『帰ってきたヒトラー』 2016年4月20日 イイノホール

April 20 [Wed], 2016, 22:32
帰ってきたヒトラー』 を試写会で鑑賞しました。

外国映画配給会社の授賞式があったけど、ギャガが最優秀賞で20世紀FOXが優秀賞であった。
個人的には東宝東和が最優秀賞だと思う。。。なんたってパラ山さん喰っちゃったんだから!

【ストーリー】
 ナチス・ドイツを率いて世界を震撼(しんかん)させた独裁者アドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)が、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビになった局への復帰をもくろむテレビマンにスカウトされてテレビに出演する。何かに取りつかれたような気迫に満ちた演説を繰り出す彼を、視聴者はヒトラー芸人としてもてはやす。戦争を体験した一人の老女が本物のヒトラーだと気付くが……。


この映画は面白かった
久々のコメディ映画の当たり作品ではないか...
なんといっても脚本もよければ、内容が秀逸である。
ヒトラーを現代に甦らせ、現代を分析させるのである
こんなアイデアを思いつくのは頭いいな。
原作もあるらしいのでさっそく読んでみることにする

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


  • URL:http://yaplog.jp/yutarou/archive/1695
Trackback
Trackback URL
あなた、どこのヒトラー?
或る日の出来事  July 04 [Tue], 2017, 7:45
ER IST WIEDER DA/LOOK WHO'S BACK
2015年
ドイツ
116分
コメディ
劇場公開(2016/06/17)



監督:
ダーヴィト・ヴネント
原作:
ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』
脚本:
ダーヴィト・ヴネント
出演:
オリヴァー・マスッチ:アドルフ・ヒトラー
ファビアン・ブッシュ:ファビアン・ザヴァツキ
クリストフ・マリア・ヘルプスト:クリストフ・ゼンゼンブリンク
カッチャ・リーマン:カッチャ・ベリーニ



<ストーリー>
ある日、ヒトラーにそっくり...
銀幕大帝α  May 01 [Mon], 2017, 19:43
23日のことですが、映画「帰ってきたヒトラー」を鑑賞しました。

1945年から現代にタイムスリップしたヒトラー、彼はテレビマンにより、モノマネ芸人としてテレビに出演させられるハメに
気迫に満ちた演説を繰り出す彼に視聴者は度肝を抜かれ ヒトラーを模した完成度の高...
笑う社会人の生活  August 19 [Fri], 2016, 11:05
☆・・・非常に、色々と考えさせられる作品だった。 大戦末期の、かつての現役のヒトラーが現代のドイツにタイムスリップ、まったくもってヒトラーそのままに、周囲からは新進のコメディアンと勘違いされ、名声を広めていく。
 物語の当初は、現在ドイツにおいては異質なヒ...
現代にタイムスリップしたアドルフ・ヒトラーが、モノマネ芸人と誤解されて大ブレイクしていくさまを過激な風刺で描いて世界的ベストセラーとなったティムール・ヴェルメシュの同名小説を映画化したドイツ映画。主演は舞台を中心に活躍するオリヴァー・マスッチ。監督は、これが日本初紹介のダーヴィト・ヴネント。
あらすじ:1945年に自殺したはずのアドルフ・ヒトラーが、なぜか2014年のベルリンにタイムスリップして甦る。やがて彼をモノマネ芸人と勘違いしたディレクターにスカウトされ、テレビ番組に出演することに。すると、ヒトラー...
パピとママ映画のblog  July 21 [Thu], 2016, 17:48



 歴史上、〈絶対悪〉であるヒトラーが現代に甦り、
モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターに

という小説が2012年にドイツで出版。
絶賛と非難ありの中、国内で200万部を売り上げて、日本を含む世界41カ国で翻訳!
タイムズのベストセラーリストでも堂々NO.1に輝いた小説が、まさかの映画化。
監督はドイツの新鋭デヴィッド・ヴェンド。

時は1945年。ヒトラー死亡──のはずがなぜか目覚めたヒトラーが起き上がると、そこは2014年のベルリンだった
街を歩...
我想一個人映画美的女人blog  July 09 [Sat], 2016, 12:28
【出演】
 オリヴァー・マスッチ
 ファビアン・ブッシュ
 クリストフ・マリア・ヘルプスト

【ストーリー】
ナチス・ドイツを率いて世界を震撼させた独裁者アドルフ・ヒトラーが、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビにな...
西京極 紫の館  July 01 [Fri], 2016, 22:52

原題 Er ist wieder da2015年 ドイツ



2014年10月公園の茂みの中で目覚めた一人の男何と!彼は〈絶対悪〉アドルフ・ヒトラーその人総統地下壕から現代へタイムスリップしてきたらしいのです地下壕を捜して街中をウロウロ女性に声をかけ唐辛子スプレーを浴びせられフラフラになりながら行き着いたキオスクの店主に助けられ、自分の置かれた状況を把握します理論家であるヒトラーは現状にパニックを起こすこともなく、キオスクに置かれている新聞や雑誌から、戦争に負けたこと、領土が大幅に減らされた...
読書と映画とガーデニング  June 25 [Sat], 2016, 14:26
評価:★★★★☆【4.5点】(11)


他のヒトラー映画と一線を画す戦略が大成功!(笑)
市中での撮影は、映画の撮影と言うことを隠して撮ったらしいので、その後映画として公開するときに了承を得られなかった人には、目隠しなどの加工がされています。

いや、でも、これが今のドイツの本音なんだろうね。それにしても、ヒトラーの格好で歩いていても、思ったよ...
勝手に映画評  June 21 [Tue], 2016, 22:00
 ドイツ
  コメディ
 監督:ダーヴィト・ヴネント
 出演:オリヴァー・マスッチ
     ファビアン・ブッシュ
     クリストフ・マリア・ヘルプスト
     カッ ...
風情☭の不安多事な冒険 Part.5  June 19 [Sun], 2016, 21:05
歴史は繰り返す? 公式サイト http://gaga.ne.jp/hitlerisback6月17日公開 原作: 帰ってきたヒトラー (ティムール・ヴェルメシュ/河出文庫) 1945年に死んだはずのア
風に吹かれて  June 16 [Thu], 2016, 9:35
帰ってきたヒトラー@イイノホール
あーうぃ だにぇっと  June 15 [Wed], 2016, 15:45
ドイツでベストセラーとなった原作小説の表紙の、ちょび髭の部分にもデザインされているように『笑うな危険』なのである。
ブラックすぎて顔が引きつってくるけど、どうしても笑っちゃう。
だけどこれはブラック過ぎて笑っちゃダメだろー?な自分や、いやそこ笑うところだから!と場内がドン引きしている様子とも戦わなければならないややこしい脳内第三次大戦が勃発!
ノルウェー暮らし・イン・原宿  May 06 [Fri], 2016, 16:22
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2016年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
blogram投票ボタン
最新トラックバック