月一の大掃除

June 22 [Fri], 2018, 10:34
今日は月一の大掃除をしています。
先ず、仏さんから始めて色々なところ
長い間玄関を構っていなかったので模様替えをしなくっちや。

どれを飾ろうかしら。

花は鉄砲ゆりか

それともカサブランカか

今年初めて咲いた紅花はまだ一つだけし

さて、一休みしたので続きをしなくっちゃ
種も整理できました。

六月二十二日

June 22 [Fri], 2018, 10:00
相手が望む形を優先してみる



理解への努力の一番目は、やはり、”よく聞く”ということだと思います。私たちには耳が二つあるのに口は一つしかないということは、自分が話すよりも二倍聞かないといけないということの象徴的な姿なのかも知れません。   愛と励ましの言葉より

窓辺のギャラリー

June 21 [Thu], 2018, 11:12

昨日、やっとレースのカーテンが仕上がりました。

新しいのと今迄掛けていたカーテンを比較してくださいな。
季節毎に洗っているのですが、そのおかげで色焼けしたり、窓からの風やお勝手からの油気が飛んできたりで汚れは落ちません。無理もありませんよね、6、7年使っているものですから。

こんなにヨレヨレになって、穴が開いたところは別に編んだモチーフで継ぎをして使っていました。
ヨレヨレになっても私は棄てませんとも!
ネットに入れて洗濯をして漂白して更に洗って、今掛けた新しいのがヨレヨレになったときの当て継ぎように保管しておきます。手間を掛けたんですもの。

新しいカーテンをかけて、ここはいわば窓辺のギャラリーなのです。
友人からの写真や絵はがきをピンで留めて楽しむのです。良いでしょ?
思いのこもった絵てがみや素敵な写真をしまっておくのは勿体ないもの。




六月二十一日

June 21 [Thu], 2018, 10:00
先に動けば相手の意図分かる


私たちは、精神面だけの存在でもないし、肉体だけの存在だけでもありません。だから、心と反対に体が動いていくということがあって当然なのです。その緊張感の中でどちらに軍配を上げさせるということが、私たちの日々の葛藤だと言っていいかも知れません。   愛と励ましの言葉より

夜は本を読む

June 20 [Wed], 2018, 21:03
毎日、一日の終わり前は本を読むようにしています。
本を読んでいて、普段当たり前に使っている言葉の本当の意味ってどんなことだろうと、今はとても便利で思ったときにわざわざ本棚から重い広辞苑を取り出さなくてもパソコンで調べられます。

気持ちの上で疲れてしまい、あるいは体が全く疲れてしまって1ページも読めない日もあります。
でも、そんな日は無理をしないで午後八時だろうが、八時前だろうが寝てしまいます。
とにかく一日に一度は新聞を開いて、夜は一度は本を開いて眠くなければ読みたいだけ読む習慣になっています。

そういえば、母は子供の頃から文学少女だったらしく本を買うお金は惜しまなかったです。
父が亡くなって子供たちが一通り大きくなった頃にはとにかく本をむさぼり読んでいました。
特に「古典」が好きで古事記からずっと下って平家物語や宇治拾遺集など、それに漢文なども読んでいたようです。
親が本を読むと子供も本好きになるというのは嘘ですね。
むしろ、私の場合は「親の領域を侵すまい」と本を読まない生活を強いてきました。

でもま、親と同じような本が読めなくても自分の身の丈に合った知能に合った本は読んでいます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:poppins
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
アクセス解析出会い
P R