初もの 

April 27 [Sun], 2008, 17:45
東富士演習場が日曜日に解放されて入りと知り、早速山菜採りにお出かけ!朝5時に出発し東名高速で約1時間

まずは「わらび」でしょう・・・と演習場に入り込む。すると何と一番最初の収穫はみごとな山ウド!わらびは群生していたものの、大きさ・太さとも望むものとはちょっとかけ離れた感じ







しかし、ウド・うるい・わらび・アマドコロ・タラの芽と種類いろいろ!先週の伊勢原での「しどけ」と合わせスタートとしてはまあまあかな〜
いよいよシーズンの始まりはじまり!

死にかた 

July 26 [Thu], 2007, 21:39
一昨日、お世話になった叔父が亡くなり通夜に
大好きな叔父だっただけに、その死に顔がやはり寂しい

70歳を過ぎても、技術者として現役で過ごした叔父
ある時、その叔父から「手に職があるからこそ現役でいることができる」
転勤族で、現役を引退した後の私の葬儀には誰が来るのだろう

やはり、近所付合いや親戚との付合いを大切にせねば・・
社会貢献というか地域社会への参加が死んだ時の
見送ってくれる人達のつながりを作るのだから

そんな歳になってしまいました

人気の秘密 

July 25 [Wed], 2007, 0:01

人気の秘密は”ムフフ”感なのでしょうか?
つながり難いため、まずは相性編にてお試しです。
ちなみに右の人間は「妻」やっぱりって感じでした〜

男の料理 

November 22 [Wed], 2006, 22:00
逆単身赴任も早4ヶ月目! まあ5年以上やっていたわけだから
そう驚くことでもないけれど・・・

ただ環境的に、早い時間に帰宅し完全に「主夫」としてこなしている。


一般的に言う料理・洗濯・掃除諸々を多分そこいらの主婦よりも
完璧であることに大いなる自信がある。

最近思うことは、やはり夫婦はお互いにその「仕事」を経験すべきで
それによって、相手への気遣いがより深まるのだろうと思う。

家族って… 

November 09 [Thu], 2006, 23:19
久しぶりに転勤していった人達との会食!
仕事の事、家族の事・・・いろいろ話して帰宅

独りに慣れているはずなのに、やけに人恋しい

これじゃ〜俺が鬱になっちゃうでしょ〜

逆単身赴任、復活〜 

November 08 [Wed], 2006, 21:45
法事で帰ってきていた妻が本日、北海道に戻って行きました。
一緒に過ごした日々には「鬱」はそれほど感じなかったものの
到着の連絡電話の受話器の向こうではウルウル声の妻・・・

大丈夫かいな?もっと真剣に心配すべきなのかとちょっと反省

結構、女性の更年期は大変なんでしょう

妻が帰省?? 

November 02 [Thu], 2006, 20:20
逆単身赴任もちょうど3ヶ月  俺は仕事に家事に、そして諸々に
充実しているのに何故か妻君は鬱になり、病院通いだと言う。

法事で久しぶりに戻ってきたら、前と変わらないとは言いつつ、
ちょっと自信を失っている感じかな?
先日、母親が更年期からの鬱で自殺してしまった人と飲んだけど
環境が似ていることに少々心配

まあ今横で酒を飲んでイビキをかいて寝ているこのお方は大丈夫!
そんなことを感じて安心

第2の人生 

October 22 [Sun], 2006, 10:25
何年かに一度資格試験を受験している。
今回はマン管と管業主任  まったく本業とは違う分野だが
まあいいだろうと言う安直な考えです。

逆単身赴任からちょうど3ヶ月  妻は鬱だと言うし、会社は
今後どうなっていくのか見当もつかない・・・

楽しくやっていくためにはやっぱり「手に職」か〜
♪人生が2度あれば、この人生が2度あれば huuhuu

大根の花 

April 12 [Wed], 2006, 22:50
以前に騒がれた『ど根性大根』
確か、最後には自ら花を咲かせることなく
科学の手にその再生の道を委ねたとか・・・

我が家の食後の大根は、ほとんど根がない状態なのに
見事にかわいい花を咲かせました!

我が家の『ど根性大根』に敬服

帰省 

April 10 [Mon], 2006, 23:05
叔父のお見舞いで帰省
前日まで会社に勤務していた叔父が入院・手術
結果はCANCER 家族は余命宣告までされたらしい

本人と話すともちろんそんなことは知らない様子(最近は殆ど告知をすると
思っていたのだが・・・)

何人かの『死』をまもなく迎えるであろう人間と話をする機会が
あったが、ほとんどが幾度となく入院をし、自らの病名を知った状態
だったから、今回は頭の中に今までの思い出が走馬灯のように流れた。

死を迎えるにあたり、他人から余命宣告をされるべきなのか否かは
未だに自分の中で結論は出ないものの、術後にいろいろな管が身体から
つながれている姿はあまりに痛々しい・・・

そんな状態に耐えられるのも、回復のためと信ずるからに違いない。
自分だったら・・・???
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuubari
  • アイコン画像 誕生日:1983年
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・温泉-立寄り湯
    ・アウトドア-山菜採り
読者になる
Yapme!一覧
読者になる