夢と現実の狭間で 

January 12 [Fri], 2007, 8:39
叶わないから願うのだろうか。

夢と現実の狭間で

不運か幸運か、寝込んでいた日、俺たちの班は休みで。
不運か幸運か、寝込んでいた日、あいつはやって来た。
夢と現実の狭間に。

「はぁ・・・具合悪いっっ・・・視界が歪むっ・・・」
「サスケ・・・大丈夫か?」

不意に聞こえた懐かしい声に、自分の耳を疑った。
大嫌いで、大嫌いで、大好きな、兄貴の声。
その声を聞いた瞬間、横になっていた布団から飛び起きた。

「な・・・んで、あんたが・・・はぁ・・・此処に居るんだ・・・はぁ、げほっ」

熱の所為で息が荒く、幾ら凄んでみても意味がないのは自分が一番わかっていた。
でも、そこにいる人に対して、だまって居られる自分でないことも自分が一番わかっていた。

「理由はどうでもいいだろう?それよりサスケ、熱があるのなら寝ていろ。看病くらいしてやる」
「っ・・・はっ・・・あんたの看病なんていらねぇ・・・何されるか・・・げほっ・・・わかったもんじゃねぇ・・・はぁ」

叫ぶんじゃなかった、余計看病されなきゃいけない状態じゃねぇか、これ。
本当は誰でもいいから傍に居て欲しかった。
でも、素直じゃない俺はいつも余計なところで意地を張る。

「そんなに睨むな。幾ら睨んでも意味がない、そんな眼じゃ」
「うるさい・・・げほっ・・・いいから帰れよっ・・・はぁっ・・・」

もう正直座っているのもままならないくらい苦しかったんだけれど、兄貴の言いなりにはなりたくなかったから、ただただ睨み続けた。

「・・・もういいから、寝ていろ」

そういって無理やり俺を布団に寝かせたあと、何をするわけでもなく俺の隣に座る兄貴を、ただただ幻想でも見るかのように見つめていた。

(そうか・・・此れは幻想か、第一あいつが来るなんてありえねぇし・・・夢か・・・)

そんなことをぼーっとする頭で考えていたら、額に冷たい感覚が。

「あんたの手・・・冷たいのな・・・」
「今のお前に比べれば何処も彼処も冷たいと思うぞ」
「なぁ・・・もうちょっとでいいから・・・こうしてて」
「・・・さっきの反抗的な態度は何処へ行った」
「うるさいっ・・・」

正確には反抗的な態度を取らないんじゃなく、取れないだけなのだ。
でも幻覚なら、幻想なら、いつも素直になれないぶん、今甘えても・・・。

額に乗せられていた冷たい手を、自分の頬にもっていく。

「っ・・・ふっ・・・く、兄さん・・・」

今、自分の一番好きな人の近くにいるのは自分で、俺を見ててくれてる、そう思うと不意に涙がこぼれた。

「どうして泣いている?」
「・・・傍にいたい・・・好きなのに・・・俺・・・傍にいたい・・・っっ」

そういって抱きつけば強く、優しく抱きしめてくれた。

「    」

何か聞こえたような気がして顔を上げれば額に瞼に唇に。
兄さんの冷たい唇が触れる。

「今、だけでいいから、俺だけ見ててよ・・・っ」

あんたはゆっくり微笑んでいままでで一番深いキスをしてくれた。
酸素を奪われるようなキスに溺れるような感覚で眠りに落ちた。



がばっっ!!

「兄さん!!・・・って居るわけない・・・か」

そうだ、あれは幻覚だったから。
そう思って起き上がると額から落ちたタオルに気がついた。
そのタオルを抱きしめてただ涙を零した。

「好きだよ・・・そばに・・居てよ・・・」

愛する人よ、行かないで。
もう少しだけ、傍に居て。

甘い罠 

January 07 [Sun], 2007, 23:13
甘く溶け合うのは、金平糖?それとも俺の気持ち?

甘い罠

晴れた日。
俺が、森を赤丸と散歩して帰ってくる途中、あいつがいた。

「お。よう、キバ。と赤丸」
「あ、シカマルじゃねぇか。んでこんなとこにいんだ?」

いや、別に、ここに居て欲しくなかったわけじゃないんだけど。
えっと、照れ隠しってやつ?

「なんでって、此処木の葉の里だぜ?ここ居ちゃ悪いかよ」

ちょっと不満そうにそう答えられた。いや、お前の言う通りなんだけど。

「んや、いっつもお前この辺居ないから、珍しいなと思って」
「確かに・・・あんまこっち来ねぇもんなぁ俺」

こっち来た理由を話せ、って言いたいけど・・・。

「此処の菓子屋が美味いってチョウジが言ってたからな、ちょっと来てみたんだ。お前も食うか?」
「ぇ・・・いいのか?」
「御代は自分で払えよ!!」
「んなことはわかってるよ!!」

それくらい自分で払うわ!!!と言いかけた俺に、そりゃそうか、と笑いかけるお前を見て何言いかけてたか忘れた。
俺ってすげぇ阿呆・・・。

「んじゃ、いくか。ほら、早く来いよ」
「あ、おう」

お前が俺にそういって微笑むから、なんか、恥ずかしくなった。
菓子屋につくと、いっぱい菓子があって、どれにしようかすげぇ迷った。

「なぁ、お前、どれ買う?」
「あ、ほら、アレとか」

そういってシカマルが指さしたのは棒つきの飴。
俺のすきな食べ物のひとつ。

「あー俺アレ好き!!なんか、可愛いよな、あれ」
「・・・あれを可愛いって言うお前が可愛いと思うぞ。俺は」

・・・はい?い、いま、シカマル俺のこと可愛いって・・・言った?

「お、俺に可愛いとかいうな!!でもあれ本当に可愛いと思わねぇ?」
「お前が可愛いと思うなら可愛いんじゃねぇの?」

お前なぁ・・・そんな・・・笑うなよ、見てられないから。
目、見れなくなるから。

「じゃ、じゃあ俺、この飴二つと・・・あそこの金平糖欲しいんだけど、お前届く?」
「あー届くかな。多分大丈夫だろ。・・・しょっ、と。ほらよ」
「あーどもー」

いいなぁシカマルは背ぇ高くて。
そんなこと考えながらお金払い終わって近くの公園で食べることに。

「あーいいなぁお前のそのきなこもち。な、な、頂戴?」
「はぁ?お前ちゃんと見てから物買えよ・・・しょうがねぇなぁ・・・」

口あけて待ってたら馬鹿か自分で食えって言われた。
いいじゃん別によー・・・そういいながらもきなこもちを受け取る俺。
きなこもちを口に放り込み、自分の袋からさっきかった金平糖を取り出す。

「キバ、お前さっき俺のきなこもち食ったんだからお前の金平糖くれよ」
「ん?あぁいいぜぇー・・・はい」

シカマルの指先から口に消えていく金平糖を眺めていた。
綺麗な指。綺麗な顔立ち。ちょっと、綺麗すぎるだろ。

「あ、そうだキバ、もうちょいこっちこい?」
「どうした?」

いきなり抱き寄せられて口の中が甘いのを感じた。
俺、金平糖食べてないのに、口の中すっげぇ甘いし、金平糖入ってる・・・。

「お前・・・此処公園だぞ!?ひ、人に見られたらどうすんだよッッ」
「誰も居ないの確認してからしたから大丈夫だろ」
「そういう問題じゃなくって――ッッ///」

お前はいつもそうだ・・・俺よりすごい余裕があって全然動じない。

「だって、そうやって真っ赤になって恥ずかしがるお前が可愛いから」
意地悪したくなる。そう続けたお前はもう一度俺にキスをした。

甘く溶け合うのは、二人の気持ち。

抱きしめて、離さない-ナルトver.- 

December 21 [Thu], 2006, 17:25
抱きしめて、離さない

ほら、逃げられない。
でも、逃げたくない。
だから、構わない。

「カカシせんせー!!!!」

俺はいつだってそういってあの人の元に駆けつける。
あの人が、俺を求めていなくたって、俺が、求めているんだもん。
迷惑、だって言われてないから。

「ん?どうしたの、ナルト」

ぎゅ。

「え、どうしたの、ナルト?」

ねぇ、俺のこと、もっと考えててよ。
俺が抱きしめれば、抱き返してくれるわけでもなく。
でも、ただそのまま、そばにいてくれるだけで、構わない。
いつもなら、そのまま、俺が離れるまで、そのまま。
離れようとした瞬間、つかまれた腕。
そのまま引き寄せられて抱きしめられる。

え・・・なんで。今まで、抱き返してくれたことなんて、なかったのに。

「びっくりした?」
そんな、悪戯した子供みたいな顔で。
「う、うん」
びっくりしたって言うか・・・なんていうか・・・。

抱きかかえられてきょとんとしたままぼーっとしていると目の前に広がる銀色。
唇に、優しい感覚。え、まって、その、これは・・・。

「せ、先生?」
「ん?嫌だった?」
嫌じゃない、むしろ嬉しいけど。

「その、は、離して?」
恥ずかしいから・・・。
「嫌って言ったら?」
「か、顔が、周りに見えないように離さないで」
ずっと、抱きしめていて。
逃げれないくらいに。
逃げる気なんて、これっぽっちもないけれど。

ただ、闇に堕ちるように 

December 18 [Mon], 2006, 22:32
今日もまた深みに嵌まって。

ただ、闇に堕ちるように

好きなんてきっと違うけれど。
自意識過剰な俺は、自惚れてしまう。

俺の布団の上でごろごろしているお前に、『好き』なんて感情はないけれど、抑えきれない。

「ナルト、ちょっとだけ、こっち向いて?」
ほら、ちょっとした意地悪したくなる。
「ん?どーしたんだってばよ?かかしせん・・・     !!!」
最初は軽く、唇が触れる程度。拒否反応は・・・無いみたい。
嫌なら、拒絶して。
一度唇を離してもう一度、さっきよりも深く。

「ねぇ、嫌がらないの?」
だから、嫌って言ってくれないと、自惚れるって。
「んっ・・・か、かしせん・・・せぇ・・・っ苦し・・ぃ」

そんなに深くない筈だけど、ちょっときつかったかな。
そう思って、ぱっ、と離れた。

「・・・なんでこんなことしたんだってばよ?」
うつむいて顔を真っ赤にしながら俺に問う。
そんな答えにくいことこの上ない問い。
(好きだから?)なんてありえない。
考えられない。自分があの子を?まさか。
「さぁ・・・どうしてだろうね」
思ったことを口にしただけ。
「欲求不満ってやつ、かもね」

それを聞いたお前は、少しだけ辛そうな顔をして、笑った。

ああ、また深みに嵌まる。
俺達は、また堕ちてゆく、奈落の底へ、
今より、もっと深く深く、日の光さえも差し込まぬような闇へ、堕ちる。

あまりにも痛々しいその表情に耐えられなくなった弱い俺は、

「でも、お前のことは嫌いじゃないよ」
と、呟いて微笑んだ。
それだけでお前が笑うから、笑顔が見れるから。

そうやって笑うから、まだ嫌われていないなら、もう少しだけと思ってしまう、
堕ちてゆくのは、解っているのに。

「ねぇ、もう一回」
重ねた罪、初めては、何時だっただろうか。
「え、ちょ・・・だ、駄目・・・待って・・・っ」
そんな弱々しい抵抗じゃ、望んでるとしか思えない。
歪んでる?ああそうだ、歪んでる。
歪んだものが嫌いな俺は、歪んだ俺が大嫌いだ。
でも、嫌いな形でしか、歪んだ愛でしか表せないから、ただ罪を重ねていく。

ただ、闇に堕ちるように。

君が笑っていてくれるなら 

November 27 [Mon], 2006, 18:43
内緒にするよ。俺だけの。

君が笑っていてくれるなら

ねぇ、そんなに寂しそうな顔しないでよ。
俺まで、寂しくなるじゃない。
ねぇ、そんなに哀しそうな顔しないでよ。
俺まで、哀しくなるじゃない。

笑ってて。ずっと。
喩えそれが、俺に向けられたものではなくても。
喩え俺が、お前を笑顔にさせられなくても。
お前は笑ってて。
俺はお前の笑顔だけで、大丈夫だから。
俺に向けられなくても、充分だから。

なんとなく、最近は自分の気持ちに気づいてるんだけど。
自信がなくて、確信できないから。
伝えないし、誰にも言わない。
笑ってて欲しいのは、あの人に任されたからじゃなく、俺がそう願っているからなんだけど。
哀しい顔して欲しくないのは、自分が辛くなるからなんだけど。
自分に笑いかけて欲しいとか、自分に対してではなくても良いとか、俺の心の中は矛盾だらけで。
それも全部お前のせいで、自分が悪いような気もして。
矛盾はぐるぐる渦巻いて、いつかは消えるんだろうか。

でも、君が笑っていてくれるなら、俺は何にだってなろう。

ひらがなで10こ。 

November 26 [Sun], 2006, 22:52
01:にせもの
02:あのそらのむこうまでとべたなら
03:かぜのような
04:ちぎれたくさり
05:うそ
06:それはむかしのおはなし
07:とおくとおく、どこまでもとおく
08:あるべきばしょ
09:きのうのこと
10:らせんのゆくえ

怖いのは拒絶されること 

November 23 [Thu], 2006, 9:52
突き放したのは、自分なのに。
それでも、

怖いのは拒絶されること

ただただ尊敬した、四代目と同じくらい。
ただただそばに居たかった。
だから、一緒に居たんだけど、なんか居心地が悪くて、あの人が悪いわけではなくて。
きっと、俺の気持ちしだい。
だって、この前は一緒に笑ったり、話すだけで、良かったから。
もっと、もっともっとそばに行きたいと思うんだけど、確かにそう思っているんだけど。
俺の中の何かが、歯止めをかける、感じ。
もどかしくて、でもそばに行ってはいけないような気もして。

「ナールト、今日も一楽行くの?」

笑顔で聞いてくるこの上忍は俺の気持ちなんてこれっぽっちも知らないから。

「あったり前だってばよぉ!!なになに、カカシ先生もくるー?」

あ、またやっちゃった。
自分で誘って苦しい思いをするのは自分、なのに。

「あー・・・ごめーんね!!今日はちょっとこれから片付けなきゃいけない用事があるからまた今度ね!!」

優しいから、ぞっとするくらい自分でも解る。
そばに、いたい。

「気にすんなってばよ!!俺ってばラーメンあれば生きてけるからな!!!」

優しく断られたのに、また今度って行ってくれたのに。
苦しくって、少し視界が歪んだ。
あわてて眼を擦る。
こんなの拒絶じゃないなんてとうの昔に知っていたのに。
そばに居たいけど、こころが痛くなるから。
突き放す。
突き放せば、そばに居れないから心が、痛む。
そばに居て、拒絶されるのは怖いから。
突き放す、なんて卑怯だとわかっているけれど。
多分それが一番賢い生き方。

「ほら、そんな悲しそうな顔しなーいの。笑ってるほうが、お前らしいよ」

「うん」

もう、知らない。拒絶より怖いものを知ってしまったから。
ただ、そばにいたいって想ったから。
今だけ、くっついて居させて。

怖いのは拒絶されること。
だけど
もっと怖いのはそばに居られないこと。

たとえば、 

November 22 [Wed], 2006, 22:35
恋人だったら。

たとえば、

たとえば、友達だったら。
たとえば、弟だったら。
たとえば、息子だったら。
たとえば、ペットだったら。

たとえば、恋人だったら・・・

俺たちの関係は変わっていただろうか。
初めて会ったときはあまり好きじゃない、むしろ嫌いだったのに。
だんだんとこの子の魅力にひきつけられて。
自分だけではないことも解っていながら。
少しだけ差恥を覚えて。
少しずつ、好きになっていった。
人として、少しだけ尊敬したりもした。

たとえば、友達だったら
もっと前からこの子の魅力に気づけただろうか。
たとえば、弟だったら
もっとたくさん優しくしてあげられただろうか。
たとえば、息子だったら
愛情をしっかり教えながら育ててあげられただろうか。
たとえば、ペットだったら
俺の性格に変化があったかもしれない。

たとえば、恋人だったら
なんて考えても、どうにもならないし、そういう感情があるわけでもないけれど。

たとえば、なんて俺らしくないけれど
ただ、少し頭に浮かんだだけで。
こんなにもあの子が大切な自分に気づいた。

たとえば、ずっとそばに居れたら。

この距離を壊したくない 

November 22 [Wed], 2006, 22:14
そばに、いるようで。
はなれて、いるようで。

この距離を壊したくない

いつから、だったんだろう。
あの人を見るたび苦しくなって、眼を逸らした。
なんとなく傍に居てはいけない気がして、少し距離を置いた。
みんな変わりなく接してくれて、でも俺とあの人の間には少し距離があって。
その距離を置いたのは、間違いなく自分で。
最近あの人と一緒に居ることが多くなったのは、この班に馴染んできたからで。
心を許せるようになっただけで。
特に意味はなかった。と、思ってた。
でも、

「ナルト」

あの人の声が、優しさが。
俺のすべてを崩していってしまう気がして、距離を置いた。
任務のとき意外は、関わらないように。
少しだけのつもりだったんだけど。

「最近冷たいよね」

その一言に凍りついた。
傷つけた、かも。
自分の我侭で傷つけた、かも。

「ごめんってば、最近調子悪くてっっ、そのっ!!」

咄嗟に出た嘘。
俺の嘘はすぐ顔に出るって、サクラちゃんが言ってたっけか。
でも、この人は優しいから。

「そっか。ちゃんと食っていっぱい寝ろよ」

ほら、やっぱり。
優しいから、距離を置きたくなるんだ、と思う。

もっと近くに行けば、確かなぬくもりに触れられるかもしれない。
もっと離れれば、身近な優しさを思い知るかもしれない。
もっと近くに行けば、気持ちがぶつかり合って消えるかもしれない。
もっと離れれば、あの人のことを忘れてしまうかもしれない。

壊れるのも、忘れるのも怖いから。
だから この距離を壊したくない。

恋になるまえに5つ。 

November 22 [Wed], 2006, 22:07
消化済みは     あり。

01:この距離を壊したくない
02:たとえば、
03:怖いのは拒絶されること
04:君が笑っていてくれるなら
05:その一歩が踏み込めない
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆず
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:9月22日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-NARUTO、BLEACH、銀魂、Dグレ。皆大好きです!!
    ・音楽-BUMP OF CHICKENが今のところ一番vv
読者になる
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ゆず
» 抱きしめて、離さない-ナルトver.- (2007年01月07日)
アイコン画像マキロン
» 抱きしめて、離さない-ナルトver.- (2006年12月29日)
アイコン画像ゆず
» 抱きしめて、離さない-ナルトver.- (2006年12月27日)
アイコン画像マキロン
» 抱きしめて、離さない-ナルトver.- (2006年12月26日)
Yapme!一覧
読者になる