりね。

そんな中でも、ゆずツアーのファイナルを無事、迎えたり、
セットストックに行ったり、aikoのツアーファイナルに行ったり、
ずっとバタバタしていたけど。

昨日と今日は久々に自宅でまったりと過ごす休日。いいわぁ〜。
やっぱり、私は根っからのインドア派なのだと、再確認した昼下がり。

またライブの事は書くかもですが(あっ、かもなので、期待はしないで下さい・汗)
今日は近況など。



会社の休憩時間にあったある驚いた出来事。

その日のお弁当はチャーハンだったんですよ。
で、いつもの様にお弁当用のフォークでチャーハンをすくおうとしたら。

フォークが握っていた部分から粉々に砕け散った!(えぇぇー!!)

その画像がこれ。
普段、写メなんてしないのに、思わず記念に撮っちゃいましたよ(笑)


なんか、悲しい絵だな。。

その後の周りの反応は?と言うと、
ご想像通り、私に対して浴びせかけられる罵声の嵐。

「握り潰すなんて、どんだけ腹減ってたんだ?」とか
「ものすごい怪力やな」とか
「今の仕事辞めても、その芸で全国周れる」とか
サイババみたいやな〜」とか。

握り潰すもなにも、ただ、普通に握っただけなのに。。
そんなサイババキャラなんて、いらん!(笑)

その後、会社の銀のスプーンを借りて食べようとしたら、
「そのスプーンは潰したらあかんで!」との追い討ちが

結局、なぜ粉々になったのか?の真相は不明ですが、
ほんっと、ビックリしたよ。

でも、もし、この年齢にして、秘めてた才能が開花したというなら、
もっと、別の普段の生活で役立つ才能が欲しかったよ、私は。

全国周って、フォーク握り潰したとしても、誰が喜ぶんだろう?
さすがにそれだけで生活はできないって。←少しは考えたのか?

とりあえず、新しいフォーク買いに行かなきゃ。
握っても粉々にならない硬いやつ(笑)



またMステの話。

この間の金曜は家にいたので、
ほぼ生(録画したのを30分遅れ)で見たんですが、
出演者を見て、「え?」って思いましたよ。

ミスチル(健ちゃんだけ白い・笑)にレミオロメン、槇原さんにリップって!
見事にセットストックの2日目のメンバーじゃないですか!

実は諸事情があって、泣く泣くセットストック2日目が見れなかったんですよ。
だから、何だか、切なくなってね・・・
と言っても、ちゃんと見ましたが(笑)

だって、大好きな

大橋のぞみちゃんが出てるから。←そこか!

ゆず大分ライブレポ完成(UP済)

July 13 [Sun], 2008, 15:30
またまたお久しぶりです。

気がつけば、また2週間、ここを放置になってしまいました。
mixiでは私とは思えない程、
結構、頻繁に日記を書いてはいたんですが。

ブログが2週間という事は、
横アリの追加からも2週間ってことですよね。
ほんっと、早いなぁ〜。

ついこの間、ツアーが始まったと思っていたら、
来週の城ホールでもうファイナルですもんね。
毎日が過ぎるのがとても早いです。

私はツアーが終わっても夏イベとかで
後、3度、ゆずのライブを見る事ができるので
(友達のおかげでスリーエフの横浜ライブも見れる事になりました)
あまり寂しさとかは実感としてないけど。

多分、城ホールファイナル、ap bank、セトストック、スリーエフ。
怒涛のライブ続きで、余韻に浸るまもなく、
気がつけば、夏が終わってたって感じになりそうですけど(笑)

今は仕事の人間関係でちょっとしんどい事があって、
3日ほど、まともに眠れなかったりするので、
ライブをにんじんにして、頑張りたいと思ってます。

あっ!それと。
ゆず友さんに言われて、「はっ!」と思ったんですが。

前回のブログで大分のレポUPすると書いてたのに、
レポがない!と探してしまった方がいらっしゃったらごめんなさい!!
(ゆず友さんは記事が消えたんじゃないかと心配していたようで。。すみません。)

実は、レポは完成してたんですが、
UPしようと思ったら、文字数オーバーで
それを削る作業をしてたら、もう朝になりそうだったので、UPできなかったんです。
そのままズルズルと日々の慌ただしさの中で放置してしまいましたが。

この記事の下にそのレポはUPしたので、
良かったら、最後まで読んでみて下さいね(もちろん、ネタバレありです)

久々に頑張ってライブレポを書いたので、
もし、感想などがあったら、気軽に聞かせて下さいね。
書いた本人、相当喜びますんで(笑)

横アリ2daysの事も書けたら、書き残したいと思うので、
なんとか城ホールのファイナルまでには書けたらなと思っています。



そんな日々の中でもMステはちゃんと見ましたよ。
この日は高木くんも出演してたんで、
春馬くんもきっと見たんでしょうね。

大分で新曲を初披露したというビックリ発言に、
一瞬、「そうだっけ?」と焦ったりもしましたが(それ、どこ情報だ?笑)
今までの様な妙な緊張もなく見ていられました。

でも、相変わらずのカメラワークの下手さっぷりに
もう一度、見ようとは思えないんですけどね。
中盤からの無意味な動きやカット割りに酔いそうになったよ…

「なんで、そこなんだ?」と
私がもし、カメラマンさんの側にいたのなら、
どんなに下っ端であろうが、そのカメラを奪い取る勢いでしたよ。

大好きな歌だけに他の番組のは結構、繰り返し見たんですが、
昔っから、私の中ではMステは好きじゃないんですよね。
でも、歌はとても良かったですよね。
2人ともお疲れ様でした。



で、最近は春馬くんの方はどうなんだ?と言われれば、
相も変わらず、チェックは欠かしてないし、
ブルボンのCMも
放送初日にスポンサー番組をネットでわざわざ調べて捕獲するようなお熱っぷりですよ。

CM以外でもまだ噂の域ですが、
大きな仕事が2つ決まったというような話も。

その話を前提に、
「うわっ!って事は、
 あれ関係であの番組にも出るって事は、応募もしなきゃ!有給も取らなきゃ!
 あっ!でも、まだその頃は有給使えないや・・・
 でも、って事は、あのイベは今年は出れないやん!そんなのは困る!!」

なんてのを考えたりして、
脳内でジタバタしたりしている段階なんですけどね、まだ(笑)
でも、今は次々と仕事が舞い込んでくる状況なんでしょうね。きっと。

正直、寂しさを感じないわけでもないですが、
それだけ選択肢や活躍の場が増えるのはファンとしても嬉しい事だし、
ちょっと下世話な話だけど。

雑誌で彼が
「今は学費くらいは親に送れる様になったけど、
 早くちゃんと親にお金を送れるようになりたい」っていう話をしていたんですね。
 
まだ高校生なのに…と、
姉さん、またじ〜んとしてしまいましたよ。
だから、CMが決まったりして、そんな風にできるようになればいいねと思ったり。

個人的には本人が今、一番熱望してる舞台の仕事の発表があればいいなと
願ったりしてる訳ですが。

でも、とりあえず、今は学校のテスト中みたいだし、
しばらくは体を休めたり、学生の部分に重点を置く事ができたらいいんですが。
そこんとこ、どうなんでしょ?アミューズさん(笑)
P R
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
○プロフィール○
名前○ tama
スキオト○ゆず、スピッツ、aiko
Mr.children、KAN
レミオロメン、cocco、salyu
フリッパーズギター、spiral life etc.
スキビト○おぎやはぎ、劇団ひとり
最新コメント
アイコン画像doudoune moncler noir
» 黒スーツとメッシュキャップ。 (2014年11月15日)
アイコン画像Louboutin soldes
» 黒スーツとメッシュキャップ。 (2014年09月19日)
アイコン画像Jordan?Retro?10?Shoes
» 無条件バトン(訂正版) (2014年08月21日)
アイコン画像Tee?Shirt?Adidas?Femme?Vente
» 無条件バトン(訂正版) (2014年08月18日)
アイコン画像Chaussures?Toms?Femme?Soldes
» 無条件バトン(訂正版) (2014年08月18日)
アイコン画像Nike Casual Shoes Womens
» 無条件バトン(訂正版) (2014年08月10日)
アイコン画像Lebron 12 Shoes
» 無条件バトン(訂正版) (2014年08月10日)
アイコン画像Puma Shoes Women (180)
» 無条件バトン(訂正版) (2014年08月10日)
アイコン画像Jordan 5 Kids Shoes Outlet
» 無条件バトン(訂正版) (2014年08月07日)
アイコン画像Jordan 13 Shoes Outlet
» 無条件バトン(訂正版) (2014年08月07日)
BlogList