相手の気持ちに巻き込まれない

February 10 [Mon], 2014, 13:19
子供が部活でちょっとふざけっこをして、相手が嫌な気分になったらしい。

その時は泣いたりしてなかったけど、家に帰ってから、、もうサッカー行きたくないと泣いたらしい。

そのことをそのお母さんがサッカーの先生にはなしたので、私のところに先生から話をされた。

しかもその時でなく、その話は先生が子供達と話をつけているので、終わったことで今は仲良くしているから特に問題ない。と。



困った。

最中ならいいが、終わってる話だし、相手は中の良いママ友の子。

一応メールでごめんねしようと思ってメールした。

そしたら返事が来ない。

え?もしかして怒ってたり?

電話したけど出なかったし折り返しの電話も無かった。



その後、怒りは感じれないけど、ちょっと不自然なメールが届いた。



子供同士の悪ふざけ。

うちの子に限らず、いろんな子がいろんな子と悪ふざけして先生との話し合いをしている。

小学生だからこの時期はしょうがないと思う。

それってお互い様だよね、と私は思っていたし、そのママ友ともよく話していた。

なのにいざ自分の子がターゲットとなった場合はどうやら許せないらしい。

頭では分かっているけど、感情がそうさせないんだ。





自分の子は誰でもかわいいから、許せないのはしょうがないと思う。

以前の私なら、うちの子がやってしまって・・・と超不安で心配して相手に対してどうしようとあたふたしたかもしれない。

でもちびのうちの悪ふざけ。

イジメに発展しているものや怪我をさせたものでない。

そこまでのものにいちいち相手しなくていいと思う。

ただ、知ってるだけに、一応うちの子がごめんね〜くらいで。



でも、どうやら許せないらしい。

他のママが怒ってるって教えてくれた。

ママ友は今時分との葛藤の時だ。

そっとしておいてあげよう。

子供のことは子供。

参戦して怒っている、あなたの感情が落ち着くまで。



もう仲直りして仲良くしている子供に、いつ目が覚めるかな。

目が覚めたときは、またママとして成長している時だから。

そんな彼女が見れる日を楽しみにして。



ママになったら、みんな通る道だね。






雪国に暮らす

January 31 [Fri], 2014, 13:20
スノーボードが大好きで、雪が大好きで、だから北海道に引っ越ししました。



引っ越した時は仕事場の寮に住みながら、目の前のゲレンデで毎日雪をチェックしてたりしました。

パウダースノーの日は朝一番リフトがオープンしたらすぐにすべりに行ってました。

ふわっふわの雪の上を滑るスノーボードは、本当に雪のサーフィン!!

病み付きになって、仕事の合間の休憩時間にも良く滑りに行っていました。



でもね、結婚して子供が出来てからは、あまり滑りにいけなくなった。

旦那か私が子供の面倒を見ていないといけないから、どちらかが留守番。

一緒に連れて行けるようになるまではしょうがないことです。

少しづつ子供にレッスンして、滑れるようにしたので、今は一緒に行けるようになって嬉しいわ〜。

そして今、下の子がレッスン中です。

早く滑れるようになって家族でスキー場へいけるのが楽しみです。



雪と暮らして早14年。

スキー場の雪にはウキウキだけど、家の周りの雪にはちょっとうんざりなんです。

除雪はすき何だけど、子供達がいるとなかなか思うように除雪できなくって、

気が付くとめーいっぱい積もってしまっていて、さらさらっと雪かきできないんだよね〜。

大量になったらパパに除雪機をかけてもらうんだけどね〜。



今年はゆきはどうかな?

例年雪が多くってたいへんだったから、少ない年でもいいな。

こればっかりは誰にも分からない。

分からないから楽しい事なのかもしれないね。



雪の既設があるからこそ、夏の時間の大切さも学べる。

そんな北海道の暮らしが大好きです。






今日という一日

January 24 [Fri], 2014, 13:19
今日は一日子供の事で終わってしまった一日でした。



まず朝起きるときも子供に起こされ、寝たい!と思いつつ、顔ピタピタと叩かれて仕方なくおきた。

眠いよね〜こんな私かわいそうに。。と思いつつ、ご飯の用意をしました。



そしてその後、やっとご飯が終わったと思ったらテレビつけて〜アレ見たいの昨日のアレ!と上の子にせがまれ、テレビをつける。

テレビでホッとしたのもつかの間、サッカー練習の時間なので送っていく。



そして帰ってきたら、2番目の子供の相手、塗り絵を塗り塗りしつつ下の子をあやす。

すぐにまたサッカー終了の時間になり、迎えに行く。



そして帰ってきたらお昼ご飯。

焼きおにぎりをチャッチャとつくりお味噌汁と。

上の子が遊ぶ約束をしてた子に、その子のママがダメというのでキャンセルされてへこんでいるのを慰めてあげた。



末っ子がやっとおんぶでねんね。



上の子と2番目とウノをして盛り上がった。



すぐに末っ子が起きて終了。



外も寒くて出れないので、その後は待ったりテレビを見つつ少しのんびりしながらおやつ作り。



おやつにサツマイモのレモン煮を作った。

これは全員に大ヒット!

美味しくてよかった。また作ろうと思った。



夕方末っ子1週間ぶりのお風呂。

かぜひいてはれなかったもんね〜!と、みんなでワイワイと久しぶりに楽しいお風呂タイムでした。



そしてあっという間に晩御飯。



あれよあれよと寝る時間。





子供も3人もいると、毎日があっという間。

一年もあっという間。

そうやって、思い返せばすぐに月日は流れていくんだろうな〜と感じた一日でした。






面白い宿題

January 17 [Fri], 2014, 13:18
子供の宿題が面白すぎる。

だって自由学習って、ホントに自由にやっていいと思ってて、

(親もそれに参戦して自由にやっていいでしょう。という事にしてるんだけど)

しっかし、自由すぎて最高!なんです。



まず、何を自由学習していくんだろ〜と、そっと見守っていたら、ずーッと国旗を書いていた。

それはまずまずだな、と。

好きなコトだからいいでしょう。



次に習った漢字。

おっと、これはいいかんじで復習してるんじゃ〜ん。と。



その次の日は、日記。

そういうのもありなんだね。と。



その次の日は、絵。

それもありみたい。







と、そのうち、だんだん面白いのが出てくる出てくる。。。





テレビで見た、冷凍食品やファーストフードのランキングを書いて、ひらがな練習、と。

笑える〜、マジですか!



縦・横、色々なマスを作り、変な記号いっぱい。

オレ流のパスル。だって。 変すぎ〜!



暗号。と言う、数字びっしりの数ページ。

意味不明。



日記なのに、携帯でメールを打ちました。打ったのは数字です12530585937・・・と数ページにわたる。

なんじゃこれ??



0.01 0.02 0.03・・・

習ってないし!



自由すぎます。。。。(笑)



まぁ、いつかこの自由学習が実を結ぶ日が来るかもしれません。

そう願って、自由に学習させとこうと、不安が過ぎりつつの母心です。

クールピクスからキャメディアへ

December 17 [Tue], 2013, 15:23
私の乱暴なケアのせいで、クールピクスが逝ってしまってから、早数日。

ため息をつきながら、LABIヤマダ電機の広告チラシを見ていたら、なんですってぇ!?



1200万画素、光学5倍ズームのキャメディアが、日替わり10台限定で6,280円ですって!逝ってしまったクールピクスは、1年前に9,980円でゲットしたものでしたが、このキャメディアは、さらにお安いじゃありませんか。



難点は、電源が単三乾電池というところでしょう。厚ぼったいことは間違いありません。でも、それが何?少しぐらい厚みがあった方が、かばんの中から探し出しやすいですわよ。



私が初めて買ったデジタル・カメラは、OLYMPUSでした。その当時の充電式ニッケル水素電池もまだ家にあります。単三だから転用できます。よし!買いだ!

開店前の新橋LABIに、並んじゃいました。



安っぽい外観ながら、めちゃめちゃ厚いわけでもなく、これで6千円台ならもう充分。クールピクスよりもマクロが接近できて、植物たちの撮影に便利。「必要なものは必要な時に与えられる」と言いますが、このタイミングで突如現れたのには意味があるのでしょう。

大きなショッピングモールが近くにあっても

December 17 [Tue], 2013, 15:22
それにしても、土曜、日曜、祝祭日ともなると、この食堂街の人はすごいなあと感じるのが、自宅から10分ほどのところにある、ショッピングモールの食堂街です。街の財政の救世主のような存在のようです。何が魅力的なのか、少々わかりません。以前、聞いた話で、東京の三越の近くに住む知人宅に友人がお邪魔して、良いですね、毎日、三越本店にすぐに行けるではないですか、といったのだそうです、それに対し、ご婦人は、いくら近くても、毎日行くことはないのですよ、買い物だって、近くのお店で済ませるのですから、と言われたそうです。

私は、巨大なショッピングモールができて、こちらも巨大な映画館、毎日、そんなところに走れば、5分、歩けば10分で行けるなんて、夢のようだと思っていましたが、1年、2年、5年すぎ、今では、一か月に一回行けば良いところになっています。

久しぶりに家族と、日曜日、食堂街に上がってみると、依然と全くかわらず凄い人で、人に酔うと言う言葉がありますが、まさにその通りです。まず、席を確保する、これで家族と手分けして行動します。こんな時、文明の利器、携帯が役に立ちます。

谷口敬太
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:るり
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yurisaito/index1_0.rdf