プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yushinwalk
読者になる
2007年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
私的視聴 / 2007年03月15日(木)
「〜してる場合じゃない」
ってフレーズに憤怒しています
どうも。


無理に槍に感傷に踏み込むなんてどうかしているんじゃないか。
って想ってしまったんだ、
今日のご飯は美味しかった。
だからこそ、遮断する言葉にはいらつくのだ。

日常にさしでがましい言葉を持ち込んでみろ、毒が廻って、それでこそ身近なものになるんじゃないか、灰汁を取りきらないのは食欲が優先しているから、髪の毛を短くするのはルーズな印象を与えてしまうから、そんな主観が流通しているのなら、悲しい画鋲でも使ってみるよ。日常の困憊なんかも全て亡失して、護ることだけに、護られることだろう。

小さい街から。大きな基準をものにしてしまったら小さなものがより矮小になるし、その逆だと期待がなくなってしまう。
まるでこのDVDみたいに、シンプルな配送方法を。

僕は視聴する、
全て取り払ってるように
映っている表現がある。
 
   
Posted at 01:38/ この記事のURL
コメント(0)
寝巻きを巻かずに / 2007年02月22日(木)
いかれていく体に無知を知る。
友達の友達の赤ちゃんが生まれたんだ。それはもう可愛かったなぁ。何度も見る。
そういった境遇を迎えることがあるんだろうか。
寧ろある可能性があるんだろうか。
もう暫くは無理だろうなぁ、猶予くらいくれ。

知者不惑な愛想笑いが繰り広げられる。車の中が大体そういう会話で溢れる。中学生の僕が何か起こったからといって、高校生の僕が、何か見つけられたからといって、小説は、出来上がってから構成されるものだ、
他名を良く見かけて不快な気分になるのは、
多分、そういう小説が蘇ったり、舞い上がったり、欲しがったりするからだ。

薄命なコンサルティングで、
何を以っていようとするか。




WALKERは歩いていきます。
その言葉に尽きますね。
それでいて、それだから生きていける。
 
   
Posted at 00:25/ この記事のURL
コメント(0)
育つ準備 / 2007年02月01日(木)
セイフティボックスの隣に五線譜ノートが在って、
ずいぶん丁寧に書かれた譜面の一番下に、
相方の実家の住所が書かれていた。
年賀状の時期かい。

どうも祐伸です。
最近祐伸って呼んでくれる人が減った。
なんてわがままを書いたら済むとでも承知かい?
甚だしい。恥を痴れ!

最近読んでいる本がどうにも面白くて、
炒ってる、
手に入ると駄目になるのさ、
そう
 
   
Posted at 23:14/ この記事のURL
コメント(0)
心持 / 2007年01月12日(金)
上記は新しい武器です。
矛しかないです。
矛盾なんて、保険のようなものだ。

空が宇宙を隠した
いやーん

昨日、柄にもなく路上で練習しておったんです。
その前にも色々あったけどな
何も変わらないよ、換わらないさ
さよならなんていわないさ。

んで、練習中に関さんのギターのネックがめきょって言いました。
それは大切なものは破られたら誰でもショックさ、
大切なものに裏切られたらそんな気持ちかい?
音楽に裏切られることはないさ、創造物だも のさ、
とにかくその日は練習を上手いこと出来ずに打ち合わせしていました。
とにかくJ-45は治るみたいです。治り方はどうあれ。
早く玉光堂に行こうね。
あと、「インスパイラル」っていう共作がさりげなく出来ました。

雨が降る日にジャブを放ちたくなるね、
お前の女、あんたの男、あたしの男、俺の女、
手を出すな、いつ遊んだね、合同コンパとか、
そういった悪霊達と呼ばれる常套句よ、コンビニ弁当でも食ってれ、
ってそんな曲になりそうだね。
そうは言っても誰にも嫌われたくないようだがな

あと啓太は近々指揮者になるそうです。
タクトでも振るか


今日の一曲
バンドをやってる友だち/ゆらゆら帝国
 
   
Posted at 22:30/ この記事のURL
コメント(0)
鍋物 / 2007年01月08日(月)
今日は雪を撥ねていたら雪と一緒に携帯が撥ねられました。
というか撥ねました。
がっでむ。

皆さん嫌じゃなかったら携帯の番号教えてください。メールなどで。

色々と、考えさせられるライブだったのです、今日は。
迷惑を掛けてしまった。
自分がやられたら嫌なことを、自分がやってしまっていたので、
とても反省です。
気引き締めていきます。エクセル的なもので。

いいライブだった。
本当に良かった。
だからこそこのままじゃいかん。
 
   
Posted at 02:01/ この記事のURL
コメント(0)
差別 / 2007年01月07日(日)
科学的根拠を夢見ているんだよ。
何もないはずの所に根拠を見せ付けてみるんだ。
それは言わずもがな素敵なタロットゲームじゃないか。

明日はライブだ。それにしても仕事がアレだ、
兎にも角にもアレだが、とにかくアレしておかなければならない、
HNYは嬉しいな。本当に嬉しいんだ。分かち合える人がいるって本当素晴らしいことだ。その分、反骨精神も旺盛だ。仕事的なアレが。

最近小説がちっとも進まない。
ボクは言葉で、自分以外の誰かを、呼べているのかな。

そういう意味合いで、色々何かしようと想うよ。
 
   
Posted at 00:18/ この記事のURL
コメント(0)
埋立地と掌の温度差を知っているか(ウイン・ソウル・サービス、それ以上はYEN) / 2007年01月02日(火)
災難をかぶった後の天窓で見上げる素地は矮小すぎる


清掃中のかばんの中身を覗いてみたって激しいものなど兎にも角にも


本末さんの転倒を見据えて覇気が薄れ行く 転んでみてもノロか胃下垂


せいぜい灰でも飲んでいたらと項垂れる お前の尻を拭いたくはない


足跡が消耗しては繰り返し密室とかで結納などでも


マッサージチェアーで行くからね シャワートイレも付いているけど


溢れても特に異存は無いけれど要は気晴らし?箔がつくわね






手の平を掌と書く寂しさをわかっているのかわかってたいのか






テレパシー使ってみよう モバイルの速さと共鳴なんていいよね


「歌い手の冥利に尽きる」を噛み砕く 僕の手なんぞ塩味しかしねーよ


腹立つと言ってる人の手を見たら拳を握っているわけじゃない


単純に空気的包丁(エアーナイフ)の有無による 2人って凶器にさえもなるんだぜ


スミノフの味も知らない新米が米米CLUBを知ってる訳無い


「嫌いとか憂鬱だとか指紋とか、危ういそれらが常套句なの」


むきしつなものにいのちをあたえてもじぶんにかなういのちなどない


かいつまむワッツマイネームの横文字に足りない風を切り込むが でも


開閉の音を気にしているだけで中身の無い手紙など来ないし
(年賀状に何も書かれてないのって微妙にさびしいですよね)


千人が違う思いを書いたなら万人単位で計るの辞めない?


3時まで寝れない電気を取り残すそれまで既存の濃度で粘れど


だれかしら聞いてくれてる静寂を。愛情細かくリサイズ、プレゼン


幸いを補う視点があるのなら危険物の資格は要らない


「今だけを考えたってその先とそのその先が必要なんだ!」と


それ以上行方を見据えてどうするの? どんぶり感情? あっ間違った


はみだした布団を元へ被せることは想いを断ち切ることと似ている


施錠して波状の結果を待ちわびる みかん剥いても十秒で終わる


離れてもしようがないことをしている謝ることをするTAKE?A


暗転を望んでいるのに蛍光灯付いてる雪も降らずに暮らせば


昔より落ち着いたよね?と言われても 煙草の銘柄変わってないしね












埋立地見に行く気力も無いくせに「寒い暑い」と文句はいえてる




 
   
Posted at 01:13/ この記事のURL
コメント(0)
おいおい / 2006年12月16日(土)
リアルの6巻を12回位、時間を見つけては読み潰して、その度に、旅に出たくなったりするのです。
僕は感情表現が苦手だし、喋ることのノウハウも身に着けていない。話すのが時々億劫になるし、喋っていることを聴くことも億劫になることがある。
そういうときには大抵、人が込めた作品に触れる。
幸い、そういったものが溢れるころあいになっていて、
それに対する劣等感だとかを、否定しないで、すべて愛して。

僕は否定することが基本的には嫌いだ。
全体を否定していることになるんではないか、と危惧するからだ。
その際には、何も言わないようにしている。
それを「人の込めた作品」に、逆になれば良いな、と想ったりする。

空想上でのた打ち回っていた現況を、
話し合いとかそういった交流で、なんとか梯子の一段目に足をかけて、
再び、落ち合おうとする、っていう、
僕はそうさ、
何を間違ったか、
何を見誤ったか、
何が正しかったのか、
何が嬉しいのか、
何が悲しいのか、
何に怒ってるのか、
感情は全て解っているのだ。
なぜ解らないようにしているかなんて、
憂さ晴らしも甚だしいではないか。

昨日の練習は、楽しかった。

そして今日はライブです。
結露していこうと想います。
 
   
Posted at 03:57/ この記事のURL
コメント(0)
アンカー / 2006年12月12日(火)
デジタル文字の隙間から覗く 君らしさにホッとする
それはね 古ぼけた鍵一つ 別れたドアがあるから


人気の無いベンチで初めてのキス
君は こそばゆく照れ笑い
輝きも寝静まるこの夜に
存在を確かめ合ったよな


Your My アンカー 気付かない訳無いだろ
Your My アンカー 見えてるよ Sign
Around See アンカー 人込み掻き分けて
Around See アンカー 俺には解る特別な君の合図


聴きなれたアラームとこの部屋の匂い
いつもガタガタうるさい12号室


振り返る度に夢を見て
この傷を癒して
お詫びにどうぞなんて皮肉だな
何もかも忘れたような淋しい目で


Your My アンカー 気付かない訳無いだろ
Your My アンカー 見えてるよ Sign
Around See アンカー 人込み掻き分けて
Around See アンカー 俺には解る特別な君の合図


Your My アンカー 気付かない訳無いだろ
Your My アンカー 見えてるよ Sign
Around See アンカー 人込み掻き分けて
Around See アンカー 俺には解る特別な君の合図

-------------------------------
By (ex.)Solid Ground Box でした。
-------------------------------
 
   
Posted at 00:30/ この記事のURL
コメント(0)
(無題) / 2006年12月08日(金)
あるバンドの日記を読んで
恋に関する羅列があって
まったくその通りだと思った

恋ってなんだろうね

恋って始末書だよ
よく言う 犯罪的なものであって
色々しっかり考えたら
大事なものだけ浮彫りになった
菜っぱ
 
   
Posted at 02:34/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!