『お嬢さん』 2017年2月8日 アキバシアター

February 08 [Wed], 2017, 23:18
お嬢さん』 を試写会で鑑賞しました。

上映間にパク・チャヌク監督、真木よう子の舞台挨拶がありました。
真木よう子は細い。可愛い
パク・チャヌク監督はこういう映画を撮る監督には思えないほど静かな人だった。

【ストーリー】
 日本の統治下にあった1930年代の韓国。詐欺師たちの集団の手で育てられた少女スッキ(キム・テリ)は、伯爵の呼び名を持つ詐欺師(ハ・ジョンウ)から美しい富豪令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドという仕事をあてがわれる。スラム街から彼女とそのおじが暮らす豪邸に移ったスッキだが、伯爵は彼女の助けを得て秀子との財産目当ての結婚をしようと企んでいた。結婚した後に秀子を精神病院に送り込んで財産を奪う計画を進める伯爵だが……。


俺はエロじじいだからR18だしエロを期待したが、エロは薄め。
そしてエロというよりは官能って感じで良い感じであった。
内容もエッと思わせることもあり、これが楽しめた。
相変わらず内容は読まないので、知らない方がより楽しめると思う。
ちょっと長い2時間25分なんだけど長さは感じなかった。
やっぱり面白い映画は長くても気にならないね。

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


  • URL:http://yaplog.jp/yutarou/archive/1838
Trackback
Trackback URL


パク・チャヌクの最新作は、流暢じゃないカタコト日本語満載
「オールド・ボーイ」「渇き」などのパク・チャヌク作品は毎回作品が楽しみな大好きな監督の一人。

今回は、イギリスの作家サラ・ウォーターズの小説「荊の城」が原案。
舞台をヴィクトリア時代のロンドから日本統治下の朝鮮半島に移して、パク・チャヌク脚本で映画化
日本統治下にあった1930年代の韓国を舞台に、「伯爵」と呼ばれる詐欺師にスカウトされ、
莫大な財産の相続権を持つ令嬢・ヒデコのメイドとなった孤児の少女・スッキの関係性を
キワド...
我想一個人映画美的女人blog  March 24 [Fri], 2017, 1:13
 韓国映画の『お嬢さん』をTOHOシネマズ新宿で見ました。

(1)久しぶりに韓流でもと思って映画館に行きました。

 本作(注1)の舞台は、1939年の朝鮮半島(注2)。
 始めの方では、雨が降る中、日本軍の兵隊が行進しており、その後を子どもたちが追いかけます。
 彼...
映画的・絵画的・音楽的  March 17 [Fri], 2017, 7:02
これは異様か、それとも異常か。いやこれもまた愛か。
さすがパク・チャヌク監督だ。アジアでは韓国でしか、しかもパク・チャヌク作品でしか撮れない美しさに加え、今回はそこに ...
こねたみっくす  March 07 [Tue], 2017, 23:58
お嬢さん@スペースFS汐留
あーうぃ だにぇっと  February 15 [Wed], 2017, 20:46
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
blogram投票ボタン