アニムスアニマつづき 

June 27 [Mon], 2005, 2:30
では、こーいうお楽しみシーンはおいといて、テーマの描かれ方について。この映画は『夢』と『現実』を対立項に話がすすんでいくのね。主人公のトキオが美しいものだけの夢の世界から、いかに現実の薄汚れた世界に目を向けられるかってのがおおまかなテーマなのだが、結局『夢』と『現実』どちらが完全に正しくて、どちらが完全に間違ってるかなんて絶対にわからないことなので、ラストは大変曖昧になっております。(まあ、トキオが『現実』に目を向けようとする事件(通り魔に顔を切られる)はおきるんだけど。)私はこのラスト、結構好きでした。あえて曖昧にした方がこの映画の雰囲気にあってる気がする。ここで『夢』を完全否定するラストをもってくると、人生はひどくつまらないものになってしまうからね。

いい夢を見せてもらいました。

特にこの映画を観たのは、大学受験が全て終わり後は結果待ちという『STAY AWAY』な精神状態の時だった故、更に楽しめた感有り。

最近必死の森部さん、是非観てください。

では今回はこんな感じ。次回は『FATHER FUCKER』を紹介したいと思います。おやすみ。

アニムスアニマ 

June 27 [Mon], 2005, 2:24
第一回目は、このブログのタイトルにふさわしい夢見が痴映画を取り上げてみたいと思います。

『アニムスアニマ』

アニムスとは女性が男性に抱く理想像、アニマはその逆です。でわさくっとストーリーを紹介。

『この世のものとは思えない美しい弟(トキオ)と姉(スイ)。恋人同士のような二人は、ただ美しいものだけを見て生きていた。ある日、姉が家を出て独り暮らしを始める。弟は混乱し、荒れていく。やがて弟は、二人だけで遠い南の島で暮らすという、かねてからの夢を実現しようとし始める。果たして二人は、本当の“楽園”を見つけられるのか・・・(ちらしより抜粋)』

こんなん観に行くしかないやん!!!

夢見が痴ガアルの心は高鳴ります。

まあね、こんだけ色の強い映画は監督さんが本当に撮りたくて撮った作品なので、面白い作品(決していい映画とは言わんが)である確率が高いのです。そしてこの作品も、非常に完成度の高い世界観が作りあげられています。

『朝だよ、お姫様』『名乗らない方が、燃えるだろ?』『スイ、すごく綺麗。。。』等序盤からガンガン夢見が痴ガアルを骨抜きにしてゆきます。中盤では、美少年トキオとバーテンダーのカオル(♂)との絡みシーンもあり、腐女子受けもばっちり。っつーかこの映画は『美しさ』を免罪符にしているため、ゲイ・ビアンのオンパレードであります。FUCKジェンダーな感じ。ヘテロ率が極めて低い。。。

ユメミガチ☆シネマ 

June 20 [Mon], 2005, 11:33
こんにちは☆皆よりちょっと遅くなってしまいましたが、わたくし芋もブログ開始です。どうぞよろしく。

私の担当は、ずばり

映画です。

最初に言っておきますが、私はマイナー日本映画が大好きです。名古屋の映画館で言うと、シルバーゴールド(名古屋駅裏)やシネマスコーレ、シネマテイクでやってるようなやつです。だからちょっと片寄ってしまうかもしれんが、よろしくお願いします。

でも、ハリウッドどんぱちモノ映画も、がんがん観てゆきたいと思いまーす。

あと、大学の授業でとってるサブカル論の先生が、ピンク映画にも沢山の傑作があると言っていたのでピンクにも手を出してみます。

オススメがあったら、コメントしてくださいね。でわでわ。
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ゆきのん
» ユメミガチ☆シネマ (2005年06月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yumemigachi-c
読者になる
Yapme!一覧
読者になる