【 更新情報 】

スポンサード リンク

「ユニクロ gu」の店舗と通販

「ユニクロ gu」は、関東と関西を中心に56店舗を展開しています。
当初は関東中心の店舗展開でしたが、現在では関西圏にも店舗が増え、特に関西最大規模の神戸のハーバーランド店では、「ユニクロ gu」のアイテムもかなり揃っているようです。

そんな「ユニクロ gu」は、店舗デザインも特徴的です。
まず、誰もが入りやすい雰囲気を意識した、開放的な入り口。象徴的な白い柱と、真っ白な建物にくっきり浮かぶ緑と赤の「g.u.」の文字が、清潔感と洗練されたイメージを演出しています。
「ユニクロ gu」店内は、商品のカラーバリエに負けじと、内装もとってもカラフルです。
「ユニクロ」との差別化をはっきりと図りたい「ユニクロ gu」のポリシーは、店舗にも表われているんですね。

ところで、本家のユニクロには通販がありますが、通販サイトを見ても「ユニクロ gu」の商品は扱っていないようです。
「ユニクロ gu」のホームページのほうにも、通販云々の記載は見られないので、どうやら今のところ通販はないみたい。
ユニクロの通販はけっこう便利なので、「ユニクロ gu」でもぜひ通販をやってほしいです。

「ユニクロ gu」のジーンズ

「ユニクロ gu(ジーユー)」は、2006年から展開されているユニクロの新ブランドで、ユニクロを凌ぐ低価格と、幅広い客層に対応するデザインバリエーションの豊富さがウリです。
なかでも「ユニクロ」同様にジーンズはとても充実していて、人気のスキニージーンズだけでも、ストレートスキニージンズ、テーパッドスキニージーンズ、サイドジップスキニージーンズなどなど、幅広く揃っています。

スタート当初は思うように売り上げが伸びなかった「ユニクロ gu」ですが、今年の春は一躍注目を浴びています。
というのも、春の新作として、なんと990円のジーンズが登場したからなんです!
もともと「安いのに品質が良い」と定評のあるユニクロジーンズですが、今回のこの「ユニクロ gu」のジーンズは、実にユニクロの約3分の1の価格!

もちろんトレンドはちゃんと意識していて、メンズ、レディースで12種類を取り揃えているそうです。
「ケタ違いを、はく」というキャッチコピーそのままに、まさにケタ違い。
同様に「ケタ違いを、着る」として、490円のTシャツや、990円のポロシャツなどの販売も始まりました。
それにしても勝負かけてきましたね〜「ユニクロ gu」。
ここで品質も評価されれば、「ユニクロ gu」は今後グングン伸びてくると思います。

「ユニクロ gu」の商品展開

「ユニクロ gu(ジーユー)」は、ユニクロを展開している(株)ファーストリテーリングが、新たに子会社の「ジーユー」を立上げて展開を始めたユニクロの新ブランドです。
「ユニクロ gu」の一号店は、2006年、千葉県市川市のダイエー南行徳店にオープンしました。

高級志向を強めたい「ユニクロ」に対し、「ユニクロ gu」は、20代後半から30代前半のファミリー層をターゲットに、よりリーズナブルな商品を提供するブランドとして差別化を図っています。
実際「ユニクロ gu」の商品は、「ユニクロ」の3分の2ほどという驚くような値段ですが、それなりの品質を保っているのはさすがユニクロ。
ユニクロの社長いわく「ユニクロは最高品質を手ごろな価格で。
guはまあまあの品質を最低価格で」だそうで(実にわかりやすい商品コンセプトですね)、その分「ユニクロ gu」では旬な商品を扱うことにこだわり、1週間単位で商品を入れ替えているそうです。

ちなみに「ユニクロ gu」のブランド名には、「自由=もっと自由に着よう」という意味が込められているそうですよ。
自由→gu。…なるほど。
P R
カテゴリアーカイブ