あやまんJAPANに所属する素人女性

May 06 [Fri], 2016, 18:00
あやまんJAPANは素人の女性が100名ほど集まっている宴会芸集団であると言われています。ですからタレント集団AKB48とは異なり、素人っぽさをあやまんJAPANからは感じることができるのではないでしょうか。あやまんJAPANは大変面白い素人芸を周知する為、大変な注目を集めているようです。

あやまんJAPANは宴会を試合と称し、活躍をしているようです。素人集団あやまんJAPANの監督を務めるあやマンガ可愛いと、大変な評判にもなっているようです。とんねるずが司会を務めるフジテレビのTV番組「とんねるずのみなさんのお?でした」に素人集団あやまんJAPANが現れるのは、六本木や麻布周辺なのだとか。ですから六本木や麻布周辺に行って着けの飲み屋がある方の中には、素人集団あやまんJAPANは、日本全国のあちらこちらから注目を集め、たくさんのファンも獲得したのだとか。「安すぎて伝わらない素人芸選手権」が番組企画で行われ、素人集団あやまんJAPANを見かけたという方もいると思います。ただ、素人集団あやまんJAPANを見かけたという方もいると思います。ただ、素人集団あやまんJAPANは登場したものです。




あやまんJAPANは宴会を試合と称し、活躍をしているものです。
特別なときだけ、素人集団あやまんJAPANについて知りたいという方は、とてもラッキーな方だといわれているのです。
あやまんJAPANには100名ほどの素人女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)が配属していて、女子大生班、ビジュアル班など、合計4つの班に分かれていますよね。
ですから素人集団あやまんJAPANのネタ班と一緒に飲めば、楽しい一夜を送れるような気がします。

あやまんJAPANに関する情報が、インターネット上に?多く寄せられています。
そして、ネットを適用して情報を集めてみると良いでしょう。
とても明るくて興味深い素人集団あやまんJAPANが運営しているブログも見ることができます。
ですから、素人集団あやまんJAPANは、今の不景気な世の中をぶっとばすぐらいの迫力があるようです。
素人集団あやまんJAPANを後援したい方は、ブログの読者になるのも良いと思います。

産後のぽっこり腹部解消法

April 30 [Sat], 2016, 10:55
ぽこっとしたお腹と言えば、産後の女性が多く陥る悩みとして非常に評判ですよね。
どれほどスリムな女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)でも、産後はどうしても骨盤や関節が開いてしまう為、ぽこっとしたお腹どころか別人の様な体型になってしまう人も少なくありません。
では、どうして産後にぽっこりお腹になってしまうことが多いのです。
では、産後のぽっこりお腹はどうしたら直すことができるのでしょう。

ぽっこりお腹の理由となり、出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)前には考えられなかった体系になってしまう女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)が多いのでしょうか。
それは、産後に開いてしまう「骨盤(色々な人が矯正の方法を指導しています)」「関節」に秘密があるのです。
普通分娩で出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)すると、どうしても太りやすくなってしまいます。
それがぽっこりお腹の理由である「骨盤の開き」を治すには、幾つかの手法がある様です。
まず、矯正はなるべく早い人が体型も戻りやすいので、早めの行動を心がけましょう。
ぽこっとしたお腹を矯正するなら、「骨盤引き締めベルト」の使用がお勧めです。
これは、骨盤にベルトを巻くだけで骨盤(生活習慣などによって歪んでしまうと、全身に不調が現れるといわれています)の開きを矯正できると、お産をしたばかりでぽっこり腹部に悩んでいる方にはとても人気です。
お産によるものだけでなく、ぽっこりお腹を改善したい方にも評判がよく、楽天でもよく売れていると聞きますね。



骨盤引き締めベルトはかなりきついので、ぽこっとしたお腹を解消したほうが良いはずです。
サイトやブログには実際にぽっこりお腹を引っ込める手法として、カイロプラクティック(未熟な施術者による事故も過去に起こっているので、施術を受ける際には注意が必要でしょう)で成功したといった口コミ情報もかなり多く見かけます。
カイロプラクティック(WHOにも認められていますが、日本での公的資格はありません)で、要するには骨盤を矯正するようですよ。
私は腰が痛くカイロプラクティックに通っていたところ、自然とシェイプアップできぽっこりお腹も解消しました。
これはやはり骨盤が矯正されたせいで、腰痛だけでなくぽっこりお腹にはしんどいという体験談も聞いたことがあります。
ぽっこりお腹を早く改善したくて、骨盤(歪んでしまった骨盤を矯正するためのグッズがたくさん売られています)引き締めベルトを強く締め付け過ぎてしまうということもあるようです。
何事もやり過ぎはよくないので、ぽこっとしたお腹にも効果があったということです。
しかし、残らずこれらでぽっこり腹部を引っ込めた体験談(物事を体験した人の話、感想などです)が多くありますので、参考にしてみるといいのではないでしょうか。

有酸素運動のシェイプアップ効果

August 04 [Tue], 2015, 15:09
酸素をとりいれて脂肪を燃焼させる有酸素運動は、ダイエット効果以外にも健康増進や心肺機能の強化など、様々な効果があるのです。末梢の血液循環が改善して代謝も良くなれば、中性脂肪(お腹についた贅肉はほとんどこれだといわれています。食べ過ぎによって増えるでしょう)値が下がり、善玉コレステロール値は上がってきます。有酸素運動をすることは体力増進にも役立ち、ほどほどの運動はストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)発散働きもあります。

きつい運動のほうが脂肪が多く燃焼しダイエットにいいという間違えた考えを抱いている方もいます。ダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)にいい有酸素運動(適度にしないと、肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)におちいったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、無理の無いものをみつけられるといいですね)をしたいのならば、短い時間できつい運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)をするより、運動強度は高くなくても酸素を体内に取り込んでつつじっくり有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)をする方をおすすめします。

一万歩を目安に、万歩計をつけてウォーキングの習慣をつけることもダイエットにはいいみたいです。両膝などに障害がある人は、プールでの水中歩行ダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)や自転車こぎによる有酸素運動がダイエットに有効だと思います。今の人たちの生活習慣(主に、食生活や運動量、睡眠時間、喫煙や飲酒などの習慣を指します)と食事の習慣では、消費カロリーより摂取カロリーが断然多いという人が大多数となっています。

ダイエットでは、余剰分のカロリーを効率よく使う事が目的だと言えますね。1回の有酸素運動で1,000cal〜1,500kcalを使うくらいを目安に、週3回は有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)をする時間を設けてください。できれば、日々の暮らし習慣の中に有酸素運動の時間を折り込むことが、ダイエット(女性なら誰でも一度くらいはしたことがありますよね)には効果的でしょう。

お気に入りのコース

January 06 [Tue], 2015, 16:01
どのくらいのランニングで、ダイエット効果を期待出来るのでしょう。脂肪を燃焼させることが、体重を減らしたい時の基本的な考え方だと言えますね。

脂肪を燃焼させるには、十分な酸素を必要とするため、ウォーキング(日本スリーデーマーチや龍馬ハネムーンウォークin霧島など、ウォーキングの大会も開催されています)やランニングなどの有酸素運動は、ダイエットに効果的です。ランニングでダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)行う事は、1キロ走ると体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)1キロあたり1キロエネルギー消費すると言われています。

自分の生活のサイクルや、走るペースを考え、1回のランニングで何キロ走れるのかを決めて下さい。最初は無理せずゆっくりとランニングしましょう。ランニングみたいな運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)は、20分程度は続けなければ脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)の燃焼が始まりありません。

ペースを維持しながら、20分は休まずに走りましょう。まだ慣れない間は、ランニングの合間にウォーキングの時間を挟むなどすることによって休まず動き続けるようにして下さい。ただし、ランニングをしていて止まってしまっては意味がないので、ウォーキング(クッション性の高い靴を履き、正しい歩き方で歩くことが大切です)時でも早めのペースで、散歩っぽいのんびりした歩き方にならないように気をつけながらウォーキングをします。

ランニングはダイエット(睡眠不足や栄養不足が妨げになってしまうことも多いようです)効果があるだけでなく、最大酸素摂取量を高めて心肺機能を向上させる効果があります。日々の生活にランニングを取り入れ、自分なりに続けやすそうなペースやコース、時間配分などを決めてダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)に組み入れてみましょう。お気に入りのコースを何パターンか見つけておくと長続きしますよ。生理痛を和らげる

スポーツ 有酸素能力

November 23 [Sun], 2014, 17:27
自分一人では如何しても持続しない、という方におすすめするのがスポーツクラブ(通いづらいところにあると、結局、行かなくなってしまって、月謝がムダになってしまうんですよね)です。ネットで検索しますと、ルネサンス、コナミ、オアシス、あるいは東武など大きなスポーツクラブの情報が、すぐに得られるでしょう。

どんなプログラムがあるのか内容を見るだけでも興味がそそられるではないかと思います。運動を継続するためには、言わば強制的に自分を通わせる必要があるかもしれません。たった一人では続けられないことも、同じように通ってくる仲間たちがいらっしゃるでしょうねと、楽しみながら、あるいは励まし合いながらできるというものです。

いろいろなスポーツの中で求められるのは、有酸素能力を回復することであり、たくさんの筋肉を使う運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)が効率に優れ、特に全身の中でも?ある筋肉で占めている足を使う運動が推奨されていると言うことですね。

テニス、 ゴルフ、 ボーリング、 ゲートボール、ウォーキング(大人?が参加する大会などのイベントも行われています)、ジョギング(ジョギング愛好家をジョガーと呼ぶこともあります)、ダンス、剣道、太極拳、踊り、山歩き、或は水泳などがあげられますが、の中でも、ウォーキングやジョギングは場所も選ばず、割と簡単に誰でも行えますし、非常に合理的な運動と呼ねれているんです。

総理府によりますと、1年間に運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)やスポーツを行った成人男女の割合は、女性66.9%、男性77.1%だったそうです。総理府の調査が開始された1957年には、女性約7%、男性約23%であったということですから、この40年間で男女とも飛躍的な伸び率を達成したとことになります。

障害者スポーツと聞きますと、何か特別なスポーツ種目をイメージしてしまう傾向があります。障害者の行うスポーツには、確かにそういった類のものも在るには在ります。例えば、「ボッチャ」という種目はその代表かもしれません。これは、主に脳性マヒなどの人たちに向けて考案された球技なのですが、ほとんどの人があまり馴染みがないことでしょう。しかし、一概に障害者スポーツと言いましてもその種目はかず多く、テニス、陸上、バスケットボールなど良く知られた種目が、車イスなどを使って、またそれ用にルールを改正して行われていると思います。

有酸素運動のコツ

November 02 [Sat], 2013, 16:55
有酸素運動(適度にしないと、肥満にいたったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられると良いでしょうね)には、ウォーキングやジョギング(一般的には、会話ができるくらいのペースで赭ることを指します)、水泳、サイクリングなどいろいろありますが、ただ体を動かせば良いというようなのではないのです。十分な呼吸を確保しながらしっかり運動する事が大切で、漠然とやっていたのでは運動強度が低下し、あまり効果を得ることができなくなります。より効果的に有酸素運動を行う。これが重要ですねが、ポイントは運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)の強度です。

運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を続けている場合、疲労物質(精神状態によっては、蓄積されていることが感じにくくなります)である乳酸が筋肉にたまってきます。この乳酸を取り除くために、呼吸でとりいれた酸素と血液中の脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)と乳酸が合成されるのです。つまり、脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)が燃焼されるというわけです。しかし、運動強度が高過ぎた場合、呼吸が追いつかず筋肉が乳酸で一杯になり、動かせなくなってしまいます。

むしろ運動強度が低すぎると、乳酸は生成されないのですが、酸素を多く血中に取り込むことができないため、脂肪が燃焼されません。よって、効果的な有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を行うには、適切な運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)強度で行うことが大切になってきます。では、どの程度の運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)強度がいいのでしょうか。心拍数で言うなら、最大心拍数が60〜80%くらいです。

体力に自信がない人なら60%、普通の方なら70%、自信のある人は80%くらいの運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)がGood。心拍数の計測については、ランニング用に心拍数が計測できる腕時計が市販されているので、1つくらい持っているといいでしょう。有酸素運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)は継続して行うことが効果を得るには大切ですが、毎日行う必要はありません。週に2〜4回くらい、時間は1時間ほどを目安にしたら良いでしょう。なお、1時間続ける事によっての運動が難しい場合は、30分の運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を2回とか、20分の運動を三回に分けて行ってもいいでしょう。
http://www36.atpages.jp/cleansingshampoo/category0001/index.html

食事後、食事前どっち

October 31 [Thu], 2013, 13:53
有酸素運動はダイエットはもちろん、健康にもいいのでお勧めですよが、いつ行ってもよいのかって言えねそうではないのです。運動をするのに適したタイミングと言うものが存在します。どういうタイミングがいいのかというと、血中の血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)の状態がちょうど良いときと言えます。有酸素運動をしたらき、糖質は必要不可欠なもの。

運動を始めしばらくは血中の糖質が主なエネルギー源として使われ、その後、徐々に皮下脂肪や体脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)が使用されるようになります。そのため、血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が低い状態で有酸素運動を開始してると、すぐに体脂肪をエネルギー源にするようになります。これはぱっと見、ダイエットには良い事のように思えます。

しかし、体脂肪が分解される際に遊離脂肪酸が出るんですねが、これが増えすぎると心臓への負担が大きくなり、心不全(左心不全と右心不全、両心不全に分けることができます)などの原因となるのです。また、血糖値が低くなると肝臓のグリコーゲン(インスリンにより合成が促進されます)がエネルギーとして使われるようになり、このときに筋肉のたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)もアミノ酸に分解されて利用されるため、筋肉の量が減少してしまう事だといえると思います。

筋肉が減ると言うことは、基礎代謝量(何もしない状態、例え、寝たきりの状態でも消費するエネルギー量のことをいいます)の低下を招き、太りやすくなってしまうということでしょう。これでは、せっかく痩せるために行っている運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)が台無しですね。以上のようなことから、有酸素運動は血中に糖質が十分あるときに行うのがGood。それはいつかと言うと、食後1時間以上経ってからです。できれば、2時間くらいしてから行うのがベスト。このころになってしまった場合には消化が落ち着き、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が安定して、インシュリンの分泌が減ってくるになるんです。よって、痩せるためには、食前ではなく食後2時間くらい経ってから有酸素運動を行うといいでしょう。
http://nukegeshampo.warabuki.net/category0002/index.html

有酸素運動ってどんなこと

October 29 [Tue], 2013, 14:51
規則的な繰り返しがあって、比較的軽い運動である有酸素運動は、脂肪を燃焼させ、ダイエット(睡眠不足や栄養不足が妨げになってしまうことも多いようです)に良いことで知られています。ほかにも、心肺機能を強くしたり、血行を促進して新陳代謝(?えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)をアップさせたり、リラックス効果があるなど、健康にも精神的にもプラスの影響を与えてくれるのです。

ぜひ、積極的に行いたい運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)だといえるはずです。とは言うものの、有酸素運動(適度にしなくちゃ、肥満に至ったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)とは具体的にどのような運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分に取って楽しい、無理の無いものをみつけられると良いですね)なのでしょう。

有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)は、息切れしてしまうような激しい運動ではなく、充分な呼吸ができ、細胞に酸素を送り込めるような運動です。代表格としてはあげられるのは、ウォーキング。胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)を張り、普段歩くより少し早目に歩きます。また、ジョギングや水泳、アクアビクス、エアロビクス、サイクリングなどもあげられます。あまり一般的ではありませんが、ノルディックウォーキング(散歩との違いは、歩く速度と頻度だと思います)やクロスカントリースキーなども有酸素運動です。

また、有酸素運動は、日々の生活のなかでも行う事が出来るでしょう。例えば、車でかいものに行くのを徒歩や自転車にする、通勤や通学では一駅手前で降りて歩く、エスカレーターを使わず階段を利用する、電車内ではつま先で立っているなど。部屋の掃除や家事なども、こまめに行えばよい運動になります。一方、有酸素運動で大事なことは、長く続けてやる事。突然行っても、あまり効果は期待できません。定期的に継続して行うことが大事で、そのためにも自分がすぐに実行可能な運動から始めるといいでしょう。http://junichiprogram.doorblog.jp/archives/1869212.html

ウォーキングとジョギング

October 28 [Mon], 2013, 15:45
有酸素運動の定番ともいえるウォーキング(最も手軽で健康への効果が高い有酸素運動でしょう)とジョギング。時間や場所に限定されずに簡単にできるのが魅力の運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)ですが、ウォーキング(イベントや同好会などに参加すれね、一緒に歩く仲間ができるかもしれません)とジョギング(一般的には、会話ができるくらいのペースで赭ることを指します)は、どちらがダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)にはいいのでしょうか。

ウォーキング(健康の促進や体力の増強を目的として歩くことをいいます)もジョギング(最近では、ウォーキングに近いペースで赭るスロージョギングも流行っているようです)も、脂肪を燃焼させ、基礎代謝量(筋肉量を増やすことで上げることができるといわれています)をアップさせる運動とはいっても、体への負担を考えたら、ジョギング(ジョギング愛好家をジョガーと呼ぶこともあります)は膝やかかと、循環器系に負担がかかってやすいといえますね。反面、同じ距離の運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)なら消費エネルギーはジョギングの人がずっと多くなりますよ。となると、ダイエット(心身に負担のかかる方法で行っても、体に悪いですし、効果は期待できないでしょう)にはウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝などに負担が掛かってしまいます)よりジョギングのほうが良いと言えそうですが、実はそうとばかりは言えません。

消費するカロリーが多いということは、その分、運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)が激しいということでもあります。持久力(適切なトレーニングを行うことで、高めることができます)がある人は別ですが、そうでない場合、ジョギングはウォーキングより疲れが早くきます。脂肪を燃焼させるには、長時間の有酸素運動が効果的なんですから、ジョギングもウォーキング(健康の促進や体力の増強を目的として歩くことをいいます)もできるだけ長く続けたほうがい(鼻から塩水を入れて行う場合は鼻うがいといいます)いなんです。

持久力があり、長く走ることができる人の場合は、ウォーキング(大人?が参加する大会などのイベントも行われています)よりジョギングのほうがダイエットにいいのは言うまでもないのです。しかし、長く走ることができない人や運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)があまり得意ではない人、運動不足の人などはウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や?などに負担がかかります)の方が適していてはいえるでしょう。

ある程度ウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や?などに負担がかかります)に慣れ、心肺機能がUPし、心拍数が上がらなくなったら、運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)強度を上げるためにジョギングをしたら良いでしょう。また、その日の状態等によって、ウォーキング(健康の促進や体力の増強を目的として歩くことをいいます)とジョギングをうまく組みあわせて行うのもいいでしょう。

ストレッチ後の有酸素運動

October 27 [Sun], 2013, 20:48
ストレッチとは、静止して行う柔軟体操の一種で、運動前の準備運動のことです。ストレッチとしては、運動の前に行うウォーミングアップストレッチと運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)後に行うクールダウンストレッチがあります。ウォームアップストレッチ(骨格筋を伸ねして、柔軟性を高めたり、関節の可動域を広げることをいいます)は、これから運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分に取って楽しい、無理の無いものをみつけられるといいですね)を行うことによりいうのを筋肉に伝えるために行うもので、全身の筋肉を伸ばし、体を柔らかくすることでケガを防止するのが主な目的です。

特に寒いときなどは筋肉が硬直していて、いきなり運動を始めるとケガの危険性が高くなりますから、ストレッチは必須です。一方、ウオームダウンストレッチは、運動が終わって疲労した状態にある筋肉を回復させることが目的。体をリラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)させるために座って行うことが多く、疲労物質(血行を良くしたり、十分な睡眠をとることで減らすことができるでしょう)を早く除去可能なよう血流をよくするために行います。

このクールダウンのストレッチ、実は脂肪の燃焼を促進させるかもしれませんね。運動後なので脂肪燃焼(ただ単に運動をする、食事制限をするというだけでは効率よく燃やすことはできません)とは関係ないだろうと思われがちですが、有酸素運動をした後も、30分〜1時間は体脂肪の燃焼が続いており、そのときに行うストレッチはシェイプアップに効果があります。よってストレッチがダイエットに効果があるのは、有酸素運動の前ではなく、有酸素運動後と言えますよね。とは言っても、運動を行う前のストレッチ(静的ストレッチが一般的ですが、動的ストレッチやPNFストレッチなどの種類があります)も決しておろそかにしないように。

ケガをせず、安全に運動をする為には必要となってきますから。ウオームダウンストレッチ(一般的によく行われる静的ストレッチ、筋肉を繭り返し伸ねしたり縮めたりする動的ストレッチ、リハビリテーションにも用いられるPNFストレッチ、柔軟体操として知られるバリスティックストレッチがあります)は、脂肪燃焼を促進させるだけでなく、翌日に疲れを残さないと言う効果もあるため、丁寧に行うようにしましょう。
http://agarisho.ukime.org/