HOOT  著 カール・ハイアセン 訳 千葉茂樹さん 

2006年04月04日(火) 19時27分
冒頭は主人公がバスの中から裸足でもうスピードで走り抜けてゆく不思議な少年を見たことから始まる。一方では主人公の住む町に大手のパンケーキハウスのチェーン店が進出しようとしていた。その建設現場では犯罪と呼ぶには程遠いく、いたずらと呼ぶには奇妙な事件が起きていた。
一見全く別の2つ物語が本を読み進めて行くうちに意外な事実が浮かび上がってきてキレイにひとつにまとまっていく。そうして物語はクライマックスへ加速していく。

最初は2つの話がそれぞれ進んでいく。どちらも興味深く気づけば本の世界に入り込んでいました。
この話でキーになるのはアナホリフクロウというフクロウです。調べてみるとなんと彼らはなんと走り回るらしいのです。・・・・・・ぇええ、走り回るコレ??か、可愛いっ実際に走る姿は見たことはないが、フクロウ走り回るのですよぉおカワイイー(笑)見てみたいなぁー。

ところで本のほうに戻ります。のキーはもちろん大切なのですが、この本のすごいところは、一度読み出したらどんどんハマってゆき、気がつけば読み終わってしまっています。そして読み終わったあとはとっても心が温かく清々しい感じがしました。ちょっと切なく、でもなんとなくホッ・・・と言ってしまいそうな・・・。
こんな素敵な本を書いてくれたカール・ハイアンセさん、こんな素敵に訳してくれた千葉茂樹さん(何気に管理者の知り合いです本当にありがとう!!

戦う庭番!by ロードオブザリング 

2006年04月03日(月) 3時23分
私の大好きな映画であり、あの超有名大作ロードオブザリング
もちろんあの壮大な戦もそうだが、もっとも注目すべきは最終話、王の帰還でのサムの活躍だろう。ゴラム(スメアゴル)にまんまと騙されたフロド。ななな、なんとここまで支えてきてくれたサムを置き去りにしてゴラム(スメアゴル)と行ってしまうのである。そうしてまんまと罠にかかったフロドは蜘蛛にグルグル巻きにされ、大ピンチ!このまま指輪を壊せず終わってしまうのか!?
そこに現れたのはなんとサム置き去りにされていたはずのサムがぁああああ!!そして巨大で不気味な毒蜘蛛相手に怯むことなく言い放つ!!「旦那さんに手をだすな!!」おおおぉおぉぉなんて男らしいんだそしてなんて深い友情だろうサム万歳!!
しかし終わりは来てしまい、使命を果たしたフロド(主人公)とサム(戦う庭番)は離れ離れに
嗚呼・・・サムとフロドの友情永遠に
こんなすばらしい友情をありがとう!!

{祝}初ブログ{祝} 

2006年04月02日(日) 1時59分
初ブログ〜でーす!拍手〜
イヤー初ブログですょ。何人見てくれるんでしょうかね。
っていうかね、ホントはもっと前からブログ書きたかったなぁ
最近は衝撃的なことがたくさんあったのにぃーってことで書いちゃいます(笑)

先日オーラの泉という番組を見ていたのですがそこに格闘家の須藤元気さんがでていました。よくHERO'sとかK-1とかで派手な入場パフォーマンスで覚えていたのでなんとなーくどんなこと喋るのか気になって見てみると・・・意外と知的(?)じゃありませんか(笑)別に悪い意味じゃないんですけどホントに意外だったんです。まさか格闘家の須藤元気さんがスピリチュアルに興味があるなんて・・・。そこで調べてみるとプロフィールにもしっかり趣味 精神世界の勉強とあるんです!!衝撃的でした。そしてちょっと尊敬してしまいました。私はスピリチュアルとかそんなことはぜんぜん興味がなかったのですが、須藤元気さんが喋ってるのを聞いていて結構興味が湧きました。たぶん結構多くの人が影響を受けたのではないでしょうか。それくらい私にも衝撃的だったんです(笑)その中でも私的に気になったこと。なんでもありがとうという言葉を言い続ければそのエネルギーが凝縮されてゆき、いずれ自分にありがとう返ってくるらしいのです。さっそく実践している私です(笑)須藤元気さんのHPの日記も面白かったですよ。しかもよーくみると何でも出してるではありませんか。さっそく近いうちに購入してみたいと思います。最後に、私に大きな影響を与えてくれて・・・須藤元気さんありがとう!

他にも書きたいことはまだまだあるのですが、ネタ切れするとまずいので次回に・・・
ここまで読んでくれた方へ。ありがとう!
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuu-u
読者になる
Yapme!一覧
読者になる