蚊にさされた 

September 10 [Wed], 2008, 18:56
昨日はTさんと夕食☆
素敵な時間でした。

今回の旅の話、BESTの事、たくさん話を聞けて俺も元気になりました。
離れていてもこうしてBESTのみんなが楽しく過ごしているのを聞くと、
寂しさも紛れ、すごく嬉しくなります。

主が本当に恵みを注いでくれているんだなぁって、また幸せな気分になります。
宇都宮のみんなが楽しんでることで、俺も喜べるって考えると、
俺自身ももっと今の生活を心から楽しんでいけたらいいなって思います。
それによってまた喜びを感じ、分かち合える人が増えるんですね。

明日も感謝を忘れずに一日頑張ろう!


■申命記12:12■
あなたがたは、息子、娘、男奴隷、女奴隷とともに、あなたがたの神、主の前で喜び楽しみなさい。また、あなたがたの町囲みのうちにいるレビ人とも、そうしなさい。レビ人にはあなたがたにあるような相続地の割り当てがないからである。

ハレルヤ! 

September 08 [Mon], 2008, 7:15
ようやく人格が戻ってきました。

ここ一ヶ月ぐらいは、クリスチャンとしての人格が崩壊しつつありました。
情けないです・・・。

でもおかげで、自分の弱さをさらけ出し、正直に向き合う事ができました。
強がりや理想で自分の罪と弱さを隠すのでなく、もっと周りに頼って助けてもらおう。
主の癒しに触れる場所に求めて飛び込んでいかなければならないなと感じます。

今日からまた新しい一週間が始まります。
今週も主と「共に」歩む一週間になればいいな。


主よ。あなたの道を私に知らせ、
あなたの小道を私に教えてください。
あなたの心理のうちに私を導き、
私を教えてください。あなたこそ、
私の救いの神、私は、
あなたを一日中待ち望んでいるのです。主よ。
あなたのあわれみと恵みを覚えていてください。
それらはとこしえにあったのですから。
 ■詩篇25:4-6■

鎌倉散策日記 〜No Plan編(続き)〜 

July 06 [Sun], 2008, 19:18
 前記事に引き続き・・・

鎌倉散策日記 〜No Plan編〜 

July 06 [Sun], 2008, 18:38
今日は日曜!
久々に教会へ行って神を賛美すると心が癒されます。
2週間ほど教会をお休みしていましたが、やっぱり週に一度、こうしてみんなと集まる事は、
私にとって何よりも充電になるみたいです。

そして午後は鎌倉へ行きました。
ひとりで。
何も考えずに・・・
何も考えずに歩きたかったところ、やっぱり色々考えながら歩いてました。
何事も本当に深くじっくり考えてしまう事は、良くも悪くも私の癖です。

週末@宇都宮 

June 26 [Thu], 2008, 20:47
先週末は宇都宮で過ごしました。
もう何と言うか、愛するホームに帰る気分です。
土曜のオアシスで久々に熱く聖書について語らい、一緒に祈る時間が持てました。
みんなと一緒に祈れるって本当に幸せなことですね。


「まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。 」
 ■マタイ18:19■


イエスを信じる者の特権は、苦しいことを互いに分かち合い、
主がそれを必ず良い方向へ導いてくれると信じることができるということです。
心を一つにして祈るなら、天の父が守ってくれます。
どんな困難の中でも、どんな試練の道を歩んでいても、
絶大なるパートナーという平安がついていてくださるのは、他人に勝る強さです。
また、ある人には単なる偶然や運命といった事も、
私たちには「神の導き」という、他人には決して味わえない喜びがあります。
祈りによって日々の試練を主に委ね、平安を得、
そしてひとつひとつの出来事に隠された主の恵みに感謝していけたら、
どんなに楽しい毎日なのでしょう。


神の創造のわざについても同様の事が言えます。
土曜はヴェルナー・ギット博士の講演会へ行ってきました。
情報工学の観点から見た生命の起源と題して、とても印象深いお話を頂きました。
神の創造のわざに喜びを感じる事ができるのはとても幸せ溢れる事だと思います。
生命の起源や、この世にあるものの全てを、
進化論で言うところの単なる偶然、進化の過程でできたとするならばあまりに虚しすぎます。
人類が神に与えられた探究心により、どんな発見が見出されるかはわかりませんが、
少なくとも心に喜びが溢れる選択肢に魅力があるのは言うまでもない事です。

いつもいつも主に感謝して喜びが全面に溢れる人になりたいです。

現代に生きる 

June 18 [Wed], 2008, 22:05
電通本社ビル、野村総研データセンター、今週は現代の技術の中枢へ足を運びました。
これほどまでにすさまじい知能が集うビルも、電気が止まってしまえば全く機能しなくなります。
電通本社ビルに至っては、地下5Fものフロアに電通ビルを支える設備管理会社等が集結し、その上の50Fにも至るフロアにいる人たちを支えています。
この日本社会のすさまじい頭脳の下には、想像も絶するサポートがひしめいているんですね。
ここまで沢山の分野の技術がひとつに組みあがり、素晴らしい技術を開拓していく。
社会って本当にひとつだと感じます。
探求し、思考を巡らせ、実に様々な事を考え出せる能力を与えられた人間は特別な存在です。
自分たちがこうして色んな事を考えられる事を感謝していきたいです。
それは、神を知るために、神の栄光を輝かせるために授かった能力だと思います。
こうした素晴らしい技術や思考が、もっともっと神さまのために使われたら、どんなに幸せが溢れる世の中になることでしょう。
自分たちが持っている知識や技術が、自分たちの力により生み出されたものではなく、
神からの贈り物として感謝していけたら、もしかしたら環境問題なんてあっという間に解決できる糸口が見出せるのかもしれません。
戦争なんて起こらないのかもしれません。
そんな未来を想像するとなんだか胸が熱くなってきます。
まずはこの日本にも、たくさんの良い経営者が溢れることを願います。


「主を恐れることは知識の初めである。愚か者は知恵と訓戒をさげすむ。」
■箴言1:7■


「耳を傾けて、知恵のある者のことばを聞け。あなたの心を私の知識に向けよ。」
■箴言22:17■


「このキリストのうちに、知恵と知識との宝がすべて隠されているのです。」
■コロサイ2:9■

賛美 

June 15 [Sun], 2008, 19:03
本日は特別ゲストとして、「Two Tenors」がいらっしゃってくれました。
賛美を行ってくれて、午後には「Two Tenors Classic Concert」が催されました。
賛美の素晴らしさを大いに伝えて頂きました。
これを見ている方々にシェアしたいのでURLを記載いたします。

大和カルバリーチャペル・ツーテナーズコンサート
http://www.yamatocalvarychapel.com/media/live_twotenors.php

本当に素晴らしい歌声です。
ぜひご覧ください。

礼拝メッセージより 

June 15 [Sun], 2008, 18:41


 「わたしの目には、あなたは高価で尊い。
 わたしはあなたを愛している。」
   ■イザヤ43:4■


私は神の前に無に等しい存在です。
それどころか、神に罪を犯し、それを悔い改める事にも心を留めず、
御目に悪であることを行っていました。
子を失う父の気持ちはどんなに辛いことでしょう。
もし私たちに子を失うような出来事が起きたらどんなに辛いでしょう。
父の愛は本当に偉大なものです。
私たちがどんなに背いても、どんなに放蕩息子であっても、
父のもとへ立ち返るのを父自身が何よりも望んでおられます。
いつでもどんな時でも喜んで迎えてくださいます。
自分にコンプレックスを感じたとき、自分の存在が虚しくなったとき、
そんな時に父はどれほどまでに私たちを愛してくださっているか思い出さなければなりません。
無力さを、無能さを感じたとき、それはその通りなのです。
私たちは神の前で無に等しいです。
しかし父は私たちを本当に愛してくださってるのです。
私たちは無でありながら価値があるのです。
私は最近、本当に自分の無力さを感じます。
だからこそ主の助けが必要なのです。
私は自分自身の力で行っているのではなく、主が私の中で働いておられるのです。
主に生かされているのです。
だから今日も明日も、希望を持って生きることができます。
どんな仕事でも誇りを持って臨むことができます。
私たちには主という希望があります。
父の愛が世々限りなくあらんことを。

〜蓄え〜 

June 09 [Mon], 2008, 22:31
六月に入って、いよいよ忙しくなってきました。
スケジュール的にかなりハードな生活を強いられています。
でもこうして文章を書くことで、半強制的に自分を神さまに近づけようとしています。
ここ一週間、聖書を読む時間がだいぶ限られてしまい、みことばから遠ざかってしまわないか心配です。
しかし、そんな気持ちが更なる「欲」を与えてくれます。
みことばを求める「欲」です。
ものすごく飢えています。
おなかが減っています。
もはや、やはりパンだけでは生きられないのは明確です。
こういったときに蓄えたみことばが威力を発揮するんだなと実感しています。
もし、5月にうまく引越しが決まり、勤務地の近くに住むことになっていたら、
このようにハードスケジュールの中で、みことばに飢えることにはならなかったでしょう。
自分の好きなタイミングで好きなだけみことばに触れられる幸せを学べなかったでしょう。
蓄えの大切さを実感できなかったでしょう。
今ここにある自分の道に、たくさんの学びがあることを大いに感謝しています。
たくさんの恵みに溢れていることを幸せに思います。
神さまの導きの素晴らしさに何よりも平安と喜びを感じます。
辛いときほど近くにいてくださる事を感謝します。
この3ヶ月だけは、ちょっとばかり厳しい生活が続きますが、
いつもみことばを胸に強く歩んでいけることを期待し、祈っていきたいと思います。


「わが子よ。私のことばをよく聞け。
 私の言うことに耳を傾けよ。
 それをあなたの目から離さず、
 あなたの心のうちに保て。
 見いだす者には、それはいのちとなり、
 その全身を健やかにする。
 力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。
 いのちの泉はこれからわく。」
■箴言5:20-23■

休日の過ごし方 〜日曜編〜 

June 02 [Mon], 2008, 22:04
昨日日曜はまた教会へ。
この日は献児式が2件ありました。
両親の姿を見ているとえらく感動しました。
神さまから授かった子どもを一度神さまへお返しし、
そして神さまのものをお預かりして育てるという、
そんな思いがすごく喜びを感じるものに思えました。
儀式は全く重要でないと感じます。
でもこのような思いが家族に何倍もの喜びをもたらすんじゃないかと思います。
それを式的なものによって多くの人と分かち合い、喜びをかみ締めることもできる、
そういった意味で儀式に重みが出てくることもあるでしょう。
家族が欲しい・・・
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:やも
  • アイコン画像 誕生日:1985年
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
恵比寿勤務
電気設計エンジニア
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» 蚊にさされた (2008年10月22日)
アイコン画像
» ハレルヤ! (2008年09月10日)
アイコン画像わち
» ハレルヤ! (2008年09月09日)
アイコン画像やも
» 休日の過ごし方 〜土曜編〜 (2008年06月02日)
アイコン画像わち
» 休日の過ごし方 〜土曜編〜 (2008年06月02日)
アイコン画像
» 教会 (2008年05月23日)
アイコン画像まいまい
» 教会 (2008年05月22日)
アイコン画像あい
» 教会 (2008年05月21日)
アイコン画像
» 教会 (2008年05月20日)
アイコン画像TOMO
» 教会 (2008年05月20日)