あれから2年 

2007年02月13日(火) 1時45分
このブログを書いて、もう2年が経とうとしていた。ユウジももう4歳3ヶ月。相変わらず大きな赤ちゃんみたいだけど、念願の発語までたどりつきました。

言語訓練の成果が出てきたのか、少しずつ発音も綺麗になってきました。でも、まだ1音レベル。単語になると上手く言えなくて一部飛んだり無くなったり。通訳も必要だ^^

それでも、最近は動詞で要求できるようになってきました。「かして」「とって」「あてて(あけて)」「でどぅ(でる)」「ちょだい(ちょうだい)」
中には2語文になる時も「ほん、とって」「とって、ぱどぅどぅ(パズル)」「おちゃ、ちょだい」「おかし、ちょだい」「そと、でどぅ」

動詞に関しては「何してる?」で「たべどぅ(る)」「みどぅ(る)」「ねてどぅ」「あだう(あらう)」などなど言えるようになってきています^^

わかってても言えない言葉もたくさんあり、その都度お手本を聞かせてあげています。なんで言えないの?とはもう思わなくなりました。今は、覚えたての「かして」を連発しているので、続けて「何を?」「ほん(またはパズル)」というやり取りを教えています。

動作模倣 

2005年03月23日(水) 0時43分
今日は嬉しいことが^^
ユウジが初めて自分で手を上げて拍手することができた!

まだ保育所にも行ってるし、改めてレッスンの日を設けることができないでいたんだが、日々が訓練の場だと思って、仕事の合間に動作模倣をさせてみた。
クレーンで「テレビつけて」「抱っこして」「ゲートを開けて」「バナナちょうだい」と要求してくるたびに、「パチパチして」と言いながら目の前でパチパチして見せ、それからユウジの手を持ってパチパチ。何度も何度も(ユウジが嫌がらない程度に)機会を見つけてやらせていたら、お茶がほしいときに自分から手を上げて「パチパチパチ」と拍手した。まだ、私はユウジのひじに手は添えていたけど、昨日までは自分では腕を上げようとしなかったからびっくり。パパを呼んで、もう一度させてみたらやっぱりできた。

プロンプトなしでできる日がもうすぐ来るかな。

そのあとも、何回かしていたら「パチパチして」と言わなくても、目の前で拍手をすればちょっとでもできるようになってきた。気分がいいとき・やってほしいことや物が魅力的なときは特に上手にできる。

そのほか、W学園に行ったついでに「ボールソーター」という知育玩具を借りてきた。5本5色の棒が立っていて、それぞれに1〜5個のボールが刺さっているもの。棒が一番短く、玉も1個だけの白を使って、抜いたり入れたりを何度かしてみた。少し手を添えてあげれば、嬉しそうに7〜8回出したり入れたりしていた。そのあとは他のおもちゃのところに行ってしまったが、初めてのおもちゃには抵抗を示しがちのユウジにしては興味を持って上手にやれていた。しばらく使ってみよう。

もう一つ。偶然かもしれないが、いつも開けっ放しのドアを閉めようとしていた。ノブが回せないので完全には閉まらなかったが、手が挟まらない程度の隙間を残し、ドアを閉めたのでパパとビックリしていた。でも、一回だけだったけど(笑)

パチパチ 

2005年03月15日(火) 22時53分
今日は特別訓練の時間は取れなかったんだけど、お風呂でちょっと^^

いつもなら友美とユウジと3人ではいるお風呂だけど、友美がインフルエンザのためユウジと久しぶりに二人で入った。機嫌のいいユウジを見て、何かできないかとおもちゃをご褒美に音声模倣をさせてみた。始めは「ハーイ」と言いながら手を上げたりしていたけど、あんまりやらない。ふと、両手を持ってパチパチ拍手をさせてみたら、いつもよりいい音がするからか嬉しそう。そこで、両手を持って「パチパチ」と言いながら一緒に拍手をし、すぐおもちゃをあげて褒め称えること5〜6回。今度はひじだけ持って「パチパチ」と言いながらユウジのひじを前に出すように引くと、わずかだが自分で両手を合わせようとする!すごーい!と思ってまた褒めちぎり、またひじだけ動かしてあげると、やっぱりひじから手にかけては自分で動かす。まだ「パチ」という感じなんだけど、それでも嬉しかった^^ 

夜、パパに報告。やり方を教えて、パパにもやってもらおう♪

4日ぶり 

2005年03月12日(土) 15時20分
お姉ちゃんのインフルエンザで、4日も空いてしまった。
ついお昼寝も起こすのが遅くなったり、リズムもくずれがち。

今日は夜、遊びながら少し課題を作ってやってみた。新しく買ってもらった積み木を使ってマッチング
赤くて細長く、平たくて重ねやすそうなものを選んで机の上に置き、一つを手渡して手を添えて「一緒にして」と言いながら重ねる。こっちを見て嬉しそうにするので、褒めてあげる。何度も繰り返したあと、徐々に手を添えないように最後重ねるところは手を離す。自分で乗せて、手を離すところまでできるのでまた褒める。
最終的には自分で最後まで重ねられるようになる。そこまでやって、ハッと気づいた。重ねるたびに毎回毎回ほっぺたはさんだり、「すご〜〜い!」と褒めたりしていたけど、強化子の間引きをしていない。次は音声指示だけで2回、プロンプトなしでマッチングさせ、2回目でようやく褒めた。お菓子は使っていないけど、褒めるばっかりでもやっていることに飽きてきてしまう。
それでも、お椀を取り入れ、ローテーションさせようとしたが、そこまで行く前に首を振っていやいやし始める。仕方がないので一回だけ御わんでマッチングさせ、立たせてあげる。

今日は動作模倣もしたくて、「○○くん、はーい」で手を上げるのをさせてみた。何度も手を持って上にあげ、その度におしゃぶりをあげたり、大好きなでんでん太鼓を鳴らしてみせたり。そのうち、ひじを持ってプロンプトしているだけで少しだが自分であげた!もっと回数を重ねればできるようになるかも??ちょっと嬉しい日でした。

早くお姉ちゃんの熱、下がらないかな^^;

4月までの計画 

2005年03月08日(火) 22時19分
本当は今すぐにでも保育所を休ませて本格的にしたい思いでいっぱいなのだが、まだ自分自身どうやっていいかわからず、教材に使えそうなネタも少ない。
やってみなければ分からないとは思うのだが、不安も大きい。

でも時間は少なくても、毎日少しづつやってみようと、今夜も部屋に誘ってみた。
椅子に座らせ、好きなマッチングから。お椀、おもちゃのお皿でやってみる。できるのだが、5〜6回もやるといやいやのように首を振り、渡されたお椀を回してカラカラと遊んでしまう。「ちがう」と言いながらすぐに取り上げ、今度はおもちゃの野菜を包丁で切る遊びをさせてみた。何度もプロンプトしながらカットしてみる。10回ほど野菜を変えながらやっただろうか。カットするため力を込める時点で手を離してみたら、一人で切れた。おおー♪私も嬉しくて褒めちぎる。でも、もう飽きてしまったようだ。立ち上がりそうになるので、お椀をもう一度マッチングさせ、立たせる。これで3分ぐらい。後から調べたらもっと早く立たせてもいいらしい。

しばらく遊ばせていると、抱っこしてほしそうに両手をあげてまとわりついてくる。よっしゃ、これを強化子にしてやると思い、動作模倣の訓練に入った。床に立たせて名前を呼び、「はーい」と言いながらプロンプトして片手をあげさせる。その度に抱っこしたり、くすぐったり。大喜びで、プロンプトすれば手を上げるのだが、笑いすぎて止まらない^^;好きすぎる強化子は注意力が落ちて逆効果らしい。は〜、難しいなぁ。

今度は床に座って型ハメをしてみた。

保育所での対応 

2005年03月07日(月) 20時58分
ユウジはまだ保育所に通っている。4月からは退所してうちで本格的に行動療法をしていこうと思っているが。

でも昨日の散歩や、自傷行為への対処の仕方など、やりかたを統一してもらわないとせっかくいい方向に向かっていても、また逆戻りしかねない。療育相談に通っている(月1回)学園の先生と指導方法はちがうので、迷ったが、担任の先生に話してみることにした。

散歩の時、抱っこしないで最後まで歩かせること。もし、自傷行為がでても無視をするか、その場を立ち去るかすること。色々な話を交えながら20分ほどかけておねがいしたところ、すごく理解を示してくれた。常にユウジにはどういう方法がいいのか、考えて行動してくれる先生なので本当にありがたいと思った。

夕方迎えに行き、手帳を見ると今日の散歩では一度も抱っこしないで歩けたとのこと。機嫌が良かったのも幸いしたようだ。でも、手はつながず自分の行きたい方にジグザグしながらだったらしいけど^^

夜は仕事もあり、レッスンの時間は取れず。

散歩 

2005年03月06日(日) 23時09分
 今日は日曜ということもあってレッスンの時間がうまく取れなかった。
でも、夕方4時から仕事が始まるまで1時間余ったので、友美とユウジを連れて散歩に出かけた。

 目標は「抱っこして歩かない」「手をつなぐ」
始めは離そうとする手をしっかり握って自転車道路を歩き始めたんだけど、すぐ振り払って反対方向に歩いていってしまう。そうでなければあっちにうろちょろこっちにうろちょろ。
少し離れたところまで先に歩いて振り返り、膝まづいて両手を広げ「ユウちゃ〜ん、おいで!」とすると、ニコニコしながらトコトコ歩いてくる。すぐ傍まで来たら立ち上がって片手を差し出し「はい!」と手を握ろうとすると、くるっと反対方向へ歩いていってしまう。ずーーーっとその繰り返し。途中で散歩を中断して家の方へ戻り始めたんだけど、だんだん「抱っこしてほしい」んだろうなということがわかってくる。手を握ると「ちがう」とでも言わんばかりにそっぽを向いて反対方向に歩いていく。座り込む。靴を脱ごうとする。ぎゅーっと抱きしめると膝にのぼってくる。降ろそうとすると足を巻きつける。

 でも、ここで抱っこしたまま歩き始めると、手をつないで散歩をするという目標から遠ざかってしまう。抱っこはするけど、歩く時は自分の足で。結局最後まで手をつないで歩くというのはほとんどできなかったけど、抱っこしないでユウジは自分で歩いてこれた。
 小さな側溝を渡るとき、手を差し出したらユウジから握って飛び越えた。このまま家に入れたら、そう思ったけど駐車場でまたうろちょろ。とりあえず友美を家に入らせ、少しずつ誘導しながら家に誘っていった。もう少しで玄関に入ってくる。中で手を広げて迎え入れようとしたら、最後の最後で「また、だまそうとして!!」みたいな感じで入ってこない。「どうしてだっこしてくれないの」の抗議の気持ちが、自傷行為に変わった。玄関のすぐ外の家の壁に、後頭部をガンガン打ち付ける。いつものように無視。顔を出さない。ここで抱っこしてしまったら「自傷行為をすれば抱っこしてもらえる」と教えることになってしまう。いつもなら、しばらくすると収まるのに、今回はいつまでも泣きながらしている。思わず出て行きそうになるが、耐える。親も辛い。

とりあえず始めてみた 

2005年03月05日(土) 0時42分
連絡はまだないけど、待ってても仕方ない。時間を作ってやってみた。

1.椅子に座る・・・案外すんなりいった。座るたびに褒める。お菓子をあげる。(ポッキーを細かくしたものをあげたけど、固いのかあんまり気に入ってないみたい。サッポロポテトに変えようかな)一応誘えば座るけど、15分ほど繰り返していたら座るのを嫌がる。無理は禁物。

2.座ったときに課題・・・いつも遊んでいるブロックの型ハメはなんだかやろうとしないので、お椀のマッチングをしてみた。嬉しそうに、何度もやっている。マッチングの強化子は褒め言葉だけでいけるなー。しかも、プロンプトも始めの数回だけであとは上手にやっている。でも、時間が持たない。一つのネタで何回まで?時間はどれくらい?もっと「つみきBOOK]を読んで勉強しなくては。

ほかにおもちゃの野菜を切るおはじきをペットボトルに入れるなどをしてみた。どっちも少し興味はあるようで自分でもやろうとするけど、まだまだ好きになるには回数が必要みたい。もともと新しいおもちゃや遊びは警戒するほうなので気長に。

3.動作模倣・・・向かい合って「はーい」と言ってユウジの手を上げることを繰り返す。何度やってもニコニコしながら腕は抵抗している。何がいけないんだろう??何回やっても結果は同じ。

あとから「つみきBOOK」を読んでみたら、自分も手を上げて「真似」させなきゃいけなかった。おまけに始めは「こうして」と言ってやらせる・有形の強化子をあげるなどやるべきことをやってなかった。しっかり読まないとダメだね。反省。

全部やっても20分ぐらいだったように思う。時計も見づらいし、3〜5分ってすっごく長い〜〜。砂時計でも買ってこようかな。

早く始めたいっ! 

2005年03月02日(水) 0時57分
今日はまだ連絡がない。早くメールの返事が来ないか待ち遠しい。

Tちゃんに話したけど確かに自分の時間が取られることで、色々不都合なこともあるとは思う。でも、やってみたい。ユウジがおしゃべりするところを早く見たい。自分で服を着て、歌を歌って、手遊びをして。普通の子供ができることを、ユウジがする姿が早く見てみたい。

ユウジ2歳4ヶ月。

今できること。
要求を伝えるのはクレーンで。だいたい何を求めているのか分かる。
スプーンやフォークでご飯を食べる。こぼすけど。
ブロックの型ハメ。一箇所だけ向きも自分でそろえて100%入れれる。

できないこと。
「オイデ」「バイバイ」など人の言葉におおじて行動する(9ヶ月頃より)
「ママ」「ネンネ」など人の言葉をまねていう(10ヶ月以降)
目、耳、口などの身体部位をたずねると指をさす
「新聞とってきて」など、簡単な言葉による言いつけに応じて行動する
いわゆる「大人の言っている内容」はほとんど理解していない。指差しもできない。
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuuji-aba
読者になる
Yapme!一覧
読者になる