〜想い出〜 

March 29 [Tue], 2005, 0:11



     今日も  彼方との想い出が



       私の頭のほとんどを占めてる



  





        「何やってんだろう,,,,私」



       新しい彼氏つくって


           幸せになったつもり?



         自分に嘘ついて  何が幸せなんだろう





   情けないよ  自分


    あいつといても ちっとも楽しくないよ






       あいつとの想い出なら



         ためらいもなく全部捨てられる




     楽しいフリして  嬉しいフリして



       でも考えてるのは  彼方のことで



   でも 私達には「別れ」など許されなくて.....









        今









         私の想い出には

















           後悔しかない










ごめん 

March 29 [Tue], 2005, 0:11




     どんなに誤魔化しても




        やっぱり  だめだったよ






      私ね  彼方が  大好きだった




         だからこんなにも別れが悲しいのよね




   彼氏もつくって



      彼方のことあんまり考えなくなって




        でも  そろそろ別れの日だと気付いたら



      なんだか無性に寂しくて 切なくて




         彼方に 今すぐ逢いたくなった








       メールだけなんて 悲しすぎるよ



            彼方を  感じたいよ.....






        彼氏のこと自慢して



          嫉妬して欲しくて



 
         好きでもない彼氏とラヴAなふりして



     幸せにやってるって演じてみたけど




            自分が苦しくなっていくだけでさぁ





       もぅ  彼方じゃなぃとだめみたいだよ




         世界一  宇宙一









     彼方が大好きなことに














         今  気付いたの....



正直な手 

March 29 [Tue], 2005, 0:10



     男友達と遊ぶ今日



        いつもように服選び




           お気に入りの黒い
               ヒラミニスカート



       よし  これにしようかな?




        「これは、ぁの人とと遊んだときに着た服でしょ?」



     頭の中で  声がする






      自然に  手が止まる







        なんでかなぁ もう どうでもいいはずなのに




          想い出  全て捨てられずにいるよ






     友達と喋ってる時



       電車の中に彼方に似た人見たよ





          何故か 無性に本物の彼方に逢いたくなった





     仲良くプリクラ撮ったって



       ぬいぐるみ撮ってもらったって





     この惚れっぽい私が



        ちっともドキAしてないんだ






      おかしぃなぁ.........


僕は特別? 

March 29 [Tue], 2005, 0:05





       いろんな人に優しい言葉をかけられるたび



           少し  自信がついたんだ





        「僕だけ特別かなぁ」って



               期待してしまうんだ



         だけど    君達はみんなに優しくてさ




          だから  何万人 何億人といるなかの




       僕は  単なる一人にしかすぎないでしょ?



             僕に特別な魅力があるわけじゃなくて



        単なる君の優しさなんでしょ?













          あ〜ぁ













             僕は誰の特別な人にもなれやしない..........




幸せのレシピ 

March 28 [Mon], 2005, 23:58





     どんな材料を集め  どんな味付けをすれば





        幸せが出来上がるかな





             今 僕は必死に材料集め





         手に入れたいものとは 全然違うものを



           手に入れてしまう時もある







               でも ちょっとづつでいいんだよね




        こんなに焦ってるなんてばかみたい





               きっと時間をかけて煮込めば煮込むほど





          美味しい  美味しい  幸せが出来上がるね



            






                幸せのレシピの本なんてあるわけない











         だって     レシピは一つじゃないからさ

















            この世界の人の数だけあるものだからさ...........




本音 

March 27 [Sun], 2005, 15:49



     ごめん









          本当は











      彼方が好き
















        何をしてても 何処にいても




    気が付くと  頭の中は 彼方との想い出でいっぱいになってる




      2人で撮った写真



         どうしても捨てられなかった




       彼方だけのメールフォルダも



          男友達のフォルダに戻してみたけど




    彼方のメールだけ  いつも鮮やかに見えてた







       想い出を  何度思い返しただろう




     それは「今」じゃなく





          「想い出」だって 分かっているから切なくて






       泣きそぅな時  彼方の声が聞こえてきた




    「今いっぱい泣けよ。んで明日いっぱい笑えればいいじゃん」
















        もぅ  止めることのできない涙
















             あの頃に   戻りたい...........





最後の日 

March 27 [Sun], 2005, 15:48



      どうかいかないで





          これが最後の後ろ姿






         分かっていながらも




    ただ  君の横を何事もなかったように通り過ぎた





      長かったなぁ  彼方と過ごしてきた日々




         毎日いろんなことがあって


       落ち込んだり  舞い上がったり



           楽しかったよ  彼方とのおしゃべり

         暖かかったよ 彼方の手



             泣けるくらいに安心したょ






           彼方の  隣













     もう二度と 彼方の横を歩くことはできないけど



       忘れないから



          彼方も時々思い出してね




         あの日のように  雪が舞い散る季節になったら...........






約束2 

March 27 [Sun], 2005, 15:47


     「さよなら」




   ポツ  ポツ  ポツリ  


       零れる涙 手で拭って



     送信ボタンを押しました


       これが  2人のためなんだ



    もう  彼方を頼ったりしないよ


       心配しなぃで?  私は大丈夫


     自殺未遂も  もうしないよ


        ちゃんと  生きるから


       もぅ  さよならしよう



         2人別々の道  歩いていこう








      返事はこないまま  ただ時は過ぎて



         毎日のように  彼方は夢にでてきて

        私に「好きだよ」と呟いた


           「好きだよ」 私も呟いた


          目が覚める


       これが本当の気持ち


            認めたくない


         もうさよならしたんだもの


             もう関係ない







    彼方の友達からメール


     「あいつ、お前にさよならされたって落ち込んでたぞ」






        知らなかった


          さよならしたって


       ちっとも悲しくなんか思わないと思ってた



         ごめん  ごめん



        彼方が好きなゆえの決断だったのに

 
          また 彼方を傷つけてしまった

       こんな私といて 迷惑じゃないの?



         こんな私  邪魔じゃない?


           私は   彼方が......





             「大好きだよ」







    じゃぁ  一つだけ約束してほしいな






        「もう 2度と離れない」と........




ぉ兄ちゃん 

March 27 [Sun], 2005, 15:47



    ぉ兄ちゃん  大好きなぉ兄ちゃん




        2つ年上で  背が小さぃ私のぉ兄ちゃん



      ぃつまで私の面倒みるの?





           こんな甘えんぼな私だょ



        きっと  迷惑でしょ?








     ぉ兄ちゃん  大好きなぉ兄ちゃん






       近すぎて   もぅ私は妹









         彼女になれなかった 彼方の妹








     うぅん    先輩













         彼方に恋する  2つ年下の































         「女」
















そら 

March 27 [Sun], 2005, 15:45



     彼方とふたりで見上げた月





       なんでかなぁ





   いつもと 何も変わらない  普通の月なのに






     彼方が隣にいると




        こんなにも  綺麗に見えるよ





      会話が途切れる






    彼方は一生懸命話すこと考えてるみたいだけど





        私は  こうして歩いてるだけで十分だよ





      言葉なんて  なんにも いらない






          彼方の隣にいるだけで





       こんなに寒い道だって





         あったかくて 




    「ばいばい」は  ちょっぴり切なく




       とても寂しい.......







     明日も  この先も 







      ずっと  ずっと  
















          今が続けばいいと思ってた.......









2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像舞w
»  繰り返すなんて   (2004年12月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuzu_moon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる