ダイエット目的による便秘薬・下剤の服用

January 19 [Sat], 2013, 9:21
最近ではダイエットを目的とした便秘薬や下剤の使用を気軽にやっている方はいますが、これは下剤依存症に陥ってしまう危険性を高めてしまっています。

ダイエットに便秘薬?と疑問に思う方も中にいると思いますが、意外にもダイエット目的で便秘薬や下剤の服用を気軽に始める方は多く、中高生でも便秘薬を気軽に服用している人達が多くいると言うのが驚きです。

ダイエット目的で便秘薬を使用する人達の多くはお腹の中に溜まっている便を出しちゃえば、その分の体重も落ちると考えているようで、確かに便秘なのであれば便秘を解消することで腸の働きが良くなり、ダイエットへの効果も高まりますが、便秘でもないのに痩せるために便秘薬を服用してしまえば、それがかえって便秘を引き起こしてしまう原因にもなり、痩せるどころか便秘で太りやすい代謝の悪い体質になってしまいます。

また、食べた後すぐに便秘薬を飲めば、食べたものが吸収される前に便となって排泄されるため、たくさん食べても太らないと考える方もいますが、食べたものの約9割ほどは体に吸収されるため、効果としてはあまりありません。

それどころか、便秘薬を常用、服用量の増加を繰り返すことで水分が大量に排泄されるため脱水症状を引き起こしてしまう恐れがあります。

便秘の人でさえ、便秘薬や下剤などの使用はできるだけ控えなければならないため、ダイエット目的での使用はやめましょう。


下剤 ダイエット
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yuri-irikkus/index1_0.rdf