連絡まち 

December 20 [Sun], 2009, 1:22
決して一緒になる事はないと思う

多分あなたもそれを望んでる。

おとといの言葉、胸に響いたの。
ずっと聞きたかった言葉。

信じてもいいのよね?

今が一番ベストな距離。

だったら私はそれを守り抜くゎ。


愛してるよりも好き。
好きよりも大切にしたい。

あなたがいるだけで本当に救われてるの。


ありがとう。

この気持ち、孤独感なのね。 

August 11 [Tue], 2009, 2:41
とってもとっても幸せだった

ずっと続けばいいと思った

でも私のお願い事をかなえればあなたは約束を破ることになる

それは無理よねニ

知ってるの私。
あなたは自分から約束を破ったりなんてしないものニ

だから辛くなるの、余計に。

なに、この気持ち。

寂しさ?悔しさ?

ぅうん、孤独感。



いつだってそうよ。

でも信じようとしない私がいけないの。

だからいつも大切なものを逃したりする。


だから決めたの私

あなたが大切なものを大切にしてるのも見てるわ
そんな一途なあなたが好きになったんだもの。


私は辛くてもいい。

今ある大切なものを精一杯大切にするから。

もぅれつ☆ 

July 28 [Tue], 2009, 16:01
まろん、本当の恋がしたい


あつーぃあつぅいやつ

めっちゃらぶらぶなのがいいんだ

幼くても一途で
一生懸命でまもってくれそうなのがぃぃ



ちょっぴり大人になりすぎたかなぁ

ひとつだけ… 

June 10 [Wed], 2009, 18:06
浮気ゎ…
女は相手と上手くいってないから
男は上手くいってるときにするんだって

なるほどっ


本当の愛なんてしらない。
信じるのが怖い。
人の気持ちはいずれ薄れるの?
そんな恋愛は嫌だ

ちゃんと人を愛したい。

そして愛されたい。

太陽みたいな人 

April 12 [Sun], 2009, 2:12
めっちゃわからない

彼女のことを想ってるのはわかるの
でも最近言ってくれなくなった言葉があるの。

お互いが最近おそるおそるはなして
今1番一緒にいて楽しいと思える存在なのかな、って。

ぶっちゃけなんで私がここに居るのか疑問に思ってきたし。

そんなものなのかな

人間は必ず裏切るの?
信じちゃいけないの?

誰か助けてよ

誰の愛を受け止めればいいの?
誰が信じられるの?

本当の愛って何?

分からないの


一緒にいると笑顔になれる
すっごく楽しいの

でも

それは一瞬の夢なのかしら…

もっともっと長く見ていたい夢。

出来れば一生続いてほしい夢の話。。。

3月19日 

March 22 [Sun], 2009, 1:53

この前あなたに久しぶりに会ったの。
やっぱり私あなたに恋してる。

好き。

忘れようとおもっていた感情がこみあげた。
素直に。

服装・顔・話し方・笑い方
みんな好きよ。

最後にいつもみたいに髪の毛くしゃくしゃって。

ずるいよ。また惚れる。

あなたに会えるまでの日を数えてしまう。

"会いたい"

そう思っちゃう。


絶対って言葉があるならば
この恋に使いたい

…けど使えないことゎわかってるんだ。


寂しいね。






普通の恋愛って何?

車の中で話した。
考えた。

考え方が一緒だった。
でもいつかこの考え方に疑問を持つ日が来るのかな?

一途な恋を目指してたのに
そんなのはなかった。

愛する人
愛おしい人

なんで愛ってこんなに難しいのだろう



いつもあなたとあっているところから始まったドライブ。

オープンカー

風を切って
いつもあなたが見せない顔をした。

まじまじとなんてみれないんだから。

名前呼ばれてうれしくなっちゃた。

レインボーブリッジ
お台場

知っている場所が知らない場所に見えた。

お台場をぶらぶらして
お店見て

こんなに男の人とお店まわって楽しかったの初めてだった。

1つでも年上の人ってこんなにちがうものなのかなぁ??

すごく気のきく人で
おしゃれな場所をいっぱい知ってて

"デート"っぽかった。

幸せだった。



ドライブは続き
山をびゅんびゅん登って行った

さすが走り屋☆
カッコ良かった。

目的地の展望台。


感動した。
涙が出た。

恥ずかしいからその涙を見せないようにして
自然とこぼれる笑顔で顔いっぱいにして

嬉しくて
きれいすぎて


ありがとう。


素敵な1日だった。



惚れるちょいまえの心地よさを知ってしまった。

めっちゃ心地よい。

恋じゃないの。
恋したら負けね。

あなたと会ってトクンとして、
それで頑張れればいいの。

多くは求めない。

たまにいつもと違う目で見てくれるだけで
それだけでいい。







惚れるちょっぴり前のデートの話♪

放課後 

January 21 [Wed], 2009, 0:22
思い描いていた夢が
どんどん現実になっていく。

あなたといると毎日が新鮮なの。

「一緒にいて楽しい?」
「ぅんっ!!」

「…あなたは?」
「俺もだよ。」


だたそれだけで幸せになれる。

携帯のストラップ、
ペアのが1つ増えてたね。

もぅ見て見ないふりするのは慣れっ子なの。


大切な1時間30分。
今日で終わりね。

放課後誰もいない教室で近くに居てくれたこと
忘れないよ?

「今後どうなるのかなぁ…」

そんなこと言わないで。
悲しくなるから…

未来に期待はしない。
だってもっと悲しくなるから…


黒板で答え合わせして
抱き合って
キスして


最高の放課後だったの。

ばいばいのときのキスとか
髪くしゃくしゃとか


あなたとの「またね。」が



好き。

koi 

January 06 [Tue], 2009, 21:26
他の人からみたら私たちは普通の2人。
恋人?友達??

そんな微妙な空気が心地よい


…なんて考えてみた。

…で、いつも次に考えちゃうこと…
"いつまで続くのかなぁ…"
って。

あなたともうすぐ会える

…友達として?


あなたからメールが来るたびに笑顔になる

…心から?


"男の浮気は割り切ってる。"

そんなこと考えたくないのに…。

あなたが今何を考えているのかわからないよ…

知りたいのか知りたくないのか…

ん〜


学校であなたと会うときはどんな顔で会ってたっけ?
どんなふうに接してたっけ?



1つだけ言えるとこ。

この気持ちが
"恋してる"
ってことね。

あなたといると実感するの。

暗ぃ海 

January 04 [Sun], 2009, 1:42
30日

夢みたいな日だった。



待ち合わせの地元。
いつも通っているとこなのにその日違く感じたの。

あなたの姿が見えた時、また惚れそうになった。


ヘルメットの中のサングラスをかけて
…その日ゎ手袋とネックウォームも入ってた。

彼女さんのだ…と思ってわざとつけなかったの。


バイクの後ろに乗って…連れて行ってくれた。

そこでの時間はすごく幸せで、
そこにいるあなたは"あなた"じゃなかった。

みとれそうになるのを必死でこらえて

全神経を集中させた。

夢みたいだった。
ずっと思い描いていた夢で、
覚めてほしくない夢だった。

いつも子供みたいに笑うのに、
そこには男の人の顔があった。

言いたかったことを心にしまった。

本気で愛しそうになる気持にブレーキをかけた。



それからバイクで海に行った。
高速道路は寒くて
風が私たちを邪魔しているみたいだった。

…それでもいいと思った。


誰もいない公園。
潮の香り。

体は寒くても心はあったかい、ってこういうことを言うんだ
って思った。

震える手の平をぎゅ、って握ってくれた。

ふと夜空を見上げたら
流れ星が流れたの。

すぅーっとゆっくり
でも力強く。

あなたと過ごす1秒1秒が新鮮で
大切な時間だと感じた。


そのあとに念願の八景島シーパラダイス。

遊園地とかは閉園してたけど
ぎりぎり空いてたお土産屋さんで買ってくれたピアス。

すごくすごく大切にしようと思った。

宝物になったんだ。


帰り道迷って
でも本当はもっともっと迷ってほしかった。

だってそしたらもっといっぱい一緒にいられてでしょ?


ぎゅっとバイクの後ろから抱き締めて
その時だけでいいから…と願ったの。

一緒にデートできたこと、それだけで奇跡なの。


雲の上と私はよくあなたに言うけれど
今こうしていられるとこが

ずっと確率の低いことで

キセキなの。


終わりを考えるのをやめようと思った。
でも…やっぱり考えちゃうんだ…

彼女さんが好きなものは私もすきで、
嫌いになろうと思えば思うほど好きになっちゃって。

あなたのことを考えると涙が出ちゃうの。


でも私が守らなきゃいけないものは100パーセント決めていて
何を犠牲にしてもそれだけは守らなきゃいけなくて…
…ぅうん。
守るの。

自分で決めていることだから。


例え、例えばの話。
あなたが私を1番だと考えてくれても
私はそうは思えないの。

ずるいよね。

私は1番になりたいと願ってしまうときがあるのに。
私の心の中の1番は変わらないの。

でも多分あなたもそう。
彼女が1番なのは決まってる。

本に書いてあった。
男の浮気は割り切っている、って。


まだ彼女さんからのメール返していない。
…返せない。
だって嘘しかつけなくなるから。


そう考えると寂しくって悲しくって…
"遊び"…とは違うの。

愛?恋愛?

…そんなのわからない。




でもね…



好き。



秘密主義 

December 28 [Sun], 2008, 23:58
1番になれなくてもいい。
そう思ったのはあなたが初めてでした。
でも…1番になりたくなったらどうしたらいい?

お互いを傷つけ合うばかり…
いつかは…の時を考えちゃうの。

それでも…あなたの笑顔が忘れられなくて…会いたくなるの。

ごめんね。




…今日何を信じればいいのかわからなくなった。

秘密も嘘もみんなごちゃまぜ。

私は2番、彼女は1番。

あなたは彼女に何を話しているの

私はあなたに何を話せばいいの

私とあなたは一緒なの

秘密主義なのね。

…でもそんなところに惹かれるの。
あなたのキスは上手くて
とりこになりそうで
ちょっぴり悲しくもあるの。

だめだ…あなたの笑顔が頭から離れられないの…

会いたい?


…ぅうん、今そばにいてほしいの。


ねぇ、今あなたのことを考えて泣きたいの
泣いてるの


気付いて…
やさしくだきしめて…

そう願っちゃいけませんか


あなたともっと早く出逢っていれば良かった。


私のものにしちゃいたいって思っちゃうの。

良いこと
悪いこと

…なにがなにかわからなくなっちゃった…


教えて…

あなたの愛は


…幻ですか?
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まろん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-スポーツ大好きなの☆
    ・グルメ-甘いの大好きなの★
    ・恋愛-毎日がきらきらなの★☆
読者になる
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31