FXバカ息子監修ゆるスキャDX

February 18 [Sat], 2012, 18:32
FXバカ息子監修ゆるスキャDX

ゆるスキャDX




下記のサイトで購入すると最大円還元されます!
FXバカ息子監修ゆるスキャDX





ゆるスキャよりもグレードUPしているとのことですが、 どれ程のグレードUPをされているのか、教えて頂けないでしょうか?

前作の「ゆるスキャFX」は、勝率が高いと非常に好評を頂いていたインジケーターでした。
「ゆるスキャDX」では、その有効性はそのままに機能を拡張する事で、
その上位版としてのインジケーターとなっています。

追加された機能は以下です。

1、東京時間、欧州時間、米国時間全てに対応しトレードチャンスが増加。

前作では逆張りのスキャルというロジックの有効性を保つ為に
相場が一方向に動き易い夕方等の時間帯はトレード対象時間から外していました。
今作の『ゆるスキャDX』では、それぞれ特徴ある動きをする日本時間、
欧州時間、米国時間に合わせたパラメーター設定の異なるインジケーターをそれぞれ
用意する事で、どの時間帯でもロジックが有効に機能するようになっています。

つまり、その分トレードチャンスの増加にもつながっていますし、
どの時間帯でもトレード出来ると言う事で、ユーザーさんの生活スタイルにあった
使い方が出来るようになっています。


2、サイン感度を自分で設定出来るパラメータを追加。

「ゆるスキャDX」では、非常に多くのパラメーターを触れるようになっているのですが、
その一つがサイン感度の調整です。サイン感度を緩めたり、きつくする事で、
サインの発生頻度を調整する事ができます。
また、設定は3段階での設定方法となり、設定を変更する度に、
今までのサインが描画しなおされますから、その有効性は目視で確認する事が出来る等、
それ程複雑な設定では御座いません。

※特に気にならない方は、初期設定で問題御座いません。


3、スプレッドフィルターを搭載し、突発的な相場を避けることができます。

「ゆるスキャDX」では、設定した以上にスプレッドが開いている場合、
サインを出さないというスプレッドフィルターを搭載しています。

既にご存知かもしれませんが、スプレッドが開く場面というのは、
指標発表時や重大ニュースが発表された時等、急激な値動きが発生するような相場です。
往々にして、そういった相場ではテクニカルをベースにした手法は効か無くなる事が多く、
避ける方が賢明です。

ゆるスキャDXではスプレッドフィルターをオンにする事で、意識し無くても
こういった相場を避けることができます。


また、その他にも前作では1度チャートを閉じてしまうと消えていたのですが、
チャートを開いた時点で過去分のサインも表示されるようになっていたり、

その他にも、上級者の方はパラメーターをいろいろいじれる仕様になっています。


(※勿論、初期設定で最適化はされていますので、 独自に自分仕様にカスタマイズしたいという上級者の方だけお使い頂ければ結構です。)

FX会社はどこでもできますか?

お取引自体はどこのFX会社でも可能です。

ただ、『ゆるスキャDX』は、メタトレーダー上で動くインジケーターとなりますので、
サイン確認用に、メタトレーダーというチャートソフトをインストールしていただく必要があります。
FXバカ息子監修ゆるスキャDX
詳しいインストール方法等は、購入後のマニュアル内で解説していますが、
イメージとしては、ゆるスキャDXがインストールされたサイン確認用のメタトレーダーで、
売買サインを確認して、注文を普段お使い頂いている口座で発注する感じになります。

決して難しいものでは御座いませんので、
ご安心下さい。

5分足では使えませんか?

『ゆるスキャDX』は、1分足逆張りスキャルのFXバカ息子さんの
トレード手法をインジケーター化したものです。
FXバカ息子監修ゆるスキャDX
1分足に最適化されていますので、5分足では使えません。

ゆるスキャDX

ゆるスキャDX

ゆるスキャDX

何回までナンピンしますか?ロスカットの資金管理の部分が気になります。

欧州とNYは2回までナンピンする設定(全3ポジ)になっています。
東京時間では3回までナンピンする設定(全4ポジ)となります。

※(2/14 1:08)東京時間が3回ナンピンの全4ポジションの間違いでしたので、修正致しました。

どれくらいの場所にロスカットが置いてあるのでしょうか?

基本的にスタンバイサインから100ピップス逆行したプライスに置く事になります。
もしくは、マイナスの場合でもミドルバンドまで反発した時点で決済サインが出ますので、
基本的にはそのどちらかという事になります。
但し、9割以上はミドルバンドに到達した時点で決済サインが出ますのでそこで決済されますので、毎回の損切りで100ピップスマイナスになると言う事はあり得ませんので、ご安心下さい。

※FXバカ息子さんにも確認していますが、4〜5カ月に1、2回あるかないかという程度と言う事です。
※100ピップス逆行の損切りプライスは、ナンピンポジションも全てそこで決済される ことになります。

ゆるスキャDX

ゆるスキャDX

ゆるスキャDX


1分チャートのトレードは 早過ぎて着いて行けない気がして為りません。

1分足=速いトレード と勘違いされることが多いのですが、
チャートが1分足だからといってトレードも1分以内に
買い売りをしなきゃいけないと言う事では御座いません。

スタンバイサインが出てから本チャンサインが出るまでは通常数分かかります。
プライスアクションのようなものを想像されているかもしれませんが、
そうでは御座いませんのでご安心下さい。

トレンドが発生したら損切り連発では無いでしょうか? あっと言う間に30pipsくらいは持っていかれると思いますが・・。

あっというまに30pくらい持っていかれることもありますが、
急落の方が急反発をしやすく好都合です。

また、まったく出ない訳では御座いませんが、
トレンドが発生している状態からはサインは出にくくなっていますので、
大きなトレンドに巻き込まれるという事は考えづらいと思います。

以前1分足のスキャルピングを行ったことがありますが、
特に22時〜0時の間ユーロは下げの底がなく、
ずーと下落していった観がありましたが、ストキャスも5%以下をキープしていました。
スキャルピング手法
また1分足も騙しが多くやりずらい印象を受けました。
ゆるスキャDXは、ある程度裁量が求められるのでしょうか。
ある程度の損失は覚悟しておりますが、
損切りのポイントの設定もある程度ロジック化されているのかご教示お願いします。

22時から0時も時にはそうですが、夕方の方が一方的に動きやすいので注意が必要です。
何を騙しと定義するかにもよりますが、逆張りなので騙しが利益に繋がると考えています。
(トレンドフォローだと騙しは敵ですが・・・)

トレード法は、基本的には「スタンバイサイン」発生で、チャート監視をスタートして、
「エントリーサイン」でエントリー、「決済サイン」で決済というスタイルです。
これは、第3回の動画でも少しご覧頂いたと思います。


ただ、避けた方が良い相場というものがあるのも事実です。
そういった相場を避けてより精度を上げるには5分足の現在位置を見るという
簡単な裁量判断を挟むこともあります。
(※この方法に関してはマニュアルに記載していますが、
レート位置とボリンジャーバンドの形に注目するというシンプルな裁量となります)


損切りルールについては、先程お話したとおりです。

分足では、値動きが多くても値幅が小さいためスプレッドの損失を抜くのに、
レンジの底と天井を狙うことになり、殆どが損失で、取れても薄利になる。
ゾーンで仕掛けたとしても、短期のトレンドの始まりで、逆方向に入った場合は損失が倍増し、
この手法での挽回は実質不可能と考えます。

仰るとおり、トレンドの始まりで逆張りし、なおかつそのポジションに限って
1度もミドルまで反発(反落)しない状態が続けば損失は大きくなります。
が、そうならない為にトレンドの始まりで逆張りしないよう裁量部分の判断方法も
マニュアルにも解説しています。

勝率はどの程度でしょうか?

実際にトレードをしている上での感覚値からも、
今まで行ってきた3年分の検証からも
常々勝率7割程度の結果が出ています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:FXバカ息子監修ゆるスキャDX
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
FX自動売買ソフト FXシグナル配信比較 FX初心者必勝法 FXビクトリーメソッド FXビクトリーメソッド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yuruscadx/index1_0.rdf