オムレツの作り方 / 2005年12月28日(水)
ちょっと気になるある人のためにだけ、こういう風にフライパンの持ち手と同一線上に具を入れて、両側から卵をフライパン返し使ってかぶせる
で、お皿に移す時はフライパンをお皿に近づけてスルスルッとやればね
 
   
19:13 | コメント(6)
えっと / 2005年11月15日(火)
こちらに記事のない時は決して落ち込んでる訳ではなく、概ね心穏やかに過ごしていますので、ご心配なきようお願いします。

おせっかいおばさんとしてはカ○○○ンさんにコンタクトとって、皆さんのお陰で知りえた情報などを偉そうに教えたりして、ひどく感謝され面映い気持ちになったりしてます。

血液検査の肝硬変に関係ありそうな項目を教えてあげて、よく見るようにとアドヴァイスしたりしたのですが、じっくり見てみてそれほど深刻ではなさそうな気がして、少し安心されたようです。で、主治医の言うとおりにすることに決めたとのこと。

彼も今まで孤独の中で病気と闘ってきたからって、とても感謝されてしまいました。
改めて、藤居さんやバンバンさんのされてきたことの大きさを感じ、又お仲間の一人ひとりがとてもよいひとばかりでよかったと思っています。

で、ここでおせっかいにも、凡吉さんやkazuさんメアド公開されてるから又相談したらいいよなんてことまでメールしてしまいましたので、そういう時はよろしくお願いします。
以上他人の褌で相撲をとってしまったゆみちゃんでした。
 
   
16:31 | コメント(2)
べつに弱気になってるんじゃないよ / 2005年11月13日(日)
kazu兄さんに弱気かって言われたけど、弱気な訳じゃない。
カメラマンが肝硬変かもとか言われたって記事に反応してるだけだから。
で、こないだ習得したヤフーの内緒話のコメントで励ましてはあげたんだけど、やっぱり心配。
陰性化してるんだから、延長ペガシス単独でもいいんじゃないかなとは思うけど。

思い返してみると、本当にみんなにお世話になったなと感謝の気持ちでいっぱいだったりして、日記読み返したり、迷った時のこと思い出したりして泣いたりしてたけど、弱気になってる訳じゃない。亀の歩みでやっとこさっとこここまで来れたのは皆のお陰だと思う。

ただ、気の利いたアドヴァイスしてあげたいけど、なかなかうまく言えなかったりするのがもどかしい。

と○ちゃんだって比較表みて決心して治療に臨んだってことだったけど、うちよりさらに大変そうだし。
 
   
18:12 | コメント(2)
また消えてるよorz / 2005年11月12日(土)
昨日高校時代の友達のとこにTELしたら、友達は留守で、お母さんが暇だったのか寂しかったのか小一時間も話した。
次男のラサール時代帰省時いつも空港に送迎に行ってくれたり、私がPTAとか行事の時など会って食事したりしてとてもお世話になった友達で、夫婦でうちにも遊びにきたりして、ご主人とも会ったことあるんだけど、
暴力ふるうんだって。すごいショックだった。友達からはひとこともそんな話聞いたことなかったからね。
彼女若い時下半身に人格なかったから、(今どうだか?)結構嫌いな人は嫌いみたいだけど、私は天真爛漫、天衣無縫な彼女が好きだったりする。
子供いないから、こちらが子育てで煮詰まったりした時も意外な切り口の意見言ったりしてくれるから、救われることもあったりした。
男なら誰でもソソラレルような魅力的な女で例の心臓外科医の元カノなんだけど。
一度、次男入学したての頃外科医と彼女と3人で食事したことあった。なんだか全て知ってる私には不思議な感じだったけど、何のわだかまりもなく楽しい時を過ごしたんだけど。
 
   
11:27 | コメント(4)
みんな色々あるね / 2005年11月10日(木)
○○ら持ちさん久しぶりに更新してる。私の軽い欝とまるで反対だったみたい。専業主婦の治療は家族に対する申し訳なさなどが大きな負担になってたのだろうと思う。
近くだったら強く抱きしめて頑張らなくていいんだよって一緒に泣いてあげられるのに。

頑張れとか言わないでコメントしてあげて。
 
   
11:42 | コメント(15)
蛋白分画グラフ / 2005年11月09日(水)

左上が正常なグラフで右上が肝硬変型のグラフ
下の一枚が夫のグラフ
 
   
19:28 | コメント(10)
う〜ん / 2005年11月09日(水)
悪くなってるわけじゃないけど、複雑だよね。
ただ、ウィルスが単純に1bじゃないからかなぁ?とか逃げ道を見つけたり。
m○○きさんの気持ちとか考えたりすると、何も書けなかったけど。
中止になった日だってかなり早い時間に訪問してくれた足跡があったりしたんだ。
夫は結果に満足してる訳じゃなさそうだけど、「1a1bだからこれぐらいのもんだろう。複雑なんだ」とか言っていた。
これまで、3回もやって来て彼なりに色々学んできたのかも。
私はここまで関わったのは今回初めてだから、きつめの結果に戸惑うのが正直なとこだけど。
あと13回で本当に陰性化するんだろうか?ってのが本音。
 
   
02:07 | コメント(12)
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!! / 2005年11月08日(火)
コメントのみの削除ができなかったので湧くちゃんのコメントもろとも記事ごと削除しました。
ごめんなさい。m(__)m
 
   
11:03 | コメント(2)
それから / 2005年11月07日(月)
何年も時は過ぎ、15年ぐらい前に突然叔父がうちへ遊びにきた。
まだ、リフォーム前だったけど、「由美子も幸せそうに暮らしてる。よかった。よかった。」と言ってくれた。やはり、心配してくれていたんだろう。その後舅の葬式の時も母の代わりにやって来た。最近では2年ほど前九州新幹線の開通と同時に突然やってきた。リフォーム後だったから、なおさら喜んで帰って行った。
その叔父が肝臓癌の2回目の手術した。原因は戦後のあの佐世保と呉の病院だろうと思う。
今、どんな状態なのかこちらからTELしないから分からないけど、こんな状態だから、身動きとれないし。
なんだかタカ派が牛耳る世の中になりつつあったりするのも不安だし、C型肝炎がこんなとこにもって感じる今日この頃。
夫のウィルスの型がa,bとかいうのはもしかしたら、叔父が15年前にやって来た時、同じひげそりを使ったのかもとか考えてしまう。だってその頃叔父は肝臓の異常もなかったみたいだし、うちもなんとも感じていなかったのだから、そんなことがあったのかも知れない訳だ。
でも、80歳過ぎてるから年齢に不足はないだろうけど、戦争の犠牲者だよね。
偉い人が羽二重の布団に包まって高いびきで寝てる間に貧乏な愛国少年兵だった訳よ。
 
   
13:06 | コメント(0)
そして / 2005年11月07日(月)
佐世保の病院や呉の病院で治療受けたのだけど、結局今でも頭の中に爆弾の破片は残ってる。退院してからの知能は小学校4年生程度と診断されたらしいけれど、戦後しばらくはおねしょするぐらいだったらしい。
私の3歳ぐらいの記憶では牛乳配達をしていた。ヤクルトとかも配っていたから、いつもヤクルトのおじちゃんと呼んでいた。でも配達はするけれど、集金が出来ない状態だったらしい。つり銭の勘定が出来ない。それでも、働き者だし、私のことをとても可愛がってくれた。母の実家が私の生家の隣だったから、おんぶして自転車に乗せて色んなとこに連れてってくれたし、食事時は上手にうどんなど食べさせてくれた。
先に書いたことあるけど、私は両親の不仲のせいだろうけど、寝起きに泣きながら走り回るような子供だったんだけど、ある日目覚めた時母がいなくて父しかいなかった。その時父も虫の居所が悪かったのだろうけど、怒られたんだろうと思う。そして、隣に駆け込んだ時、叔父が包丁持って裸足で父を威嚇したことがある。それも忘れられない記憶のひとつ。
そんな叔父だけど、勧められて見合いで結婚した。こないだ話した時彼はこう言った。
「こんな不細工な女だから、俺が結婚してやらねばと思った。言わばボランティアよ。」
なるほど、不細工星人だった。でも、結構資産家だったらしいし、そろばん勘定は得意だったみたいで、叔父はお金の苦労はしなかった。恩給(軍人の)は全く手をつけることはなかったらしい。人間の脳もかなりの回復力はあって、子供の学校のPTA会長やったり、薩摩狂句などたしなんだりしていた。
 
   
12:34 | コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.