January 30 [Mon], 2006, 14:31
ネツニウカサレユメヲミル

遠きあの日はうたかたか

淡き色持て染まりゆく

現の際の水鏡よ

 

September 20 [Tue], 2005, 14:54
どこまでも流れていく君、

ナニモノにもとらわれない君よ。

どうか、


僕の分まで進んでくれ。

きっと、それが幸いなのだから。

タイル 

July 22 [Fri], 2005, 8:07
タイルを一枚一枚並べてゆく。

そうして、

人生(みち)は作られてゆく。

紅茶 

January 13 [Thu], 2005, 19:10
飲むと苦い紅茶、どこか切なくさせる紅茶。

透き通る紅に何かを感じているのかな?

紅茶を入れてみよう。切なさを忘れるまで。。。

戯言 

October 18 [Mon], 2004, 16:54
清き水は静やかに舞い踊りて、頬を撫でる。

ほのかなる匂いたちし風吹かば、今ひとたびの夢に誘われし。

思いなるもの、露の如きもの。
ひとたびの輝きすら放てるのか。

かくも愚かしいものなれど、失せてはありえぬ。

階は露に濡れつつ……

ai 

September 11 [Sat], 2004, 1:39
逢を繰りて愛を創り、

愛を省みては哀となる。

間をあけては相を求め、

「I」はいつしか藍となりゆく。。。

短き詩 

August 03 [Tue], 2004, 2:39
光あれ、と誰かが言った。

その輝きで私の闇は濃くなった。

青い涙の8月(ミツヤナギ様のお題) 

August 03 [Tue], 2004, 2:36
会いたくて、会いたくて、

会えなくて、会えなくて、

切なくて、苦しくて、諦めそうになる。

でも、青い涙が色を持ち続けるのなら、

頑張っていきたい。

遠くても、近くても、

心は隣にいるはずだから。

黄色い恐怖の7月(ミツヤナギ様のお題) 

July 20 [Tue], 2004, 15:46
ふと振り返る。

視線を感じたのは気のせい?

じっと見つめられるような感覚。

その「原因」を見回して探す。

誰もいない。

息をはいて見上げる。

そこに手を伸ばしても届かない君がいた。

少女が掃除する6月(ミツヤナギ様のお題より) 

June 07 [Mon], 2004, 17:36
空には鉛色の雲が浮かんでる。

空気もじめじめしてるよね。

心もじめじめしちゃいそう。

だけど、

これを越えたらって思って我慢しちゃう。

そのうち、雲を誰かが掃除してきれいにしてくれるから。

それは幼い女の子。

無邪気に笑いながら雲を掃除して太陽を見せてくれる。

だって、幼い頃の笑顔は太陽なんだから。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:yurakuon
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像こけし
»  (2008年10月21日)
アイコン画像酢だこ
»  (2008年09月27日)
アイコン画像50t
»  (2008年09月25日)
Yapme!一覧
読者になる