優良住宅ローンで借り換えるのは不安だった....。

October 19 [Wed], 2016, 23:28



フラット35を取り扱っている金融機関の中で
一番事務手数料が安い優良住宅ローンで申し込もうとはしているけど
「あまり有名な会社ではないから少し不安」と思っていませんか?


しかし優良住宅ローンの利用者は約4万人でフラット35のシェアは
堂々の3位
(ちなみに1位は旧SBIモーゲージのARUHI)
利用者も既に多いので知る人ぞ知る。といった感じです。


広告などもネット上でしかないみたいなので一般の人が
知らないのは無理もないかもしれません。


ちなみに私は大切なお金や資産を預けるならともかく、
借りる方であれば金融機関の規模が小さくても、
少しサービスが劣っていたとしても、


負担するお金(金利や手数料)が少しでも少ない方が良いのではないかと
考えて、優良住宅ローンでフラット35を申し込むことにしました。


また、数年前の利用者の口コミなどをみると「対応が悪い」等の
評判もありましたが、私が実際に申込み、体験したところ、
電話での対応や金銭消費契約締結時の対応にまったく問題ありませんでした。



■優良住宅ローンで借り換えした時の体験談

私はみずほ銀行経由でフラット35を借りていたのですが
マイナス金利政策の低金利の波にのって2016年4月に
優良住宅ローンでフラット35を実際に借り換えました。


申し込んだのは以前から事務手数料の安さで目をつけていた
優良住宅ローンと楽天銀行。


実は最初は手数料が優良住宅ローンより少し高くても
楽天銀行で借り換えようと思っていました。
(楽天の預金口座をもっていたのと楽天市場をよく使うから)


それに楽天銀行は電話相談が土日も受け付けてくれたり、
借り換えなどの手続きの流れや司法書士の料金についてなど、
Webサイトで詳しく説明していたので丁寧で好感が持てたからもありました。


しかし、楽天銀行は優良住宅ローンに比べると審査が遅かった。
(書類の到着など、ワンテンポ遅いのです。)


私はどうしても当月中に借換えを実行したかったので
「遅い」と判断した時点で優良住宅ローンから借りることに決めました。


もともとやっぱり事務手数料が安い方がいいのでは。と迷ってもいたので
楽天銀行の審査が遅くて踏ん切りがつきました^^


おそらく、楽天銀行は「店舗に出向く必要がまったくない」というメリットが
あるものの、全て郵送でやりとりする事によって
手続きが遅くなってしまうというデメリットが生じるのだと思います。


ちなみに優良住宅ローンは審査が通った後、金銭消費貸借契約を結ぶために
実店舗にいかなければならないのですが、土曜日も対応してくれ、
場合によっては日曜日も対応してくれるという柔軟さがありました^^
(私は日曜日にいきました^^)



■優良住宅ローン、
 借り換え手続きの流れはこんな感じでした!



借り換えははじめてという方がほとんどだと思うのです
簡単に実際の借り換えの流れをお伝えすると(2016年の実際の日付)


@優良住宅ローンのWEBページから申し込む(3/1)


A次に申込み書などの書類が送られてくる(3/3)


B申込み書類に記入&押印をして
 同時に住民票の写しや謄本など必要書類の提出(3/11)をします。

 ※法務局にいったり、税務署にいったり(いかない場合もあり)
  ここが一番労力がかかりました。

C借入手続きの案内がくる(審査結果が送られてくる)(3/19)


D今フラット35を借りているみずほ銀行に連絡して(4/4)
 借り換えする日(繰り上げ償還日)を決める。

 みずほ銀行は借り換え希望日の10日営業日前に申し出る事が必要で
 原則店舗に出向むいて申請書の提出が必要(郵送のやりとりも可)


E優良住宅ローンの店舗に行き
 金銭消費貸借契約を結ぶ(4/10)
 他にも司法書士手数料や団信保険料など費用の提示、
 注意事項の説明や借り換え実行日の説明を受ける。

 ※ちなみに応対してくれた人は司法書士の先生のみ
  (社員さんの応対はありませんでした)



F後はローン実行日が来て
 通帳で無事取引があった事を後日確認
 (借り換え実行日に店舗等に出向く必要なしです)


■優良住宅ローンでの借り換えの費用や金利はいくらだったのか?

ちなみに私は約3千万円の借り換えで

●事務手数料が約16万円(手数料がキャンペーン中で借入額の0.555%)
●司法書士手数料が約18万円
●契約書に貼る印紙や謄本取得代で約2.5万円


約36万円の費用が発生しましたが


金利が1.94%から1.19%になり
総額支払い約390万円の減額になりました。


いかがでしょうか?
フラット35の借り換えは予想以上に簡単
最初、考えていたほどの経費もかかりませんでした。


もし迷っている、なんか億劫だなと思っている人も
とりあえずwebの申込みは簡単なので
ちいさな一歩から始めてみてはいかがでしょうか?
  ↓
楽天銀行住宅ローン【フラット35】