書き込みテスト 

2006年03月06日(月) 20時25分
更新を怠ってる間にブログ仕様(?)が変わった模様。。。
夕方日記を書いたのですが、『保存』できなかったので、とりあえず、テストします。

 新サイト『息子の教室(仮)』立ち上げについて 

2006年02月22日(水) 11時22分
昨年の春、不安と期待入り混じる気持ちを抱いて
幼稚園の門をくぐった・・・早いもので、もうあと一月ほどで、
年中さんもお終いになります。

入園当初は、いくつかのトラブルや、園生活での困難があったけど、
最近は幼稚園にも慣れて、楽しそうに登園しています。

できれば・・・できればこのまま、時間が止まってくれたら。
そんなふうに考えてしまうのは、良くないですよね。

確実に時間は未来へと流れ、月日は彼を成長させ、進むべき道へと導く・・・その先がいつも、
喜びに満ちた日々であればいいのだけど。

・・・
春になったら。
春になったら、息子は幼稚園の年長さん。
そして、その次の春には、小学生。・・・確実に次のステップへと進んで行く息子。

・・・
今は、幼稚園の1クラスの、20数名のお友達と同じ部屋の中に、
息子の席はあります。
でも、この先進む小学校で、息子の席は、どの『教室』にあるでしょうか?

この1年は、きっと、『息子の教室』を探すために、あれこれ迷い、悩み、
葛藤する1年になるでしょう。

・・・・・・・
そんな葛藤や迷いなどで、ごちゃごちゃになってしまいそうな自分の気持ちの整理をするために
このブログとは別の場所に、『息子の教室(仮)』を、設置するつもりです。
サーバーは、以前私の趣味サイトを置いていたスペースを、そのまま使う予定です。
なので以前私が作っていた趣味サイトのトップページは、新しく作る『息子の教室(仮)』を設置すると同時に削除をします。
なので、yuring-PhotoParkにリンクを貼ってるかたは、リンクの削除をお願いします。
・・・といっても、多分もう、いらっしゃらないとは思うのですが。

・・・・・・
何故、そういう趣旨のサイトを今、立ち上がるのか?




息子の夢 

2006年02月17日(金) 23時12分
今日は、ほんの少し時間を戻したお話をば。

去年の12月、幼稚園の『12月生まれのお誕生会』があった日に
『おたんじょうびのほん』という本をいただいた。

その本の、『おおきくなったらなにになりたい?』
のところに書いてあったのは。

・・・『おいしゃさんになりたい』

それを見たとき、私は驚いたような、いわゆる『想定外』のことに遭遇して、
ちょっと『ぶっ飛んだ』気持ちになった。
私には息子を含め、4人の子供がいるけれど、その4人に同じ時期に、同じ質問をして
答えたことが、一番、現実的な『なりたいもの』・・・だったということ。
それが、思いがけないことだったから。

日頃から、やることなすこと、こちらの意表をつかれるような、独創的なことをしたり、
言ったりすることが多い息子が、4人の中で一番『ありえそうな夢(職業)』を書いていたこと。
それが想定外で、意外で、驚きだった。

まぁでも、息子の『おいしゃさんになりたい』というのも、ま、本当に真面目に『現実的に』考えたら、『実現が難しい夢』かもしれない。・・・だって、まず勉強を、いっぱいしないといけない。それに、お金もそれなりにかかるし(笑)

それを考えたら、息子の『おいしゃさんになりたい』というのも、『現実離れ』してるかもしれないね。

でも、本当にお医者さんになれる、なれないは別として、
人の役に立てるような職業を書いてたことが、私には嬉しかった。

だけどそれも、単に親が『深読み』しているだけで
単純に、テレビドラマやアニメの影響を受けているだけ・・・かもしれないんだけれどね。

それにしても、幼い頃に思い描く夢は、いいよね。難しい理屈とか、世の中はこういうもんだ、とか、
そういう先入観みたいなものは全く抜きで、素直なありのままの気持ちで言えるから。

幼稚園のころ、キティちゃんになりたい・・・と言っていた娘も、春になったら中学生。
すっかり生意気になった娘にも、そういう時期があったんだわ・・・と思い出すと、
なんだかとても、不思議で懐かしい気持ちになります。






発達の偏り。 

2006年02月16日(木) 22時19分
本日、息子が指導を受けてるセンターで、
・・・もう何回目になるのかなぁ・・・発達検査を受けてきました。

発達検査にもいろいろあるんですが、
今日受けたのは、前回受けたのと少し違うような気がしました。・・・なんて、いい加減でごめんなさい。

今回の検査で、担当した臨床心理士さんから指摘を受けたのは・・・やはり発達の偏りが著しい・・と、いうことでした。

どれくらい『偏り』があるかという、詳しい数値などはまだ伺っていないので、
このへんについては、次の機会に、気が向いたら話すことにして。

とにかく、自閉傾向の発達障害のある子によく言われるのが
人の話を耳で『聞いて』、
それらを適切な情報処理をするのが苦手。

・・・つまり、聞いて、本人もうなずいていて、
いかにも話をわかっているように見えていても、実は
情報の取りこぼしが多い
・・・・そういうことなんだそうです。

この傾向が、今回の発達検査の結果にとても良く現れているようで。

心理士の先生がおっしゃるには、この力が弱いと、
一斉で行う通常の授業では、恐らく困ることが多いでしょう・・・ということ。

加えて、守るべき社会的ルールとか、先生(教えてくれる人)を意識するとか、その他もろもろの、
学校で授業を受けるために必要な社会性(というのかな?)が欠如してるので、
今のままだと、普通学級だと厳しい・・・・そういうことなんだろうなぁ。。。

薄々感じてはいたことなんだけど、これが現実・・と突きつけられると結構きつい。

だけども、去年4月から今までの成長を評価すれば、
これから1年の成長も見込める・・・・そういう希望的なコメントも頂戴したので、
今回の結果だけで今から先を決めて話をするより、
息子自身の伸びる力を育ててあげたほうがいい・・・就学の話を含め、
今日はそんな感じで話を終えました。

・・・・
帰宅して、頭の中をいろんな考えが巡ったけれど。
でも、どんなことがあっても、息子と一緒に、明るく生きていこうと思った。
発達検査の結果は、どうしても一喜一憂しがちになるけど、それはそれ、・・・だ。
そんなの、いちいち気にして生きていたんじゃ、身が持たないもん。
できないものは本人の努力が足りないってことじゃなくて、いわゆる『脳のクセ』なんだから、仕方ないんだもの・・・ね。











息子のいない夜〜 

2006年02月10日(金) 23時15分
なんというか、やっぱり寂しい
・・・。

なんでいないかっていうと、
旦那と一緒に、念願の新幹線で
大阪の実家にお泊まりに行っているのです・・・しかも、2泊。

てっきり1泊だと思っていたのだが
・・・・まぁ別に、いいんだけどさ、2泊でも。

私の携帯に、旦那から『500系のぞみ』をバックにピースサインをする息子の写真メールが
届いていた。

・・・『500系のぞみ』の乗れるように
出発時間を、旦那が都合つけてくれたんだもんねぇ。
(旦那の話によると、500系ののぞみは、本数が少ないらしい)

ちなみに、帰りの新幹線は、『Max』に乗れるように出発時間の都合をつけているらしい。

息子に合わせてそうした・・・というより、
そういう段取りが、根本的に好きなのね・・趣味に合ってる、というか。

そして、マニアとはいかないまでも、なかなかの電車好きであると、私は睨んでいる。

そういう意味じゃ、息子とは波長が合っていると思う。



雪が降っています。 

2006年02月06日(月) 23時02分
またまた前回の日記から、随分日数が経っておりますが、
もう、恐らくこのペースでしか更新できないので、ご了承をば。
でも、いつも、次は何を書こうか?ということを、頭の片隅で思い巡らせているのですよ。

さて。
今夜は雪が降っています。
皆様がお住まいのところは雪、降っていますか?

5歳の息子は雪が大好きで、朝、窓の外が雪景色になっていると
とてもとても、喜びます。
でも雪って、実際困ることが多いよね。

いろいろあるけど、一番は、『車の運転が困難になる』・・・ということでしょうか?

私の車は『スタッドレスタイヤ』などではなく、ばっちり『ノーマルタイヤ』なんですもん。
普通の道ならともかく雪道走行は苦手で、(あたりまえだが)
先週の雪の朝、息子を幼稚園へ送る最中、下り坂でブレーキが効かず、死ぬ思いをしました
・・・大袈裟じゃない?って思うかもしれないけど、
止まるはずなのに止まらない、という状況は、想像以上に怖いものです。

・・・・

はたして、今夜の雪は積もるでしょうか?

平野部でも5センチくらいは積もる・・という予報はでていたから
きっと、積もるんだろうな。

・・・明日の朝の登園はどうしようか?
バス登園でも、バスは遅れて来るだろうし。

いつもなら少々送れてきても構わないんだけど、明日は急な仕事も入ったし
(子供の役員関係ね)遅れるのは、明日に限って、ちと困るんだよなー。

んー。
車で早めの時間に家を出て、早めに送ってくか?
ノーマルタイヤの雪道走行は怖いんだけどね。

そんなことを思い巡らせながら、今夜は更けていきます。

ほんとに静かな、静かな夜でございますな。

・・・





嗚呼、役員(決め)の季節なのだわ。 

2006年01月28日(土) 23時35分
前回の日記から、またまたかなり日数が開いてしまいました。
こんな調子で、細々と今年も頑張っております。

さてー。
イヤな季節がやってきました。
そう、来年度の、学校や幼稚園の『役員』を決める時期が。。。

まー、トコトンやらない派の人は
小学校中学校、9年間を通して、一回も役員をやらずに通す
・・という(根性のある)人もいるみたいですが、
大抵は、どこかで引っかかることが多いんじゃないかと、
私なんかはにらんでるんですけどね。

逃げて逃げて逃げ続けて、最終的に大変な役割につくよりは
どうせどこかで引っ掛かるなら、
できるだけ、労力の少なそうな役割をチョイスしてやるほうが
最終的にはお得なんじゃないの?
という気がする。

ので、私は『これならやれそうかも?』と睨んだ役割をゲットするほうに
頭と労力を使うことに決めています。

だってねー。
専業主婦である。
下の子(未就園児)がいない。
・・・と来たら
逃げる理由なんて、そうそう簡単に見つかるもんじゃありません。

だから、言葉はわるいけれども、いろいろ理由を探して右往左往するより
潔く(できるだけ楽そうなやつを)引き受けたほうがいいじゃん。

ちなみに現在私は、幼稚園と小学校で、役員をやっています。
子供が4人いるから、かけもちも仕方ないって感じで受けたんですが
私の感想では、小学校よりも幼稚園のほうが大変・・という印象。
そしてさらにいうなら、中学校よりも、小学校のほうが大変

子供の年齢が低いほど、親が手を貸すことが多い。そういうことかな?

確かに、役員をやって、学校や幼稚園で『ボランティア』するより、
同じ時間ならパートに・・という気持ちはわかるし、
それぞれ、家庭の事情もあるでしょう。

でも、専業主婦で、世の中の役に余りたってないなー、と思う事がしばしばある私だけど、
こういう形で、もしも誰かのお役に立てているのかもしれない。
そう思うと、なんだか元気が出てきて、役員やるのも悪くないかなーと、私は思うのです。

余談〜:
ある日、息子が私に向かって言ったことば。
「おかあさんは、おしごとしてないから、生まれてきただけなんだよね。」

うーん。
専業主婦、という言葉を息子に教えるべきなんだろうか??




息子のコトバ 

2006年01月15日(日) 19時04分
息子は、お話するのがあまり上手ではない。
正確に言えば、『相手にわかるように話すのが苦手』なように感じる。

いわゆる、助詞の使い方や、動詞の活用のさせ方が独特だったりで、
はじめて息子と話をする人は『内容がよくわからない』・・という印象を持ってしまうと思う。

ただ普段から息子と接している私は、彼特有の言葉の表現は
確かに相手に正確に物事を伝える話し方ではないけれど、
彼が言わんとしていることは、ニュアンス的になんとなく伝わってくる。
そしてその表現を味わえば味わうほど、彼の持ってる、キラリと光るセンスを感じる。

・・・
なんて。

親ばかだなぁ(爆)

でも、いつかそんな彼の会話をもとに、小さなお話を書いてみたい。
・・・これ、今の密かな私の目標。

息子が感じた将来の不安? 

2006年01月14日(土) 15時01分
息子は、将来設計を語るのが好き。

誕生日が来て5歳になった。
すると『5歳の次は6歳で、そのつぎが7歳でー
その次が8歳でー、その次が・・・』・・・と、延々と、13歳くらいまで数えていた。

そんな息子が先日、ふとこんなことをこぼした。

『ようちえんのつぎは、がっこうだよね?』という、いつものお決まりの言葉に続けて

『オレ、がっこうへいって、字がかけるかなぁ?』

この言葉が息子の、どういう気持ちから発せられたものなのか?
わからないけど、『字がかけるかなぁ』と言ったときの声が、やけに細く
不安げだったように聞こえて、なんだか気がかりだった。

さらに、『オレべんきょうできない、1たす1は2でー。
じゃぁ、1たす2は・・・・・やっぱり、オレ、べんきょうできない・・・』

今はできなくても、学校へ行ったらできるようになるよー、と励ましたけど
効果なしだった。


・・・・・
思い出すと、先日の発達外来のときに、就学についての不安を担当医と話した。
息子は、そのとき、私の隣で、電車の絵本を熱心に読んでいるように見えたけど
私と先生の話の内容を、拾い聞きしてたんだろうか?
・・・そのことが、妙に私の心に引っ掛かっている。

もしもそうなら、先生と私の話を聞いた息子が
『がっこうは、じつはあまりたのしくないらしい』・・と、思ったかもしれない。

はじめて、息子は将来に対して『不安』を抱いたかも?・・・考え過ぎだろうか?

いいことがたくさんあると思うからこそ、先の話も楽しいもの。
息子が、先の見通しを、何事においても立てていたいのは、
ひとつ、『安心材料』というのもあるけど、もしかしたら、それだけでもなかったのかも?
大きくなる、成長することへの素直な期待と喜び。そういうものもあったのかも。

そうだよねー。
どっちにしろ、先の見通しは、明るいほうがいいもんだよね。
大人になれば、否応無く、厳しい現実と向き合うことになるのだから、
せめて子供の間くらいは
未来に、夢をたくさん描いていたいものね。

先のことばかりを気にかけるよりも、今しかできないことを一生懸命やることが大事。
忘れないでおこう。








息子の人生設計 

2006年01月14日(土) 14時58分
息子は計画好き。常に先の見通しを立てて、安心していたい。
計画的な性格・・・というよりは、むしろそういうもののようだけど。

自閉っ子にありがちなこの傾向が、息子にもあてはまるようで、
今朝も朝目覚めるなり

『きょうはどようびで、おやすみで、
あしたも、おやすみなんだよ。
そして、それからぁ、そのつぎは、ようちえんへいく。』・・という話をする。

幼稚園に入園したばかりのころ、こんな話もしていた。

『ようちえんがおわったら、がっこう(小学校のこと)で、
がっこうがおわったら、ちゅうがっこう。
じゃぁ、ちゅうがっこうのつぎは??』

と、尋ねてくるので、私は
『行きたかったら高校へ行って、高校が終わって
もしも、行きたいと思ったら大学かなー?』・・・と答えた。

すると息子は
『そうなんだー』
・・と、神妙に、マジメに、とても深く納得したように、そう答えた。

まだ5歳なんだから、先の人生は長いんだから、
今からそんな先のことまで考えなくてもいいんだよ、と言ってあげたくなるけど、
それがたとえ数日先のことであっても、何ヶ月先のことであっても、
あるいは、何年も先のことであっても
『人生設計』の重みは変わらないようなので、
少々ばかばかしいかなーと思いながらも、私は
時に真面目に、時に適当に流すように
答えてあげることにしている。
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像夕湖
» 書き込みテスト (2006年04月15日)
アイコン画像yurin@管理人
» 書き込みテスト (2006年04月15日)
アイコン画像yurin@お返事
» 息子のいない夜〜 (2006年02月16日)
アイコン画像タオボウチャン
» 息子のいない夜〜 (2006年02月14日)
アイコン画像yurin@お返事
» 雪が降っています。 (2006年02月10日)
アイコン画像はないたち
» 雪が降っています。 (2006年02月08日)
アイコン画像yurin@お返事♪
» 嗚呼、役員(決め)の季節なのだわ。 (2006年02月06日)
アイコン画像夕湖
» 嗚呼、役員(決め)の季節なのだわ。 (2006年02月05日)
アイコン画像yurin@お返事
» 息子のコトバ (2006年01月28日)
アイコン画像きょん
» 息子のコトバ (2006年01月17日)
http://yaplog.jp/yurin2525/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yurin2525
読者になる
Yapme!一覧
読者になる