ゆうひの成長 

2007年05月10日(木) 11時13分
うちのお姫様ゆうひはただ今1歳5ヶ月です
まだ、あまり言葉は話せないけど、言っている事はよく理解していて
私も驚くほど、おりこうさんです
なんでも私のまねをして、洗濯物を干しているときは
ハンガーと洗濯物を手に持ち、頑張ってハンガーにかけようとしたり
ご飯支度をしていて、テーブルに食事を運ぶときも
うちでは、ゆうろやしゅうまにお手伝いしてもらい運んでもらうのですが
ゆうひも運びたいと、小さな両手を出して、ちょうだいAと言って
お皿やご飯を運んでくれます
男の子たちが小さかった頃は、ここまでやる気がなかった気がするけど
女の子ってこんなに小さな頃からお手伝いしたがるのかなぁ〜って
ビックリです。
もちろん後片付けもしてくれます(笑)ほんとスゴイなぁ〜って思います。
出かけるときも、お兄ちゃんたちのジャンバーを持ってきて「ハイ」って
手に渡すのではなく「早く着なさいよ〜」みたいな感じでジャンバーを
押し付けて渡している姿を見て、お〜ぉ!!すごいお母さんぶり
ちびママ誕生って感じで頼もしいです
大きくなったら素敵なお母さんになるでしょうね楽しみです

サッカー少年 

2007年05月10日(木) 11時07分
ゆうろがサッカーを始めて、早1ヶ月です
ルールも何も分からずに練習に頑張って参加して、やっと
少しづつゲーム形式でも練習も始まりました。
始めの頃は、うまくドリブルも出来なくてボールに遊ばれている感じで
これで大丈夫かぁ(;´Д`)ノ ??って見ていたけど
なんとかさまになってきました。。。
昨日、いつもより30分早く迎えに行き
練習を見ていたら1年生同士でのゲームの練習をしていて
ゆうろが1点を決めましたヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
おもわず一人で拍手しちゃいました♪
ちょうどパパも仕事が早く終わり一緒に見ていたのですが
二人で本当に感動していました 親バカですね☆
ハードなスポーツですが頑張っているゆうろの姿が、とてもカッコイイなぁ
って思いました。
1年生なので試合の数は少ないみたいですが
ケガをないように楽しく頑張って欲しいものです!!
ファイト♪。゚。゚+.♪ファイト♪

サッカーとメガネ 

2007年04月23日(月) 10時49分
ゆうろが、サッカーの練習を始めてから1週間くらいたったころ
コーチからお母さんにお話があるんですが…と言われました。

メガネのことなんですが、「サッカーのルールでメガネは使用できない
決まりなんです」と言われて、ビックリ
どうしてですか?と聞くと、「本人も相手もケガをする可能性があるので」
ということでした。 言われてみれば、サッカー選手にメガネをして試合に
出てる人は見たことが無い…

ゆうろは毎回練習に参加して楽しいと言って、やる気満々だし
コーチもゆうろはサッカーが好きみたいだしねって言ってるし〜〜〜

どうにかせねば!!と思いコーチに相談してみました。
翌日に監督がサッカー協会の会議があるので一度メガネの事を聞いて
くれるというのでゆうろのかけているメガネを預けて検討してもらいました。
しかし、結果は使用不可能  その言葉にかなりショックを受けました。

そして、どうしようと悩んで、サッカーの為にまたコンタクトを作ろうかなと思い
眼科の先生と相談したりしていたときにコーチから電話がきて
明日、「ジュニアのサッカーの会議があるんですが、もう一度ゆうろのメガネを
お借りできますか?」というので再検討していただけるなら何度でも貸します
と言って、病気の説明、無水晶体なので強い遠視になっているから
遠視の矯正の為にメガネをしていること、目に障害があるけどサッカーがしたい
と思うゆうろの気持ち、させてあげたいと思う親の気持ちを文章にして
メガネと一緒に再検討をお願いしました。

すると今度の結果は、1年間は、このメガネでの試合参加を認めます!!と
言ってくれました  とりあえず良かったぁ

2年後、3年後はまた、その時に検討します。という結果になったけど
この1年でも今は安心してが出来るので良かったと思います。

これから先も、何かにぶつかることもあるかもしれないけど
頑張るしかないと思います

すごいね☆しゅうま 

2007年04月20日(金) 22時11分
ゆうろが、1年生になって、しゅうまは保育所の年長さんです。

年子ということもあり、今まではどこへ行くのも、何をするのも2人は
一緒だったから小学校と保育所と行き先は別々なので
しゅうまは、ちゃんと 1人で行けるかなと心配していたけど
心配ご無用でした

毎朝、今までは8:30分までに保育所に送っていたけど
最近は、しゅうまが8:10分になるとお母さん、もう時間だよと
せかされながら送っていきます。

それには、理由があったようで年長さんは、一輪車の練習をしている
様です。 一輪車の数が決まっているので、遅く行くと練習が
少ししか出来ないみたいです。

そして、「少し乗れるようになったから見に来て」と言われ
見に行ってみると、ほんとに乗れてる子供ってスゴイなぁ

わが家のお姫さま 

2007年04月20日(金) 12時21分
平成17年11月12日生まれ 長女 ゆうひです

 わが家は、ダンナ、ゆうろ、しゅうまと私以外は皆、男の子でしたが
 ゆうひの誕生で女の子の仲間が出来ました。。。 
 ゆうひの誕生には、ちょっとした奇跡みたいな偶然なお話があります

 名前は、ゆうろ(脩呂)はダンナが付けて、
 しゅうま(脩磨)は私が付けて、
 ゆうひは、やっぱり名前の頭に同じ字を付けようということになり、
 わが家のお姫様ということで、ゆうひ(脩姫)と名づけました

 ゆうひを妊娠した頃に、私の実の妹が、結婚して初めての赤ちゃんを
 妊娠したことと報告を受けて、実は、私も3人目妊娠したさぁ〜予定日
 近いかもねぇ〜と話をしがら、産婦人科に一緒に行ってみました。
 そしたら、妹が11/13(しゅうまの誕生日)で、私は、3日後の11/16と
 いわれて、やっぱり近かったねっていいながら、検診は、いつも妹と
 仲良く行っていました。 病院の先生も同じ先生に診てもらい、
 先生も、看護師さんも、実の姉妹で予定日が近いなんて、相談して
 妊娠したのって驚いてましたもちろんただの偶然なんだけどね


 6ヶ月頃から女の子かなぁって先生に言われるようになり、
 妹のところも女の子っぽい感じでした。
 
 8ヶ月になった頃、妹が体重の増加のため、栄養士さんに
 食事制限をするように言われるようになって臨月の38週頃には
 このままでは、妊娠中毒症になるので、入院してカロリー制限の食事を
 とって下さいと言われて、一足先に入院になりました。

 私の住んでいる町は小さな所で、病院まで片道1時間半かかります。
 3人目だし、陣痛が始まってから生まれるまでの時間が早いかも
 思い、先生に病院に来るタイミングを聞いてみて、30分に1回、
 陣痛がきたら電話して病院に来るようにと言われ、分かりました。と
 言いながら予定日が近くなり、11/11病院にいる妹からメールで
 陣痛ってどうな感じなの今、軽い生理痛みたいな痛みがあるさぁ
 言うから、そんな軽い痛みなら多分ちがうと思うよってメールを返して
 その後、特に連絡もなく…(あとから思えば、陣痛だったようです)

 私は、その日の朝に少しおしるしがあり、そろそろかなぁ
 なんて思っていて、その日の夜に、ゆうろとしゅうまとお風呂に
 入って、「もうすぐお母さんの赤ちゃんが生まれるから、赤ちゃんを
 生むために入院する間、おりこうさんに、お留守番お願いね」って
 お話をして、お風呂からあがり子供たちにパジャマを着せていると、
 怪しい痛みがしはじめて{アレ」陣痛なのと思いながらも
 子供たちを寝かせつけようと思い、部屋に行ったら、また同じ感じの
 痛みがあり…    

元気でわんぱく者の次男 

2007年04月17日(火) 16時39分
平成13年11月13日生まれの次男 しゅうまです

しゅうまを妊娠したと気づいたのは、ちょうどゆうろ(8ヶ月)の目の手術が決まった頃でした。ゆうろのことも心配で、気持ちが落ち込みぎみだったときに妊娠発覚少し気持ち的にハッピーになれました。

でも、ゆうろも原因がわからない先天性白内障だったこともあって、次の子は大丈夫だろうかと考えることもあったけど、おなかの中でスクスク育ってくれて出産予定日より3日早くに無事、生まれました。 しゅうまは、よく泣く子で、しかも泣き声の大きいこと…  1歳4ヶ月でお兄ちゃんになったゆうろも一生懸命、お兄ちゃんぶりを発揮して面倒をみてました 目のこと以外にも体の弱かったゆうろとは正反対に、しゅうまは大きな病気ひとつなく成長中です たくましい限りです  そしてこの春より保育所の年長さんになり、相変わらず元気に保育所へ通っています  しゅうまが今、夢中なことはゲームです。PS2やDSのマリオランドやボンバーマンが大好きみたいです。。。 ゲームばかりしているだけあって、パパと対戦しても、しゅうまが勝つ事が多くてパパは少し悔しがっています まぁまぁ〜子供相手にむきにならずに…

先天性白内障とは? 

2007年04月16日(月) 20時20分
この病気は、目の中にある水晶体(目のレンズといわれる部分)が
濁っていたり、白っぽかったりします。

  先天性白内障の発症の原因として考えられているもの
 
    ・遺伝によるもの
    
    ・妊娠3ヶ月以内に、母親が風疹にかかり発症するもの

    ・原因もわからないもの  


水晶体は、目の奥にある網膜にピント合わせて光の情報を
伝える役割
をしています。

視力は、小さな頃から網膜に光の情報を伝える事により少しづつ
発達していきます。

乳児期から10歳くらいまでにほぼ完成すると言われてます。

水晶体に強い濁りがあると、網膜に光の情報が伝わえるのを
妨げられるため視力の発達に大きな影響が出てきて
弱視(コンタクトレンズやメガネを使っても視力を矯正ができないこと)
になる可能性もあります。 

このため、1歳未満であっても手術をして水晶体を摘出して網膜に
光の情報を伝えることがとても大切です。


手術時に、子供の年齢にもよりますが、水晶体の代わりに眼内レンズを
入れたりします。

小さい年齢の子では、大きくなったから(成人になるころ)に
眼内レンズを入れることもあります。

手術後は、強い遠視となります。遠視の場合、遠くを見ているときも
近くを見ているときも常にぼやけて見えます。
 

このため遠視用のコンタクトレンズやメガネで遠視を矯正して、
光の情報を網膜に伝えないと網膜の中心部分にある黄斑部
(ものをみるところ)が発達しなくて将来的に弱視
になります。


両眼の手術の場合は、3歳以上になるとメガネでの矯正が出来ます。

片眼の手術の場合、または、2歳以下で、メガネをかけれない場合は
コンタクトレンズを使ってピントを合わせる必要があります。


片眼の手術の場合は、コンタクトレンズやメガネで遠視を矯正しても、
どうしても良い方の目だけを使ってしまい、手術をした方の目は弱視に
なりがちなので、良い方の目をあえて蔽い、手術した方の目だけでものを
見させて視機能を伸ばす訓練が必要となります。
片目を蔽うにはアイパッチ(目を蔽って隠すためのシール)を貼ったりします。 
アイパッチをする時間は、人により様々なので先生と相談して決ります。

両眼の手術の場合でも、どちらかが悪くて、良い方の目だけで、
ものを見てしまうと視力に差が出てしまうので良い方の目にアイパッチを
する事もあります。


ゆうろがサッカーを始めました 

2007年04月16日(月) 13時27分
 この春からゆうろが、ピカピカの1年生になりました。
 そして、お友達に誘われて、サッカー少年団に入団しました

 うちはパパがサッカーをしていて、私は、バスケをしていたので運動好き
 だったし、喘息もちのゆうろにも無理しない程度にスポーツをして
 体力をつけてもらいと思い野球よりはサッカーしてくれるとイイなぁと
 思っていたので、大賛成でした。
 一応、眼科の先生にもサッカーやっても大丈夫ですかと聞いてOK
 もらえたので
 
 学校は、4/9入学式でしたが、サッカーは、4/2より週に4回の
 練習スタートではじめは、お友達のKくんとお母さんと一緒に練習の
 見学に行ってみました。練習は低学年と高学年は別々の体育館で
 行われていて(冬期間だけ)低学年の方の練習を見に行ったのですが、
 思っていたよりもハードな練習内容にちょっとビックリ(私が)で
 少し喘息もちなんですが大丈夫ですかとコーチの方に
 聞いてみると、この少年団の中にも何人かいるし、コーチの息子
 (3年生)もそうだけど、「調子の良い時は問題なく、練習してますよ。
 息子も喘息もちなので調子の悪そうなとき、発作が起きたときの判断が
 出来ると思うので大丈夫ですよ」と言ってくれたので少し安心しました。
 
 ゆうろに練習を見て、どう思ったのサッカーやりたいって
 聞くと、「うん」というので、運動が大好きなゆうろだから無理しなければ
 大丈夫かなと思い、入団してみました。

 週に4日、夕方5時半から7時までの練習がスタートして帰ってきたら、
 疲れたって言うかと思っていたけど、楽しいよぉと笑顔で帰ってくる
 ので、本当にやる気があるんだなって思っています 
 頑張って続けて、チームワーク 大切さ、上下関係のルール、
 一生懸命に練習して試合で勝った時の達成感などどんどん身に付けて
 いって欲しいなって思います。。。
  
 自分がやりたい事は、なんでもチャレンジできる子になって欲しいです
                              かんばれ ゆうろ

ゆうろの目のこと 

2007年04月16日(月) 12時33分
平成12年7月1日生まれ長男 ゆうろの両目は先天性白内障です。

 ゆうろは現在6歳と9ヶ月です白内障と診断されたときからのことを
書いていますが,なにしろ、6年前のことなので、細か出来事などが
かなり省略されています
 

生後1ヵ月頃に、異常に気がついて、小児科で診てもらいましたが、
眼科へ回されて検査をした結果この病気であることが分かりました。
濁りも、ひどくは無かったので、定期健診をしながら、ある程度の体力が
つくまで様子をみていました。

生後8ヶ月の時に手術して両目の水晶体を摘出しました。
術後の経過をみながら11ヶ月のとき初めてのコンタクトレンズ(ソフトタイプ)を
作りました
ハードタイプも試してみたけど、先生に「ゆうろはソフトにしましょう」と
言われてソフトにしました。

私もコンタクトレンズ暦、6年でしたが自分の子(11ヶ月)にコンタクトレンズを
付けたり、はずしたりするなんて思いもよらず、初めのうちは、
かなり悪戦苦闘でした。病院まで片道50分かかる所に
コンタクトレンズを目からはずせなくてレンズの出し入れだけの為に
病院へ通ったりもしました

それに、気をつけて目の中を常に見ていても、さっきまで入っていたのに、
どこへいったの?ということがよくあり必死に捜したりと、我が家の経験状では、
かなり大変でした。 
2歳の誕生日が過ぎた頃に先生にコンタクトをすぐ失くしてしまうので
メガネを作りたいと相談して、先生には「まだ、壊される可能性もあるし
少し早すぎるよ」と言われたけど、初めてのメガネにゆうろは、
かけると見えるということを理解したのか嫌がる様子もなく、
寝ているときとお風呂のとき以外は、自分で外すことなく逆に自分から
メガネはどこ?と捜すくらいメガネを気に入ってくれてかけてくれました

それから今まで、ずっとメガネで矯正してきました。 4/2の定期健診での
視力検査の結果は、右1.0 左0.9でした。
ここ1年くらいは、ずっと同じです。 初めて病気を知ったときは、
この先どうなるのだろう?と悩んだりもしたけど、4歳から普通に
保育所に通い、特別扱いされることなく他の子と同じように過ごして
これました。   ゆうろも私たち親としても大変なこともあるれど、
特に困ることなくここまでこれたことは何よりもうれしいです

プロフィール 

2007年04月15日(日) 19時38分
 はじめまして

我が家の家族を紹介します

 パパ(27歳)   ママ(28歳)  

  長男 脩呂(ゆうろ 6歳)

  次男 脩磨(しゅうま 5歳)

  長女 脩姫(ゆうひ 1歳)

   ゆうろの目のことに関することと日常の生活のことなどお話していきます

   実は、私、パソコンはあまり得意ではありません 

   病気のことに関しても私の場合、素人なので間違っているところもある

    かもしれませんが少しでも参考になることが出来ればうれしいです

    たくさんの方とお友達になれたらイイなぁとおもいます
 

    
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuuro-family
読者になる
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像choko
» ゆうろの目のこと (2008年04月12日)
アイコン画像ママ
» わが家のお姫さま (2007年04月24日)
アイコン画像太陽ママ
» わが家のお姫さま (2007年04月23日)
Yapme!一覧
読者になる