2 

2006年12月18日(月) 16時41分

 その友達は僕の大学からの付き合いで,とても明るい,鬱陶しいくらい元気なやつだった。人によっては嫌われ,人によっては好かれるようなやつで,僕は好いていた方に入る。
 そしてもう1人,僕と同じで好いていた方にはいる人がいた。女の子なのだが,こちらも元気で,言っては悪いが,まるで男のようだった。
 どちらが話しかけたかはわからないが友達と知り合い,いつの間にかその女の子も入ってきた。僕らは,大学内だけだが,3人でいつも行動を共にしていた。

1 

2006年12月18日(月) 12時12分
 冬の小道は,乾燥しているせいか,とても透き通っていた。夜遅いせいか,最近は変質者がでるせいか,周りに人影は無い。
 つい最近まで,隣に一緒に歩く人がいたが,今は1人で夜空を見ながら,また足元を確認しながら,歩いている。その小道を歩く中で,僕は一人の友達を思い出していた。
 その友達は今,この世にはいない。ずいぶん前に,いなくなってしまったんだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yummy-story
読者になる
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
アイコン画像2
アイコン画像1
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる