片手で持ち触っても岩石だ!

January 23 [Wed], 2013, 17:34
一週間前に友達よりクロネコさんで丹波名産の山の芋が着きました。
友達は少し前に大好きだった愛犬を病気で亡くしたので、とても愛されていた犬の命日にと淡いピンクの花束をお供えにと送りました。
幼馴染の友達は大好きだった愛犬の命日を覚えていた事にとっても感動してくれ郷土名産の山の芋をお礼に出荷してくれました。
箱を開けると「山の芋はどこ?」山の芋が行方知れずです!箱ギューギューにオガクズが詰まっていてそれをほじくると底の方から山の芋が現れました。
「何じゃこりゃ?」って思えるほど土まみれの山の芋。


山かけ丼にする事しか考えられない私(汗)困り果てているとオガクズの中にOPP封筒を見っけ!!それを取り出してみると中に山の芋の小冊子が入っていて様々なジャンルのお料理が載っており思わず渡りに船(笑)と飛びつきました。
山の芋は、どんな調理法でも全てウマし!冊子の中のどの写真もとっても美味しそ♪それが私の料理魂に火をつけ山の芋料理に惚れた発端となりました。
色々な方のブログをのぞいたり料理好きの友人に聞いたり山の芋料理の部類の多さにびっくりでした!寒いシーズンは手作りのホワイトソースに摩り下ろした山の芋を混ぜて蒸し焼きにすると香ばしくって滅茶苦茶美味です!後、これは一般的ですが、ぎんなんを入れた天ぷらも美味しいですよ。
20種以上のレパートリーが増え、ファイルする喜びを知りました。
行き着く所はシンプルな材料ほど色々とトライ出来てオリジナリティーが出せ面白いですね!で、挙句分かった事は一番求められるメニューはシンプルに焼くだけとか。


がっくし(泣)でも友からのプレゼントのお蔭で私の趣味が一つ増え幸せを感じています。
まだ3個残っているので、今日の夕飯のメニューは山の芋入りお好み焼きに決定!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yumikokawamoto/index1_0.rdf