ぬいぐるみ湯たんぽならドイツ製ファシー社

 
最近になってエコグッズとしても人気が高くなってきているのが、湯たんぽですね。
湯たんぽは日本人にとって親しみやすい物ですが、最近の湯たんぽはお洒落で可愛い物ばかりです。とくにTVなどでも取り上げられる機会の多いクマのぬいぐるみの湯たんぽをご存知の方も多いのではないでしょうか?
中でもドイツ製として話題になったファシー社の湯たんぽは、従来のタイプからハンディのタイプ、更には湯たんぽ枕まで様々な物があります。ぬいぐるみタイプの湯たんぽもファシー社から発売されているものが最もゆうめいでしょう。
一方で使い方にも注意が必要な場合もあります。たとえば電子レンジで加熱できる湯たんぽが登場した事で、何でも電子レンジ過熱が出来ると誤解されている人も多いのです。これによって本来は使用できない物を加熱して、事故等が多発しているのです。
ドイツ製の代表とも言えるようになったファシー社の物も、電子レンジで過熱出来ると誤解して行い、大きな火傷を負ってしまったという報告が出ています。取扱い説明書などでも電子レンジ使用は出来ないと表記されていますが、高齢者や子供による誤使用は減っていません。
湯たんぽを使用際には、しっかりと使用方法を守って使いましょう。他のドイツ製の物や、ファシー社の製品では電子レンジ使用が可能な物が別れています。仕様用途に合わせて安全に使いましょう。
現在、電子レンジ加熱が出来る湯たんぽは、製品名にもハッキリと書かれているタイプと思っていいでしょう。その他の製品に関しては、十分な注意をしましょう。
ファシー社の湯たんぽは、ドイツ製として高い安全性もあり、なおかつぬいぐるみを使ったタイプもかわいいことで幅広い世代に愛される可愛い商品となっています。

湯たんぽ使用上注意点

 
ファシー社湯たんぽは、可愛くてお洒落な物が多く、幅広い世代の方に人気を集めています。ドイツ製の湯たんぽということですが、その性能や安全性は顕著であり、ファシー社では長く医療や介護の現場などで使われていた技術の信頼性があるのです。
ファシー社は家庭用医療補助製品も手がけており、その信頼がドイツ製の信頼を勝ち得たともいえるでしょう。しかし、最近は電子レンジによる事故が報告されており、湯たんぽを過熱しないように注意を呼びかけてもいるのです。
ドイツ製の製品の中には、電子レンジで加熱が出来るタイプの物もあるのですが、ファシー社が扱っている製品は「使用不可」と明記されているので注意しましょう。ファシー社の製品で電子レンジ加熱が出来るのは、主にオーガニック温湿布のようです。他にも使える製品があるのですが、加熱時間の厳守は守りましょう。
ファシー社の湯たんぽには、日本でも親しまれてきたタイプの他に、枕型の物やホッカイロのようにハンディのタイプがあります。中には電子レンジ加熱が可能となっていますが、時間は1分から2分となっていますので、加熱のしすぎには十分気を付けましょう。
湯たんぽの事故報告では、小さなお子さんや高齢者による物が多いです。子供の扱いは危険ですので、湯たんぽなどを使用する際は、大人がきちんと指導してあげることです。
ファシー社のドイツ製湯たんぽは、安全に使用して暖かい冬を過ごしましょう。