大須賀のまゆげ

January 05 [Thu], 2017, 13:38
少し前に、インフルエンザになってしまって病院に診てもらいに行きました。

どのくらいの潜伏期間なのかはっきりしませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつってしまったのだと思います。

3日間にわたって高熱が続いて大変な思いをしました。

高熱が出続けるインフルエンザは、通常の風邪より辛いですね。

一般的に便秘に効く食物は、水分、食物繊維、乳酸菌を内部にもつ 、発酵食品などをさしています。

ひどい便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態になってしまいがちです。

とにかくこの状態をなくして、お通じを出やすく柔らかくするため、初めに 水分と食物繊維を摂りながら、まずは腸内を改善するのが良いでしょう。

この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤をサンプルで頂きました。

ほとんどのものがそうですが、少し使用してみないと効果が分からないものです。

その入浴剤はとても皮膚に馴染んで、使用感が良好でした。

刺激も感じませんし、肌がつっぱるような感覚もなくて、水分をよく保持します。

元々、便秘に悩んでいたのですが、今ではだんだん改善されてきています。

効果があった方法は、ヨーグルトを毎日欠かさず食べる事でした。

教えてもらった、この方法で長年の便秘が治ったという話を聞いて、実践してみようとヨーグルトを買いまくって、毎日食べてみたのです。

毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、便秘の苦しみから解放されました。

夜更けに高熱が出て、40℃ほどまで上がって体調が悪かったので、翌日受受診しました。

インフルエンザの検査が実施できますよとおっしゃいました。

万が一、インフルエンザだったら、効果のあるお薬を処方してもらえるので、チェックしたいと考えました。

インフルエンザは風邪とは違うものと聞きます。

その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、急な高熱となり、3日から7日ほどその状態が続きます。

型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状に少しのが見られます。

時として、肺炎を併発したり、その上脳炎や心不全を起こす場合もあり、恐ろしくもある感染症です。

知っての通り、アトピーは大変に耐え難い症状が出ます。

季節を問わず一年中痒みとの我慢比べになります。

夏はどうしても汗をかくのでかゆみが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。

その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、知らずに食べてしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、酷い時には呼吸困難になる恐れもあります。

知っての通り、乳酸菌を過剰摂取しすぎたとしても別に副作用といったものはありません。

ところが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルトなどで多く摂りすぎると、カロリー過多になることはありますよね。

消化し吸収できる量には限界があるので、常識的な範囲を守っておくと確かでしょう。

よくある乳製品以外でも、乳酸菌が入った食品があることを知り、いったい、どういうものだろうと調べてみました。

いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。

これは常識なのですか?30年余り生きて来て、知らなかった事実を発見です。

乳酸菌と言って考えられるのはカルピスです。

小さかったころから、毎日味わっていました。

その理由は乳酸菌が入っているからです。

お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。

そのわけで、私は便秘の経験がありません。

カルピスを飲んでいたために丈夫な体になりました。

便が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口臭の原因となります。

どれだけ食事のたびに歯磨きをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口の臭いは腸から胃を通っていらないものを取り除こうとし、口臭の原因になるのです。

そうなると、お通じがよくなると、口の臭いも同時に改善されると言われています。

私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、すぐに思い浮かぶのは何と言ってもビオフェルミンです。

まだ小さかった頃から存在していたサプリであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、たえず私のお腹を守り続けてくれていました。

「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、ビオフェルミンです。

便秘にいい食べ物を毎食摂っています。

ヨーグルトです。

来る日も朝食べています。

食事するうちに、なんか便秘が良い状態になってきました。

とにかくひどかった、便秘が解放されて、便秘薬を飲む必要がなくなりました。

差し当たって ポッコリしていたお腹も、へっこんできていて続けてよかったと思いますどんな乳酸菌を選べばいいかと言えば、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試用してみるのがオススメです。

このごろは、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、乳酸菌サプリも販売されています。

内臓まで届く乳酸菌飲料を試したとき、翌日、トイレから出られない状態なったので、試すのは休日前がいいかもしれません。

乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、中でもお腹に効力を発揮するということです。

腸内善玉菌を増殖させることで腸内が活性化し体内に溜まっていた便が排泄されやすくなります。

それにより、便秘や下痢が改善されるのではいかと考えられています。

乳酸菌を常用することで整腸効果が高まります。

アトピーの角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも少なくて、肌の水分を保つ力や守る役割が下がっています。

補い健康状態にするには、保湿が最も大事です。

それ故に、お肌を守って、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を使う事が必要なのです。

オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として注目の存在となっています。

オリゴ糖を投与された乳酸菌の働きが強くなり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、腸内の状態を整えてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は両者ともお腹の機能増進や健康の維持には非常に重要な成分であるといえます。

お腹が便で膨れて苦しんだ事って生きていれば必ず一度は体験したことのある方ばかりだと思います。

特に辛い時は一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。

便秘に効く薬もありますが、服薬に抵抗を感じてしまうので、ごく自然に便秘を解消できるオリゴ糖を摂取しています。

穏やかに効いてくれるのがいいと思います。

アトピーを改善させるには食事も効果的です。

アトピーに対して効果的な食べ物を心がけることで健康的な肌へと改善することができるのではないでしょうか。

胃腸などの消化器系へ配慮して免疫力が高まる成分としてヨーグルトや大豆食品を代表する食品などを日々バランスよく摂取するとアトピーへ効果があります。

腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは誰でも理解できます。

でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、せっかく食べても胃で死滅して効果が出ないのではという疑いを持つひともいます。

実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、体の健康維持のためになってくれるのです。

私が便秘になった理由は、日頃の運動が足りないせいでしょう。

毎日の通勤手段も車なので、歩く事もほとんどないのです。

犬でもいれば違うのでしょうがいないので、散歩にも行きません。

そういった理由で、私は便秘なのだろうと思うのです。

便秘の改善や予防のためにも、ウォーキングをすることにしました。

今、インフルエンザの感染がわかると学校などへの出席が5日間禁止になります。

もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱は数日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。

平熱に戻っても、体の中にはにウィルスが含まれており、他の人にうつしてしまうこともありえます。

なので、出席停止の期間を守ることが集団感染予防には必要なことです。

屁の臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効きます。

屁の臭いの元は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。

ですから、腸の善玉菌を増やすことで、悪玉菌の増殖を防止する効果があるといわれている乳酸菌を摂ることでおならの臭気を和らげることができます。

乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルト。

昔、白血病になり、闘病経験がある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。

見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで大活躍のCMでの渡辺謙さんのお薦めをみていると、大きな効果が期待できそうな気分です。

近年、アトピー性皮膚炎の治療に利用される薬は、年ごとに高い効果を得られるようになっています。

当然ながら、必ず医師の指導の下できちんと使用するということが大事です。

もし、違う治療や薬剤を試したい時には、お医者さんに話を聞くか、担当の医師以外の医師に意見を求めるといいでしょう。

自分の考えだけで判断することは好ましくありません。

実は乳酸菌を摂ると色んな効果があります。

例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。

その結果に、免疫力がアップして、多くの健康効果を実感することが出来ます。

アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。

乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いとされているのです。

便秘解消に役立つものといわれているのが、乳酸菌が入っているサプリメントです。

自分自身腸内環境を整えることの大切さはわかっていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料が好きではないという人も多々居ます。

しかも、連日乳酸菌が含まれた食物を摂取し続けるのは大変です。

乳酸菌が入ったサプリなら、気軽に確実に乳酸菌を摂取することができますので、便秘がよくなります。

昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、おへそから両側に指2本分程離れた場所で存在する天枢(てんすう)です。

へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。

手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。

便秘の種類によっても、効果的なツボが異なるので、ピッタリのツボを押すと効果がでやすいでしょう。

あなたがインフルエンザと診断されてしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂取しなければなりません。

市販薬も重要ですが、栄養を補給することも大切です。

早急にインフルエンザを完治させるためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。

食事がしたくなくても、消化が良くて栄養満点なものをできる限り摂ってください。

運動量が足りていないと筋肉が衰えていくだけではなく、体の不調にも関係してきます。

中でも女性に頻繁に症状として見られるのは便が腸にたまってしまうことです。

運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが提案します。

できるのならば、便秘予防のためにも、一週間に1、2回はウォーキングしたり、好きな運動をして体を動かすのがお勧めです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑛斗
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yurlsiodah7ed1/index1_0.rdf