ほんやくぅ 

January 14 [Sun], 2007, 10:10
次のお仕事来ましたよー
ま、こっちからお願いしたんですけどね。
前回の翻訳の結果というか、評価というか、まだ分からないので不安を抱えながら
次に進んでおります。

今度は前よりもかなりページ数が増え、締め切りまで1ヶ月弱!
できるのか、私?
いやいや、やらねばなりません。
再びPCの前に何時間も座る日々が続きます。
何かしてるほうが、気分的に充実感があって好きです。

苦手分野なので、勉強しながらしなければ!!
そうしてブログの更新はずっと先になる予感…。
というか、このブログ、私の翻訳日記になってきたなー。
アメリカ、関係ないじゃん

あけおめ 

January 03 [Wed], 2007, 3:51
ときどきしか更新しないブログですが、今年もよろしくお願いします。

年末年始はまーったり過ごしました。
アメリカでは初詣とかないし、普通の休日とあまり変わりませんでした。
年越しそばだけは作ってだんなと食べました。


そうそう、10月末に応募した小説、予選落ちでしたー。
ま、次がんばろう。

今年は就職というか、仕事につながるようなことをするのが目標です。
あと、健康に気をつけることね。

終わったぁ 

December 28 [Thu], 2006, 5:23
終わりました。
はい、以前言ってた翻訳です。
途中で体調不良になりながらも
締め切りに間に合いました。

ほんっと難しくて、量的には少ないのに、全然進まなかった。
でも、自分としては今の力を出し切ったので、一応満足。
「こんなんじゃあかん」とか「もう仕事の依頼はしません」
とか言われたら残念だけど、
今の自分にはこれが精一杯なので、あきらめもつくかと。
でも、できれば次もやりいたいなー。(本音)

ま、自分の力不足が分かったので、また勉強しなおします。(年明けてから…)

うれしぃ 

December 08 [Fri], 2006, 10:46
翻訳依頼のお話がきた!!
と言っても、ちょこっとしたモノ。
それに目指している小説の翻訳とは違って実務翻訳だけど。

以前に翻訳の通信教育受けてて、そこの先生からの依頼なのだ。
手伝いといったほうが近いかも。
「成績優秀で修了した人、もしくは修了見込みの人に連絡してる」って言ってた。
うれしいと思った反面、私でいいのか?と思った。
提出して返ってきた答案はたくさん直されていたし、いつも80点ちょっとだった。
「修了者の声」みたいなのに載ってるのは90点以上の人の話とか多かった。
私は少なくとも85点は取りたかったのに、毎回取れなくて落ち込んでたん。
でも、まさかこういう形で翻訳する機会に恵まれるとは思ってなかったのでうれしい。


で、何人かで翻訳するんやけど、私が担当のところはそんなに多くないのね。
気合満々でやり始めたわけだけど……。




あの、ものすっごい難しいんですけど……?



初めは、うまくいったら次の話もくるかも♪みたいに思ってたけど、かなり大変。
もともと、初めてなのでよっぽどキレイな訳をしなければお金にならないし(翻訳の出来によって給料が変わる仕組み。下手したらお金無しというのもあり得る)、ましてや次の依頼が来るなんてこともないとは分かっていたけど。
こんなに難しいモノがくるとは……。

専門的なもので、日本にいれば図書館で調べたり出来るけど、私にはインターネットが頼りの綱。
ひとつの訳をするのに1時間以上なんてザラ。
締め切りもすぐなので、かなり頑張らなければならないので、ほんとに頑張るぞ!

もう師走だね 

December 04 [Mon], 2006, 1:23
ブログ、すっかりご無沙汰してしまった。

11月末には私の誕生日がありました
日本の友達からたくさんメール来てうれしかった
そして29歳になりました
心の中ではまだ20代前半なのだが。

当日はだんなとデートしたよ
お寿司食べて買い物した。
私が住んでいる市では一番おいしいといわれている日本料理屋さんに行ったんだけど……。
ま、こんなもんかな、という味。
日本の回転寿司のほうがいい、とか思った。
地域の料理コンテストとかで優勝してるみたいで、お客さんは多かった。

私、普段から、アメリカで日本料理は期待しないようにしています。
アメリカ来て初めの頃に悟った、日本と同じ味を求めてはダメだと。
それに、そこまで日本食にこだわっては無い。
ときどき自分で作る「日本食もどき」で十分満足してます。
でも、「日本の食事恋しいでしょ。紹介してあげる」とか言う人けっこういるんだよね。
アメリカ人もそうだし、こっちの日本人たちもそう。
「いや、いらないです!」とも言えないので、笑顔で「ありがとうございます」と言うけどね。

アメリカでは、アメリカならではの食べ物はおいしいよ。
特にピザは超おいしい。
その代わり、イタリアンレストランでピザ注文しても、アメリカ風ピザが出てくるけど。
ハンバーガーやホットドッグは定番だよね。
そして手羽先がおいしい。
から揚げみたいにして食べる。
手羽先レストランでは安ければ1個50セントだし、安くておいしい。

「食」については書きたいことまだあるけど、また今度。

え、ダイエットはどうなってるかって?
ご想像におまかせします










長続きしないもの 

November 08 [Wed], 2006, 17:13
それはダイエットです。
やせたい<食べたい
という公式ができちゃってます。
ダメやん、私。

アメリカで太ることを恐れていました。
半年留学して10キロ太った
とかいう話をよく聞いていたので、そうなることかと。

今、半年で2キロくらい増えました。

あえてここで私の身長、体重を公表します。
153センチ、50キロです。
ちょっと(?)ヤバイ
それでも服のサイズはほとんどXSなので、心のどこかで安心している私。
そりゃ、アメリカ人に比べれば細い方だけど…。

一番やせていたのは約4年前、結婚のときです。
42キロでした。
結婚式までにやせる!!
と頑張った。というか、本当はなぜか勝手にやせていった。

あの頃に戻りたい。
でも、年を重ねるにつれ、減らない体重。

で、ストレッチやウォーキングや始めてはみるのですが、
1ヶ月もしないうちに止まってしまいます。
効果がやっと現れ始める頃なのに、
面倒くさいのです。
やっぱりダメやん、私。

本当にどうにかしなければ…

将来なりたいもの2 

October 28 [Sat], 2006, 5:55
みんな、小さい頃の目標って達成しているんでしょうか?
私は小学生の頃からなりたかった職業は「小説家」です。

中学生のときが一番頑張っていて、クラスの女子全員に私の書いた小説がまわっていました。
ノート7冊の恋愛小説で、「3冊目誰が持ってるの?」とかクラスメートが聞きあっていたりしました。
感想を言ってもらえたり、うれしかったです。
あまり仲良くないヤンキーの子も、授業中に真剣に読んでくれてたこともありました。
少女向け雑誌に応募して、賞ももらいました。
優秀賞ではなく、佳作でしたけど。
その作品は、応募の規定が原稿用紙で30枚くらいのもので、書いてみると最初は50枚くらいになってしまって、削るのが大変でした。
友達には「30枚って、そんなに多く書くの大変だったでしょ」
と言われましたが、削るほうが大変でした。
友達も小説書いていましたが、心の中で「私の小説のほうがおもしろい」と思っていたりもしました。

初めて大人向けの本を読んだのは、母に「そろそろこういうのも読んだら?」と、小学5年生のときに渡された松本清張の「ゼロの焦点」でした。
家族が推理小説好きで、私も読むのはもっぱら推理小説です。
小学生の頃は推理小説を書いていました。
そのときは、特に誰にも見せることはなかったのですが、なぜか「あとがき」も書いてました。
でも、トリックとか思いつかなくて、推理小説は小学生のときだけでしたけど。
しかも子供だったし、登場人物の一人は「幽霊」でした。
シリーズで書いていて、1話目で殺された主人公(高校生の女の子)のお姉さんなのです。
今の私では考えない設定ですね…。

大人になるにつれ、生活そのものが忙しくなり、小説家は「夢のまた夢」になりました。
設定を思いついても途中で止まったものばかり。
中学生の頃はまさに「登場人物が勝手にセリフをいうので、私はそれを書くだけ」というような状態だったのに。頭の中で登場人物が生きていましたから。

最近は専業主婦になり、時間もできて、また書き始めてみました。
けっこう順調です。
10月末に応募する作品なので、そろそろ推敲をばっちりしないといけません。
オンラインだからぎりぎりでOKなのです。

昨日も書きましたが、翻訳家にもなりたいです。
まだ、現実味があるのはこっちですね。
でも、小説家という目標も捨てずに生きて生きたいです。

将来なりたいもの 

October 27 [Fri], 2006, 15:23
アメリカに来て半年経ちました。
アメリカ人のダーリンと日本で出会い、日本で結婚し、永住権を取ってこっちにやって来ました。

今、一番の望みは「仕事をすること」です。
ユズの英語力は日常会話できるくらい。
ビジネス英語は無理です…

一番したい仕事は翻訳!実務ではなく、小説の翻訳をしたいのです。
日本にいるときから通信教育で勉強したりしてたけど、難しいんです。
翻訳は真剣に考えているので、長いことかかってもいいので、モノにしたいです。

ただ、目の前にある問題は生活費
ダーリンは日本の仕事辞めてこっちで仕事してるけど、給料が安い
転職も考えているけど、なかなか難しいです。
日本では私もバリバリ働いていたので、買いたいものが買えていたのになぁ。
引っ越しと新婚旅行で貯金もほぼ使ったし…。

おっと、暗くなってしまいました。
英語力向上のため、勉強しなくては!

お初です 

October 27 [Fri], 2006, 7:14
はじめまして。ユズといいます
アメリカで暮らしています。
思ったことなど書いていこうとおもいます。
よろしくお願いします
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuzuinamerica
読者になる
Yapme!一覧
読者になる