初、ゴルフ大会に申込!!

April 03 [Wed], 2013, 9:49
関東小学生ゴルフ大会

ムーンレイクジュニアカップ

に申込をしました。

まだ初めて1年ちょっとだし、

レッスンも週1回なので、

大会に出てるジュニアの子達に比べたら全然だけど・・・

まぁ、自分の力を出して頑張ってほしいものです。

反抗期。

April 02 [Tue], 2013, 9:07
現在10歳・・・・まさに反抗期と思える事ばかり。
悩み悩んで、色々なサイトを見てみたり・・・
子育てが間違えてるのかと悩んで眠れなかったり・・・
正直、疲れてます。身も心も・・・・。
誰もが通る道と言われても、わかっていても現実がこれだと
子育てしてて不安になります。

プレジデントFamilyさんで、このように書いてあります。
抜粋した文↓

早い子は小学4年生から始まるといわれる第二反抗期
誰にもあることとわかってはいても、
日々わが子の反抗に接する親としては腹立たしく憂鬱な日々だ。
「子供の成長にはいくつかの段階があります」と説明するのは、
青少年のカウンセリング経験が豊富な心理学者の諸富祥彦・明治大学教授。

6歳までは心の土台を作るためにひたすら愛情を注ぐ「愛情期」
6〜10歳は基本的な社会のルールを身につけさせる「しつけ期」
そして10歳を過ぎると、子供は徐々に自立し始め
そのうち反抗期が始まります。この時期はいわば『見守り期』で、
親は意識して過剰な介入を控えなければなりません。

自立につながる反抗なら、
親としてもぐっとこらえて見守ろうという気はある。
悩ましいのは、単なるわがままに見えるような反抗まで
放置していいのかどうかという点だ。
見守るべき「いい反抗」と、ちょっと口を出したほうがいい「悪い反抗」について、
見極めるためのヒントや基準は何かあるのだろうか。

親は子育ての過程で、わが子にさまざまな「干渉」を行う。
生き方への期待、社会的マナー、勉強、価値観など、
ある意味で親の型にはめようとする行為といってもいい。

それを打ち破りたいという表現として
さまざまな反抗が生じるわけですが、
一方であまり干渉をしてこなかったのに言うことをきかないパターンがある。
こちらは単に、自立うんぬんとはあまり関係のない
わがままである場合が少なくありません。

反抗の性質そのものにも手がかりはある。
自分の世界をつくろうとするのは自立に向けた反抗
だらだらと『したくないことはしない』というのはわがまま
と考えていいのではないでしょうか。





娘の成長

March 09 [Sat], 2013, 18:19
今から7年前の2006/3/4
佐原の採石場で事は起きました。
あれから7年。元気いっぱいで仕事をいっぱいして輝いてた頃
一緒にいる事が本当に幸せで、娘の成長を楽しみに〜
色々と夢見ていました。
過去の記事はコチラ

7年経った今、なんと
2/20の私の誕生日にユリアが入院し、2日後にはパパが入院。
親子して同じ病院の3Fと4F(苦笑)
一足先にユリアは退院したけど、パパは継続入院中。

病室にお見舞いに行っても、
本当にユリアを見る目は、いっつも優しい。
あんなに厳つい顔してるくせに、娘には弱いんだな。

「俺、世界一ユリアが好きだ!」
って普通に言えるんだから。

自分の思い通りにならないと、文句や嫌な顔ばかりしているけど
娘に対する気持ちだけは本物なんだろうな。
可愛くて可愛くて・・・・仕方がないんだろうな。
それはよ〜く分かる。
でもさ〜
だからこそ、その可愛い娘の成長を
ちゃんと見ていなきゃダメなんじゃないの?

自分の事ばかり優先してさ、
もう10歳だよ。

ちょっとは将来を考えなさいよ。

もう4年生も終わり、4月からは5年生だぞ。

肺炎から復活!

March 04 [Mon], 2013, 10:37
いや〜
思いがけない入院でした。
一緒に付き添い寝なければいけなかったので
硬い病院のベッド、そしてしょっちゅう見回りにくる看護婦さんで
全然熟睡が出来ませんでした。

娘が治ってホッとしちゃっているので
なんだか急に具合が悪くなって来ました。

だるい
疲れる
眠い
痛い・・・

もう年なんだな〜

ふくらはぎの痛さが収まりません。
何でこんなに痛いんだろう・・・・

急性肺炎( ̄ロ ̄|||)

February 21 [Thu], 2013, 13:24
14日にニューヨークから帰国。
15日は、久しぶりの学校でみんなに会えるのを楽しみに行き
帰ってくると、ゲホゲホ。
どうした?風邪ひいたの???なんて話してて
1時間くらい経ったら、
「ママ、ふらふらする・・・」
「あれ?顔が赤いじゃん?熱は計ってみようか。」

えっ!( ̄ロ ̄|||) 40.5℃

驚いて、すぐ耳鼻咽喉科でインフルエンザの検査。
結果はマイナス。
風邪薬をもらって、家に帰る。

翌日も、また翌日も熱が39℃〜40℃を行ったり来たり。
これは絶対おかしい!!と総合病院へ。

血液検査したり、喉や鼻の検査、レントゲン・・・

子供が点滴をしてる時に先生に呼ばれ、

「肺炎ですね〜入院大丈夫ですか?」
「もちろん!大丈夫です。」

そのまま入院。

その日は、私の誕生日・・・・・ひゅ〜るる〜
一生忘れる事の出来ない誕生日になりましたとさ。
ま、仕方がないね。

今は、24時間の点滴で熱が下がって来たけど、
まだ37.5℃。平熱が35.8℃だから、熱まだあるな〜
熱が下がったら退院って言ってたけど、咳がすごいのに。

あの先生、新人かな。
カウンターようこそ!
ユリアの日記へ(^−^)
ゆりあの毎日を〜
将来ゆりあが
このブログを見て
色々行ったり食べたりが
分かるように書いてます〜♪

自分が親になり
しみじみ思う・・・
子を持って知る親の恩。

天国にいる母に・・・
もう1度会えたなら〜
親孝行出来るのに・・・・・。

6歳って
こんなに頼りになる存在なんだね〜
観察力がスゴイです!!
どんどん成長していて〜
今では〜
ママの良き相談相手です♪

世界一大切なゆりあ。
子供って本当に頼もしいね♪


2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ゆりあ→海外へ
’02/2/11 韓国(お腹の中3ヶ月)
’02/4/24  カナダ
    (お腹の中5ヶ月)
’05/9/16 韓国 3歳
’07/3/1 カナダ 4歳
’08/6/24 カナダ 5歳
’09/2/ 9 NY  6歳
’09/3/18 カナダ  6歳
’09/8/26 カナダ  6歳
’09/12/8 CA LongBeach 7歳
’10/2/ 14 NY   7歳
’---------新しいパスポート-----------
’10/6/5  NY・カナダ 7歳
’11/2/12  NY 8歳
’12/2/ 9 NY 9歳
’13/2/ 6 NY 10歳
’13/    カナダ 10歳
NY ウエストミンスター展
2009年 第133回 1回目
2010年 第134回 2回目
2011年 第135回 3回目 AOM
2012年 第136回 4回目
2013年 第137回 5回目
2014年 第138回 6回目 7歳
ゆりあ→国内の飛行機記録
’2012/09/25 10才 大阪(関西空港)
’2012/11/28 10才 北海道(千歳空港)
’2013/ 1/27 10才 北海道(千歳空港)
’2013/ 3/ 3 10才 北海道(千歳空港)
’2013/ 9/ 8 11才 沖縄(那覇空港)
P R


*script by KT*