病院食No.3 

2007年07月21日(土) 22時00分
朝ご飯


祝い食
退院の前日の夜がお祝い食です

病院食No.2 

2007年07月21日(土) 21時54分
お昼ご飯


朝ご飯


晩ご飯



3時のおやつ

病院食 

2007年07月21日(土) 21時47分
東府中病院の病院食です〜
写真に撮った分だけご披露

晩ご飯とお夜食(左上のおにぎりと麦茶)


朝ご飯


朝ご飯


朝ご飯

入院2日目(出産日) No.3 

2007年07月21日(土) 16時47分
分娩室にあがって15分という超スピード出産でした

しばらくすると旦那が赤ちゃん抱いて分娩室に戻ってきました
その時の旦那の赤ちゃん抱いてる表情ったら、こっちが何故だかテレちゃうくらい嬉しそうに大切に抱いてました

2時間そのまま分娩室で休む間、赤ちゃんと旦那と私とで写真撮ったりビデオカメラまわしたり、あっという間に2時間過ぎてしまいました。

そして、すごく離れ難いけど赤ちゃんは新生児室に連れて行かれ、私は病室へ。
病室へ移る前に分娩室の端っこにあるトイレでトイレを済ますことに。
起き上がると、自分でもビックリするくらいフラフラ。体がドッと疲れて力が入らない状態

トイレは在尿感はあるんだけど・・・・・・でないと言うより、チロチロしか出なくてかなり痛いっ
力入れて出してみて下さい。って言われたけどちょびっとしか出ないので諦める。

そして車椅子に乗せられ病室へ。

旦那も一緒に病室へ
晩ご飯が用意されてたけど胸いっぱいで食べれず。旦那が食べてました

震えが来るくらい疲れて眠たいんだけど、興奮してるせいか寝てもすぐに目が覚める
旦那も2日付きっきりだったのでヘロヘロ。
車で帰るから少し仮眠して少しでも疲れをとってから帰ってもらうことに
旦那が帰ったのは夜11時くらいだったかな〜。

その後、看護師さんが様子を見に来てくれて、おしっこが痛くて出ないことを伝える。
看護師さんも触ってみて結構溜まってるわね〜。と。
どう尿することに

ピリリッとちょっと痛かったけど我慢出来る痛さ
驚くことに、洗面器いっぱいに並々と
膀胱ってこんなに溜めれるんだとビックリ。
溜まってる方が出にくいのよね〜。と、看護師さん。

その後もオシッコする時の痛いのなんのって
2、3回くらいまでは痛かったです
出産後、これが一番辛かった
次の日のお昼過ぎたころからは普通に痛くなく出るようになったけど。。。ほんっと痛かった〜

入院2日目(出産日) No.2 

2007年07月19日(木) 13時39分
いよいよ分娩台の上に

『イキんでいいからね〜。』と言われ、波が来たら思いっきりイキムっ
上手上手と誉めてた助産師さんも2、3回イキんだ頃から『あらっもう、産まれるわっ』と急にバタバタし出して、
『○○先生呼んで来て』と慌ただしく手袋つけたりどう尿したりと・・・挙げ句の果て『イキムのちょっと待って』と

確かにもう出かかってるのは自分でも分かりました。
頭が出そうだけど、引っかかってる感じがしたんだもん。ここでイキムと会陰が四方八方に避けるの間違いなしって感じだったのでなんとか我慢・・・

先生が登場して『会陰切開するから麻酔打つからね〜。少しチクっとしますよ〜。』って。
産むまでは会陰切開なんて絶対したくないって思ってたけど、実際は、
『さっさと打って、切ってくれ〜〜〜』とマジにそう思いました
チクっとしてから1分も経たないうちに パツンっ と切られました麻酔効いてないじゃん〜っ
切るの分かりましたよ〜。でも、陣痛の痛みに比べたら全然気にならない程度
切ってくれてホッとしたくらい
これで産めるっと1回2回イキんだところで、
『もうイキまなくていいからね〜。力抜いて〜。ほら、下みてごらん。』
と、股を覗き込むと、ズルンっと 赤ちゃんが

この時の感情はなんとも言葉では言い表せないくらいにビックリ不思議感動安堵感いろんな感情が入り交じっていました。

『お嬢ちゃんですよ〜』と、泣き声もほぎゃぁ、ほぎゃぁ、と何とも女の子らしくてかわいい
すぐにカンガルーケアで胸元に赤ちゃんもってきてくれて、おっぱいを吸わせたけど口の中が苦いのか、べぇ〜っと舌を出すだけで吸ってくれませんでした
でもすぐに泣き止んで、目はパッチリ開けてここはどこって感じでキョロキョロ見てました

そして、赤ちゃんは体洗ったり、身長測ったりで連れて行かれ、私は産後処置に。

胎盤は助産師さんにお腹を押されすぐに出てきました。
自然に出て来るの待つんじゃないんだね〜。
その後、切開した所を塗ってもらいました。
産道も何箇所か切れていたんだけど、きれいな方ですよ〜。と
産道は麻酔しないで縫うからちょっと我慢してね、と言われたけど、陣痛を乗り切った後では蚊に刺された程度の痛さ
縫われてる間、学生さんと楽しくおしゃべりしてたくらいだもん〜

入院2日目(出産日) No.1 

2007年07月19日(木) 13時02分
午前9時半から陣痛促進剤の点滴開始

針恐怖症で注射大ッ嫌い、採血、注射の後はよく気分が悪くなる私・・・
以前、気分が悪くて点滴した時、拒否反応で過呼吸になって点滴出来なかった経験があり・・・点滴だけは避けたかったんだけどこればっかりはどうしようもない

赤ちゃんの為にも覚悟を決めていざトライっ
点滴した腕は見えないようにタオルでグルグル巻き(笑)
『平常心。平常心。』と、自分に言い聞かせて、なんとか無事点滴出来ました

点滴開始から1時間もしないうちから5分間隔で陣痛が
生理痛の痛いような感じでした。
1時間ごとに点滴の量も増やしていって、痛みも増していきました

それと、その日たまたま大学院で助産師目指して勉強している学生さんの実習を受け入れしてて、助産師さんが、『勉強の為にも一緒にお産に付き添わせたいですけど、どうですか』って。
もちろんデリケートなことだから断ってくれても全然OKですよ。って・・・

旦那と、ど〜しよっか〜って相談したんだけど、私がいいならいいよってことで、産科、助産師不足の世の中で頑張って勉強してる貴重な人材なので、付き添ってもらうことに


午後2時を過ぎてからは『何でこんなに痛いんだろう・・・』と涙が
間隔は相変わらずの5分間隔で痛さだけがどんどんアップ

3時過ぎてからは痛さのあまり『フー、フー、』なんて言ってられなくてうなり声に・・・
学生さんも1時間に数回、助産師さんと共に様子を見に来てくれて腰をさすってくれるんだけど、痛みが耐えきれないくらいになってからは学生さんの手をひしっと掴んで放しませんでした
だって〜、いろいろ研修してることだけあって腰のさすり方が旦那より気持ちよかったんだもん。
それからお産終了まで学生さんは付きっきりで、呼吸のかけ声や腰をさすってくれました

4時くらいからは病院中に響き渡ってるんじゃないかってくらい叫びまくりでした
点滴の量もMAXまで上げられ、痛くて痛くてほんとにもう『無理っ』って『無理無理』って叫んでました

促進剤で陣痛起こしても痛くなるだけでなかなか子宮口が開かない・・・
限界って思うくらいでも4〜5cmくらいしか開いてなくて、4時半くらいからは気が狂うかと・・・『麻酔打って〜』って叫んでました。

あんまり痛がるんで、助産師さんが来て内診。
この時、8cmくらい開いてて
『おしるしもいい感じに出てるし、1度イキんで見ましょうか。』って。
えっもう産んでもいいのって産む気満々に
思いっきりイキミました
陣痛に耐えるよりイキんだ方が断然楽っ

イキミで9cmくらいまで開いたけど全開にはもう少し。
『頭がそこまで見えてるわよ〜。ほら、旦那さんも見てみて。』と助産師さん。
旦那も覗き込んでました

『分娩室の用意してくるからね。』
と、いよいよ産めるんだぁ〜と、この痛みから解放出来る安堵感でホッとしました
でも、ここからのイキミ逃しもかなり辛い
『ふーウンッふーウンッふーウンッ
と、『痛いやんけ〜〜〜っ分娩室の用意はまだか〜』と、心の中で大絶叫

なかなか分娩室へ移してくれないから、ほんとに分娩室の用意してるの
って、必死でイキミ逃ししてました。(ふーウンっって言いながらイキんでたけど・・・
後で知ったんだけど、この日出産が重なって、なんとこの日だけで帝王切開も入れて二桁に
分娩室も陣痛室もひっきりなしに出たり入ったりだったようです

やっと、分娩室の用意ができて歩いて移動するんだけど、5mくらいかな?これがまた辛い
歩いてる途中で波が来るもんだから我慢出来なくて歩きながらイキんでました(笑)
頭が見え隠れしてるもんだから、またの間に固いものが(頭だろうね〜)が挟まってる感じで歩き辛いし早く出したい気持ちでいっぱい



 

入院1日目 

2007年07月13日(金) 17時19分
午前3時頃トイレに行ったらピンク色の出血

『あれ』と思い2、3回ティッシュで拭くも同じピンクの出血が。
おしるしはネットリしてるはず・・・・・・

とりあえず旦那を起こして病院に電話
『破水してるか検査してみます。入院の用意をして病院に来て下さい。』
ってことで、ちょっとドキドキしながら病院へ

破水してたら抗生剤の薬か点滴しなきゃいけないようだし『破水じゃないといいね〜。』と、旦那と話しながら受付へ。

内診するので内診台に座り待ってたら、アソコから何か流れ出る感じが・・・・・
当直の先生がやってきて(担当の先生でした)見た瞬間、看護師さんと『ああー・・・』と、破水だね。って反応
案の定、やっぱり『破水してますね。これから入院してもらいます。』と・・・。|||( ̄□ ̄;)||| ガーン

24時間様子を見て陣痛が来なかったら促進剤で陣痛を起こします。

ってことで、陣痛室に旦那とお泊まりになりました。
旦那には仕事を休んでもらうことに

破水してるので抗生剤のお薬を飲むことに
そして私は病院のパジャマに着替えて紙オムツにヽ(///>_<;////)ノ
旦那には持って来るの忘れたデジカメやビデオカメラ、携帯の充電器など、旦那の食料を買いに一旦家へ。
その間もちっとも陣痛が始まる気配なし

トイレに行ったり、歩いたりすると結構ジョ〜ってオシッコ並みに流れ出るので羊水がなくならないかハラハラドキドキ
旦那がネットで調べたら赤ちゃんがおしっこするので大丈夫!だと・・・。
でも、極力トイレ以外は動かないようにしました。
羊水の色が黄色く濁ってきたら赤ちゃんが苦しいサインだそうです
透明や、薄いピンク色ならOK。

午前9時頃にもう1度内診。
この時、結構ジョ〜っと羊水流れ出る。

24時間様子見ましょうって言ってたのに、『陣痛がないようですね。破水もしてることだし、この後促進剤を入れましょう。』って

陣痛室に戻り、旦那と『促進剤入れるみたいだよ〜』と話してる時に助産師さんが赤ちゃんの心拍確認しに入ってきたので、破水した人は皆どうしてるのか、相談してみると、
『慌てて促進剤入れる必要もないと思うけどね。』って、1日くらいは待ってもいいと思うわよ。って。

ってことで、自然に陣痛が起きてくれることを祈って促進剤は翌日まで待ってもらうことに

が、待てど暮らせどちっとも陣痛が始まらず午後4時くらいから生理痛の痛みのような軽い陣痛?が。
でも、軽かったり、ちょっと痛かったりで、全然余裕な感じ。
10分間隔だったり、1時間に1、2回しかなかったりで、間隔もてんでバラバラ。
これって、陣痛って感じでした。

そして夜が明け、陣痛がないまま午前9時を迎えてしまいました・・・・・・


つづく

産まれました!! 

2007年07月05日(木) 13時51分
昨日 7月4日、午後5時過ぎに 2856g の 女の子(*^_^*)♪が誕生しました!!詳しい出産の内容は後日退院してからご報告しま〜す! それでは、これから出産の方頑張ってください!!陣痛を乗り越えた後には素晴らしい感動が待ち受けてます(*^_^*) ファイト!!

39w3d 

2007年07月04日(水) 10時19分
一日待って陣痛が本格的にならなかったので今朝9時半に陣痛促進剤の点滴を始めました。こんどこそ今日中には産まれるかな〜?!

39w2d 入院! 

2007年07月03日(火) 4時43分
夜中3時ころにトイレに行ったら薄いピンクのおりものが‥。おしるしってもっとネットリしてると聞いてたので一応病院へ連絡。破水してるか確認しますってことで旦那に連れて行ってもらって内診してもらうと、やっぱり破水!!破水と分かると何だかチロチロ出て来てるのが分かりました(ΘoΘ;)入院決定です!陣痛はなんとな〜く痛い?って感じ。このまま陣痛来なければ促進剤使うようです。遅くとも明日?明後日?には生まれるかも?!ドキドキしてきた〜(*^_^*)
あ、子宮口は2cmだって(o^-')b
☆プロフィール☆


* 名前 * ゆうちん

* 結婚歴* 4年目

* 家族 * 旦那


 
結婚後すぐに子供が欲しかったけどなかなか授からず、去年の1月から病院デビュー。


 
         
1回目タイミング
クロミッド1日1錠 → X

2回目タイミング   → X

3回目タイミング
 
クロミッド1日1錠 → X

4回目タイミング
 
  クロミッド1日2錠
 
ルトラール1日2錠 → X

5回目タイミング

  クロミッド1日2錠
ルトラール1日2錠 → X

6回目タイミング

  クロミッド1日2錠
ルトラール1日2錠 → X

7回目 AIH

  クロミッド1日2錠
ルトラール1日2錠 → X
                         
8回目 AIH & hCG

  クロミッド1日2錠
ルトラール1日2錠 → 陽性
  
.blogmeter
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうちん
読者になる
Yapme!一覧
読者になる