『羊の木』 2018年2月4日 TOHOシネマズ市川

February 04 [Sun], 2018, 13:17
羊の木』 を鑑賞しました。

映画よりも錦戸亮がジャニーズでWebの写真解禁が話題になっていたが・・・

【ストーリー】
 刑期を終えた元受刑者を自治体が受け入れる新仮釈放制度により、閑散とした港町・魚深市に男女6人が移住してくる。市役所職員の月末一(錦戸亮)は彼らの受け入れ担当を命じられるが、移住者たちの過去を住民たちに知られてはならないという決まりがあった。やがて、全員に殺人歴がある犯罪者を受け入れた町と人々の日常に、少しずつ狂いが生じていき……。


この話が実現したら、そこに住む住人は不安が広がるだろうな・・・
とはいえ現実にはこういうことが映画とは違うが、まっとうに刑期を終えた人が生活している。

錦戸亮は前に観たのも役人だったような・・・彼はこんな役しかできないのか
それはさておき、北村一輝はこの映画でもはみ出ている。
ロマンス・・・といい彼は何かを変えようとしているのか、、、

この映画で語ることは無い。
見て感じて、社会と現実世界でどう向き合うかを考えないといけない。
この間も飲み屋で70歳くらいのオッサンに絡まれて
俺は刑務所に入っていた、、、悪いことはしてない。など永遠と同じ話を聞かされた。
そういう人が現にいるからね。

吉田監督の「紙の月」は良かった。今作はまぁ良かっただね。

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン



  • URL:http://yaplog.jp/yutarou/archive/1985
Trackback
Trackback URL


 本作は6人の仮釈放された元受刑者を受け入れることになったある地方都市でのお話。主人公はその受入を担当することになった市役所職員。彼を中心にして、6人と地方都市の住人等との関わりが形成されるとともに、その地方都市における伝統的なお祭りも絡んできて、物語は思いもよらない方向に展開していきます。なかなか興味深いストーリーとはいえ、タイトルの「羊の木」の意味合いを始めとして、よくわからない...
冥府の映画的・絵画的・音楽的  February 16 [Fri], 2018, 18:27
猛吹雪の中、地下鉄なら電車が止まらないのをいいことに、のん気に試写会へ行ってきたyo
奇想天外な設定の邦画は当たりハズレが極端に出るけれど、最初から最後までざわざわさせて目が離せない映画でなかなかに面白い!!
試写会場はお客さんも半分ほどだったけど、雪の中出掛けて行って良かった〜♪
ノルウェー暮らし・イン・原宿  February 07 [Wed], 2018, 21:28
羊の木@ユーロライブ
あーうぃ だにぇっと  February 04 [Sun], 2018, 21:20
詳細レビューはφ(.. )
https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201802030000/


▼CD/映画「羊の木」オリジナル・サウンドトラック/オリジナル・サウンドトラック/MPCS-22 [2/2発売]
日々“是”精進! ver.F  February 04 [Sun], 2018, 19:50
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
結局他人に受け入れられた人が残るというのは
なにか意味があるんでしょうかね・・・

February 04 [Sun], 2018, 22:09
結局結末は甘い。
少しは「デトロイト」や「スリー・ビルボード」を見習えよと思わなくもない
February 04 [Sun], 2018, 21:25
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
blogram投票ボタン