こんな感じの日々です

August 07 [Sun], 2011, 19:33
朝、当直のたくみを病院まで送って行って、そのままさとるとふたりでみなとみらいへ。赤レンガ倉庫で車を停めてお散歩。うす曇りだったけど、だんだん日が差してくる。暑い!赤レンガ倉庫の前でお祭りをしていました。ウクレレの演奏があったり、レインボーシェイブアイスが売っていたり。悟はとことこ気ままに歩く。すこし離れて見守っていると、さとるに「おいでおいでー」と手招きされる。

お祭りを楽しんだ後は、周遊フェリーに乗りました。さとる大興奮!でも途中からわたしの財布で遊ぶのに夢中になり、船に乗っていることはお構いなし・・・。ま、でもさとるなりに楽しんだようです。

産婦人科医になって1ヵ月。指導医の先生に、手術中「やまちゃん、ちょっと慣れてきたね」と言われてうれしかった。ただただ夢中だった日々にすこし余裕がでてきたかな。でもまだまだわからないことだらけだし、優秀な同僚をみて不安になったり、自分のふがいなさに落ち込んだりすることしばしば。

1周期前の月経がすこし遅れていて、「ふたりめ??」と有頂天になってたけど、結局月経がやってきてがっかり。いまのタイミングはわたしたち夫婦にとって望ましくないってことなんだろうな。もうちょっと働いて自信持ってからって気持ちと、いますぐ妊娠したい!って思いがまぜこぜになってなんとも煮え切らない気持ち。日々病棟で産まれる赤ちゃんたちとお母さんたちに接していると、わたしお産すきだけど、一番好きなのは自分が妊娠してお産することだ!って思う。

もうすぐ30歳になる。10年後のことを意識しながら毎日を生きているうちに、すこしずつ目の前が開けていくといいな。

I wish you knew what it means to be me

April 23 [Sat], 2011, 12:34
高校生のときよく聞いていたInter FM. 最近車で通勤するようになって、いつも朝Peter Barakanの番組を聞いている。先日、Nina Simoneの曲がかかって、歌詞のなかにでてきた言葉で妙にこころに残ったのがこの言葉。(正確じゃないかもしれないけど)

I wish you knew, what it means to be me.

わたしは自分のことをわかってほしいという気持ちが強いほうだと思う。それなりにつきあいの浅い人でも、この人ならと思ったらわりと丁寧に自分のことを話す。でも、仕事をはじめるとそういうのってなかなか難しくなる。あとあとややこしくなることもあるから付き合いはかなり表面的で無難になる。人の出入りが激しいから人間関係もつくりにくい。それにもちろん言葉にできないことだってたくさんあるし、伝えようと努力しても伝わらないことだってたくさんある。

理解されることを望みながら、いろんなものをひとりで抱えて生きていく。そういう気持ちに少ない言葉でぐっとせまられてしまいました。

それにしても、気の合う人とじっくり話すことができるっていうのは学生時代の財産だったんだなぁ。

1年前を振り返る

January 29 [Sat], 2011, 10:54
こんにちは。
今月から毎日出勤するようになりました。外来診療をしているだけですが、木曜日あたりになると肩で息をする感じで、なんとか月曜日から金曜日まで乗り切っています。TGIFという言葉をこれほど実感したのは人生で初めてです。

さて、悟の1歳の誕生日が近づいてくるにつれ、出産からもうすぐ1年経つんだー、という当たり前のことに気づいてなんだか不思議な気持ちです。それとともにあの幸福な出来事をここに書きとめようと思うようになりました。

*****
去年の今頃は産休に入って実家に戻って、約7年ぶりに両親と生活していました。毎日行き先を決めて、大野先生の教えに従いとにかく歩く、歩くという毎日を過ごしていました。

妊娠38週になったばかりの健診日、大野先生に、「だんなは沖縄からくるんでしょ?(お産のタイミングを予測してみる意味でも)ちょっと内診してみる?」と言われて診察台に。内診、めちゃめちゃ痛かったー。「すんごい子宮口遠いわね。まだまだね。」と言われてしょぼーん。妊娠週数早く生まれる=優秀な妊婦、という思いこみがあったので落ち込み、その日は夫に電話で愚痴ったのを覚えています。

翌日は大野先生がおすすめと言っていた東京ミッドタウン内のサントリー美術館にでかけることにしました。でも東京ミッドタウンでのお買い物が楽しくて、美術館にたどり着く前に閉館時間が近づいてしまい、けっきょく美術館には入りませんでした。その日は、熊本の窯元でつくられたというどっしりした土もののマグカップ、豆もようのガーゼハンカチ、花ふきんを買いました。その日初めて、歩いているときに思わず立ち止まってしまうような足の付け根の痛みを感じました。

その夜、お風呂に入る前にと思ってトイレに行ったら、下着にべっとり出血が!夜8時。これっておしるし?でもおしるしっておりものに血が混じる感じなんじゃないのー?と焦るわたし。どうしよ、どうしよ。これから陣痛が来るのかな?あわわわ。とりあえず夫に電話するとすぐつながった。「えええ、どうすればいい?行った方がいい?」と夫も焦りを隠せない様子。那覇発羽田行きの最終の飛行機は夜9時だから、来てもらうならこのタイミングしかない。ここで呼ばないで後悔することになったらやだと思って、ともかく東京に向かってもらうことに。

どきどきしながらお風呂に入ってからゆっくり身支度していたら、お腹がかたくなって、やわらかくなって、というのを周期的に繰り返していることに気づく。でもぜんぜん痛くない。15分おきくらい。出血も生理みたいな感じで続いている。赤ちゃんはよく動いている。夜11時、夫から羽田に着いたという連絡が入る。とりあえず家に向かってもらう。そのころにはお腹のかたくなるときに生理痛のような痛みを感じていた。間隔は5分くらい。だんだん痛みは強くなってくる。日付が変わって0時半ごろ夫が家に到着。それですぐ明日香医院に電話したら、1コールで助産師さんじゃなくて大野先生が電話にでてびっくり。かなり動揺して用意していた言葉をすべて忘れてしどろもどろになる。「いいんじゃない?まだうまれないとおもうけど、いらっしゃい。」と言われてタクシーで明日香医院へ。タクシーの中では、痛みがあるとき以外は余裕な表情のわたしを夫が不思議そうにしていたのを思い出す。1時過ぎに明日香医院到着。助産師さんと大野先生に迎えてもらう。

お産の部屋に通されて、バイタルサインのチェックと胎児心拍モニタリング。お産の部屋は気持ちよく温かく、うす暗く、わたしの記憶もこのころからかなり曖昧なものになってくる。周期的な痛みはどんどん強く、間隔も短くなってくる。夫に手を握ってもらいながら、やりすごす。助産師さんが交代になって、大きなクッションがお産の部屋に運び込まれてくる。これがたぶん6時ごろ。クッションを2つ積み上げてわたしはその上に両腕を預けて立膝のような体勢に。どこか遠くから、防水シーツを敷きましょうという声が聞こえてきて、え、もうそんな段階なんだ、とびっくりする。痛みがあるときには、うあー、とか、たくみー、とか叫ばずにはいられない感じ。やけつくような痛み。いつのまにか部屋にはたくさんの人がいて、大野先生の、「はやくうまれちゃったほうがいいから」という声が聞こえる。このときは積み上げたクッションの向こうに夫がいて、その肩にしがみつくような格好だった。大野先生から姿勢に関して夫とわたしに細かい指示がとぶ。もっと、上体が垂直になるように、と。痛みにはすこし弱い痛みと、強い痛みがある。強い痛みのとき、なにか降りてくるような感覚がある。力をいれると、さらに降りてくる。内診される。いたい。全開、とか、排臨、とか、発露とか遠くに聞こえる。そして、どどどどっと赤ちゃんのからだが床に降りてきた。おちんちんが見えた。終わった。うわー。赤ちゃんを胸に抱く。夫にはさみが手渡されている。泣くかなと思っていたけど、放心状態。あったかい。



結局、無事に生まれたわけだけれど、モニタリングの結果はずっとなんとなく安心できないものだったようです。うまれてきたとき、腕と足に一回ずつへその緒が巻きついていて、おまけにへその緒がまるで電話の受話器のコードのようにきつく捻転していて、おそらくそれが原因だったのではないかと大野先生がその後話してくれました。そんなわけで大野先生はお産を急いでいて、子宮口全開大から30分くらいでぐいぐい誘導をかけて(内診だと思っていたのは実は誘導だった)お産にもちこんだそうです。「他の病院だったら、会陰切開されて、吸引くらいはされてたんじゃないの。」と言われて、明日香医院で産めてよかったー、と心から思いました。

さとるが産まれた日の朝は雪がちらついて、あたたかいお産の部屋からそれを眺めていました。10時ごろに遅めの朝ごはんを1人でいただいて、お昼ごはんは入院していた他の3人の方と一緒に明日香医院のおいしいおいしいご飯をわいわいいただきました。わたしと30分違いで3人目のお子さんを出産された方がいて、わたしが電話したとき大野先生があんなにすぐ電話をとったのはこの方からの連絡を待っていたからだとわかりました。その人はもう来てすぐ産まれちゃったそうです。そして翌日には5人目の赤ちゃんを産んだ方が仲間入り。経産婦さんたちのお話は非常に興味深かったです。



*****
明日香医院はお産をとりやめてしまったので、もう一度ここで出産することはできない。いろんな出会いがあって、偶然が重なって、明日香医院でお産できたこと、本当に幸せだったな。

これってホームシックかしら

December 06 [Mon], 2010, 22:36
先日、午後遅めに外来受診した患者さんにいろいろ説明していたら時間がかかってしまい、さらに採取した検体のラベルを発行し忘れていたらクラークさん(ふだん検体を運んでくれる仕事をしている)も帰ってしまいました。

「じゃあ、せんせ、自分で検体を中央検査部に持っていってください。いってらっしゃーい。」と取りつく島もなく看護師さんに見送られてしまいました。

えーと、この病院の検査室ってどこにあるんだろう?病院案内をみてみるとどうやら3階にあるらしい。地図を頼りに中央検査部にたどりついたはいいものの、

広い・・・。

入り口がいくつもある。えっと、細菌検査の検体だから、ここかなぁ。入り口からのぞくと中も相当広くて、一番近くにいる人もちょっと声をかけたくらいじゃ届かないくらいの距離でした。

心細い思いをしながらなんとか検体を提出した帰り道、わが研修病院、浦添総合病院がとっても恋しくなってしまいました。検査部の人たちは本当にみな研修医にやさしかった。検体をグラム染色した後、頼めば嫌な顔ひとつせずに一緒に検鏡してくれたなぁ。提出した血液培養が陽性になるといつも電話をくれたあの人は元気なんだろうか。

検査技師さんに限らず、看護師さんや薬剤師さんや作業療法士さんやクラークさん、みんなよくしてくれたなぁ。院内で会ったら必ず挨拶したし、いろいろなことを教えてくれた。病院の規模も大きくないから、ほとんどお互い顔がわかるのが何よりいい。

来年度の人事は年明けに発表になるみたいなのですが、できれば浦添くらいの規模の病院で働きたいと思った1日でした。



砥部焼

November 27 [Sat], 2010, 20:19


近頃、砥部焼を買いあさっているわたしです。
砥部焼は愛媛県でつくられていて、白磁に青い染付がとてもうつくしい、どっしりとしたつくりが特徴の焼き物です。夫の実家には砥部焼がとてもたくさんあって、というか食器はほとんど砥部焼で構成されています。最近砥部焼のオンラインショップをみつけてしまい、もう止まりません。小鉢、大皿、どんぶり、などなど、憧れの5つ揃えで買っちゃってます。うふ。

発熱と焼津旅行

November 11 [Thu], 2010, 15:08
今日は、悟がはじめて熱をだしました。

朝ごはんのとき、いつもと比べて食欲ないなー、と思っていたのですが保育園用の連絡帳のために検温したら38.2℃ありました。頭があちこうこう(これは沖縄の方言です)でそういえばなんとなく目もとろーん。それが6時15分。たいへーん、となってまずベビーシッターさんをコール。寝ぼけているシッターさんに事情を説明し、うちに向かってもらう。保育園には欠席の連絡をして、シッターさんと入れ替えで出勤し、午前中の産科外来だけ診て帰ってきました。

こんなことがこれから増えていくんだろうなぁ。いつもは目をきらきらさせて遊びまわるのに、今日はぽーっとしていて布団に寝かせたら、寝かせられるまま。ときどき、ふぇー、とか、ひぇーとか言って起きてまたしばらくすると寝ちゃいます。

***

先週末は大学時代の友達と焼津一泊旅行に行ってきました。各地に散らばって働いている仲間が、焼津で働いている夫婦のもとに集合した形になりました。年単位で会っていなかった友達やほぼ初対面の人もいたのに、あっという間にみんなうちとけて大盛り上がり。おいしいお魚を食べたり、お茶畑を散策したり、秋晴れできらきらひかる大井川にかかる橋をのんびり散歩したり。悟のことはみんながかわるがわる抱っこしてくれました。夜はさらに人数も増えて、大部屋でみんなで朝5時までおしゃべり。わたしはときどき別室に寝ている悟に授乳しに行きました。

この旅があまりにも素敵だったので、月曜日に秋晴れの空の下出勤しながら、自分の人生のすばらしさにしみじみと感じ入ってしまいました。いままでの人生のきらきらした部分ばかりがつぎつぎと浮かんできて、胸がいっぱいになってしまった。このままわたしの人生が終わっても惜しくないなぁと思ったくらい。

悟の人生にも、素敵な出会いがたくさんありますように。そして早く熱がさがりますように。



家具!

October 05 [Tue], 2010, 1:43
10月から週2回勤務になりました。それに合わせて、悟は院内保育園へ入り、わたしは外来で少し本格的に働くようになりました。悟がうち以外の生活の場を持つことになるのはなんかさみしいというかくやしいというか。悟はわたしのものなのに!って思ってしまう。そんな気持ちを自分が持っていることに気づかされました。ともに成長できますように!

年単位で住むことになりそうなとこに引っ越したこともあり、いままでプラスチックケースやらカラーボックスだった収納から、上等な家具がほしいと思うようになりました。先週末、川崎市郊外にある大塚家具のアウトレットに行って本棚とチェストとこども椅子を選んできました。特にこども椅子はとってもかわいいんです!これで家族三人同じ食卓に座ってお食事ができるのがうれしい。

わたしの本命は松本民芸家具です。すごく素敵な家具をたくさん作っている長野県のメーカーで、わたしが大好きな食器とも相性がとてもよいです。しかしお値段がほんと、上等な家具の中でも桁違いです。どれもかなり重厚なつくりだし、手に入れるのは夢の一戸建てを手に入れてからかなぁ。いま買うとしたら小ぶりの整理棚くらいかな。夫の実家に松本民芸家具の電話置きとちいさな引き出しがあって、彼はその家具の手触りを身近なものとして感じながら大きくなったそうです。そういうことを我が家でも大切にしていきたいです。

もしもお酒が飲めたなら

August 30 [Mon], 2010, 9:56
先日、同じく授乳中の友達とどんなお酒を飲みたいかっていう話をしたのが楽しかったので、それをふくらませてみました。

・テキーラ、塩、レモン
10年くらい前にブリティッシュパブでアルバイトしていたときに、お客さんに教えてもらった飲み方。日本酒に塩っていうのと同じなんでしょう。すごくおいしいのー。大勢でホームパーティーなんかしたときにみんなでわいわい飲むと楽しい飲み方。

・ウォッカトニック
村上春樹にとても傾倒していたころによく飲んでいたカクテル。わたしあまりジンがすきじゃないので、トニックで割るなら断然ウォッカかテキーラがいいです。女友達と2人で、がいいかな。浦添の隠れ家バー、(名前なんだったっけな、あの大平の交差点のところにある)また行きたいなぁ。

・ワイン
ワインはどちらかというと赤が好きです。おいしいお食事と一緒にかぱかぱ飲みたい。白ワインだったら、ソーダで割ってレモンを搾ってごくごく飲むのが好き。これも村上春樹の小説で教えてもらった飲み方のような気がする。

・ビール
さっぱりした味のビールをしょっからいものと一緒にごくごく、もいいけど黒ビールをちびちび飲むのもいいなー。メキシコのネグラモデロという黒ビールが好きです。それからペールエールも大好き!Bass Pale Aleは定番ですが、国際通りにあるHelios Pubというところのペールエールがおいしかったなぁ。国際通り、ビール、といえば半月亭にもまた行きたい・・・。

みんな、飲めるようになったら連絡するからしっかりつきあってね!

Love, Harmony and Eternity

August 22 [Sun], 2010, 11:12
わたし、スティービー・ワンダーが好きなんです。
先日、最近発売されたベスト盤を買ってしまいました。
4000円もするのに!

もう、楽しい。
ノリノリで思わずボックスステップを踏んじゃったりしています。
そんなわたしを悟は不思議そうに眺めています。

生まれてくる子どもが女の子だったら、"Isn't she lovely?"を歌ってあげようと思っていたなぁ。岡山中央病院で産婦人科研修していたとき、予定帝王切開中に手術室で"I just called to say I love you"がかかって妊婦さんというか産婦さんが感動して泣いてしまったことがあったなぁ。(なにやら夫との思い出の曲だったらしい。)

恋する人の名前を聞いただけで頭がおかしくなっちゃいそう、なんて素敵だわ。("Do I do")悟にもいい恋をたくさんしてほしい。

「働きたいなぁ」

August 13 [Fri], 2010, 13:24
最近、いろんな種類のアルコールフリービールをときどき買って飲み比べている。どれもまずい!あぁ、最後に酔っぱらうほどアルコールを飲んだのはいつのことだったか・・・。

昨日も出勤日でした。先月くらいからずっと経過をみている患者さんがいて、その方が昨日また受診しました。おたがいちょっとずつ緊張がほぐれてきて、昨日はじめて雑談らしき話をしました。次回外来の予約を取って、処方箋を渡して、患者さんを診察室のカーテン越しに見送ったとき、しみじみと感じました、「あぁ、働きたいなぁ」って。診断して、治療して、経過をみていくなかでだんだんその人に近づいていけるのがこの仕事の中でわたしが一番すきなところです。逆にいえば、そこを楽しめないと慣れてきてしまえば専門外来って救急外来と比べるとワンパターンで退屈になりがちなんですよね。外来より手術の方がすき、っていう人はきっとそこがあんまりすきじゃないんだろうな。

何はともあれ、この1年間仕事への意欲をこういうかたちで維持できる立場に置かせてもらっていることは本当にありがたいことです。いろんな出会いに感謝、感謝。
P R
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像yuri
» I wish you knew what it means to be me (2011年05月02日)
アイコン画像ちかぽん
» I wish you knew what it means to be me (2011年04月24日)
アイコン画像天野レミナ
» I wish you knew what it means to be me (2011年04月24日)
アイコン画像あさひ
» I wish you knew what it means to be me (2011年04月23日)
アイコン画像yuri
» これってホームシックかしら (2010年12月10日)
アイコン画像ちかぽん
» これってホームシックかしら (2010年12月10日)
アイコン画像yuri
» 発熱と焼津旅行 (2010年11月21日)
アイコン画像sizu
» 発熱と焼津旅行 (2010年11月14日)
アイコン画像もちもち
» 発熱と焼津旅行 (2010年11月11日)
アイコン画像yuri
» 家具! (2010年10月09日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yurizgrill
  • アイコン画像 職業:
読者になる
Yapme!一覧
読者になる