チャンス 

2005年09月28日(水) 19時58分
なんで前みたぃに素直に話せなぃのかな
ゎたしがぁなたに不満をぶつけ ぁなたはその内容に怒った
ぁなたからメールはこなくなり とてもつらかった
そしてゎたしは何度も謝り ゃっとぁなたからメールが返ってきた
けれどぁなたからの返信メールゎ 何事もなかったなかったかの内容。。。
ほんとにゎたしの気持ちは伝ゎったのかな
疑問に思った。
ぁなたとの初めての壁にぶつかり 必死にのりこぇょぅとした。
ぁなたの事が大好きだから。。。離れたくなぃから。。。
けれどぁなたの気持ちは
言ってくれなぃと分からなぃょ。この不安をとりはらぇる程強ぃ人間じゃなぃょ。
今のぁなたの気持ちは
。。。ききたくても聞けなぃ・・・
こんなのでごめんね。ゎたしではぁなたを支えられなぃかもしれなぃ。
けど・・・ぉ願ぃ。。。もぅ一度チャンスをくださぃ。ぁなたと一緒にぃられるチャンスを。。。

(´・ω・`) 

2005年09月04日(日) 18時29分
好きだょ
言っても何も変ゎらナィのカナ
こっちは嫌ゎれナィょぉに、迷惑かけナィょぉにってしてるのに。。。
ただチョットしたコトで嫉妬する自分がぃて、
嫉妬するコトを嫌だと思ぅ自分もぃる。。。
これからどぉするべきなのカナァ
答ぇなんて見つかるのカナ
ぁなたとの繋がりが今の自分には辛ぃ。。。

だぁぃ好き★゛ 

2005年08月28日(日) 21時17分
大好き
言ぃたくても言ぇなぃ。。。
なんで
繋がりがなくなったらャダから
ぁなたの気持ちが分からナィから・・・
ぃつまでもこのままなのカナ
大好きホントにA・・・
ぃつかぁなたの隣で笑ってたぃな
そしてぁなたを支ぇてぃきたぃな。。。
大好きなぁなたの隣で・・・

ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪ 

2005年08月20日(土) 19時06分
Story      AI

時に人は傷付き、傷付けながら
染まる色はそれぞれ違ぅケド
自分だけのStory 作りながら生きてくの
だからずっと、ずっと  ぁきらめナィで・・・。

一人じゃナィから 私が君を守るから
ぁなたの笑ぅ顔が見たぃと思ぅカラ
時がなだめてく 痛みと共に流れてく
日の光がゃさしく照らしてくれる  

word
この曲メチャ好きぃそのデモ好きな歌詞ダケ書きマシタァ

ぃつの日か。。。★゛ 

2005年08月18日(木) 17時16分
ぃつか・・・ぃつになるか分からなぃケド
ぁの人に会ぃたぃな 会ぅ予定もなぃけど・・・
会ぇるとィィナッ
ただそれだけを願ってマス
同じコトを願ってくれてぃると信じて。。。

もし・・・ 

2005年08月14日(日) 17時11分
もし 自分が生まれてなかったら・・・
もし 自分が今ココに存在してなかったら・・・

それを考ぇるだけで、怖くなる。

何故かは分からナィけど。。。

word
初めての詩この内容のコトはずっと前カラ感じてて。。。
この理由を知るトキはぃつか来るカナァ
これからも詩書きマス

tetta's favorite song★ 

2005年08月08日(月) 3時44分
僕の声                 175R

暗ぃ夜に光る白ぃ星 手を伸ばせば きっと届くと
君の冷たくて白ぃ手を握りしめた ぁの日 がむしゃらに時間を過ごして
目の前の事が楽しくて ぃつしかそれが当たり前の様に思ってたんだね

ぃくつもの季節を二人で過ごして 君の笑ぃ声がとなりで聞こぇて
気付けばでっかくたくさんの想ぃ出がぃつでも僕を救ってくれて

僕等の前に続く道は ぃつの日か2つになってた
君の冷たくて白ぃ手はもぅ握れなかった がむしゃらに夢を追ぃかけて
目の前のコトしか見ぇなくて ぃつの間にかそれが当たり前の様に思ってたんだね 

二人で怒られた ぁの日の夜も 渡してスグになくした ぁの日の指輪も
気付けばでっかくたくさんの想ぃ出が今でも僕を救ってくれて

僕の声が君の胸に 僕の声が君の心に 届く様に僕はずっとこの場所で歌ぅから
僕の声が君の胸に 僕の声が君の心に 届く様に ぁなたに響けょ

暗ぃ夜に光る白ぃ星 手を伸ばせば きっと届くと
君の冷たくて白ぃ手を握りしめた ぁの日 がむしゃらに時間を過ごして
目の前の事が楽しくて ぃつしかそれが当たり前の様に思ってたんだね

二人が出会った ぁの日の夜も 二人で聴ぃてぃたァィツの歌も
気付けばでっかくたくさんの想ぃ出がぃつでも僕を救ってくれた

僕の声が君の胸に僕の声が 君の心に 届く様に僕はずっとこの場所で歌ぅから
僕の声が君の胸に 僕の声が君の心に 届く様に ぁなたに響けょ

僕は何かを探し出す為に気付けば周りが見ぇなくなって
この場所からも君を見つけずにぃました
僕は何かを掴み取る為に気付けば君が見えなくなってて
この場所からも君を捜せずにぃました

僕の声が君の胸に 僕の声が君の心に 届く様に僕はずっとこの場所で歌ぅから
僕の声が君の胸に 僕の声が君の心に 届く様に ぁなたに響けょ

ぁなたに響けょ・・・

大切な人の好きな曲デツ 気になった人ゎ聞ぃてみるべしッ




文化祭の合唱曲(ノ●´∀)八(∀`●)ノ 

2005年07月26日(火) 20時42分
                    ゅず

が溢れて 途方にくれた夜
さしのべてくれた ぁなたの温もりを僕は忘れはしなぃ

の空の下 凍てつく寒さの中で 今もまだ疼いてくる ぃつかの傷跡
強ぃ北風が吹ぃて 僕は吹き飛ばされそぉで
それでも胸の奥で ぁなたの名前を何度も何度も叫んだ

が溢れて 途方にくれた夜
さしのべてくれた ぁなたの温もりを僕は忘れはしなぃ

激しぃ雨に打たれて びしょ濡れになった心
蝕まれそぉでも ぁの日の誓ぃを繰り返し繰り返し噛み締めた

ぃつの日か ぁなたが僕と同じょぅな
悲しみに出会ったその時は どぅかこの歌を想ぃ出してほしぃ

諦めかけてぃた ゃりきれなかった朝
そっと微笑んだぁなたの優しさを今も忘れはしなぃ

が溢れて 途方にくれた夜
さしのべてくれた ぁなたの温もりを僕は忘れはしなぃ
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuluai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる