第五章『セッテイング』そのA

June 22 [Fri], 2007, 13:48
第五章『セッテイング』そのA



前回までの『相澤式ドラム講座』では、スネアの具体的なセッティング方法、また、(タムのセッティングに移るまえの)打面のポイントを認識する事を説明してきました。更にこの二つの事柄を結びつけてタムのセッティング方法を解説していきますが、それには今までこの『相澤式ドラム講座』で解説してきた『フォーム』が密接にかかわってきます。よく見直して復習してみてからこの章を読んでください。


さて、セッティングを導き出す際に(具体的に)重要なポイントが何点か出てきます。

(1)ドラム椅子に座った際のスネアを前にした基本形を再確認する。(1.23日付の講座の内容)
(2)スティックの動かし方についての基本動作を再認識する。(2.5日付の講座の内容)
(3) 『ドラムを叩く=力で操作する!』と言う考え方を捨てる。
(4)すべての動きにリラックス(筋肉的に)する事を心掛ける。



まず、(1)の基本形をスネアの打面上で作成したら(もちろんスティックは握って)、腕の肘の角度等を維持しながら手首を『目線』あたりまで持ち上げ、スネアの先の(該当する)タムのヒット・ポイント(前回付録参照)@を目標にして肘の関節を脱力(非常に重要なニュアンスになります)してステッィクの先端(チップ)をヒット・ポイント@に落とします。この際、過度に腕を振り上げたり、腕の筋肉に力を入れたりしない事を心掛けてください!意識して使う筋肉といえば、ステッィクがヘッドを捉らえた際跳ね返りを押さえるために軽く握りこむ筋力だけと言っても過言ではないでしょう。この@ポイントをチップが捉えている瞬間(左右の腕で)のステッィクの傾斜を打面と平行にした角度が(理想の)スモールタムのマウントする角度になります。この方法を用いてラージタム・フロアタムと理想の角度を導き出していきます。



また、もう一つ重要な項目としては、自分のセットのバスドラの口径、タムの深さによってこのタムのセッティングに無理が生じる可能性があります。筆者の場合、椅子の高さで微調整することにしているのですが、ペダルを踏む際ビーターを打面に押し付けた状態でレストしているドラマーさんなどには少し酷な調節法かもしれません。椅子の高さに(膝の関節の角度に)左右されないペダル奏法があるのですがこのベードラのペダルの奏法については講座一回分程のページ数が必要となりますので別の機会に改めて機会を作りたいと思います。


ここで、前回の付録で触れた『ヒットポイント@AB』を思い出してください。固定されたタムの打面を3分割するという事でしたね?では実際にセッティングしたセットでこの『ヒットポイント@AB』を(同じ高さから)叩き別けてみて下さい。音のニュアンスやバウンズ(跳ね返り)が(同じ力をかけているにも関わらず)変化している事に気が付きませんか?そして、もう一つ実践して欲しいのが、この軽くタムの打面(にスティックを落としているだけにしか見えないアクションになるはずですが・・・)を叩いている時にスティックを落とす際、わざと握りこんでみて下さい。落とす高さは変わらないのに音量がアップしませんか?(練習台でも体感できます)これを意識して行うとアクセント・プレーになる訳です。


従来のドラムのフォームではこのアクセントを付けるために腕を振り上げたり、手首を振り上げたりしていた訳ですが、関節の筋肉を傷めたり・・・といった話はよく聞きました。この辺りの詳しい話は『スティックのつかみ方』(1月29日付)、『強スティッキング、弱スティッキング』(2月5日付)の『ドラム講座』で解説しています。この講座内容に則って『ヒットポイント@AB』を叩く事をやってみて下さい。しかし、必ず@リラックスを心掛ける事!A体幹から腕の動きを導く事!をやって下さい。姿勢は悪くなりますが、体への負担は軽くなります。



次回は(タムのセッティングにおける)『右手エリアと左手エリア』について・・・でも、その前に(また)付録があるかも・・・。

新章スタート!

June 11 [Mon], 2007, 18:01

第五章『セッテイング』その@

さて、前章ではフォームについて重点的に講座を進めてきました。しかし、このフォーム(完璧な)を導き出すにはドラムセットのセッティングが密接に関わってきます。事実、間違ったセッティングによって上達が遅れたり、思わぬ怪我(主に筋肉や関節)に結びついたりします。スムーズなドラミングを導く為にも正しく、且つ理想的なセッティングをマスターする必要があります。では、今回は中心に位置するスネアドラムのセッティングについて解説していきたいと思います。



このブログ(講座)を開設した今年の初めの 第3章『基本形の認識および作成』(1月23日付)のスネア上での基本形の作成部分で前重心と後ろ重心の両方の基本形の作成の仕方を説明しました(こちらを参照の事)。いきなりの結論になってしまいますがこの『スネア上での基本形』のスティックのチップ部(先端部)の3センチ下にスネアのヘッド(打面)の中心部が来ればいい訳です。置き換えて説明するならば第3,4章で説明したフォームや基本形の初期段階の形を作成出来ればそのチップの下3〜4センチ下に各パーツの中心(シンバルは除く)を設定出来るハズなのです。読み返して下さい。



※スナッピースイッチの位置

一つのスネアで何種類かのニュアンスを出したい際にスナッピーの着脱は重要な作業になって来ます。特にマレットやブラシワークなどでは適度な倍音効果を期待するためスナッピーをはずして演奏する事が多いのですがこのスイッチをオン・オフする際に自分の体のどの部分で行うかでスイッチの場所を決定します。筆者の場合は身体の中心(左右どちらの手でもオン・オフできる)にしています。



※左右の角度

レギュラー・グリップの場合どうしてもそのスタイルの特殊性から左手側を若干上げてリムショットを掛けやすいようにするセッティングがあります。往年のジャズドラマーに多く見られるスタイルですが、マッチドグリップと併用した際に(若干の)不都合が出やすい事もあります(左手側が逆の勾配になるので背伸びをする感覚になり叩き難くなる)。この問題を解決するにはスネアをタム側に若干上げ自分の方に傾斜をつけて(尚且つ)スネアの打面の高さを上げる事によって大分解消できます。





以上この様な点がスネアのセッティングの基本的なものですが、自分のオリジナリティーを追及するのも面白いと思います。しかし、前章4の『フォーム』をもう一度読み返して、各パートに行きやすいセッティングを目指してください。

また、このスネアセッティングを作成の上、更に、実践的な練習を試みたい方は簡単な練習用譜面差し上げます。以下までご連絡を・・・

新高円寺 South Sound Studio

次回はタムのセッティングについて・・・。


Vol 8 その5

April 25 [Wed], 2007, 15:37
Vol 8


第四章『フォーム』C

金物(シンバルなど)へのアプローチ。


・ハイハット・シンバル

右左の腕がクロスしている現実

 このハイハット・シンバル。歴史は20世紀の初頭までさかのぼります。フット・ペダルに装着され、足でのプレイも重要ですが、ここでは つかみ@A を基にした”手”からのアプローチを解説します。リズム・パターンの種類によっては(と言うかかなりのパーセンテージで)左右の腕がクロス(交差)した状態がこのハイハット・ワークの特長になります。※但し、アクセントの種類(例えば、ハーフ・オープン)に違いによっては足でのペダル・ワークも重要なポイントになります。手と足を分けて考えるより『この種類の音色には身体はこう対応する』といった具合に聴覚をメインに覚える方がいいと思います。


1.手首の回転を自由にした”つかみ@”が基になっている奏法。

 基本的にはトップ・シンバルの項の 腕、および手首の回転をそのまま持ち込んでOKなのですが、このつかみ〜回転運動に入る前に、各人で異なる腕のクロス(交差)を紹介します。




・スティック及び腕がクロスするパターン(写真@)


・意図的にクロスする事を避けるパターン(写真A)


 この2パターンどちらを選択するのは皆さんの自由ですが、写真@はリズム・パターンがメインな音楽向き、写真Aの場合は手数の多い音楽向き、と筆者は捉えています。


(写真@)について

 実際ロックなどの場合のリズム・パターン重視のハイハット・ワークの場合は『ノリ重視』と言うことで身体の動きも(リズム・パターン同様)安定感を求める傾向になりますが、写真@のフォームはその安定感や(パターンの)統一感を出しやすいハイハット・フォームと言えるでしょう。

(写真A)について

 皆さんの中で(写真@)のフォームでハイハットを叩いている時、細かいフィルインなどを表現しようとしてスティック同士が『カツン』とぶつかった事がある方はいませんか?ドラミングのパターンが複雑になってくるジャンルになると(筆者は)良くこういう経験をした記憶があります。この事を避ける為にもワザとクロスさせる事を避けたフォームがこの(写真A)な訳です。安定感からは(若干)遠い感覚を伴いますが実践してみると「小回りが利くフォームである」と実感すると思います。


(まとめ)
 以上この2パターンのハイハット・フォームをまとめると安定感・スピード感・細かいニュアンス・パワー感を表現するにはこの2パターンを使い分けると言う事が大切で、ドラミングの幅を広げる為にはどちらもマスターすることをお勧めします。


2、手首を(敢えて)固定しての”腕の重さ”を意識した奏法。

 (写真@)(写真A)で説明したフォームをそのまま利用してハットのニュアンスを変えてしまうハット・ワークもあります。実践するのは簡単で肘から先の手首、そして指先、とワザと力を加えて(力んで)胸でスティックをコントロールするニュアンスでハットを叩いてみて下さい『ザクザクっ!」と太い音が出るはずです。スティックの重さ+腕の重さが加えたハットワークですが、(写真@)(写真A)の練習の際、肘にも注意してやってみて下さい。全くニュアンスが変わるので『得した気分』になるのは必定。余談ですがアメリカのトップクラスのセッションドラマーである ジム・ケルトナー が得意とするハット・ワークです。








Vol 8 その3

March 19 [Mon], 2007, 16:02
第4章『フォーム』

金物へのアプローチ

トップ・シンバル

・つかみAでの基本奏法

 実戦的で皆さんも無意識のうちに採っているスタイルだと思いますが、トップ・シンバルが多用される4ビ−ト(Jazz)などのドラマーでよく用いられ、肩・肘・腕などに負担が少ないフォームを生み出してくれるつかみです。たたし、つかみ@との違いは、スティックの返りを使う際に手首とスティックが直交に近い為、手首の回転を有効に伝えるためには手の平の甲と平が交互に見える状態になる事です。



 以上まとめると、つかみ@は特性上肩などに負担がかかるので、オカズ(フィルイン)とかの中でのアクセントなどのスピードを求められるスティッキング向きで、つかみAは肩に負担が少なくなる分リズム・パターンなど(時間的に)長丁場向きと言えるでしょう。



 次回は、補足となりますが、多少視点を変えた(別の身体的特長を用いた)トップ・シンバルのアプローチを紹介します。


Vol 8 その1

March 12 [Mon], 2007, 11:29
Vol 8  その1


第四章『フォーム』C

金物(シンバルなど)へのアプローチ。



 講座に入る前に・・・実はこのシンバルと呼ばれるパーツ、その独特の音質から(セッティング上)体の構造的な意味合いから導かれる(選ばれる)より、メンタルな要素によって導かれる(選ばれる)事の方が多いと言う事実があります。

 (見るからに?)聞くからに”その独特な周波数”でもってドラミングを演出する為、フレーズの始まりや終わり、また、強調部などに使われるわけですが、かつて、筆者の師匠である 小山彰太氏からこんなことを質問された事がありました『フリー・ジャズやるときに、何故トップ(レガート)シンバルの位置が高いか?』

解ります?

 答えは『高い位置のシンバルを叩く際(嫌が応でも)腕にテンションがかかる、これにより緊張感を生み出す』との事でした。確かに極端な一例ではありますがナカナカ奥深いエピソードだと思います。

 この事から言える事ですが、ジャンル、その時の気分などにより左右される事が多い上に ”感情のピーク時”に登場する率の高い分、セッティング自体が流動的になるパーツだと思いますが、上記のエピソードにもあるように、感情と(身体の)テンションの関係上高い位置に配置されています。

 さらにもう一つ独特の特長があって、(先ほど述べたような)フレーズを締めくくる部分で演出する方法とは別にハイハット・シンバルやトップ・シンバルなど(専ら)リズムパターン演出専門のシンバルが存在すると言う事だはないでしょうか。いずれにせよ、どの状態でも(基本的に)身体に負担が少ない叩き方(しかもそれはシンバルにとっても負担の少ない)があります。

 それでは次回よりリズムパターンに欠かせないトップ・シンバルに脚光を当てて話をしていきたいと思います。


Vol 6. 第4章『フォーム』そのA

February 05 [Mon], 2007, 17:03
Vol 6

第四章『フォーム』A


 スティックの動かし方

 前回アップ分の章(第4章@項)で、つかみ@ つかみA を具体的に紹介しましたが、最後の部分で『これら2つの つかみ を微妙に入れ替えながらスティックを操作する』という文章で締めくくっていました。ここで出てくる『微妙に入れ替える』という点がこの章のポイントであり導入部のキーワードになります。

では、どう入れ替えるのか?



 実は、ドラム・セットの場合には ”右手エリア””左手エリア”という(各々どちらかの手が優先する)エリアが自然と発生し、そのエリアの中でフレーズ、ビートを組んでいる訳ですが、その”エリア分け”を十分に理解する事から始めましょう。この項目は後に『セット・アップ』の部分で詳しく説明するので簡単に進めて行きますが、具体的に言って(体の中心から半分に分割した際)右側に属するパーツとしては、ロー・タム、フロア・タム、トップ・シンバルなどが挙げられ、左側に属するパーツは、ハイ・タム、ハイハット・シンバル、クラッシュ・シンバルということになります。(スネアに関してはどうしてもその個性から中立に属するということになります)この各エリアに(ドラム・セットを)分けるという事と、このエリアに身体が”どうアプローチするか”で『つかみ@・つかみA』を微妙に分けていくことになります。



1、スネア(中立部)上での(つかみ@にての)弱スティッキング 

基本的に(交差の)角度の違いは多少出てきますが、『前重心』『後ろ重心』の両者共通のアプローチになります。(※重要注意点)スティックは摘む感じで!!決して余計な力でにぎらないで下さい。上達が遅れます。

 まず右手。第3章『基本形の認識および作成』で出てきたスネア上での基本形を『つかみ@』にて作成します。

 スネアのヘッド上約3センチの辺りにスティックのチップ(先端)が来ていると思いますが、この形をキープしながら肘を軸として(動かさないで)親指を下に下げ小指を上に上げます。つまり手首が体の内側に(肘を軸として)回転している訳ですが、ステッィクの先端は(こんな些細な運動なのですが)かなりのスピ−ドを持って打面を叩いているはずです。

 この動きになれるためにメトロノームを120辺りに設定して各音符を叩いてみるのもイイでしょう。

 余談ですが、上記のスティッキングを実践してる際に『限りなくスティックの自由落下でのヘッド鳴・胴鳴』を意識するための遊びとして ”スティックを起点から落とす”事をやってみて下さい。音量的に何の問題もないはずです。これが(極端ですが) ”スティック自体の重さで鳴らす!”の実践になります。そしてこのスティック自体の重さを意識したショットは実戦で有効打になります。

次に左手。マッチド・グリップの方は基本的に右手の項に順ずることになります。しかし、左手の場合、セッテイングの都合上どうしても『つかみA』に寄って行く方向にあります。ハイハット・シンバルやスネアが込み入ったセッティングになる事が多い為で、コンパクトかつ理想的な手首の回転運動を求めると(どうしても) 『つかみA』の方が効率的であるためです。

 レギュラー・グリップの方は・・・基本的に肘から手首にかけての回転運動がメインで・・・・(左手のマッチド・グリップを)手の甲を見てやるか、手の平を見るか、の点が異なっただけの運動になるので注意点を無視しない限り理想な形は作りやすいとおもいます。

 もし、レギュラーグリップを始めてみようという方で左右のバランスがうまく取れてない!と感じる方は、フラット・フラム(左右のチップを同タイミングで落とすフラム)で(コツコツ)バランス感覚をつかんで行く事をお勧めします。4分音符や8分音符の簡単な教則本でも効果はありますよ。しかし・・・

注意!この時、必ず手首は真っ直ぐになっている事を確認しながらやってください!間違っても ”おいでおいで”をする際の(手首)上下運動にならないように・・・怪我をします。

Vol 4. 第3章『基本形の認識・・・』

January 23 [Tue], 2007, 19:26
Vol 4

第3章『基本形の認識および作成』





Vol 2.第2章−@『前重心』

January 13 [Sat], 2007, 19:08
Vol 2

第2章ー@

『前重心・後重心』
    

 今や邦人の活躍がめざましいメジャーリーグ、その中においても草分け的な存在で輝かしい功績を残し続けているイチロー氏。そして、その後を追う様に渡米し、これまたニューヨーク・ヤンキースで活躍中の松井秀喜氏。今年の活躍が(もちろん)期待されますが、今回の講座はこの2人のバッティング・スタイルから始まります。

 前回の講座では『グリップ・握り』についての話をした訳ですが、そのグリップの特性を生かすには腕、肩の形に注目する必要が出てきます。もちろん最終目標としては ”音を出す” と言うのが目標となる訳ですがドラムという楽器は(この”音”)を体の筋肉・骨などを最大限に活用して『肉付け・表情付け』していく事となるわけです。それには一番大切な要素として ”脳で考え出したフレーズを瞬時にスティックに伝えていく!”ということになるのです。(野球に於いては『ボールを捉える』と言う事になるのですが・・・)

 ここに来て、この2人のメジャー・リーガーのあるスタイルにスポットが当たります。

 人間には色々な言葉や人種などがありますが、この多様な種類の違いがある人を大きく「前重心」「後ろ重心」に分ける事が出来ます。この2種類の重心は簡単な方法で見極められますが、その判定された重心を ”生かし切る” には様々な違いがあります。

 判定方法・・・まず、背筋を伸ばし踵(かかと)をつけた状態で立ちます。息を吐いてリラックスした状態で胸方向からと背中方向から(誰かに)軽く押してもらいましょう。この時押された力(方向)に踏ん張りやすい方向があります。これが『○重心』となる訳です。(例えば、背中方向から押された”軽く”押された時に前にツンのめるのを踏ん張り易い場合は「前重心」 と言う事です)



『前重心』

 さて、上の判定方法によって『前重心』である。と判断されたあなたは、イチロー・スタイルとなる訳です。まず、彼のバッティング・フォームを(思い起こせる人は)思い起こしてみて下さい・・・・・バットを親指・人指し指・中指の3本で持ち、手首は腕に対して真っ直ぐ固定。そして、脇の下は(かなり)開いている・・・・・。大まかなイメージとしてはこんな感じではないでしょうか?しかし、このスタイル、ドラマーのフォームに於いても応用出来るのです。

・前重心の人の上半身のスタイル

※手首には力を入れないで下さい。筋肉を傷める事にもなりかねません!以下の説明は「わかる人」には解ると思いますが、初心・中級の方々は一度筆者のレッスンを受ける事をお勧めします。

 まず右手。スティックを(つまむ様に)親指・人指し・中指で持ち手首は真っ直ぐ固定(空手の正拳突きの状態)で”手の甲”を上にして(腕時計を見る感覚です)脇の下を開ける。ストロークのコントロールは胸筋でするイメージで。バスケット・ボールを抱えている様な感覚です。


 次に左手。マッチド・グリップの方は右手と同じでイイと思います。レギュラー・グリップの方は、親指を上に見てスィテックを軽く挟み、中指でのフィンガー・コントロールを常に意識する。手首は真っ直ぐ。脇の開きの大小によってはスティックが立つような感覚がある。

 この感覚が理解する事によって以降の(ドラミングの)フォームやセッティング、チューニング(重大に)に関わってくるのでしっかりマスターしたいものです。興味のある方は是非コメント欄に書き込みを!丁寧に解説します。



次回は『後ろ重心』について・・・

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:相澤裕三
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:6月2日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-地震雲観察
読者になる
現在、都内各所で活躍中のドラマーzo-sanの ドラム講座用のブログ。

youtube
2007年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
アイコン画像相澤式
» 付録 ベードラ そのA (2007年11月09日)
アイコン画像カツオ昆布だし
» 付録 ベードラ そのA (2007年11月08日)
アイコン画像相澤式
» Vol 8 その3 (2007年03月19日)
アイコン画像相澤式
» Vol 8 その1 (2007年03月12日)
アイコン画像相澤式
» Vol 7 第4章『フォーム』B (2007年03月10日)
アイコン画像田島春男
» Vol 7 第4章『フォーム』B (2007年03月09日)
アイコン画像相澤式
» Vol 7 第4章『フォーム』B (2007年03月06日)
アイコン画像相澤式
» Vol 7 第4章『フォーム』B (2007年03月06日)
アイコン画像田島春男
» Vol 7 第4章『フォーム』B (2007年03月05日)
Yapme!一覧
読者になる