かわいいい

March 01 [Thu], 2012, 18:00

ひな祭りなんだなあ、等々、行事や季節を感じるのはお店のディスプレイや商品で が多いです。

今回見つけたのはデパ地下に出店してた和菓子屋さん(*^_^*)


たくさーん種類のある小さな和菓子を好きな組み合わせで箱に詰められるんです。


めっちゃかわいくてめっちゃ目移りした!!


いいねいいねひな祭り(^-^)




クリスマスおめでとう

December 14 [Wed], 2011, 8:40


駅の壁貼りクリスマスツリーが たなばた状態!

みんなハッピーなクリスマスになりますように(^-^)





謎夢

November 26 [Sat], 2011, 22:07
二度寝中の2〜3時間に夢を見た。
(長時間の二度寝は休日の醍醐味)

他人の夢の話は苦手な方も多かろうが、ひとりで抱えて忘れるのがもやもやするのでぜひ一緒にもやもやしてほしい。


あるところに兄妹のように仲の良いふたりがいる。
男性の方が随分と年上で、幼い女の子を見守りながらずっと一緒に過ごしてきた。
女性が適齢になった頃にふたりは結婚し、その新居に昔からの知り合いを招く場面が中心だった。


新居の間取りは少し変わっている。
玄関から伸びる廊下の左は階段。廊下の突き当りを右に入るとまず細長いキッチン。その奥、右へ折れて長方形のダイニング、さらに右に折れると長方形のリビング。


床が、足りない。
渦を巻くように取り囲んだ、中央がちいさくぽっかり空いている。
何かあるはずの場所が誰にも見えない。キッチンの裏、リビングの裏に何があるのか、誰にもわからないまま食事がスタート。
新婚夫婦を幼いころから知っているご婦人と、夫婦の友人でもあるカップルと会話が弾む。
こじんまりした良いお家ね、−−くんには少し小さくないの、と背の高い旦那をからかってご婦人が問えば、あの人細長いから平気なんです、と新婦が答えて場が和む。
ワインとパンと、メインはビーフシチューか何かで、サラダをとりわける白い手の上にふと英文が重なる。


ここで、その場面を「見て」いる男女の会話が始まる。
「ねえ、クラッフ、クラス、クローフ、クロウズ(詳細は読めなかったので適当だ。こんな感じに「韻踏んでるのかな?」という4行の英文が重なったのだ。つうかなぜ私の夢なのに私に読めない文章が出てくるんだ)って何」
「は? なんて?」
「いや、読めないんだけど、なんかそんな発音ぽい単語、英語かなあ」
女性と少女の中間値くらいの声。
「読んでみてよ」
手が離せないらしい男性の声。
「いいわ、読めないし」
どうも英文を読みなれないらしい女性。授業さぼってマンガ描いてたクチか。
「―――読んでよ、ピンとくるから」
男性は、自信がある以上の何かを声に乗せて言った。学力以外の要素はおそらく、彼女の言う内容を当てて見せようという気合いで、飲まれるように付き合うように女性は文章を読みだす。
「……アイ、ハド……ええと」


ここで目が覚めた。
おいぃいい!!何一つけりがついてねえよ!
新婚夫婦の新居には何が隠してあるんだよ。
そんで後から出てきた男女の意味は?
あと英文、本気で読めなかった。過去完了とか中二まで記憶さかのぼったけど英語教師が誰だったか絞り切れなかった。
授業中マンガ描いてたのは私です。


はじめに出てきた男女、新居含めて謎が多かった……
最初兄妹なのか?って思ったけどそうじゃないんだよな? 結婚してるし。
年の差はあるにしろ、別に特に後ろめたいところはなさそうなんだけど、じゃああのなごやかな雰囲気の後ろに漂ってた暗雲はなんだろう。
隠された空間に何があるのか、すごく見たくない感じがした……

あと、次に出てきた男女の関係がわからぬ。
夫婦ではない。恋人でもたぶんない。
ひょっとかすっとこっちは兄妹なのかもしれんのだがじゃああの思わせぶりな空気はなんだ。


そして起きた瞬間はけっこう見ごたえのある夢を見たような気がしたんだが文字にするとしょぼいな。
うんそんなもんだね夢なんて。
ああちょっとすっきりした!


夏のおともだち

September 25 [Sun], 2011, 8:47


蒸し蒸しあつあつの職場で私を癒してくれたのは、友人Mちゃんのくれたプルプルペン。
面白雑貨と侮るなかれ、タケコプターみたいな先端のファンがスイッチひとつで涼風を起こしてくれる優れモノです。

うちの職場の気紛れなクーラーが節電の温度設定で動くと、室温は常時30度を超えて軽めの温室状態。どうも暑さ耐性が年々下がっている私は青息吐息で能率も下げていたわけですが、PC前でこのコをぷるぷるいわせてるときは癒されました…

あと、保冷剤をよく冷凍庫からくすねてはポッケに潜ませてました。


…たまに胸元にも潜ませてました。
……暑いねん……気ぃ遠くなるねんほんまに!
あれ絶対熱中症初期症状やわー冷え冷えのウソ胸程度で防げるなら安いもんやわー。


やっとのことで秋の気配漂う最近、芯からほっとしつつ夏のおともだちに改めて感謝しております。
来年もよろしくね。

うたプリー♪

July 31 [Sun], 2011, 19:03
うたぷりを観てみました。
これは気心の知れた友人と観るべきですよ…つっこみ追いつかねえええええヘルプ!

友人Mちゃんから聞いてた通り春歌の瞳のプチトマトっぷりハンパないです。
黄色いプチトマトです。
一切の感情を窺わせません。
体が弱い幼少期、おばあちゃんからピアノを習って音楽を得て、都会で雑多な音の洪水にさらされてはやとさまの歌に救われ…ていう一連を聞いてもまったく体温が感じられないのはすごく高度な光学迷彩というかこれって乙女ゲー主人公スキルってやつなのかな…全体的にノン魂。
しかし見慣れるとプチトマトは癖になる。
たまに出るノン魂ボイスがすごく好き。
あと髪! あのボブの揺れ具合良いです。風がなくても揺れてるね。
キャラがツボ、ってわけではないのに春歌のビジュアルとか(特に顔! 顔マンガかってくらい正面アップが多いんだよー下に四角くセリフ出てたらゲーム画面)仕草とか声がどーにも気になって結果的に視聴時間はおおむねとっても楽しいです。

金髪くるくるパーマの破壊力(気が狂いそう)
金茶ロンゲホストのポエミィ(つっこんだら負け)
あたりを乗り切れば、他はけっこういい子多いんじゃないかなあという印象。
(上記ふたりが悪い子っていうんじゃなくて私にとって難易度が高いだけである)

ショウとか、たぶん声のせいもあるけど男気あふれる^^いい子だった意外。

日向せんせいマジ世紀末キングオブファイター。
衣装の肩がマジヒャッハー。
ファイト一発劇場版とかドキ胸すぎて…ゆさゆさします…

あとごめん、クップル…?
シロツメクサ美味しい……?


とりあえず今期、元気がなくなったらうたプリ観ようと思いました!


クリスマスソング歌ってるとき心があってかわいかった!

ふだんはほんとにノン魂

WJ29号

June 29 [Wed], 2011, 0:12


■トリコ
ニューヨークみたいな名前のりんごを驚かす話…
あれ、このりんご、もっと厳つくした奴、私知ってるな…どこで見たんだったかな。
あったじゃん、なんか、ゴルゴった感じの、シュールな…花ゆめ系だったかな、少女漫画だと思うんだけどなー…

アポロンさんとかいちいちキャラがツボ。

ゾンゲがそんなに稼げるようになっちゃ面白くないではないの。
もう出てこなくなっちゃいそうでないの。
いい三下キャラだ…なんでしょうねこの安心感。

ションベンとか屁とか素なシモネタは、私の知る小二男子はものすごい喜びそうです…。

■べるぜ
女子の威力!!
いや女子の魅力!!!
あと古市の鼻血。(何してても愛しいよ古市)

プリンプリン体操は…伝染病のように大流行りのマルモ?とやらをまったくわからないで居る私への何かの託宣だろうか。
(いや、テレビ見てないと流行りってほんとわからなくなるものだと最近とみに。芸能関係特に。)
葵さんがプリティーていうのがよくわかる体操でした。作文。

で葵さん巫女さんから何教わったの!
あとごめん、ばぶ男鹿と葵さんの絡みめっちゃ良かったよ!

くしくもオチが天下のワンピとどっかぶりですが、男鹿なればこその輝きがナイス。

■銀魂
陸奥と坂本のコンビはほんと好きです。
がんばれカイエーン。

■ぬらり
人気投票鯉伴三位?開催時期?でも嬉しい!

鯉伴伝として茶釜編面白かった。ここで現代に繋がるのか。
山ン本の体組織曼荼羅、唱えられたときはどうしようと思いましたが、幾つか生きるから活きるんだなー
ぬらりノリでしかありえない演出だったと思う…
奴さんの口がこんな姿になるだろうか?!とも思いますが、のっぺら面に筆で描いたような目鼻なのは口の強調なのかなー

茶釜からの件ですよ、息つかせぬ。
このくらいの中篇をコロクル勢いつけてやるの良さそう。

■なると
親に、芯から愛された、っていう実感は、それだけで凄いエネルギーなんだと思います。
(親なる者、でもいい。絶対的に近しい誰かに。)

オトナルトのメンタルの強さはちょっとすごすぎるけどもね。

■一休
読み切りのとき面白いけどネタ的に連載は無理ではって思ったのだけど、瓦解せずに七話まできてちょくちょく小ネタも入ってる。元気。

名前があるってすごいことなんだなと。
この世に生まれることを寿いでもらった証のように、誰かが自分のために、何らか願いを込めてつけてくれたもの、そのままの。
それを名乗れることが、ひとつ大きな、幸いなんだと思いました。

■スケット
なんやっけ…あの、ごっつ?のネタ?かな?(あやふや)のゴレンジャイ思い出しました。
ハマちゃんポジションヒメコ。

■バクマン
こち亀より文字多くないか…今にはじまったことではなけれど。
がんばれ青少年、がんばれシュージン!(ピンポイント)

■リボン
リボーンに蹴飛ばされる骸見て、初めて愛しさが湧きました。
カブトムシ形態のリングに胸キュンしました。ちゃんと外羽と薄羽あるうー!

■めだか
どうしよう計算上うちの部署にひとり悪平等が居る…!
と思ったのですが脳みそがウニなので、悪平等ってつまりなんだっけ、という疑問にぶちあたり、スルーッと迷宮入りしたので混乱は回避されました。

■さいサイ
アメージング!
…斉木のノリが好き過ぎるんです…

■マジコ
カップルいっぱいでよいねえによによ。

暴力描写がアッサリ系で助かった…

■黒子
本気になる機会のない天才×爆発成長株=双方水を得た魚
や、なんか。全力の相手が居るって面白いことなんだなと。

■ぶり…?
ん?恐怖マンガ?
いや、あさっての意味でひさびさ面白かったんだけど、ん?恐怖マンガ?
あれデジャブ…ダブルオーの劇場版の序盤中盤こんな気持ちになったんだ…

「月島さんが来てくれたぞ」が「ふとしくん!」みたいにお約束ボケになっちゃいそうじゃないか。

■ほけ神
おつかれさまでした。

もっと時間かけて見たい気持ちはいっぱいあるけど、不全感ではなく。
ここ何回か、キャラぜんぶの、すべての言動がものすごく、印象的でした。
たぶん、ただただ、何度も読み返すと思います。

■新連載
見たことある絵…?

■表3
忍者ってそんなに切るもん?
忍ぶもんじゃなく…?

うわああああ。

June 22 [Wed], 2011, 0:20

寝る前に読んだパパトールドミーがすごく良かったのでつぶやく。

ありがとう知世ちゃん、ありがとうお父さん。
私はあなたたちが20年前から大好きです。

暗い不安な夜の灯台みたいに、自分とは全然ちがう場所で、でも、たしかに光るだいじな作品です。

後半読むのもったいないから明日にしよう。


ゆうやけきれい

June 15 [Wed], 2011, 21:16

きのう帰宅途中、ビルの白壁がなぜかうっすらピンクで、振り返ったら空が紺と青と灰と薄桃色。


きれいでした。


夕焼け、久しぶりに見た。


今日お昼、同期に

「あのね、きのう夕方ね」
と話すと、

「もしかして夕焼け?!」
と勢い込んで。

仕事中に偶然見つけて息をのんだそうです(^-^)

きれいだったよね。
びっくりするよね。
すごいなあ。


WJ27

June 13 [Mon], 2011, 23:56
ジャンプ27号

■スケダン

「二度と恋はしない」に息を呑んだけどその後のモモカにもっと胸を衝かれたよ
大丈夫だね。
強いは最後のせりふにかかってると思います

しばらく土に埋まって星を見るのは悪いことじゃないように思います

■トリコ

バーっつかファストフードじゃね?メリア……
フレッシュネスバーガー的な感じなのかな。
なんかトリコの髪がもっさりしてるのは休日だからですか。

スタージュン様出たよ出たよ。
トリコ若造扱いだよ。

まだまだ強さ在庫払底しなさそうなトリコ界、インフレ遠そうです。

……私がトリコについていきやすいのは、キャラの増え方が緩慢だからなんだろうなあと改めて。
そんで増えても1エピソードごとにひと呼吸、ひとりとかふたりに戻るので息がつきやすいんだな。

魁!男塾と銀河ー流れ星銀ーが染み付いてる脳みそは、どうも「役者が出揃ってく」っていう状況にすごく魅力を感じるらしく(横光三国志もいっしょだなー)、そのリズムはボレロのよーにもったいつけて、しかし確実に盛り上げて、っていうのが大変好きです。
スポーツのチームものだとこれが、一回で1チームとかがお目見えしてしまうのですぐについていきそびれる……いち、に、いっぱいの脳みそがかなしい……

■ぎんたま

立て札会話が多くて目がすべりがちな今エピソードですが、オープニングの陸奥が恐ろしく奇麗だったので(どのくらいきれいかっていうと玄海ばーちゃんがふと若返るときくらい奇麗)もう何がどうなってもいい……ごちそうさまです……

■なると

何か、は人柱力でなくても、ひとは皆必要なんじゃないかと思います。


■べるぜ

とびらの とうじょうに ゆうわくを うけた!

たましいを ぬかれた!

■バクマン

WJで絶頂で終わった連載てどのくらいあんのかな。
中学のころ、巻頭最終回はDBと幽白くらいだって言ってた友達がいたけど、どうなんやろうね。

最終回って難しいよな、きれいに終わるマンガはやっぱり、どんなに長くかかっても全体が一話になってるんやと思う。描きはじめの時点でどこまで明確に定まってるかはともかくとして。
だから流動的に重点が動くマンガの最終回は難しいと思う、場合分けして落としどころ決めるのもすごい技術なんやろうとも思う。

ああでもこれどうせならがっつりエイジ寄りでやっても面白かっただろうな。
作品を「まっとう」させようとする、って連載でトップ取るのと同じくらい熱い話だもの。
タントはそういう顛末じゃあなかったしな。

しかしエイジはマンガそのものだけじゃなくスタイルにも懸ける派だったのか(トップ取られたらカッコ悪い)、な?なんか意外。


■めだか

するーって現れた破壊臣からなんかどうしようもなく、戦わずしての負け犬オーラが出てる……!
こんなにこうだっけ……!!
SWANの葵さんぐらいだめな感じがする…………髪型?

オストラシズム懐かしい響き。
世界史も一学期のはじめのほうなら記憶があるのかな……
順当にいくと「誰に票集める?」なんだろうけど、気ー合わなさそうですね……


■ブリーチ

本編はあれなんだけど、扉……!!

なにあれかわいい。
ロゴがかわいい。
カラーリングもかわいい。
ああ私語彙貧困。
かわいいい……!!

■さいサイ

さすがの麻生さんだぜ……!
「何故僕なのだろうか?電柱じゃダメなんだろうか?」に腹筋がきゅんとしました。

新たな萌えアイテムとしてあのアレ、頭の。流行るといいと思う。男子に。

■エニグマ

がんばれスミオ! しげるはかわいい。

圏外……せつない言葉だね……電波の問題じゃなく気持ちが圏外なんだね……だめだ涙がでそうだ

3日前に何ぶっとばしてんだスミオ。


■いぬまる

私も走馬灯しょぼい自信あります。
ええっこんなのが末期の回想っ……!っていう思い出ばかり回してしまうと思うよ。
でもそれひとつのしあわせのかたちかもしれませんね。

■こちかめ

硯、すきです……
昇段したお祝いに先生に頂いた小さなのが宝物だったな。
それでいい墨磨るのは気持ちいいのだ。

でも大きなもの書くときは少し磨ってあと墨汁だったな、手で磨ってたんじゃ量が足りないから。
マシーンは本当にあるの?!初めてみましたわ。


ぬらりとほけ神が(現行)主人公の戦いの山場を迎えていてああ。
ふたりとも少し越えた後なんだな大事なところは。
ゆくすえを見守りたい。

■ぐりむ
きゃーっ! ちょっと わらった

イブニング13号

June 13 [Mon], 2011, 21:43

イブニング13号

――――――しっ しんどい!
なんかものすごくしんどい話が多かったぞなんでだ。
とろ鉄ときょうの思春期くらいしか軽いのなかったぞ。
あれイブイニングってこんなんだっけ。
えらいことHPけずられた…………

よしジャンプ読もう。

2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
Yapme!一覧
読者になる