「タイフーン」ジャパンプレミア試写会

2006年03月12日(日) 4時10分
3月6日月曜日、18時30分から東京国際フォーラムのホールCで4月公開の映画「タイフーン」のジャパンプレミア試写会がありました。

何を隠そう、ゆよんはドンゴンの大ファンなのだ
ファンクラブの抽選で試写会のチケットをゲット。ただし、席は当日のお楽しみだったから、会場で引き換えるまでドキドキ。見事8列目よっしゃー。

まず最初に出演者と監督の舞台挨拶から始まりました。
やっぱりドンゴンはかっこいい〜
ボーっとしてしましました。

さてさて、映画の内容はというと、20年前に北朝鮮から一家で亡命しようと、中国のオーストラリア大使館に駆け込んだが、当時の外交官によって拒否された。そこで両親を失い、姉とからがら逃げたシン。海賊となったシンが台風の中、船に風船に結び付けられた核廃棄物を積み、それを空に向けて放ち、南北の分け隔てなく朝鮮半島に住むすべての人を死に至らしめようとしていたのを阻止しようとしたのがイ・ジョンジェ扮するカン・セジョン。この二人の微妙な関係が運命とともに浮かび上がってきます。
一番泣けたのが、ロシアにいた姉との再会シーン。本当に姉か確認するため、「弟と最後に別れた時は?」と聞いて、姉が答えてる途中でシンが姉だと確信して涙を浮かべていたのを見ていたら、涙が自然と流れていました。最後のカン・セジョンとの格闘シーンも泣けます。

あまりにも浸りすぎて、ついついブログにアップするのも忘れていました。
こりゃ、失礼しました
実はこの映画の撮影に、エキストラとして参加したんで、私の思い入れも多いんです。
この時の話は、後日また。
アンニョ〜ン


2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuyon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる