『追憶』 2017年4月28日 朝日ホール

April 29 [Sat], 2017, 12:01
追憶』 を試写会で鑑賞しました。

不安的中。上映時間の短さがそのまま作品に現れている。

【ストーリー】
 富山県警捜査一課の四方篤(岡田准一)は、漁港で旧友の川端悟(柄本佑)の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太(小栗旬)を含む三人は、幼少期に親に捨てられ、共に過ごした関係だった。会社と家族のために金策に奔走していた川端と、幸福な日々を送る田所。そして、妻とすれ違いの日々を送る四方。こうして四方と田所は再会を果たすものの、四方の問い掛けに田所は何も語ろうとせず……。


25年前と現在を交互に描いているが、それぞれで深堀が不足している。
安藤サクラと吉岡秀隆の2人は25年前と現在を演じてる。
この2人の25年後というのもあまりに変わらなさすぎるし
岡田准一は演技の幅が無いからいつもの熱血漢なのである。
この映画で印象的なのはオープニングや風景は木村大作撮影とのことで
とても綺麗で印象に残る。
キャストも良いだけに期待を裏切ってしまった作品である。


 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


『光』 2017年4月27日 明治安田生命ホール

April 27 [Thu], 2017, 23:37
』 を完成披露試写会で鑑賞しました。

上映前と上映後に登壇してくれました。
河P直美監督、永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、藤竜也
なぜか、上映前と後の話で涙が出てきた。(本編では泣かず)

【ストーリー】
 


コメントに魂を映画に置いてきましたなど、作品そのものが
人生とリンクしたような内容で心に残る。
タイトルの光は、どういう意味を持つのであろうか
それこそ、観た人それぞれの生き方や考え方により
見終わったあとどう感じるか委ねられている。
こういう映画を作る河瀬監督は素晴らしいと思う。
前作のあんも良かったし、今作は少し違うがやはり人に寄り添いつつ
病気とどう向き合うのか、生活弱者はどう感じているのか、
深い内容である。
水崎綾女もしっかり演技できるね。

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


『家族はつらいよ2』 2017年4月26日 丸ノ内ピカデリー

April 26 [Wed], 2017, 23:02
家族はつらいよ2』 を完成披露試写会で鑑賞しました。

上映前に山田洋次監督、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、
妻夫木聡、蒼井優が登壇した。
蒼井優は優しい蒼井優と自らが言っていたが、真意のほどは正蔵さんのみぞ知るw
家族では唯一中嶋朋子が残念ながら欠席であった。

【ストーリー】
 家族全員を巻き込んだ平田周造(橋爪功)と妻・富子(吉行和子)との離婚騒動から数年。マイカーでのドライブを趣味にしていた周造だが、車に傷が目立つようになったことから長男・幸之助(西村雅彦)は運転免許証を返上させようと動く。だが、それを知った周造は意固地になって運転を続ける。ある日、行きつけの居酒屋のおかみ・かよ(風吹ジュン)を乗せてドライブをしていた周造は、故郷広島の同級生・丸田吟平(小林稔侍)と偶然再会。周造は四十数年ぶりに一緒に酒を飲み、丸田を自宅に泊めるが……。


この家族は3作目である。
1作目は『東京家族』、2作目は『家族はつらいよ
設定された家族は東京家族と家族はつらいよではことなるので、
家族はつらいよ2となる。
前作のコメントを読んでいたらシリーズ化しちゃってよ!と書いてあるので
その通りになって良かった
2も1に負けず面白い
久しぶりに爆笑した映画である。
これを見ない手は無い! という作品である。
ということで、3も作ってください

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン



『トンネル 闇に鎖された男』 2017年4月25日 京橋テアトル試写室

April 26 [Wed], 2017, 16:38
トンネル 闇に鎖された男』 を試写会で鑑賞しました。

ハ・ジョンウはこういう役がハマル!

【ストーリー】
 無事に大きな契約を済ませ、妻セヒョン(ペ・ドゥナ)と娘の待つ自宅へと車で帰ろうとしていた自動車ディーラーのジョンス(ハ・ジョンウ)。だが、山中のトンネルに入ったところで崩落事故に巻き込まれて車ごと生き埋めになってしまう。目覚めるとがれきに囲まれており、手元には水のペットボトル2本、誕生日を迎えた娘に買ったケーキ、バッテリー充電が78パーセントの携帯電話のみ。一方、トンネルの外ではレスキュー隊を率いるキム(オ・ダルス)らが救助に取り掛かるが……。


海の向こう韓国の話であるが、手抜き工事が多いということである。。。
日本もこういうことがあったかもしれないが、時と共に忘却されていく。
多くあるトンネルの半分以上は手抜きのようなナレーションだった気もするが
それは確かめてほしい。
こんな悲惨な事故があり手抜き工事だと分かったのに
第2トンネルを作るということで安否確認ができないから
もう亡くなった可能性が高いということから近くで爆破するという
人命を無視した決定がなされるのは不思議である。
日本ではそういうことはしないと思う。
文化の違いもあるが、そういう点も含め見ていただきたい作品である。
映画を見終えた後の帰りのエレベータが不安だったw

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン



『笑う招き猫』 2017年4月20日 一ツ橋ホール

April 20 [Thu], 2017, 23:41
笑う招き猫』 を試写会で鑑賞しました。

上映前に3組が漫才を行った。(誰だったかはわかりません
でも、映画には出ていたな...TVの中だったけど。

【ストーリー】
 結成5年目の漫才コンビ「アカコとヒトミ」の高城ヒトミ(清水富美加)と本田アカコ(松井玲奈)は、小劇場で常連客に漫才を見せる日々を送っていた。ある日、ネタ合わせをする河川敷で自転車泥棒を捕まえてから、二人の状況が変化し始める。バラエティー番組に初めて出演し、それをきっかけに学生時代の旧友と再会。コンビとして売れそうになった矢先に……。


話題の清水富美加が主演である。
それに元SKE48松井玲奈のW主演。
清水富美加はふっくらしている。それに松井玲奈は可愛くない。
役柄のせいもあるのか...
全くもって映画の存在も知らずに観たが、意外にもホロリとさせられた。
映画の中身は分かり辛いところもあったが、見ているうちに分かってくるが
もう少し編集の仕方で工夫が出来なかったのかなとも思う。。。
それでも笑いあり涙ありでゆるすこととしよう。


 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


『怪物はささやく』 2017年4月19日 イイノホール

April 19 [Wed], 2017, 22:54
怪物はささやく』 を試写会で鑑賞しました。

【ストーリー】
 


上映前に優秀外国映画輸入配給賞の受賞式があった。
GAGAが2年連続最優秀賞であった。
「ルーム」、「帰ってきたヒトラー」、「マダム・フローレンス」、「ラ・ラ・ランド」、
「ラビング」という作品を買付・配給したというのが評価だそうだ。
ロングライド、ファントム・フィルム・ポニー・キャニオンが優秀賞、奨励賞、特別賞を受賞した。
洋画の買い付け、宣伝、配給はやはり金がかかる割に儲からないとうのがよくわかる。
一般社団法人外国映画輸入配給協会には20世紀FOX、ディズニーは会員ではなかった。
輸入じゃないからなのかは不明である。
ディズニーが入っていれば毎年最優秀賞なのかもしれない。。。

肝心の『怪物のささやき』であるが、怪物はリーアム・ニーソンである。
声を聞けばわかる!
内容は私は好きな話であった。
怪物が3つの話をするから、最後に子供に自分の話をせよ! と半ば強引に迫る。
怪物の3つの話が興味深い。というか世の中をよく反映した話である。
その3つの話と子供の話が結びついた時に感動がある。
気になった方はご覧いただきたい。

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン



『花戦さ』 2017年4月17日 東映試写室

April 17 [Mon], 2017, 22:32
花戦さ』 を試写会で鑑賞しました。

【ストーリー】
 戦国時代の京都。花を生けることで世の平穏を祈る「池坊」と呼ばれる僧侶の中でも、専好(野村萬斎)は名手とうたわれていた。そのころ、織田信長(中井貴一)亡きあと天下を手中に収めた豊臣秀吉(市川猿之助)の圧政が人々を苦しめ、専好の友であった千利休(佐藤浩市)が自害に追い込まれる。専好は秀吉に対して、力ではなく花の美しさで戦おうと立ち上がる。


エンドロールの池坊の多さにビックリ 学校から財団法人など多岐にわたる 笑

それはさておき、織田信長〜豊臣秀吉〜徳川家康の話は多いなぁ。
ここのところ映画もドラマもその時代のものばかりのような気がする。

この映画を観る前は需要があるのかな...と思ったが、
終わってみればそこまでひどくは無い。
しかし、一般人に訴求していくのは難しいと思う。

やっぱり、歌舞伎役者は演技がうまいなと感心する映画であった。

文脈もバラバラでく終了。


 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


『メッセージ』 2017年4月13日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

April 13 [Thu], 2017, 22:30
メッセージ』 を試写会で鑑賞しました。

上映後にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督と関根麻里が登壇した。
関根麻里は出産後初仕事?(かなり顔もふっくらした印象で分からなかった)
ドゥニ監督はQ&Aの応対も丁寧でかなり真剣に応えていて好印象である。
ちなみに、ブレードランナーまで話が及びまだ編集中とのこと。完成はもう少しだそう。

【ストーリー】
 突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。
(公式サイトより)

これはティーチインじゃないけど監督のコメントを聞いて納得した部分もある。
ネタバレは避けるが、賛否はあるでしょう。
原作もあるとのことで、原作者は中国人らしい。それも墨っぽいので納得。
内容が内容だけにもう1回頭から見直したいというのが正直なところである。

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


『潜入者』 2017年4月11日 一ツ橋ホール

April 11 [Tue], 2017, 22:54
潜入者』 を試写会で鑑賞しました。

潜入捜査恐るべき。

【ストーリー】
 1980年代。アメリカに入ってくるドラッグのほとんどが、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルの組織を経由しているとされていた。危機感を募らせたアメリカ政府は、打倒エスコバルを目的にした大規模な潜入捜査に取り掛かる。捜査官としてキャリアを積んできたロバート・メイザー(ブライアン・クランストン)は、大富豪を装ってエスコバルの組織に接触。内部からの組織崩壊を進める彼だが、いつ正体を見破られるかという極度の緊張状態に置かれることで精神は疲弊し……。


ダイアン・クルーガーは40歳とは思えないほどの美貌だった。
この映画はなかなか見応えあり面白いが、ちゃんと登場人物を把握しないとつらい。
だれが見方で敵なのか、、、途中で分からなくなる。
これが実話というから潜入捜査官おそるべし。(REIJIじゃないw)

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン



『ゴースト・イン・ザ・シェル/GHOST IN THE SHELL』 2017年4月10日 TOHOシネマズ錦糸町

April 10 [Mon], 2017, 22:22
ゴースト・イン・ザ・シェル/GHOST IN THE SHELL』  を鑑賞しました。

あれ今日は誕生日だったのにおひとり様映画だった

【ストーリー】
 近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨(せいさん)な事故に遭い、脳以外は全て義体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。


攻殻機動隊は知らない。
それでこの映画を純粋に見たわけであるが、期待があった分、こんなもんって感じだった。
ハリウッド映画に母親役の桃井かおりが出ていたのには驚いた
ヨハスカはアベンジャーズでも活躍するくらいのアクションをするから驚きはない。
ビートたけしだけ日本語なのは若干違和感を感じつつまぁいいか...
やっぱり序章のような感じのストーリーだったので、ヒットすれば続編作るんでしょうね。
どうなるかそっちが楽しみ。

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
blogram投票ボタン