マーベル展

June 24 [Sat], 2017, 21:23

明日までなんですけど昨日平日中に行ってきましたという話にて
マーベル展訪れてました。

まぁマーベルのあり方とか各ヒーローの設定とかいっぱい見れて楽しいし
衣装とかキービジュアル飾られまくってるわ
展望台からであるんで外見晴らしいいわでいい空間と
イロイロ良いとこございますが。



↑みたく分りやすい有無を言わさぬ
デッケーのがあって最高です。というわけでおススメですよと。

レオパルドンあったのは笑ったけんども。

ちっと残念なのは終わりも近いので
物販の人気キャラが大体なくなってるのですか。
時間無くて何も買わなかったけどコップくらいはありだった気がする。

5月後半に観たの

June 04 [Sat], 2016, 1:56
ズートピア

子供に見せたい系の映画。というとまぁ子供向けみたいに聞こえますけど
むしろ子供だと理解し難い描写もチマチマあるけど
そのあたりできるだけ噛み砕いて伝えようとしてる感がいいなぁと。

特に差別ってどういうもの?みたいなのが分りやすい。
あと、大人の言い訳みたいなんがわんさw

そういう中で、主人公であるジュディは子供が共感しやすく
親はニックのひね方を理解するとかそんな感じで良かったと。

気に入らなかった部分としてはエンドの吹替えした人の名前を紹介する部分。
フォント違和感バリバリで個人的にはなんじゃこれ?でしたか。


ちはやふる -上の句- & -下の句-

原作も知らず観る気もなかったのですが周囲の評判が良かったので一気に見ましたり。

感想としては上の句面白かった、下の句はエピローグって印象。
上の句はスポコンしてて勝ち上がってく具合も好きですし
初心者の机君が団体戦で捨て駒あてがわれてキレるシーンも分るわってなるし
っつーか俺同じことされたはソレ、だから協力プレイ大嫌いみたいな共感ありーの。

ザックリ説明すると劇場版ユーフォニアムとピンポンをマイルドに
クロスオーバーした感じでおススメれる。

ちなみにどの辺りがユーフォニアムかというと強くなりたくて走ってるシーンが
フラッシュバックディスコ。女の子が強くなりたいと走るん?となった。

それに比べての下の句。クイーンと呼ばれるラスボスみたいなのが
咲-saki- 阿知賀編における宮永咲みたく出てきてるのに
主人公陣営。上の句のスポコンっぷりが薄れて人間関係でモヤッとしてます。
んなことやってる場合かよ!って感じで。

クイーンの役者さん存在感いい具合で出てきてるのに
なんかイマイチ主人公の絶望感が薄くてなんか負けてしもた感が。

パンフ観ましたが上の句と下の句で全然別物として取ってて
実際スポコン⇒人間模様みたいな感じに意図的にしたみたいですが
尺の問題もあるでしょうが下の句がアッサリしすぎてオマケみたいな印象。

正直、上の句だけでよくね?って話しでムムムっとなります。
和服ポニーちはや可愛いねで全て清算するしかなく
実写ってやっぱ最高にするの難しいねと思ったとかとか。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 暁の蜂起
キャスバルさん自分都合で殺し過ぎ。
って感想くらいしかないんですけど。
まぁガンダムは楽しく観れるなぁとか。

ラルさん陣営がないので寂しかったかなぁって感じ。


とりあえず5月観たのはコレで全部。

5月前半に観たの

May 29 [Sun], 2016, 0:56
久しぶりにブログなどペソペソ。
5月にイロイロ映画観れたので適当に感想おば。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

弱者としての復讐の正しいやり方で面白かった。
アイアンマンを全然見てないのでまぁキャップよりで観てたけど
正直、喧嘩すんなくらいな感じですかね。

ただキャップが陸軍とかチョイチョイ裏切られまくったの思えば
一方で正しくなかろうとそれ選択するわなぁとか。


劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜

事前情報ほぼなしでしたけど
キャラがそれぞれ立ってて良かったです。
心が叫びたがってるんだ みたいな薄ら気味悪いいい子ちゃん揃いって
感じじゃないのがスゲー良いと思った。

あとポニー率がちょいちょい高くなるの好き。
久美子と麗奈が百合百合してんの好き。
あすかが胡散臭くて好き。香織が一番好み。


レヴェナント: 蘇えりし者

熊戦と生々しさが面白い。

でもなんか復讐にしては淡々としすぎてて
熊戦以降は語り部が〜だったのじゃとかで
済ませてもいい感じで演技は見ごたえあるのに話しは
それくらいでいい感じで正直シンドイ。


HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

相変らず変態仮面のメリハリあるらしい動きとか
技出すまでの溜めの静けさとか見所がある。
何より前作にはなかったパンフレットがあってよかったね!

しかしながらやっぱ前作の方が良いなと感じた。
それは敵キャラ多かったからテンポの良かったとか、
まだ変態仮面を身内にも隠してての緊張感あったとか。

今回は仙人のくだりが無理矢理感あったし
巨大ボス戦が短すぎて蛇足感とか。
ダイソンで尺使いすぎたならもう出なくてよかったろうと。

でも渡米したとこは好き。スパイダーマンへの風評被害が懸念される。


映画『バクマン。』

October 14 [Wed], 2015, 1:11
夜勤明けに拝見してきましたり。



バクマン。


漫画家になる過程の気持ちのよい部分を抽出し
青春と織り交ぜテンポ良く爽快な作品だったと思われ。
10代をその気にさせるには申し分ないのではないでしょうか。

原作知らないので実際のところは分りませんが
テンポ早くした事によってヒロインの心境の変化とか急な感じだったり
人の死やら体の壊れっぷりが軽く感じて違和感を覚えましたが
細かいとこで引っかかるのは自分が随分とオッサンになったからかしら?
と思わなくもなく。いや、腎臓やったら気合でどうこうするにしても
もっと脂汗やらグチャグチャした感じになりそうなもんだと思うのですけど。
それしちゃうと爽快さが減るからってことですかねぇ。

個人的にはチョイチョイ比較にあがる日本橋ヨヲコ先生の
G戦場ヘブンズドアが身に染み付いてる人間にとっては
狂おしいまでの自己闘争であったり感情を吐き出すようなのが好みなんで
こうもサッパリすると味気なく。いや完全に好みの問題ですけど。

ですので同じ漫画家目指す実写ものでいえばアオイホノオであったり

恋の門であったりが馴染むかなとか。


というわけで、そんな希望に満ち溢れた部分だけ楽しむには最適映画ですよ。
糸井重里さん的には大傑作とのことで監督と対談してるようなので参考にどぞ。



蒼樹うめ展

October 07 [Wed], 2015, 23:55
人生がイロイロありすぎて余裕なく久しぶりの更新(挨拶)。

というわけで平日に蒼樹うめ展とか行ってました。


音声ガイドにて、うめてんてー、ゆの、まどかでワイワイな塩梅で
ふんわりな空間を巡るというのはいい塩梅。
私的には、ペン入れ済みのアナログ原稿が一番綺麗だなって思った。
それ以外はまぁ特段おぉっって作りではないので
ファンの人は楽しめるのではないかと。

ただまぁ難点は繁盛してるので平日でも人が多く
リュックの人が多いのでやたら多段ヒット食らって
ふんわり空間台無しだったりしなくもなく。
あと、スタッフの方々が休日対応でお疲れだったのかもですけど
案内あまりアナウンスしないので難儀。
入口からして策閉じ気味で入場してよいのか分らん感じだし
クロークもあるっぽいけどワザワザ呼びかけるわけでもなくで利用し難い雰囲気。
そんで飲食のコラボ販売してる通りが展示場と併設で
パーテーション区切りなのはいいんだけど
その辺り動かしてる最中でどう行けばいいの?って
混乱招く状態にしてからの通路では立ち止まらないでくださいのコンボは
正直どうなのよって具合でしたり。
あと、音声ガイドの案内のあるところで
『ごゆっくりください』ってどっちでもいい案内始めるのもちょっと。

と、ツラツラしてたら作品どうこうより不満の方が思いでポロポロで
いやはや久しぶりのブログがこんなとか。
そんななんで物販もまず図録しかない感じですので
大ファンというわけでもなければ足運ぶ方に図録だけお願いするのが
快適な楽しみ方と思いました、ゆっくり観れたらいいんですけどねぇ。

Colors

December 07 [Sat], 2013, 23:11
1年ぶりの更新となりますか?
まぁ人生がイロイロ立てこんでたのでおろそかに、ぺそりん。
ゆりしーのライブにはちゃんと行ってはいたのですけどね。
直近はこないだのコテカナさんやkuuleiさん等とやった時のねー。

カクテルにゃこしーもちゃんと飲みましたともさ


ま、そんなとこで先月に新曲でましたねっと。
【Colors】

Colorsということで今までにない明るめの曲。
最初のころと比べたらえらい違ってきてます。
心情の移り変わりというものでしょうかねぇ。
良い傾向に思えますよ。これで楽曲もそっと増やして
アルバムみたくできたら賑やかのできそうで楽しみ、勝手にですが。

クリスマスライブの方は大阪と言うこともあり自分は残念ながら諦める事に。
出費やら先々ちとつらすぎて〜、東京ならまだ行けたのですが。
代替に筋肉少女帯のライブへ行きまするよ。
まぁそんな具合です。


パナギアの恩恵

December 14 [Fri], 2012, 19:49
久しぶりの更新とあいなります、どもども。
7〜10月まで出張してましていろいろありまして
夏が終わり秋が終わり今年も終わりかけてなんだっけアレ?
一応その期間も映画、ゆりしーライブとかも行ってたのでしれっと
その日付に気が向けば更新しようかなぁと。

さておいてタイトルのパナギアの恩恵買ってきた。
視聴段階では『タイムトランスポーター2「最終回ジャンヌダルク護送司令・・放棄」』が
一番惹かれた感じだったけど1周聞くと
『薔薇園 オブ ザ デッド』『じゃあな』がグワッと熱く
『ミルクと毛布』でおっさんションボリできると良い塩梅。
2周3周し時経てばまた感じ方変わるかもですが
何回も聞ける仕上がりですげー良かった。
こちらで視聴できますのでよろしければどぞ。

来年の1月リキッドのライブチケットはもう用意してあるのだ超楽しみ。



BLOOD-C

June 08 [Fri], 2012, 18:20
ポイント溜まり映画一回無料となってたので 血みどろワールドを観に行ってきた。



BLOOD-C


予備知識無く観た結果、
純和風バイオと思ってたら巨神兵でてきて
やっぱり壊れたみたいな感想。

眼鏡っ娘の声がやたら浮いてて棒と思ったら
やっぱ声優さんでなかった。橋本愛って娘さんですか。
んー別にこだわりないから私的に嫌でもないんですが
なんというか映像と馴染まない感はやっぱもったいないですな。

見所は月ちゃんの手足でタイプ打ってる
ウネウネした動きが良い、ここにビクンビクンできる。
ぶっ殺し合いは今月末のベルセルク見に行った方が良いんじゃね?
とかそんなん。


MIB3

June 01 [Fri], 2012, 22:56
ファーストデイ1kに合わせてみた。

メン・イン・ブラック3


1は見てない2は劇場で見た。
前作から10年越しとのこと、ゆえに臭いは知ってても記憶は無い。
エージェントJの軽快な胡散臭い言い回し楽しむ映画ですな。
あと高所恐怖症にオススメできない感じw
高層ビルから紐なしダイブで地上60cmでボタン押したら
タイムトラベルできるぜ!ってそりゃ無理だわ。
俺には途中で気絶する自信しかない。
あとHするときワインを飲んだら男の子ができるって。
まぁそんなでどんな状況でも一歩引いた感じで
ニヤツク感を楽しめる人にオススメ。


タチカラ

May 29 [Tue], 2012, 23:32


タチカラ

ゆりしー登場は16時と聞いてるけれども
番組事態は15:00からなんで待機。
FM立川TR-844の頃はラーメン屋に囲まれた広場の席で眺めたものですが
通路側の休憩スペースっぽいところが公開ラジオを眺めれる感じでしたり。
現調の後にそんな気配したので席を確保でき万歳。
ラジオ始まる前の誰もいないスペースにBGMに
スチャダラパーのドゥビドゥWhat?が流れ和む。

そんで真面目に番組頭から眺めてたら30分後ゆりしーが普到着し
中に入られて行き打ち合わせとか待機してる様を眺め。
登場までの30分空気楽しめるとかサイコー超サイコー。
んで登場したら自分の席では全然見えないという特典ギャー。

結局立ち見。パーソナリティの方の番組名がてっきり
立川もじってるのかと思ったら田んぼに力で男を意味してるって話しが
一番インパクトありましたがそんな中で
ゲストゆりしー登場しての話しはシンガーソングライターとしての
ひととなりをサクーって内容でしたか。

一番おっ?って思ったのはライブのときのあり方が
やっぱその瞬間に全部出し切るってスタンスのお話。
それは俺の知る限りロックなんですよね、ソレが良い。
その後新曲の『hot snow』流れ終了。
ちょっとしてから退室されて見に来てた数人のギャラリーに挨拶して
帰ってきました。そんなとこで俺の代休終了ヨカター。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ジャイアントゴウスケ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-クロマニヨンズ・電気グルーヴ・筋肉少女帯・スチャダラパー
    ・マンガ-レベルE・ジョジョ
読者になる
2017年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
みつどもえ総選挙
P R
WHITE ALBUM −綴られる冬の想い出− / AQUAPLUSみつどもえ