削るべきお金と守るべきお金

April 27 [Wed], 2011, 0:13
前回は私の乱れた家計を赤裸々に出してしまいましたが、
ひかれてないかな……?
大丈夫かな……??

でも、改めて自分のお金の使い方を確認して、
少しやるべきことが見えてきた気がします

お仕事で何かのプロジェクトをやる時は、

現状把握
分析(優先順位付け)
アクションプラン策定
アクション
実績分析

のような簡単にいえばこんな感じの流れで進めるのね

だから今回もおんなじようにやれば、
進めやすいかも〜っとちょっと思った


で、今回は、
2番目の分析(優先順位付け)のステップ

お金にまつわる希望ややりたいことはほんとにたくさんある


でも


今回は明確な目標である、
『正しい金銭感覚をもつ素敵な女性になる』ということに重点を置いて、
今、必要なものと必要でないものを考えてみるぞっ

まずは、
自分でコントロールできるものとできないものに分けてみよーっと


ちなみに、、、

自分でコントロールできる費用のことを「変動費」
自分ではコントロールできない費用のことを「固定費」

っていうみたいだね〜

「変動費」は、
食費とか服飾費とかとりあえずその時々によって金額が変わる費用で、
「固定費」は、
家賃とかインターネットの通信費(定額制のもの)とか月々で決まった額かかる費用なのね


あー、そういえば会計の勉強したときに出てたなぁ〜(遠い目)
すぐ飽きちゃってやめちゃったけどw


ちょこっとまた一つお金用語を覚えたとこで、分析ぶんせきーっ

前回書いた私の1月に出ていくお金は、こんな感じ
≪支出の部≫
-------------------------------------
家賃…………………………約130,000円
食費(交際費含む)…………約60,000円
光熱費………………………約10,000円
通信費………………………約15,000円
服飾費(化粧品類含む)……約30,000円
交通費………………………約25,000円
雑費(日用品含む)…………約10,000円
借金返済……………………約100,000円
-------------------------------------

これを、
変動費
固定費
判断がつかないもの
にわけると、、、

(※『借金返済』は他の費用とちょっと違うので、今回は排除。)

≪支出の部≫分類ver.
------------------------

------------------------

ってかんじ

ついでに、
もし節約したら、、、
効果が大きいと思われるもの
大して効果でなさそうなもの
にわけると、、、

------------------------

------------------------

ってかんじになるね


これをみると、
固定費は今すぐどうにかなるものでもないから、

短期的には『食費』と『服飾費』を削れば良さ気

長期的には固定費である『家賃』を下げられるようにしないとな
まぁ、これは更新の時とかに考える事にする


で、
固定費/変動費の判断がつかなかった『交通費』と『通信費』だけど、

これなんで判断がつかなかったかと言うと、
ホントなら固定費計上でも良いくらいだいたい決まったお金なんだろうけど、
たとえば『交通費』、
普通の人の場合…通勤に必要な最低額+αくらい
私の場合…通勤に必要な最低額+自堕落な生活の賜物・タクシー代
ってなってて、

この
自堕落な生活の賜物・タクシー代が恐ろしく変動するのよ。。

『通信費』もまた然り、、、、
ついつい長電話しちゃったりなんかしてねー


だから、現時点では「節約効果の高い変動費」としてみて、
削るべきお金の仲間にいれようかしらね



ということで。

削るべきお金は、以下の4つ

●食費
●服飾費
●交通費
●通信費



で、ずっと放置しちゃってたけど、

守るべきお金は、やっぱり、、、、

●借金返済用のお金

これちゃんとやらなきゃいつまでたっても負のスパイラルから抜け出せないもんね


さて、
どのお金を削って、どのお金を守らなきゃいけないかは分かったので、

次は「どうお金を削って、どう守るのか」を考えなきゃ〜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆー
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yuyu0118/index1_0.rdf