お初です☆最近の気になる話。

May 26 [Thu], 2011, 0:56
20日発表されたオリコン本ランキング(24日付)によると、前週まで4週連続首位の村上春樹さんの「1Q84」第3巻「BOOK3」(新潮社)を抑え、アイドルグループ「AKB48」の関連書籍「AKB48総選挙公式ガイドブック」(講談社)が書籍総合部門で初登場首位となったらしいです。勝負を最後の「切れ味比べ」に持ち込みたい馬たちですよ。呪いカターレのスポンサー企業数は約390社。でも、その程度ならよくあることで、その流れをさらに“どスロー”にしたのは、そのあとの3ハロン。なんと、13秒5−13秒1−12秒9という驚くほどの遅さなのですよ。復縁占いタレント本による同部門首位は、昨年9月にKATーTUNの写真集が記録して以来8カ月ぶり。こういうとき、最も力を発揮するのは、いわゆるマイラータイプ。

浜野主将は「皆さんの期待を裏切らないような成績を残します」と飛躍を誓った。恋愛占い競馬に“タラレバ”は禁物だが、その彼が、マイラーの「切れ味比べ」になった今年のダービーに出ていたらどうなったか……。スポンサー企業の関係者ら約300人を前に、スーツ姿の浜野勇気主将が「厳しい経済状況の中、今年もご協力いただき選手一同感謝しております」と丁寧に頭を下げた。このうち半分近くの約4億3400万円がスポンサー企業による広告料収入。スピリチュアル*各クラブがスポンサーとの関係を模索する中、J1・大宮アルディージャはスポンサー企業同士の異業種交流事業に取り組む。広告料の安定的な確保にもつながる大宮の取り組みは、カターレにとってもスポンサーとの関係づくりの理想ですよ。

カターレも収益構造は同じで、09年の営業収入約6億円のうち、広告料収入は約3億4000万円に上る。パワーストーン現3歳世代で、最強のマイラーがこの馬であるのは、誰もが認めるところですよ。しかし長引く世界的不況はスポンサー企業にも例外なく影響を与え、広告料収入にも陰りが出てきている。NHKマイルを見て「ダービーを勝つのはこの馬」と信じたファンの、それは共通の思いであるに違いないと言っていましたようです。パワースポット5月30日、ダービーの話ですよ。彼は、NHKマイルを1分31秒4という驚異的なレコードタイムで勝った。

つまり、今年のダービーは、競馬用語でよく言う「スローのよ〜いドン!」というタイプの典型的な勝負になったということですよ。自殺1000m通過が61秒6というスローペース。清原邦彦社長は「発足3年目なので力添えをもらうばかり」としたうえで、将来は営業収入に占める比率を「広告料、入場料、グッズ販売で3割ずつ、残り1割をJリーグからの分配金で賄うようにしたい」と話す。チケット売り上げによる入場料収入はわずか約1億7900万円ですよ。前世占いだから「切れ味比べ」で、エイシンのほうが上だったという見方もできるが、筆者には、それ以上に、その差は、目標にされる側とした側の差だったように思える。Jリーグが開示している08年度の営業状況資料によると、J2の15クラブの営業収入の平均は約9億6300万円。

「AKB48総選挙公式ガイドブック」は、今年で第2回を迎えるAKB内の人気ファン投票「AKB総選挙」のガイドブック。恋愛ゲーム清原社長は「カターレを核に交流を広げ、新たなビジネスチャンスを生み出せたら」と地域経済への貢献に意欲をみせる。同時に、勝負勘という点で、その差は、内田騎手と後藤騎手のGI勝ちの差とも思えるが、どうだろうか。「今季は昨年を上回る観客を動員し、サッカー文化を根付かせてほしい」と地元でのさらなる浸透に期待を寄せた。縁結びスタミナ勝負なら分は悪いが、切れ味勝負なら負けない……。その点で、2歳チャンプで、中山のマイルで他を寄せつけない強さを発揮したローズキングダムには「一日の長」があったんです。

富山市中心部のホテルで1月31日に開かれたカターレ富山の「キックオフパーティー」。占い師。ローズキングダムは、母ローズバドから距離が持つ背景はあったものの、本質的にはマイラーだし、エイシンフラッシュも、父キングズベストは英2000ギニーを制したマイラー。*J1、J2の各クラブにとって、スポンサー企業からの広告料は重要な収入源ですよ。「史上最強のダービー」といわれながら、人気を分けた“2強”はヴィクトワールピサが3着を確保するのがやっと。「AKB総選挙」は6月9日に開催され、得票上位21人が8月発売の17thシングルのメンバーに選抜されましたようです。

これまでAKB48関連の書籍では、昨年8月発売の「AKB48総選挙!水着サプライズ発表」(集英社)の4位が最高だったそうですよ。レース前は、きっとそう思っていたはずだし、まさにその想定にどんピシャの流れになったからですよ。しかも、コンマ2秒、エイシンのほうが速い。(毎日新聞デジタル)【写真特集】AKB48のメンバーらが登場した「MUSICJAPAN」の特別企画「女性アイドル大集合!」の会見の様子4コーナーを回って直線を向いたとき、最も「勝てる!」と思ったのは、ローズキングダムの後藤浩輝騎手ではなかったか。それが、勝ったエイシンフラッシュの内田博幸騎手。女性タレント本としては08年4月のランキング発表開始以来初の快挙となったらしいです。

出走全17頭中で、最後の3ハロンで32秒台を記録したのはローズキングダムとエイシンフラッシュのみ。ホームゲームに合わせ、会員企業が共同でイベントを開催したり、清掃ボランティアなどの地域貢献活動を行っている。ペルーサの出遅れという予期せぬ事態はあったにせよ、やはり、今年は、マイラーのダービーだったということですよ。スポンサーとの理想的な関係を築くためにも、チーム成績や観客動員数の目標を達成しなくてはならないと言っていましたようです。“アフターダービー(=レース後の反省会)”で「あのスローの正体は?」という話になったが、答えは前半の1000m以上に、そのあとの3ハロンにあったということだったそうですよ。ただ、そう考えると、いかにも残念なのは、ダノンシャンティの直前回避。

けれども、彼にも鞍上の後藤騎手にとっても不運だったのは、さらにもうひとり、その流れを完全に読み切っていたジョッキーがいたということですよ。大宮は08年2月に「アルディージャビジネスクラブ(ABC)」を発足。候補全メンバーの詳細プロフィル、1万枚から厳選した注目メンバーの“神ショット”、秋元康プロデューサーによる選挙戦展望総論などが掲載されていると聞きました。クラブによってはスポンサーを獲得できず、年俸の高い主力選手を放出するケースも相次いでいる。キックオフパーティーであいさつした県商工会議所連合会の犬島伸一郎会長は、昨季の活躍について「富山にサッカークラブがあることを認知させてくれた」と評価。次の注目は、この秋、彼らの巻き返しがなるかですよ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆみち
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yumichiiiin/index1_0.rdf