だが積極的な買収戦略で事業は拡大し、グローバル化も進んだ。

October 31 [Mon], 2016, 20:10
優愛です、貢献したのは買収した海外企業の業績改善だ。
特に車載・産業用分野は4〜6月期に営業利益率が10%超、7〜9月期は11%を上回った。
数年かけて買収先のトップを交代し、意識改革を根付かせた。
工場の自動化推進の効果も大きかった。
だが、今回の決算会見はいつもと趣が違った。
モーレツはもうウチにはない。
永守社長は働き方改革の説明に多くの時間を割いたのだ。
労働時間を減らして収益力を底上げするという。
代表例が残業削減。
1年前から定時退社を推進し、朝礼時に上司に申告して許可を得ないと残業ができないようにした。
ムダな仕事が理由の残業は認められない。
業務の生産性を落とさずに残業を3割減らした。
研究開発部門の若 手男性社員は仕事が残っていても定時を過ぎると早く帰れと言われる。
どう仕事の効率を上げるか必死で考えるようになった。
16年度からは会議時間も短縮。
会議用資料の分量も減らすように号令をかけた。
すると資料作りのための残業は減った。
残業削減による4〜9月期のコスト削減効果は約10億円。
この一部は成果に応じて社員に一時金や教育などで再配分する予定だ。
定時退社して語学を学んでもらった方がはるかに競争力が高まる。
こう語る永守社長は20年までに残業ゼロを目指すという。
永守社長が日電産を創業したのは1973年。
社員4人、小さなプレハブ小屋で出発し、長く人材集めに苦労した。
優秀な社員を採用できなかった時代はハードワークしかなかった。
永守社 長自身もかつて1日16時間、元日の午前中を除き365日働いた。
だが積極的な買収戦略で事業は拡大し、グローバル化も進んだ。
今は優秀な社員が入ってくる。
欧米は残業ゼロが当たり前。
〜おススメサイト〜
なかでも足首部分は、29hPaもの圧着力がありますので、足首をキュッと引き締まったように見せ、業界でもNo.1の圧着力を誇っているのです。
また、立ち仕事のせいで、毎日お仕事が終わったら、ふくらはぎや足がだるい方。
座りっぱなしのデスクワークなので、足全体、足元が冷えやすいという方に、是非、お勧めしたいのが、着圧ストッキング「キュットスリムプロ」なんです。
「キュット スリム プロ」は、段階圧設計のクオリティーを追求するためにドイツ製医療用編み機を使用。
ショーツの部分は、こだわり抜いた特殊な編地を開発し特許まで取得した、非常に優れた「着圧・弾性ストッキング」になっています。
キュット スリム プロ

日本の最大手連合が活路を見いだすには早く相乗効果を出す必要がある。

October 27 [Thu], 2016, 16:16
東南アジアを狙うのは訪日客数の伸び率が 高いからだ。
8月の前年同月比伸び率はインドネシアが30.9%増、マレーシアが26.0%増、ベトナムが24.9%増だった。
日本で見た商品を帰国後に買う例も増えており、商機があるとみた。
最大手同士が異業種連合を組むのは、訪日客需要をとり逃がしているからだ。
それは観光名所を歩けば一目瞭然だ。
東京・浅草寺。
日本人より外国人が目立ち、ツアー客が利用するのは海外の旅行会社だ。
秋葉原では大きな荷物を持つ人は減った。
上海からの観光客は買いたい家電は日本の店で確認し、帰国後に中国企業のネット通販で買うと話す。
個人のリピーターは急増しているが、宿や食事などは中国系サイトで探す。
訪日客は1〜8月累計で1600万人を超え、訪日客による旅行消費額は4〜6月 に前年同期比で約7%増えた。
だが1人あたり旅行支出は同約10%減った。
爆買いは一服し、モノ消費ではなく日本の伝統文化などを楽しむコト消費派が増える。
多様化するニーズをどう捉えるかが重要だ。
外国人との接点を増やすことが課題だ。
各社トップは危機感をにじませる。
日通も国内物流市場が頭打ちのなか、消費者向けを開拓する。
越境ECの輸送は日本郵便のシェアが高く、訪日外国人向け手荷物預かりサービスではヤマト運輸と佐川急便が先行する。
政府は20年に訪日客の消費額を15年の2倍超の8兆円にする目標を掲げる。
訪日客の消費額は今後も増える見通しだ。
日本の最大手連合が活路を見いだすには、強みを出し惜しみせず早く相乗効果を出す必要がある。
最後にこんな情報をお伝えします。
故人をより身近に感じて弔い、思いを馳せながらいつでもそばに居られるようになったのが「手元供養」という考え方です。
手元供養のひとつに、故人の遺品や遺骨を「遺骨ペンダント」と呼ばれる小さなロケットペンダントに納め、身に付けたり手元に置いたりする事で供養に繋げる、という弔い方法があります。
この遺骨のペンダントに納められた故人のぬくもりは、いつでも身に付け持ち歩く事が出来るので、残された人も寂しくありません。
遠く離れたお墓に行かずとも、故人を感じ、いつでもどこでも手を合わす事が出来るのです。
遺骨ペンダント

利回りを0%程度に誘導し長期金利の下がりすぎを抑えるのは妥当だろう。

October 25 [Tue], 2016, 12:19
優愛です、どんな問題が生じているのでしょうか。
低い長期金利は借り手の資金需要を高める一方で、貸し手の資金供給を抑える方向に働く。
金融機関が収益の悪化を理由に融資を絞り、景気浮揚効果を減殺している恐れがある。
マイナス金利政策に踏み込んだ日欧では、まさに銀行システムが打撃を受けた。
異例の低利があまりに長く続くと、年金や金融資 産に頼る老後の生活が心配になり、消費を控えて貯蓄を増やす人たちもいる。
本来なら生き残れないゾンビ企業が存続し、米経済全体の生産性を押し下げている可能性もある。
FRBは利上げを急ぐべきだと考えますか。
もっと景気回復の勢いがあるうちに、早く利上げしておくべきだった。
慎重になるあまり、適切なタイミングを逸してしまったのではないか。
必ずしも急げとはいわないが、短期金利の誘導目標を1%程度まで引き上げるのが望ましい。
それ以上にイールドカーブの適度な傾きを取り戻すのが大事だと思う。
ここからは財政政策の出番だ。
金融政策を正常化しながら、インフラ投資や減税で景気を下支えしてほしい。
労働参加率の低下、設備投資の停滞、生産性の伸び悩 みは米経済の三大悲劇といってもいい。
これらの問題を解決する構造改革も欠かせない。
次の大統領候補が保護主義に傾いています。
米国民はもともと楽観的だが、いまのような暗い時期が定期的にやって来る。
保護貿易は米経済底上げの処方箋ではない。
自由貿易を推進するとともに、その痛みを感じる人たちの支援策を講じるべきだ。
日銀が長短金利を誘導する新たな金融緩和の枠組みを導入しました。
10年物国債の利回りを0%程度に誘導し、長期金利の下がりすぎを抑えるのは妥当だろう。
最後にこんな情報をお伝えします。
あごのラインがとってもスッキリして、チョッと見違えるほどシャープになりましたよ。
私自身が見てもそう思うし、回りの人からも指摘されるので、“これは本物だあ〜”って喜んでま〜す!
実をいうと、ここへくるまで、いろいろ苦労があったんですね。
それで、今日は “リファ カラット” を買うまでの苦難の道のり……
そして、買ってから起きたとんでもない事件……
リファカラット

ループホームで入居者が眠っているかを確認できるセンサーを設置 する。

October 14 [Fri], 2016, 19:53
ケアマネジャーは1人で30〜40人 程度を担当するのが一般的。
ケアプランをつくる時間だけで月40時間と、労働時間の約2割に相当することもあるという。
加えて、ケアマネジャーによってプランの質にばらつきが出てしまう課題もあった。
セントケアは米シリコンバレーのアクティビティ・レコグニションが持つAIを利用。
過去に介護サービスを受けた1000人以上の体調などを約400項目にまとめるとともに、実際に作成したプランをはじめとするデータをAIに学習させる。
そのうえで要介護者の優先すべきサービスを決めながら、最適なプランをつくり上げる。
ケアマネジャーの個人差が少なくなるとともに、プラン策定の時間は半減できるとしている。
空いた時間で高齢者との面談を増やしてもらうなど、サービスの質向上 につなげる考えだ。
来年1月から首都圏を含む複数の自治体で実証研究を始め、AIがつくったプランの質を検証。
数年内の事業化を目指す。
労働集約型でかつ体力が求められることもあり、介護職場は慢性的な人材不足になっている。
厚生労働省の一般職業紹介状況によると、介護サービス職の有効求人倍率は8月時点で3.14倍。
全体平均を大きく上回っている。
このため、事業者はITを活用し、業務の効率化などを進めている。
オリックス・リビングは有料老人ホームにセンサーを設置し、入居者が起き上がった場合に職員に配布したタブレットに警告を送るシステムを導入。
メディカル・ケア・サービスは12月にも、グループホームで入居者が眠っているかを確認できるセンサーを設置 する。
オリックス・リビング

現時点の激戦州での争いはクリントン氏がやや優勢との見方が多い。

October 14 [Fri], 2016, 19:52
1995年にホテルなどの事業破綻で約9億1600万ドルの巨額損失を申告し、 毎年5千万ドル以上の税額控除を受けていたとみられる。
トランプ氏は大統領候補が通常公開する確定申告書の提出を当局の監査中だとして拒んできた経緯がある。
トランプ氏は所得税の不払いは合法的と説明するが、有権者の反発を恐れた可能性がある。
トランプ氏が改革すると主張してきた不正なシステムを、トランプ氏自身が象徴している。
クリントン氏はすでに集会で非難しており、次回の討論会で追及する構えだ。
一方、トランプ氏は5日、激戦州のネバダ州に入った。
集会では前日の副大統領討論会で、米メディアに優勢の評価を受けたペンス氏を信じられないくらいの素晴らしい仕事をしたとたたえた。
クリントン氏が推進した米韓自由貿易協定などを念頭にクリントン氏のおかげ でいま米国は韓国に笑われていると決めつけた。
クリントン氏は中国との貿易交渉も失敗し、多くの製造業が米国から去った。
クリントン氏は政府にいた30年間何もしなかったと断じた。
次回の討論会では、抑えてきた暴言を解禁する意向を示唆している。
クリントン氏の対応が焦点だ。
直近の米政治専門サイトリアル・クリア・ポリティクスが集計した主要世論調査の平均によると、クリントン氏が48.1%に対し、トランプ氏は44.2%と4ポイント弱の差だ。
大統領選の勝敗を分ける13程度の激戦州の動向をみると、オハイオ州はトランプ氏がリードし、フロリダ州やバージニア州、ペンシルベニア州はクリントン氏が優位。
現時点の激戦州での争いはクリントン氏がやや優勢との見方が多い。
最後は新着情報「1歳の誕生日プレゼント」に関して。
1歳 誕生日プレゼント
一歳を過ぎるとパパやママの真似をして、荷物を持ちたがる様になる子が多くなってきます。
両手をあけておかないと手をつけないため、転倒したときは危険です。
そんな時にベビーリュックがあると両手があいて安全!
……少量の荷物も入れることができるため、ママの手荷物も減りお出かけが更に楽しくなります。
また、この時期の赤ちゃんはお尻から転けることも多いのでクッション代わりにもなって安全です。

増税は逆に、マネーを掃除機で吸い取るようなものだ。

October 11 [Tue], 2016, 11:21
女性であれば、黒の洋服の一つや二つはすでに持っているという方が多いと思います。
最近は、百貨店や様々な小売店だけでなく、ウェブサイトでもありとあらゆる種類の喪服やそれ以外のアイテムが売られていますので、どこへ行けば買えるのか分からないという時代ではなくなりました。
また、百貨店や専門店であれば全て揃えると楽に十万円は越えてしまうということも多々有りますが、インターネットのお店であればかなり安く買うことも可能です。
喪服 女性
では気分を変えて、ニュースからピックアップ。
市場関係者は中国経済の減速が世界景気の重荷になるのではと気にしています。
投資主導から消費主導への移行は可能だと思うが、消費に火が付くまでには時間がかかる。
結局景気の失速を避けるために、投資を続けていくのだろう。
その結果、かつての日本のように、行き先の無い橋のような非生産的な建造物が生まれないか。
私は中国が世界景気を支え続けるとは思っていない。
中国は社会保障制度を充実させる必要がある。
今は老後を心配して貯金をしている人々が、安心して消費できるように。
だが、制度を作るには何年もかかる。
これらの構造的な問題に気づいているのはほかならぬ中国の人々だ。
大量の中国マネーが米国にもカナダにも逃避している。
情報開示 の不足もあり、中国経済の実態はわかりにくい。
だからこそ、企業の倒産動向には注目している。
借りたお金が返せなくなるのは、経営者による当初の見込みほど経済が成長していない証拠でもあるからだ。
政府からの支援があるとしても、いずれ限界が来るだろう。
日本のアベノミクスに対して冷ややかな声が広がっています。
目的は果たしていないかもしれないが、第1の矢である金融政策、第2の矢である財政政策はそれぞれ方向を間違っていなかった。
やらなかったら深刻な景気後退に陥っていただろう。
ただ、構造改革という第3の矢はまだ放たれたように見えない。
消費税増税の再延期は正しいと思う。
世界では、消費者心理を刺激して需要を喚起するために、大量の資金を供 給するヘリコプター・マネーすら活発に議論されている。
増税は逆に、マネーを掃除機で吸い取るようなものだ。
少なくとも、今の局面で取るべき政策ではない。

広くモビリティー産業ととらえれば、車そのものの市場よりはるかに大きい。

October 09 [Sun], 2016, 12:24
事故を起こさない車。
どう実現しますか。
難問だが、方法は考えてある。
運転を完全に機械に任せるお抱え運転手モードと、事故が起きそうな緊急時のみAIが介入する守護天使モードの両方を幅広く研究する。
AIを車に搭載するだけでなく走行シミュレーションにも使う。
グーグルは200万マイルにおよぶ走行テストを実施しているが、年間1千万台の車を販売するトヨタにすれば、それでも足りない。
A Iによる大規模シミュレーションで車両のカイゼンを進める。
運転をAIに委ねるとトヨタが追求してきたファン・トゥー・ドライブが減りませんか。
それについては豊田社長とも議論した。
パートナーとして人と車が助け合い、事故を心配せずに済めば、むしろ楽しさが増す。
豊田氏は他の商品と違って車は愛されると言っていたが、私は家庭用ロボットが愛の対象になると思う。
トヨタの生産性向上にAIは有効ですか。
車には衝突に備え頑丈な構造にするという安全対策もあるが、AIで事故を避けられるなら、そうした備えを減らせる。
車が軽くなりコストが下がる。
生産するときのエネルギーも節約できる。
自動車産業の今後をどうみますか。
かつて若者にとって車は人格の延 長のような存在だったが、今の若者にはフェイスブックがそういう存在だ。
車は移動のための実用的な機能になった。
ライドシェアの普及で車を持つ人は減るかもしれない。
市場の先行きは不透明といえる。
ただ、バスやタクシーの利用、荷物の運搬、屋内での移動などを含め、広くモビリティー産業ととらえれば、車そのものの市場よりはるかに大きい。
一連の変化はチャンスでもある。
【お勧め情報】
◆スイゼンジノリから抽出|サクラン配合の化粧品を集めてみた♪
http://www.xn--eckxbbn5gvh9b2522b2edjo6k.net/
そんな貴重な『スイゼンジノリ』から抽出されるのが『サクラン』…
なんでもヒアルロン酸をはるかに上回る保水力…
まず最初にご紹介するのが、なっ、なんと、サクランを発見した岡島麻衣子博士と共同開発された化粧品。

成績が振るわないままの取締役は株を会社に無償で返却しなければならないようにする。

October 08 [Sat], 2016, 13:47
昨年導入の企業統治指針では、取締役に中長期の業績に目を向けさせる施策の導入が盛り込まれた。
これを受け株式報酬制度の導入企業が増えている。
三菱UFJ信託銀行によると昨年6月末に約70社だった導入社数は今年6月末で230社前後に増え、来年は累計500社を超える見通し。
これまで企業が役員報酬で業績連動を強めるためにはストックオプションを使うことが一般的だった。
ただストックオプションはあらかじめ決められた価格以上に株価が上昇すれば権利を行使できるため、短期的な株価を重視しがちになる面がある。
株式報酬制度は会社が資金を用意し、数年間かけて株式を付与することが多いため長期保有につながり、株主と同じ目 線に立ちやすい。
株式報酬制度を利用する企業はストックオプションの導入社数に近づく勢いで増えている。
伊藤忠商事は連結純利益が3千億円を超えるときだけに株式を付与する役員報酬制度を9月に導入する。
原則として取締役退任時に付与し在任期間を通じて企業価値を高めるように働きかける。
リクルートホールディングスも原則、退任時に株式を付与する制度を8月に導入する。
在任中の業績への貢献度に応じ、付与する株式数を増減する。
横河電機も一定の業績指標で取締役の成績を評価し、付与する株数を決める制度を今夏にも導入する。
成績が振るわないままの取締役は株を会社に無償で返却しなければならないようにする。
信託を活用したり、株式に譲渡制限を付けたりし て、すぐに株式を転売できないようにしている。
信託銀行に3年間程度の信託期間を設定し、中期経営計画終了後や取締役退任時などに株式を付与することが多い。
【お勧め情報】
◆クロームメッキ磨きは鏡面度アップで光沢が蘇るコレがお勧め!
http://www.xn--w8jvkf4fygg6fzf4546e.net/
重ねて塗る…鏡面度が格段にアップ…
鏡面度を改善することで、抜群の光沢感を得ることに成功した「クロームメッキ磨き」…
塗布を繰り返せば繰り返すほど、表面が滑らかになっていき、鏡面度が上がっていくんです。

約2週間も国を留守にしたことも、政権基盤に対する自信の表れだ。

October 07 [Fri], 2016, 11:39
オバマ政権は麻薬取引などに関わる数社を除き、制裁を解除する。
マイクロソフトに続く米企業の進出が加速しそうだ。
父が創設した国軍には深い親近感がある。
国軍を国民から尊敬される存在にしたい。
14日、ワシントンでオバマ大統領と会談したスー・チー氏は独立運動の英雄である実父アウン・サン将軍の名を出し、国軍に秋波を送った。
昨秋の総選挙でスー・チー氏率いる国民民主連盟が大勝した直後、国軍との関係は緊張した。
スー・チー氏は外国籍の息子がいる自身の大統領資格を認めない現行憲法の改正を探ったが、国軍の反対で頓挫。
側近のティン・チ ョー氏を大統領に据えるとともに大統領を超える存在と称する国家顧問職を新設して自ら就任するという"ウルトラC"を繰り出し、国軍の反発を呼んだ。
だがその後、スー・チー氏は現実路線を走り出す。
3月末の政権交代後、最初の国民向け演説で内政を混乱させる方法で改憲は目指さないと明言した。
7月には国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官を私邸に招き懇談。
民族問題解決に向け自ら旗を振る8月の国軍と少数民族武装勢力の和平協議でも過去を水に流さなければ前進できないと語った。
国軍も歩み寄りを見せる。
9月、ラオスで開かれた東南アジア諸国連合関連首脳会議にスー・チー氏はティン・チョー大統領を差し置き事実上の国家元首として参加したが、国軍系メディア は沈黙を保ち現状を追認した。
9月にスー・チー氏が米英訪問で約2週間も国を留守にしたことも、政権基盤に対する自信の表れだ。
国軍に気を使いながらスー・チー氏が仕切る現体制に大きな反対は出ていない。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yuna65/index1_0.rdf