秋元才加、歌謡ショーの時代劇に初挑戦 羽二重かぶって“1人”「会いたかった♪」披露

March 04 [Sun], 2012, 22:12
AKB48の秋元才加が3日、 夢占い 東京都福生市の福生市民会館で行われたNHKの『ごきげん歌謡笑劇団』(毎月1回、土曜 後7:30〜8:43 総合)の公開収録にゲスト出演し、歌謡ショーの時代劇に初挑戦した。時代劇の羽二重(かつら)に着物姿で貧しい村の娘を演じる秋元は、AKB48のヒット曲「会いたかった」を1人で歌いながら登場。AKB48の本拠地、東京・秋葉原電気街にあるAKB48劇場(収容250人)の舞台の約4倍、約1000人の観客で満員の会場での公開収録に、「緊張したー」と大興奮していた。

 同番組は3年間司会を務めた綾小路きみまろが3月の放送回で卒業し、4月よりものまねタレントのコロッケにバトンタッチ。『コロッケぱらだいす〜』としてリニュアールされる。コロッケは「司会は意外と経験ない。かなりの大役ですが、自分としても楽しみ。家族でそろって観て楽しんでもらえるような懐かしさと新しさで、ほかにないバラエティ番組を目指したい。ものまねもいつも以上にふざけております」と気合十分。

 新装1回目のゲストには秋元のほかに、えなりかずき、ケーシー高峰、坂本冬美、里見浩太朗、島倉千代子、ダンディ坂野、松居直美(50音順)が顔を揃えた。「ごきげんコロコロ劇場」として繰り広げられた歌謡ショーでは、里見が久々に長七郎を演じて、得意の剣さばきで華麗な殺陣を魅せたほか、ダンディがここぞとばかりにギャグ「ゲッツ!」を連発したり、島倉はもはや制御不能の天然ぶりで観客を笑わせた。

 秋元は収録を振り返り、「AKB48の仕事だけではなかなか触れ合う機会のないご年配の方々の前でお芝居をしたりする機会になり、たいへん貴重な経験をさせていただいた。また、いろんな年代の出演者と一緒の舞台に立って、こうして鍛えられて磨かれていくんだな。自分も楽しいし、ためにもなった充実した一日を過ごすことができました」と話していた。

 同番組では今後、全国各地を回り公開収録を行なっていく。レギュラー出演のテツandトモが“ジャージ探偵”となって、地元のおもしろいもの、意外な名物を調査するコーナーが新設され、今回はご当地グルメ「福生ドッグ」を紹介する。また、地元で暮らす夫婦を訪問し、とっておきのエピソードを話してもらうお礼にさすらいの歌姫・瀬口侑希とアコーディオン奏者・山岡秀明が夫婦にとって忘れられない歌をプレゼントする既存の人気コーナー「愛のドレミファ3人組」はコロッケと3人で継続される。

 『コロッケぱらだいす ごきげん歌謡笑劇団』は4月14日(土)に放送される。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夢占い株式会社社員
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yumeuranaiq/index1_0.rdf